アクション

「フィアーザウォーキングデッド」シーズン5 本家のヘリの謎に絡む!!

「フィアー・ザ・ウォーキングデッド」シーズン5全話見たアニスのネタバレ感想です。

 

フィアー全感想

シーズン3 シーズン4 シーズン5 考察1 考察2

 

やってきました、シーズン5!

またアマゾンプライムに追加されてたのに気が付きませんでしたよ。いつから配信始まってたんだろ・・。

さて、今回は大分雰囲気を変え、相当テコ入れしてきたのを感じます!!

とりあえずは本家にすり寄って無理やりにでも絡んでいきますよ~!

なんと、あのヘリコプター集団についての謎をフィアーの方から解明する・・?と匂わせる、若干の反則技まで使おうとしてます!

何なのよ~。独自路線を貫くんじゃなかったの?

あの人も移転してくるらしいし、もうすっかり本家頼みか~。

←アマゾンプライムで見れます。



「フィアーザ・ウォーキングデッド」シーズン5第1話 ヘリ軍団来た!

冒頭から緊張感20分持続!!

これはフィアーとしては珍しいですよ!

本家並みのスピード感と緊張感で、「おお~、シーズン5はやりよるか?!」とこちらに期待させるような第1話でした。

まず、飛行機が墜落!!

そして、乗ってるのがあのお馴染みの面々ですよ!

え?またなんで?誰が操縦したの?

という謎はすぐ解けますが、なんなのよ~。

ローガンという一人の男を助けるために、わざわざ飛行機飛ばして来たってこと?

操縦士でもないアルが操縦して、そんなに慌てて・・。

そりゃ落ちるってば。(この辺がフィアーだわ。)

 

そしてなんと、ルシアナの右胸の上の方にパイプが突き刺さってる~!

やめて~・・!!!

あのパターンはもう痛過ぎて嫌・・。

 

そんな危機の最中にも来るわ来るわ、死人の群れ!

アリシアは相変わらずのスーパーウーマンぶりを発揮し、片っ端からプロペラでぶった切る!

うわ~、もっと効率のいいやり方ないの?

ジョンは何やってるのよ!こんな時に7発しか弾がないって、一体何のための銃なの?

 

でも、膝くらいの高さにロープを張り巡らし、死人を転ばしてから頭を叩き潰す・・という地味なテクニックも披露してくれました。

面倒なのか、効率がいいのかよく分らない作戦でしたがちょっと新鮮。

 

それと、新キャラの子供が3人いましたね。

相当苦労してるようで、全身汚れてるし、人を信じられなくなってる様子。

みんな兄弟なのかな?

やっぱり子供がいると緊張感も増大するわ~。

 

でも結局彼らは「人助けなんて信じない!」とどこかへ行っちゃいましたね。

また会えるといいけど・・。

 

危険な輩が近くにいる?

死人の頭を大量に木に括りつけたり、腸で繋ぐバリケードを作ったりと、気色悪いやり方で脅しをかけている連中がいるようです。

ローガンと関係が?と疑った訳ですが、全然違ってましたね。

 

ローガンはこのボランティアの発起人「CL」コンビの「L」の方だった(知るか!)ということで、デニム工場は俺のものだ・・!と、今回こうしてアリシア達を遠くへ呼び出した隙にまんまとデニム工場を奪還したようです。

 

居残り組は全然役に立たなかったようですね。

ビクターじゃねぇ・・。

でも女の子のチャーリーに何か考えがあるようで、「私が潜入してみる」と工場の中に入るようなこと言ってました。

それにしても、前から思ってたけど、このデニム工場にある物資はどこかで調達してるの?

もうそろそろ自分達で作っていかないと缶詰なんかも底をつくでしょうにね。

 

ローガンですけど、今シーズンの悪役でしょうか・・。ちょっとジジイで喧嘩も弱そうですけど、頑張って欲しいです。

フィアーの悪役ってなんで毎回弱そうなの・・?

 

ヘリコプター集団来た!!

これですよ!これ!

今回一番の注目はこのヘリコプター集団の謎!

このアルが倒した死人ですけど、ヘリコプター集団の一員のようなのです!

そうです!ヘリコプター集団と言えばリックとジェイディスがお空へ消えたあの例の集団。

今度リックが映画出演する時に謎が解けるという、AとかBとか言ってたあの集団ですよ!

 

なぜ繋がるかと言うと、この男が持っていた書類のようなものにあったマーク。

これがリックを連れて行ったヘリコプターのものと同じだそうです。

CRMというロゴもあるんですけど、コモンウェルスに関係があるのか、ないのか・・。

 

それから、あの一帯は放射線の汚染地帯だったらしく、看板もありましたよね。

その辺も関係あるのか、ないのか・・。

とりあえず1話で分かるのはこの辺ですかね。

この甲殻類のようなユニフォームも謎だわ~。この電線なに?

 

アルは拉致られたようですけど、コロされなかったということは、何か目的があって連れて行かれたんでしょうか。

 

ダニエル父さんまた?!

一体何度目の復活でしょうか?!

シーズン4ではその生死さえも話題に上らなかった父さんが、ここに来てカンバックですよ!

 

あら~、また微妙なのが来たなぁ~。

ダニエル父さんの倫理観も結構面倒くさいのよね、相当モーガンと衝突しそう・・。

ビクターもその辺全然ダメだけど、アイツは弱いから常に長い物に巻かれるタイプなのよ。

とりあえずは生き残れそうな方に付くタイプだし、なんとなくモーガン達と一緒にいる感じだけど、ダニエル父さんは急にすごい持論が飛び出すから少し心配ですね。(元工作員だしね。)

 

さて、1話はこんなところでしょうか・・。

それにしても、まさかのヘリコプター集団ですよ。

リック主演の映画の宣伝も兼ねて、また卑怯な手を使ってきましなぁ。

この集団に関してはリックの映画で全貌が分かる手筈になっているはずなので、フィアーの方ではただ謎を振りまくだけで終わりそうな気もしますけどね・・。

まぁ、「ウォーキングデッド」ファミリーの一員として、宣伝だけは頑張りますよ!というところでしょうか・・。

あとはこの勢いをどれだけ持続できるかですね。

 

それにしても、謎かけ要素を使うというのは本家でもS9くらいから急に始まった手法ですけど、これがある程度上手くいったんでしょうね。

フィアーでもS4のマディソンの死を明かすのに使ってましたけど、これも成功したと見ているのでしょう。

S5でも取り入れよう!と、さっそくヘリの謎辺りから来てますね。

でも、ただ謎をチラつかせればいいってもんじゃないですからね。

謎が明かされた時に「なんのこっちゃ!」にならないようにお願いしたいです。

 

次は2話のネタバレ感想です。



 

「フィアーザ・ウォーキングデッド」シーズン5第2話

原子力発電所ですか・・

放射能汚染された死人に近づいたり触ったりしたら汚染して死ぬってことになってましたけど、ビニール袋一枚巻いたらもう触っても大丈夫なんですかね・・。

モーガン達が死体をトラックに運ぶのを手伝ってましたけど・・。

彼女もその時点でマスクは外しちゃってるし、そんなものなの?

詳しいことはよく分かりませんが、残念ながらモーガンの棒とはお別れの時が来たそうです・・。

あれって、例のメンターに貰ったものでしたっけ・・。

怪我した時には杖になったりと、色々大活躍でした。

 

それと、ビクターとダニエル父さんとの再会はこんなもんでしょ。

毎回同じやり取りの繰り返しでデジャヴみたいだったわ。

 

ところで、なんでそんなに飛行機にこだわってるの?プロの操縦士がいないんだから危険なのは同じでしょ?

普通に車で帰ってくればいいのに、そんなに山奥とかなんかなの?

どっちにしても時間はたくさんあるんだから、飛行機にこだわらず車で帰ってくればいいのに・・。

車たくさんありましたよね。

 

ただねぇ・・。あの死体を解体して腸を撒き散らす集団が登場しないとあの場所からは逃げられないんでしょうね。

というか、もしかしたらシーズン5はずっとあそこなのかも・・。

放射線に感染した死体を回収してる彼女を残していくとは思えないし、子供達のこともあるし、謎の集団とも一戦交えない訳にはいかないでしょう。

 

ふ~む。

私なら放射能汚染がある場所と分かった時点でスタコラさっさと逃げますけどね。

アルも行方不明だし、相当足止め食らうでしょうね。

ビクターも飛行機のことは忘れて大丈夫なんで、ダニエル父さんをそっとしておいてあげてね~。

 

次は第3話のネタバレ感想です。

「フィアーザ・ウォーキングデッド」シーズン5第3話 ドワイトいらっしゃ~い

ドワイト来たよ~!

もう・・、相変わらずガリガリじゃないですか・・。

必死にシェリーを追っているそうですが、とりあえずはご飯食べないと見つける前にガイコツ君になってしまうわ。

 

ところで、シェリーはドワイトに見つけて欲しいの・・?

どっかに長期滞在しないと、ドワイトだって見つけにくいと思うんですけど、その辺考えてないのかしら。

 

それと、ドワイトがどれほど本家からファンを連れて来られるかですけど、これまた相当少ないと思います・・。

「ウォーキング・デッド」のキャラの中で、モーガン好き~!ドワイト最高~!!というマニアックな方はそう多くないでしょう・・。

いずれにしてもドワイトとシェリーの感動の再会については、見たいような、どうでもいいような・・。

とりあえずドワイトからは負のオーラが漂い過ぎなので、もう少し前向きに溌剌としてくれないと見てる方も疲れます・・。

 

子供達が謎の集団だった

もう、こういう救いのない話は勘弁して欲しいです。

男兄弟2人にはまだ希望がありそうですけど、お姉ちゃんは完全にサイコ入ってる感じですよ。

あの世界に生まれ育った世代というのは、また完全に違う価値感でサバイバルせざるを得ないでしょうしね。

 

これに関しては、本家の方でもリジーとミカ姉妹の悲劇がありましたよね。お姉ちゃんが妹を・・という。

あれ、私が一番嫌いな鬱エピソードです。

見るのも嫌で、ほぼ丸々1話スキップして内容だけもっさんのブログで確認させてもらったんですけど、あんな感じにならないといいなぁ・・。

 

アリシアがせっかく感動のエピソードで心を開かせようとしてたのに、全然届いてなさそうですよ・・。

せめて弟君たちだけは救出できるといいけど。

 

でも、もうこの先見るのが嫌だわ~。

もう子供をあんな風に扱うのやめて~。

 

短くてすみません、大して書くこともないので・・。

そういえば、1話に感じた勢いはすっかり消えて、いつも通りのフィアーですね。

 

あ、そうだモーガンの棒が何か違うものに変わってましたね。しっくり来てるといいんですが・・。

 

次は第4話のネタバレ感想です。



「フィアーザ・ウォーキングデッド」シーズン5第4話 理由を教えて

 

だ~から、なぜ飛行機でないと救出できないのかを教えて欲しいです。

ヒマラヤ山脈とかで遭難してるなら分かりますけど、あそこには外界に通じる道路が全くないっていうの?塞がってるの?

普通に車で走ってるのに、なぜそのままビクター達の所まで戻れないの?

 

しかも小型機で皆で脱出!って言ってましたけど、あの飛行機じゃ絶対そんなに人数乗れなかったでしょ。

せいぜい4人乗りくらいでしたよ?

まぁ、どっちにしてもダニエルを助けるために小型機ダメにしちゃってましたけど・・。

でもさ~、ダニエル父さん他に逃げ方なかったのかな?

あのラジカセをどこかに置いたまま自分だけさ~っと脇道に逃げたら大丈夫そうでしたけど・・。

 

そもそも、小型機の運転免許を誰が持ってるの?

無理に飛んでまた墜落・・ってことになったら、前回の失敗から何にも学んでないことになるわ・・。

まぁいいや。どっちにしても小型機は壊れたそうです。

 

それから、子供達ですけど、話してみたら割と普通だったのでこれはホッとしました。

でも、あんなに腸のバリケードにこだわってたのは、なぜなんだろ。

死体の頭をあれだけ切断するというのも、子供達にできますかね?

 

どうやら原子力で働いていた親たちの子供ということで、死人になってしまっても離れられないという気持ちなのだそうです。

でもあの場所ってやっぱり放射能汚染されてるんでしょ?

 

それに、汚染された死体を回収していた女性は子供達にその事を注意しないの?

ヘリコプター集団を恐れるより、放射線を心配したほうがいいように思うんですけど・・。

 

それから、ダニエス父さんは何かやることがあろうそうで、一人旅に出てしまいました・・。

え?!まさかこれで終わり?!

ってことはないですよね。

ビクターともついに和解したようで、爽やかに去っていきましたけど、これで今シーズンの再登場シーンが終わりだったらビックリだわ。

 

でも、何をやりたいのかを教えてくれなかったので、また出てくるのかな?

どっちでもいいかな。

 

次は第5話のネタバレ感想です。



「フィアーザ・ウォーキングデッド」シーズン5第5話 ヘリの謎来るか?!

 

いや、だからね、期待しちゃいけないんですよ。ヘリの謎の解明なんて。

フィアーなんかで教えてくれるわけないじゃない。

映画、映画!!

劇場に足を運んで、リック大先生の晴れ舞台を見に行かないと教えて貰えないってことですよ。

 

というわけで、今回はあのヘリコプター集団の一員である女性イザベルとアルとのアツアツな回でした。

「すべての終わり」なんてタイトルにしておきながら、何~にも終わらないのも、アルが死なないのも分かってましたよ。

最後だって、銃を頭に突き付けられても微塵も心配しませんでしたから・・。

ただ、その後「ブッチュ~~~~!」が来るとはさすがに想像できなかったけど。

 

やっぱりアルはレズでしたね。

始めから、あの髪型でそう主張してましたもんね。

イザベラさんも防護服を貸したり、崖での見せ場では、互いに「落ちる時は一緒。」としつこくリピートしてる辺りから怪しいなぁ・・、とは思ってましたけど。

でもいきなりぶっちゅ~が来るとは・・。

 

さて謎ですけど、分かった限りで整理します。

 

イザベラの任務とはヘリ集団のものとは違うの?

何か彼女なりの大義でやってる事があるようですが、それがヘリ集団に秘密のものなのか、それともヘリ集団の一員としてやってることなのか、最後までよく分かりませんでした。

「その為に友達だったパートナーまでコロした」、と聞いた時には、彼女だけの任務なのかな~と思ったんですけど、その後の彼の死に方などを聞くと、ヘリ集団に報告した「プロトコルに違反したからコロした」というのは嘘ではなかったようだし、結局どっちなんだろ。

ただ、これに関しても全然ヒントなし。少しくらい教えてよ~。

 

アルは兄弟のテープを大事に持っていた

最後の瞬間に一緒に入れなかったと後悔してましたね。テープの中でジェシーに謝ってました。

その大事なテープ(The Bog #7)をイザベラさんにあげてましたけど、どうしてかな。

あの時は死ぬと覚悟したので託した訳ですけど、「えっと、コロさないならやっぱり返して」とは言えなかったのかな・・。

 

アルは彼女の任務を脅かすテープを持っていた。

これはイザベラが何も言わずに焼いてましたね。

アルは中身を知ってようでしたが、なぜイザベラが他人に見られたくないのかは分からないようです。

誰も絶対に知ってはいけないそうで・・。

このテープについては、1話でアルが制服を着た死人を見た時すぐにハッとなってましたので、以前に彼らの一人にインタビューしたのか、何かに遭遇した時のものなのか・・。

 

ヘリ集団は恐ろしいらしい

イザベラさんが、彼らは危険だ。って言ってましたけど、一体何をしてる集団なんでしょうか。

まず、死人からの噛みつきも通さない防護服があって、死人に対して突き刺すことも撃つこともできる便利な銃も持ってましたよね。

かなり進化した文明がある集団なのは確かでしょう・・。

 

何しろ本家ではS3からこのヘリコプターは画面にチラッと映ってましたからね。

むしろ、アポカリプス発生以前から存在してる組織がそのまま活動を続けていると考える方がいいのかな。

ヘリにしてもあれだけの機材をもって、給油用のタンクもあちこち設置してあるとなると、アメリカ全土で活動してるのかな・・。

まぁ、この辺は想像です。

答えは映画館で。

 

パートナーのキャビンて何か関係ある?

「世界の終わりまで見える」景色が見えるというキャビンの鍵を持っていたそうですけど、それって今後何か関係してきますか?

イザベラはその鍵を捨てちゃってましたけど・・。

「世界の終わり」というタイトルをつけたかっただけの、どうでもいいエピソードなのかな。

 

そして、モーガン達と合流したアルですけど、なぜかイザベラさんとの一幕は内緒にしていましたね。

まぁ、彼女の存在はよしとしても、ヘリ集団は危険なので絶対接触しちゃダメ・・くらいは伝えても良かったかもですね。

 

次は第6話のネタバレ感想です。



「フィアーザ・ウォーキングデッド」シーズン5第6話 大らかな気持ちで見守ろう

もう、怖い怖い~!

空を飛ぶことをどんだけ軽く考えてるの?!

飛行機のプロペラがダメになり、「こっちにはあるぞ~」とビクター達が気球にぶら下げて届けようとしてましたけど、もうねぇ・・。

ジブリの世界かいな・・。

 

サイズとかはどうなの?機種とか色々あるんじゃないの?

それに、バラバラに分解されたボロボロの飛行機を修理してましたけど、怖いって~!

墜落の可能性どんだけ~?

あんなのに子供達を乗せられないわ。

 

原子炉は大丈夫?

それに、原子炉がまたメルト・ダウンしそうだという恐ろしい状況が報告されてましたけど、それって発電機だけでどうにかなるの?

基本的に放射線関係の描写が雑ですよね。

モーガンもあの例の棒に再会して喜んでましたけど、ビニールに包まれてるだけで触ってOKというのがよく分りません。

そういうものなの?違う気がするんだけど・・。

 

なのに、放射能汚染された死体を倒して返り血を浴びると数日で病気になって死んでしまうそうです。

でもモーガンはあれだけ接近して揉み合ってましたけど、大丈夫だそうです。(本当かいな?)

 

それから子供達の両親ですけど、発電所で働いていたのはなく、その近くのキャンプに避難していた人達だったんですね。

でも、いまだによくわからないのが、子供達が死体を使ってバリケードをぐるっと築いているところ。

やたらと腸を活用してますけど、あれだけの作業をするのも危険でしょうに、何のため?

ヘリ集団のような人達が自分達の陣地に入り込まないようにするためとか?

 

とりあえず子供達の被害者が一人も出ないように説得して、どうにかこうに飛行機に乗せ、原子炉がどうにかなる前に飛行機が無事に飛び立ち、そのまま墜落しないで山を越えることができるのでしょうか?

奇跡を願うしかないでしょう。

 

ドワイトが厄介だわぁ・・

別に悪い人じゃないんですけど、どうにも負のオーラが漂っていて周囲の人を不安にさせます。

シェリーの使っていた車が見つかって、そんな彼も前向きになりそうだったのに、そのタイミングでジョンがシェリーからの別れの手紙を見つけてしまうという・・。

ドワイト・・、どんだけついてないの。

 

ジョンとしては言えないわよね~。

数日前には絶望して死のうとしていた男ですからね。

ただ、このままあの家の周囲にいると思わせて置いたら、原子炉が爆発するとなったってドワイトは動こうとしないでしょう。

シェリーはもういない!と分からせるためにも、手紙は見せないとマズいような・。

あとさ、ジューンに相談すれば、「私もそうやってジョンを忘れようとしたの。失いのが怖かったからよ。」みたいな例のセリフで慰めてくれそうですよね。(何回聞いたか・・)

ジョンも、「そうさ、それでも俺は探し続けた。」って説得を続ければどうですかね?

う~ん、でもなぁ・・。ドワイト暗いからな・・。

あの手紙で完全に心が折れる可能性の方が高いでしょう。

 

とりあえずは、あと2話ですね。

放射能汚染地域に着陸してしまったチャーリーが心配ですが(ビクターはどうでもいいわ)、恐らく汚染された死人に接触しなければ大丈夫。という設定なのでしょう。

 

「フィアー」はその辺なんでも適当ですからね。

あまり目くじら立てずに大らかな気持ちで見るのが良いかと思います・・。

 

次は第7話のネタバレ感想です。



「フィアーザ・ウォーキングデッド」シーズン5第7話 マドンナが!!

 

はぁ・・。

もうあの子供リーダーの女の子、どんだけ頑固なの?

どうやって説得しても全然聞く耳持たずでしたね。

普通に「原発が爆発したらみんな死ぬのよ!」って言ってやって良かった気もしますけど・・。

あの超デンジャラスな飛行機にだけは乗りたくないようです・・。

まぁ、それは私も気持ち分かるわ。

 

アリシアが!!

そんなこんなで大変な危機が・・!

あの腸で繋ぐバリケードが壊れ、大量死人に追い詰められることに~!

っていうか、当たり前でしょ。これまでよく腸で持ってたもんだわ。

 

そして子供達を守る為に一人戦い切ったアリシアですが、ついに被爆してしまったのでしょうか?!

このフィアーの放射線理論によると、被爆した死人を少し離れた所から倒すのはOKだけど、接近して返り血を浴びたらダメだそうです。

そのダメパターンをついにやってしまったアリシア!

 

残された命はどれくらい?!

子供達の両親のように数日で動けなくなり死に至るのか・・。

でも、放射線て基本的に半減し続けますよね。

例えばヨウ素の場合は8日で半減、16日で4分の1、24日で8分の1、という具合に・・。

確かグレースは去年にメルトダウンしたっていってましたけど、それっていつくらいですかね?

まぁこの際、半年とすると、私の適当計算によると、約400万分の1まで減ってることになります。1年経っていたら、さらに桁違いに少なくなってる訳です。

 

なので、彼らの両親のようにすぐにどうにかなる状態ではない気がするんですけど、アリシアはすっかり覚悟を決めたような感じですよね。

モーガンにも話さず、自分で抱え込んでいくようでした。

 

でも、よりによってこんな時に我らのモーガン教に若干の変更があったらしく、

「やっぱりこれからは自分達の命も大切にしていこう」なんてお達しが来るんですよ・・。(知るか~!)

勘弁してよ。

アリシアは既に捨て身で子供達を助けた後なのよ。

 

その他は・・

それから相変わらずなビクターがまたごちゃごちゃ言ってましたけど、全~く!心に響きませんね。

毎回したり顔で反省の弁を述べるんですけど、薄い薄い~!

本人は変わったと主張して、ダニエル父さんも納得させてましたけど、私は騙されませんよ!

他人の命のために、自分の命を懸けられるのか?という場面になったら、きっとまたこの男の本性が分かるでしょう・・。

 

それから、もう既にお邪魔虫な感が強いドワイトですけど、どうやらモーガン組にレギュラー入りを決めたようです。

皆と一緒に行動してたらツキが廻って来るかも・・。という意味不明の希望を頼りに、まだシェリー探しを続けるようです。

 

となると、飛行機に乗る人間て一体何人?

それだけ乗り切れればいいんですけど。

そして、素人集団が適当に修理した何の保証もない飛行機に一蓮托生で乗り込むのか~・・。

私は絶対嫌だ~。

でも、きっと次回は飛んじゃうんだと思います!それいけ~!

 

次は最終8話のネタバレ感想です。



「フィアーザ・ウォーキングデッド」シーズン5前半最終第8話 色んな意味で大丈夫か?!

 

もう~!

完全にメルトダウンして放射線が来ちゃってるじゃないの~!!!

飛行機にも黒い雲が覆いかぶさってましたよ!

いいの?!あれ、絶対だめでしょう~!

 

なのに、「ふ~、危なかった~」的な扱いになってましたけど、いい加減にせ~よ!

放射線の脅威を舐めてるとしか思えませんね・・。

 

とはいえ、ま~ねぇ、エンターテイメントですからね・・。

あんまり目くじら立てても仕方ないんですけど、「チェルノブイリ」ムード一色の昨今、こんなお気楽な原子力事故も平気で描いてしまうこのドラマ・・。

さすが「フィアー」としか言いようがありません。

 

それに、汚染されたはずのモーガン棒が復活してるし!!

え?血がついてるところを折って捨てたらOKなの?!(しかも素手で持って捨ててた?!どんどん雑になってる!

 

しっかし、あの棒がいとも簡単に折れたな~。

今後は短いバージョンでモーガンのお供を続けるそうです。(私だったらもう捨てるわ・・)

 

奇跡の連続!おめでとう!!

はい、というわけで、全~~部めでたし、めでたしのハッピーエンディングでした。

ジョンはギリギリ間に合ってジューンと再会。勢いでプロポーズまでしてしまいました。(え?してなかったの?)

もう今更過ぎるわ~。

散々アツアツぶりを見せつけられ、さすがに胃がもたれてくる濃厚な中年カップルです・・。

 

そろそろフレッシュな若手カップル頼みますよ~。

「フィアー」のアイドル、アリシアのお相手はいつになったら出てくるの?!(死なないのね)

 

それからボロ飛行機はなんとか空を飛び、山を越え、誘導灯が消えそうになっても、燃料が切れそうになってもギリッギリでセーフ!

見事!全員無事に着陸でした~!

 

シーズン5前半は犠牲者ナシ!!

なんとなんと、犠牲者なしですよ。

アリシアの返り血に関してはかなり気になるところではありますが、グレースの様子を見ていてもすぐにどうにかなるような感じではなかったですよね。

「フィアー」の大事なアイドルですからね。そうそう何か起こるとは思えません。

 

あとは、メンバー増えましたよね~。

ドワイトも馴染んでるし(え?浮いてる?)子供達も一気に増えて今や大所帯。

チャーリーとダニエルはなぜか気が合うらしく、既に親子のように肩組んで歩いてましたよ。

これからも、こんな(生ぬるい)感じで楽しいフィアーの仲間達の物語が続くのでしょうか・・。

まぁ、それはそれでファンはいそうだけど。(ファミリードラマ好きな人とか)

 

でもIMDbのレートはついに6.9へ降下!!!

これまでは7.3とかあった気がしますけど、シーズン5前半終了後の現在はついに6点代に突入ですか・・。

私も長年海外ドラマを見てますけど、6点代になるともう見ていられないんですよね。

(見ちゃってるけど・・)

 

結局ヘリコプターのくだりは、雰囲気だけでこれと言った新情報も出さず、肩透かしもいいところでした。(予想通り!)

収穫はアルのキッスが見られたくらい。

 

原子力も、放射線の脅威についての定義があいまいで、何が危険で何がセーフなのかが超適当で分かりにくい。

メルトダウンなんてもう絶対に起こったら終わりなのに、最後に思いっきり煙に接近しちゃってるしで、もう何がなんだか・・。

 

子供達のバリケードも、あんなに弱くて戦う術もない彼らがどうやって死人を押さえつけて腸を繋いだり、顔を切断して高いところに括りつけたのかが全て謎でした。

 

「罪を償うために、人を救う」というのも、なんか強引すぎてもう宗教の域ですよ。

(ビクター、オマエ本気で償おうと思ってるのか?!雰囲気に流されてるだけだろぉ~)

 

後半戦はどうなる?!

とりあえずもうヘリコプターは出てこない気がします。

あれはもう今回限りの、映画の宣伝でしょうね。

 

一つ言えるのは、あの弱そうな爺ローガンが絡んでくることで、悪役になるのかなぁ・・と想像。

今はいい感じですり寄ってきてますけど、いずれハハハ~!と裏切るのでしょう。

誘導灯のことで協力さえしなかった爺は人間としてクズですから、それを忘れてしまってはいけません。

ガソリンを採掘できる場所がクレイトンの遺した日誌に書いてあるそうで(ルシアナ所有)、それを見たいだけですね。

そんなのは視聴者なら誰でも分かることですが、このモーガン教に洗脳されてる彼らには分からないのでしょう・・。

基本的に善人説で、人を救うことしか考えてませんから。

困った様子を装ってすり寄れば、「助けますよ!助けたいんです!」と飛びつくのは爺の方でも分かってますしね。

ガソリンがあれば、もっと人助けができるわ!とお花畑にもっと花が咲いちゃってるでしょうし・・。

 

後半戦はそんな感じでイライラ展開が多いかもしれません。

モーガンて本家にいる時から、振り幅の大きい不安定な人でしたけど、最終的には「命は大事。俺は誰もコロさない。」と意地になって仲間達からも浮いてましたよね。

結局馴染めずに放浪し、なんとなく出会った彼らとは妙に気が合い、今では「罪を償い、人助け!」という謳い文句で繋がってますね。

あ、なんだかテンポがいいので繰り返します。

「罪を償い、人助け!」

 

今後どこまで視聴者が付いて行けるのか・・がポイントになってくるでしょうか・・。

(私は脱落しそうだわ・・)

 

ではまた~!

https://www.annicedrama.com/entry/wkd10

ドラマ「チェルノブイリ」全話のネタバレA感想/全力解説 悶絶覚悟で見るしかない! HBO海外ドラマ「チェルノブイリ」の全話のアニスの感想/あらすじ/詳細解説/考察です。冒頭と登場人物紹介まではネタバレなし、注意...

\クリックで応援ありがとうございます!/

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA