ウォーキング・デッド

「ウォーキング・デッド」シーズン10第13話のネタバレA感想/解説 続きは映画かスピンオフか!

「ウォーキングデッド」シーズン10第13話、アニスのネタバレ感想、解説、あらすじです。

 

なるほど、なるほど~~~!

こう来ましたか!

もうずーっと心配だったんですよ!ミショーンがどういう形で降板するのか。

子供達の前では絶対に死んで欲しくないし、かといって子供達を置いたままどこかの島で死んでしまうというのも最悪だし、ましてや、ミショーンが彼らを置いて失踪するとも考えにくい。

・・ということで、

なんとその答えは、

子供達に断ったうえで”勇者”を探す旅に出る~~!でした!!

はぁ、よかった~。

いいと思いますよ~!

これならファンとしても文句はないでしょう!!

 

ただこうなってくると、ミショーンの物語の続編は

  1. まだ大分時間がかかると言われている映画か、
  2. もしくは、来月4月12日からアメリカで始まる第2のスピンオフ”World Beyond

のどちらかで見るしかない!!ということになります!(続きがあるならね。)

 

もう宣伝上手過ぎでしょ?!

これで本家からファンを上手くスピンオフに誘導できるし(タイミング的にもバッチリ)、映画も忘れないでくれよ~とアピールできる。

 

よく考えてるわ~。

では、とりあえず13話で出てきた謎について徹底的に振り返っていきましょう!

(盛り込む情報量が多いので、今回はオフザケなしで真面目に書きます~。)

hulu視聴ページ Unext視聴ページ(どちらも見放題) 

ウォーキングデッド10感想

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 シーズン9



「ウォーキング・デッド」S10第13話のネタバレ感想/解説

ちょっとバージルのおさらいから

始めから気持ち悪いオッサンでしたけど、もうほぼサイコだったじゃないですか!

あんな奴にコロっと騙されてしまうなんて、ミショーンもまだ修行が足りないってことなのかな。

 

では、前回に登場した時の流れをザクっとまとめます。

 

S10の第8話でミショーン達とオーシャン・サイドで出会った時、バージルについて下記の事実が判明しました。

  • 船で2日ほどの海軍基地に住んでいる(タンジア海峡のブルーズワース島)
  • そこは見つかりにくく要塞化されてる。家族が待ってる。
  • 今回は物資調達のために出てきたが、船がなくて帰れない
  • そこでミショーンと取引をし、船で送り届けてもらう代わりに大量の武器を譲ることに
  • ミショーンは武器があればアルファたちを一掃できる!とリスクを負うことにした

 

こんな感じで、あの島に乗り込んだわけですね。

今回色々分からない点が多かったので、米サイトINSIDER読んだ得た内容をかなり含めて書かせて頂きます。画像もお借りしちゃいました。

 

この島ですが、位置的にはこんな感じだそうです。

左がバージニア州にあるアレキサンドリアの位置で、右が今回ミショーンがたどり着いた場所で、リックのブーツが見つかった位置。

っていうか、その前に船旅の出発点だったオーシャンサイドはどこですか?って感じですけど、まぁ大体こんな位置関係。

 

ミショーンはどこへ向かってる?

”勇者”ことリックを探すために、ミショーンは「北に向かう」とジュディスに言ってました。

具体的にはたぶんここになりそうです。

ミショーンが船の中で携帯と一緒にあった手紙を見つけてましたよね。

 

それに、「ニュージャージーの造船所」と書かれていましたが、米国最大級の造船所がペンシルベニア州のフィラデルフィアとの境目くらいにあるそうです。

で、映画の予告編に一瞬出てくる都市のシルエットがフィラデルフィアのスカイラインに似ていると言われているらしいのです。

う~ん、やっぱり映画なのかぁ・・。

それから「都市のシルエット」で私が思い出すのは、例のあの絵です。

都市のシルエットは右側の後ろ。

あ、リックの後ろのビル群の影と同じ!

ちなみに、こちらはスカイラインのビル群。

全然分かりませんね。角度もありそうだし・・。

 

あと絵の右後ろには大きな船と煙の出てる工場のようなものがあるんですけど、丘の上にあるし、形も造船所っぽいくないですね。



リックのブーツがなぜ船に?!

それは分からないのだに~~!

って、ここは諦めるしかないんですけど、まずヒントとしてあの携帯に描かれた絵とメッセージがありそうです。

「rick もう少し信じてみて」

となぜか日本語で書かれてる!!

 

まずですね、絵についてはINSIDERで、リックと一緒にヘリでお空に飛び立っていったゴミ女のアン(元ジェイディス)が描いたものでは?となってました。

あの例の絵もアンが描いたらしいので、とりあえず絵が出てきたらアンみたいです。

 

でも、なんか絵のタッチが違うし、普通に考えたら日本語を書いた日本人が描いたんじゃないですかね?

しかも、この絵って現在のジュディスの顔が描かれてます。

リックが失踪した時点ではジュディスは3歳位だったので、その姿ではなく現在の姿というのもちょっと気になりますね。

それに、rickと上に書いてある事にも注目。

だって、もしrickからの発信だったら、下に書きません?っていうか、その前に日本語で書くわけないか・・。

なので、この日本人はrickに宛てて「希望を捨てないで」というメッセージを書き、彼の家族の現在の姿を書いて勇気づけた・・って感じじゃないでしょうか?(想像ですが)

なので、現在のカウボーイハット付ジュディスを知ってる日本人てことかな。

でも、それを言ったらミショーンの髪型が以前のものなので、整合性がないんだけど・・。

 

で、肝心のブーツですけど、こちらがリックが爆弾で吹き飛ばされた時に履いていたものらしいです。

リックはこれまで常にウエスタンブーツを履いてたので、じゃ、今は何履いてるの?って感じなんですけど、ヘリコプター軍団(CRM)に何か制服的なものがあるのでは・・と推測されてました。

とはいえ、リックが大事なブーツを意味なく置いていくわけない。これには理由がある。とクリエイターの方が言ってるそうです。

クリエイターが言ってるのなら、きっと意味があるのでしょう。

 

最後に出てきた集団は誰?CRM?

やけに綺麗に並んでましたね。

怪我をした人たちは助けずそのまま置いていく・・という主義らしいのでかなり冷酷そうです。

これがリック達を連れ去ったヘリコプター集団(CRM)の行進なんでしょうか??

既に、ジュリア・オーモンド演じるこの女性がCRMのリーダーとして「World Beyond」に登場する事が分かってますけど、この中にいるってこと?

ウォーキング・デッド新スピンオフドラマ「WORLD BEYOND」の予告編2本とキャスト アニスです。 「ウォーキング・デッド」の2つ目のスピンオフドラマですが、今日予告編が解禁されたみたいです。 ...

 

ということは、この集団の正体についてわかるのはやっぱりスピンオフが先なのかな・・。

でも、ミショーンやリックはスピンオフには出ないはずなので(もしかしてフィアーのようにチラッとカメオはあるかもですが・・)、その辺がどうなるのかも謎ですね。

私の適当な推測ですけど、スピンオフでは時間軸がもっと前の段階から描かれるのかなぁ・・と。

で、映画ではリックが連れてこられた時から始まる・・みたいな?

 

また、CRMが何かってことですが、Civic Republic Military(市民共和国軍)の略で、ヘリとかについている丸3つのマークがそのロゴですね。

 

この丸輪っか3つは3つの巨大コミュニティの集合体を意味しているとかいう情報がありますが、まだ劇中の方では描かれていないので省略します。

 

実はこのCRMについて今までで一番踏み込んで描かれたのが「フィアー」のシーズン5。前半辺りにCRMの一員とみられる女性が登場します。

「フィアー・ザ・ウォーキングデッド」シーズン5第1、2話のネタバレA感想 本家のヘリの謎に絡む!! 「フィアー・ザ・ウォーキングデッド」シーズン5第1話のアニスのネタバレ感想です。 やってきました、シーズン5! ...

ただ、肝心なヘリの謎についてはまだ全然分からないんですよね・・。

ただ、ヘリ大事だよ~、これからもヘリ関係のチェックよろしく~というアピールに終わった感が強かった。

 

話を元に戻しますが、最後にミショーンが助ける二人組の女性の方は「ミスター・メルセデス」のレズビアン、ルーですよね。

声に特徴があるので、たぶんそうだと思います。

この2人がミショーンの旅の仲間になるんでしょうか?

とりあえず、ますます興味が湧いてきましたよ!!

 

子供達とはしばしお別れ

ジュディスの決断は子供のものとは思えませんね。

「生きてる可能性があるなら探して。助けを必要としてるかもしれないから」って・・。

普通子供ならママ早く帰ってきて~となるとこでしょう。

 

やけに「ダリルおじさんの言うことを聞くわ。」って言ってたので、ダリルが面倒を見て行くのでしょうか。

そうなったらもう野宿とかしてられないわね。

 

ミショーンの物語は映画に続く・・?

今回「ウォーキング・デッド」立ち上げ当初からの懐かしいメンバー達が顔を出してくれました!

「え~、やっぱりミショーンは今回死んじゃうの~??だからこんなに過去のフラシュバックを差し込んで盛り上げてるの~!??」

とファンを心配させるためだったんでしょうかね?

なにしろ、死んだかつての仲間たち、あんな人やこんな人まで大勢でてきましたから。

合成の箇所も結構あった・・。

なんか色々変な感じだったわ・・。

 

ミショーンがアンドレアを助けず、リック達と仲間になることもなく、逆にニーガン率いる救世主の仲間になるという違うバージョンの物語。

もはや懐かしい救世主の皆さん

 

24の彼はいまどこに・・?

 

その場合はまた髪型が変わるのね・・って感じでしたけど、あれは何が言いたかったんだろ。

私はリックが死にそうな時にも過去に死んだ仲間たちが出てきたりしていたので、今回も懐かしい面々を画面に出す事で視聴者を感傷的なムードにさせるのが狙いかなぁ・・と漠然と思って見てました。

 

結果的には「ほ~ら、引っかかった!ミショーンは全然死にましぇ~ん!」という展開が用意されてたわけですが、まさかリックのブーツが仕込んであるとはね・・。

あまりの方向転換ぶりに唸りましたね。

ウォーキング・デッドもやるときゃやるよ~!

それに突然出てきた日本語にもビビったし・・、う~ん、リックもあちらの世界で相当苦労してるのかな・・。

日本語話せるようになってたら凄いな・・。

 

でも・・、ということは???

 

家族再会も夢じゃない?!

これは映画で再会する可能性もあるってこと?!

だってミショーンもリックと同様にドラマの降板を宣言しただけなので、映画には出るかどうかはまだ何も情報がないですよね。(というか、あったらネタバレになるので敢えて出してないだけかも)

【追記】

ちょっと調べましたが、やっぱりミショーンが映画版にでるかどうかは分からないようですね。

この放送の後にあった「トーキング・デッド」でも今後のミショーンの物語がどこで見れるのか?という質問にミショーン役のダナイ・グリラは名言を避けたようです。

ただこのオープンエンドについて「ミショーンの物語は続く」と言っただけで、具体的なことは話さなかったのだとか。

 

でもですね、気が早いのは分かってますけど、ファンが期待するのは映画版での感動の家族再会劇ですよね?

大きくなったジュディスとリック。そしてたぶんまだ存在も知らないRJ(リックジュニア)との初対面も??

なんだか一人で盛り上がってしまいますが、こちとら映画館に足を運ぶとなったらそれくらい用意してくれないとね~。

少なくとも、この流れだと当然そこを最終地点としてるようにしか見えないし、これでミショーンが本当にさようなら~だったらそれこそファンの怒りを買いそうだし・・。

 

それから、映画には日本人が出る可能性もあるのかな?

ユミコさんがあんまりビジュアル的にワクワクするものがないので、ここはひとつ、また新たな日本人キャラの誕生を楽しみにしたいところです。

 

え~っと、あのオッサン(バージル)のことをほぼ無視して書いちゃったけどいいですかね?

だって、もうぶっちゃけどうでもいいですよね。(その後のネタが大きすぎた!)

どういう経緯で家族が死んでしまったのかもよく分からなかったし、なぜ仲間を監禁してるのかも不明だったし、ただ一つ分かったのは、あのオッサンはずっとあの島に居続けるってことだけでした。(居ていいよ~)

 

はい、では今回はこんなところで失礼します~

ミショーンお疲れ様でした~

 

次は13話の感想です。↓

「ウォーキング・デッド」シーズン10第14話のネタバレA感想 コメディ路線行くよ~! 「ウォーキングデッド」シーズン10第14話、アニスのネタバレ感想・あらすじです。 え~っと、「ウォーキング・デッド...

*勝手なお願いですが、ブログ継続のモチベーション維持のため、気に入って頂けたらSNSでの拡散ご協力をお願いいたします。↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。