ベター・コール・ソウル

「ベター・コール・ソウル」シーズン5第3、4話のネタバレA感想/解説 サラマンカ家相関図

「ベター・コール・ソウル」シーズン5第3話と4話のアニスのネタバA感想・解説・あらすじです。

本家「ブレイキング・バッド」のネタバレも含みます。

ベター・コール・ソウル全感想

S1 S2 S3 S4第6話まで S4最終まで S5:第1、2話 第3、4話 第5話 第6、7話

 

来ましたよ~!!!

ハンクとゴメスコンビが再登場!!

全然変わってないのも嬉しいけど、ハンクがノリノリなのが笑っちゃう!



「ベター・コール・ソウル」S5第3話のネタバレ感想

 

キャー!濃いわ~!テカってるわ~!焼けてるわ~!

本家では壮絶な最期を遂げたお二人ですが、今回はお空から降臨してきてくれたのがファンとしてはなんとも嬉しい!

 

さっそくハンクの賞味期限の話が絶妙でしょう~。

神経質で万引き癖ありの妻マリーにもチラッと触れてくれると、また彼女のことも思い出しますよね。

 

で、彼らは初めてソウルと対面するわけですが、いとも簡単に正体を見抜いて安い芝居もバレちゃいました。

さすがハンク。人を見抜く眼力はあの田舎町ではズバ抜けてましたよね。

しっかり逮捕者を出すことを条件にするあたりも抜かりないわ。

 

ということで、ラロがやろうとしていたのは、ガスたちの集金場所をチクって彼らをDEAに逮捕させようとしてたってことのようです。

 

だけど、このタイミングで金を引き上げちゃったらスパイがバレてナチョが危ない!

 

さすがガス。

ここは長期戦と見たのか、今回はラロの手にハマったと見せかけるようでした。

 

ソウルを悪の道に引きずり込んだのはナチョだった!

あ~・・。ついにソウルも本格的な道に入ってしまいました・・。

これでもう手を引くことはできないでしょう。

 

えっと、今回ラロ達との会話にあったのは、S1の第2話で起きたことですね。

前回の感想でも軽く解説を入れたんですが、今回も少しだけ。

まず、「2人組」というのは、スケボーで当り屋をしていたこの二人。

 

運悪く、車に当たって金をせしめようとしていたのがトゥコのお婆ちゃんだったことで大変な事態に突入!

そこへ居合わせたソウル(というか当時ジミー)がなんとか彼らを死刑から片足骨折の刑で済むようトゥコを説得したという爆笑エピソードでした。

 

そして、ソウルがナチョに「君のことはすぐ助けたじゃないか~」と言っていたのは、下記のことです。また前回と同じの貼っておきます。

トゥコに殺されそうになったジミーが助かろうと、当時狙っていた案件で、大金を横領した会計士一家(ケルトマン)について話す。

その時はなんとか切り抜けたが、後日、その話を聞いていたナチョが金を盗むからケルトマンの情報を渡せとジミーを訪ねる。

ジミーは一家の命を心配し、家族に連絡。→近くに車を停め、事前偵察をしていたナチョが捕まってしまう

拘置所のナチョを弁護し、助け出す。

 

でまぁ、ソウルなんですけど、ラロが離してくれないでしょうね。

本人も大金を稼いで結構嬉しそうだったので、あとは倫理的な部分が払拭できれば問題なさそうですけどね・・。

あとはやはりキムとの兼ね合いか・・。

 

サラマンカファミリー一覧

さて、今回色々サラマンカの名前が出たので、ここでサラマンカな人たちをご紹介したいと思います!

こちらはFAMDOMからお借りしたサラマンカファミリー一覧に説明をつけたものです。

これまで「ブレイキング・バッド」とこのドラマに登場したサラマンカさん全員になります。(サラマンカ言うの気持ちいいわ)

(クリックで拡大)

孫が一人いるだけで、後は全員ヘクターの甥なんですよね。甥多いわ~。

肝心の子供はどこなんだろ?息子っていたっけ??

 

ちなみにお婆ちゃんとラロ以外は既に全員お空の人になってます。

このうち、ホアキンはジェシーとマイクと一緒にガスがメキシコを訪れた時にカルテルを毒で全滅させた時に殺されてるんですが、

その後アメリカに戻ったガスがヘクターのいる施設に立ち寄り「これでサラマンカを一人残らず殺した・・」って言ってたんですよね。

てことは、ラロもやっぱり・・?

 

ナチョの今後

実は、ずっとナチョも殺されるのかなぁ・・って勝手に思ってたんですよね。

本家には姿を現してないし、ということは「ソウル」の方でその時が来るのかなぁと。

でも、今日のナチョ父とのシーンを見て、あれ?これは足を洗って別の土地でやり直すパターンもあるかも!?と希望が湧いてきました!

ナチョ、なぜか日本人のような親近感を感じるんですよね。なんでだろ。

絶対に死んで欲しくないので、そっち方面でお願いしたいです。

今のところ、逃げられない理由としてはラロくらいなので、ラロさえどうにかなったら自由の身も不可能ではない??

 

マイクが外して欲しかった写真(ポストカード)

マイクがバーでポストカードを外すように頼んでいたのは、このシドニーのオペラハウス。

これ実はチーグラーのお父さんが建設したものだったらしいので、マイクにとってはチーグラーを思い出して苦しいのでしょうね。

前回は息子マティのことを持ち出した孫娘に切れちゃってたし、自分を責める気持ちで相当追い詰められているようです。

息子の死の経緯については2話の感想で説明あります。

既に爆発寸前ですが、どうやってここを乗り切っていくのか・・。

 

キムの大変な一日

あの立ち退き拒否のオジサンとの対決は面白かったですね!

キムがあれだけドラマチックに自分自身を語っても、全然びくともしなったのが最高でした。

それに、物件を集めてきたり、引っ越しを手伝うとまで申し出ても、まぁガードが固い固い!

もうあんな日は、ビール瓶を投げつけるしかないでしょう。

 

でも、たぶんあのオジサンが言ってたことってキムに刺さりまくってますよね。

「金稼ぎの為に何でも言うんだろ。年に一回のチャリティでいい人気分だろ。」

 

一番言ってはいけない人に言っちゃいましたよ。

もう、キムの様子を見ていると、いつ大手事務所をやめてプロボノ専門の弁護士になる!って言いだすか分からないですよね。

それでいい気もしますけど・・。

お互いに、ソウルは悪徳弁護士の道まっしぐら!

キムは貧しい人を助ける人権派弁護士の道へ~!ってことでいいんじゃないでしょうか。

 

ただ、分かっていても二人はそれを声に出すのが怖いんでしょうね。

いつかは来る別れの時・・。

それをなんとなくビールやたばこで誤魔化してるのかな・・。

通じ合ってるだけに、そこが何とも辛い。

 

*次は第4話のネタバレ感想・解説です。



「ベター・コール・ソウル」S5第4話のネタバレ感想/解説

さて今回も色々読み解くくのが難しいエピソードでした。

どんどん「ソウル通」にしか分からない世界の奥へ奥へと誘われているかのようですが、またそれが嬉しい・・。

ただ私も別に「通」って訳じゃないので、理解できた範囲で書かせていただきます。

 

マイクに何が起きた?!

では、一番分かり易いところから。

チーグラーの一件から自分を責め、出口のない洞窟でもがいているマイクですが、そんな中でも唯一の光である孫娘に会わせてもらえなかった・・!クソっ!

ということで、さらに自暴自棄に。

わざわざ例のチンピラ集団を挑発してましたけど、ボッコボコにされたかったのでしょう。

ところが、ナイフでブスッと来た!!痛い・・!

 

で目を覚ますとこんな場所でした・・。

たぶんメキシコですよね。

腹には手当された跡が・・。

 

で、まぁ、想像するにガスなのかなぁ・・と。

「ブレイキング・バッド」でジェシーとガスを連れてメキシコに行った時に、カルテルを全滅させるためにガスが自ら毒を飲んでハメたじゃないですか。

あの時に医療チームが近くの村にスタンバっていて、ガスと腹を撃たれたマイクを即席の最高設備で治療してましたよね。

それと同じ感じでしょうか?

となると、実はマイクにはずっと見張りが付いていたことになる??

プロのマイクに気付かれずにガスの手下が見張りを続けられるかは疑問ですが、まぁ最近のマイクは飲んだくれでしたからね。

あり得るかも。

 

もう少しで本家の時間軸に追いつく形ですが、本家でのマイクは完全にガスの右腕として働いてましたよね。

だけど、どうもラボ建設の段階ではそうじゃなかった。

チーグラーの件で嫌気がさしてガスを切ったように見えたし、あくまでラボ建設の仕切り役という短期契約でした。

だから、ここで何かあるはずなんですよ。

いまだにまっとうな市民であろうとする「元警官マイク」を完全に葬り、ガスの闇世界に身を売る覚悟を決めさせる何かが。

今その佳境に来てるんでしょうね。

 

ハワードなんてクソくらえなソウル

マイクは闇世界へ今まさにコミットしようとしてますけど、そういう意味でジミーが少し前にジミーを捨て、ソウルへの転身を決意させた出来事としては、キムの「あなたはいつも下にいた」発言もありますけど、もう一つはこの奨学生選抜の件

丁度、ハワードが引き合いに出したこの女子生徒ですが、以前万引きをしたことが原因で奨学生には選ばれませんでした。

唯一自分を重ねたジミーが票を入れましたけど、結局ダメで・・。

で、ジミーはその彼女を追い、「彼らは君の犯した罪を決して忘れない。勝者になって奴らを見返すんだ!」と熱く熱く言い聞かせますが、この彼女にはあんまり響いてない感じでした。

ただ、言いながら自分自身には響いちゃったんでしょうね。

これで「奴ら」に見切りをつけたジミーはソウルに生まれ変わり、「奴ら」を見返す決心をするわけです。

 

なので、当然のことながら、いまさらハワードが高級車(ジャガー)で会いに来て、仕事のオファーをしようが、アツい抱擁をしようが知ったこっちゃない。

薄っぺらで中身のないハワードのことなので、また何かにかぶれたんでしょうかね。

「ナマステ」プレート付きの高級車が浅はかな彼自身をよく象徴していました。

(ソウルはS4で「弁護士としては二流でも、最高のセールスマンだろ」と本人に言ってた。)

 

というわけで、冒頭の骨とう品やでのシーンは「ナマステ」ジャガーをぶっ壊すためのものでした~。

だけど、あんなボーリングの玉が3個で8千円くらい?!高いね。



ガスはいよいよ戦闘モードに

あの冷静沈着なガスが珍しくイライラしてバイトの彼に当たってましたね。

まぁ、常に危険を冒さないよう準備周到なガスが、今回ばかりはラロを出し抜くために危険な懸けに出ましたからね。

あれ、だってもしハンク達に手先が捕まってたら相当危険ですよ。

もちろん、いつもの直属の子分二人(ビクター&タイラス)じゃなかったので、あの金を取った子分が捕まってもガスの事は知らない可能性は高いと思いますが。

とはいえ、あの辺に待機してたビクターだって危なかっただろうし。

この二人がまた悪いのよ・・

 

で、結局70万ドルを犠牲にして、作戦は成功・・という連絡が。

そして、ようやく気の毒な彼は解放されるのでした・・。

 

でも70万ドルが犠牲になったせいか、まだ機嫌が悪いガス・・。

せめて一言褒めてあげて~。

 

 

【追記】本家の時間軸が分かった

キャサリンさんからコメントで情報頂きました!

ブレイキング・バッドS1の第1話の冒頭10分くらいのところですが、ウォルターの50歳の誕生日パーティをしてる場面です。

ハンクが「テレビを付けろ!」と言うと、ニュースで麻薬カルテルの容疑者を3人逮捕したと語るハンクが映ります。

押収額も70万ドルと言ってるし、この事件のことですよね。

ということは、ついに時間軸が本家の第1話分に突入しましたよ~ってことになります。

く~、こんなところまで細かいクロスオーバーを入れてくるとは憎いですね・・。さすが!

 

キムとソウルはいい感じ

前回二人でビール瓶を割ったことで少し距離が縮まったんでしょうかね。

アツい夜を過ごした様子で、翌朝の歯磨きタイムも一緒でした。

この歯磨きにも意味があるっていう人もいるらしいんですけど、私はそこまで深いことは分からないわ・・

ただ、前から結構歯磨きシーン多いんですよね。

2人の関係が良好な時に出るのかな・・。

 

いい人はキムは割れた瓶も片づけてたし、あの頑固おやじアッカー氏の為に別の土地を提案するなんてこともしてました。

さすがにやり過ぎだろって気もしますが、これがキムなんですよねぇ・・。

でも、その提案も当然却下でしたので、最終兵器ソウルがついに出動!!

 

さすが早い早い!

これまで踏みつけにされてきたアッカー爺さんの心をグッと掴み、その怒りを利用して代理人としてのポジションを取り付けました!

大喜びのキム!

これでまた二人の関係が少し長らえそうかな・・?

 

さて、今回はこんなところでしょうか。

IMDbの評価ですが、シーズン5に入ってから全エピソードが9点越え!さすが!

そして、今回の4話が一番高くて9.4でした。

ふ~む。皆さん目が肥えてるわ~。

私、時々置いてかれそうになるので、なんとか頑張って付いていきたいと思います!

ではまた!

Netflixのお勧め海外ドラマ(2020年版)約60作品を面白い順にランキング(感想記事一覧) アニスです。 2019年も面白い海外ドラマが次々と配信されているNetflixですが、これだけは見逃せない!という質の高いドラ...
 

POSTED COMMENT

  1. raga より:

    ハワードはそんなに悪い人ではないんですけど「ナマステ」のプレートで彼の人格をよく表してますよね、なんかイラッとくる。
    時折ガスって日常何が楽しいんやろ?とヨメと談義します。なんかもう肩こるねん!と彼方へ叫びたくなります。でもね、そんな病的なガスが経営するチキンの店に一度は行ってみたいなぁ…

    • annice より:

      そうなんですよ!ハワードって案外いい奴なんですけどね。笑
      ただちょっとお馬鹿なんでしょう・・。確かにイラっとします。

      ハハ、ガスもねぇ・・。
      本家でヘクターをいたぶってる時は嬉しそうな顔してましたよね。やっぱり復讐こそが生きがいでしょうか。
      私もあのピリ辛チキンは絶対食べてみたい・・!

  2. キャサリン より:

    いつも楽しく感想読ませてもらってます!
    この4話の3人逮捕で70万ドル応酬って、ブレイキング・バッドの第1話のウォルターの誕生日会で観てたニュースのことですかね?

  3. annice より:

    キャサリンさん、初めまして。
    うわ~!!凄い発見ですね!
    確認しましたが、絶対そうだと思います。
    ありがとうございました。
    本文の方にも書かせて頂きます!

    • キャサリン より:

      追記で記事にしていただき、ありがとうございます!また何か発見したらコメントしますね(o^^o)

  4. annice より:

    こちらこそありがとうございます!時間軸が分かったという意味でもすごく大事なところだったと思います。またよろしくお願いします~♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。