「オザークへようこそ」シーズン3は女の壮絶バトルだ~!!全話見たネタバレA感想・評価

オザークへようこそ

Netflixの海外ドラマ「オザークへようこそ」シーズン3を最終話まで見たアニスのネタバレ感想です。

オザーク全感想

シーズン1 シーズン2 シーズン3

いや~、もう最高でしたな。

この脚本書いた人天才!!

実は各話結構違う人が書いてるんですけど、どうやったらこんなに面白いストーリーができるんでしょ。

このシーズン3はなんと言っても女性陣のプライドをかけた戦いが最高にクールでした!

見ていて超気持ちいい~~~!

これが女の逆襲だー!!

この4人の女性陣はエミー賞でも争奪戦になるんじゃないですかね?

同じ女として少しでも見習いたいものですね。このアッパレな凄みとド根性!

そうそう簡単に身につくものじゃないでしょう!

(ただダーリーンにだけは弟子入りしたくないわ。)

Netflix視聴ページ

目次

【ご留意ください】
当ブログは個人が趣味で書いているもので、仕事の後にウトウトしながら感じたままの感想を綴り、そのままの状態でアップしてしまっています。そのため稚拙な文章、品のない物言い、勘違い解釈、大ボケなどで皆様をご不快にさせてしまうこともあるかもしれません。(その場合は申し訳ございません。)
その点を含めてお許し頂ける方のみ読み進めて頂けましたら幸いです。(間違いに気が付かれた方はコメントでご指摘頂けると嬉しいです。また当方とは違う解釈や感想なども大歓迎です♪)

「オザークへようこそ」シーズン3のネタバレ感想

今回の新キャラはウェンディの弟ベン

Tom Pelphreyというアメリカの俳優さんで、これまで目立った活躍はなかったようなんですが、今回はいい仕事してましたね~。37歳!(もっとオッサンかと思ってた)

一瞬ですけど、角度によってはキアヌ・リーヴス似?

純粋で青臭い理想を掲げる彼は、実は重い躁鬱病を患ってました・・。

後半はその崇高なメンタルが一挙に崩壊していく様を巧みに表現し、クライマックスを大いに盛り上げてくれました。

「ダメだこりゃ!!」

「あー、こりゃダメだ!!」と、私も何度画面に突っ込んだか・・。

姉ウェンデイが最後に究極の決断をするわけですが、これも見ていて辛かった。

決して悪い子じゃないだけに・・。

それに妙~~に勘がいいんですよね。

必要以上に勘が働き、人の心の機微まで感じ取れる賢い彼がなぜ「薬を飲まない」という無謀な選択をしたのか。

過去に何度も同じ過ちを冒しながら中年になり、真正面から若い娘に猛烈アタック。そして「恋は盲目」に状態に・・。

少年の心を持ち合わせたまま大人になった彼が最後に迎える結末とは。。

このキャラ設定から本当によく出て来てました。

高校の授業中にアツい正義感に駆られ、暴走してしまったベンがスマホを集めて廃棄する。というあの短いシーンの中に彼の人間性と病気との因果関係が凝縮されてましたね。

ウェンディはウォルター・ホワイトになり得るのか?!

今シーズンのウェンディも凄かった!

シーズン2の最後にルースの父を始末したことが彼女にとっての大きな分岐点となり、

「これが私よ!」と目的の為には手段を厭わぬ悪女として開花していくわけですが、S3の前半までは絶好調でしたね~。

野望という新たな活力を得たウェンディと、これまで通り淡々と実務をこなす夫マーティが不仲になっていくという設定もまた面白かった。

ただ、厄介なことに「ブレイキング・バッド」のウォルターとは違いが一つありました。

ウォルターが闇カルテルの帝王として密かに君臨する自分に満足していたのとは対照的に、ウェンディはあくまで表舞台での顔にこだわりがあるようです。

ブランドって言ってましたけど、その辺が女なのかな~。

裏では犯罪に手を染めながら、表ではクリーンな分野で自分の野心を満たしていきたいという巨大なエゴ・・。

ただ、クリーン事業や慈善事業をするにも金がいるから、それはカルテル親分の金を使う。その為には親分を取り入る必要がある・・と、傍から見ても悪循環としか思えない危険なゲームに身を投じて行きます。

こりゃ、マーティじゃなくても反対するわ・・。

と思って見てましたけど、案の定どんどんドツボにハマっていき、最後はカルテル親分に大分追い詰められてましたね。

そのうえ、ベンの問題が手に負えなくなると、もう絶対絶命~。

ベンから派生した問題については大きな犠牲を差し出す事でなんとか信頼を繋げますけど、ヘレンとの戦争が勃発しちゃったもんだから、結局また絶対絶命~。

と思わせて~~~の・・、

お~!最後に凄い武器が残ってました!

メキシコで戦争状態にあった敵カルテルがアメリカ本土で犯罪を犯す現場を捉えたビデオをFBIに差し出すことで、敵カルテルを潰せるというのです!

ん?!

「ナルコス」ではたくさんの犯罪証拠が揃っていながら手も足も出せないアメリカDEAの壮絶な闘いが描かれてましたけど、あんなビデオ一つでカルテルを一掃するほどの力がFBIにはあるんでしょうか・・。

あと、全然余談ですけど、このドラマで一つだけ難癖をつけるとすれば、巨大なメキシコカルテルの資金洗浄にあんな田舎町の小さなホテルやカジノだけで足りるの?って点ですよね。

「ナルコス」とか見てるともうすごいじゃないですか。

カリカルテルなんて巨大企業をいくつも経営しながらどんどん資金洗浄してましたけど、あんな規模でなくてもいいのかなぁ・・と。

それかナバロのカルテルってかなり小規模なのかしら。(家は大きかったけど)

話をウェンディに戻しますが、彼女にこの罪が今後どれほど重くのしかかってくるのかが気になります。

振り返れば、あのマーティでさえ、牧師メイソンを銃で撃ち死に至らしめた後には相当参ってました。

とはいえ、状況的にはウェンディが危なかったし、正当防衛的な要素もありましたからね。

ただ、今回のウェンディの弟ごろしに関してはもう救いようのない悲惨さで、自分に弁明を立てるのも無理があるでしょう。

ルースの父の件で既に悪夢を見ているウェンディが、今後どれほどの耐久力でこの試練を乗り越えていくのか・・。

怖いけど、見てみたい。

S3でついにナバロ初登場!

そうそう、ナバロ役の役者さんも良かったですね!

これだけマーティやヘレン、ウェンディといった精鋭達を使っておきながら、そのボスは超アホだった・・っていうオチも面白かったと思いますが、一応、期待通りの冷酷な切れ者でした。

最後嬉しそうだったわ~。

自分の敵が倒せそうだと知った途端に表情が明るくなり、息子の乳母に「サンキュー」って英語で言ってましたもんね。

相当テンション上がってたわ。

そして、そのままヘレンをバーン!!

スッカ~!としましたけど、あのラストは皆でメキシコに呼ばれた時点で読めちゃいましたね。

結局、出し抜いた方が勝ちってことかぁ。

つくづく厳しい世界だわ。

でもまぁ、考えたらヘレンて普通の悪徳弁護士でしたからね。

言われた業務をやってただけで、代わりは結構いそうです。

マーティは一皮むけた?!

マーティは相変わらず淡々としてましたね。

完全にウェンディに押され気味で、あれま~、男は今シーズンいいとこなし??

と心配しましたけど、対ナバロとのシーンでは眠っていた闘志を爆発させてくれました!!

そりゃそうでしょ!

あれだけのガッツがなきゃ、命がけの綱渡りでここまで来れなかったはず!

(ただ、マーティってブチ切れてもそんなに怖くないのね・・。)

その後オザークに戻ってからも、しばらくは鼻息荒く過ごしてましたけど、結局ルースの一件では「大人の対応」に終始したし、ベンに関しても最低限の口出ししかしなかったし、意外に早く普段のマーティに戻っちゃった感じでした。

ただ、FBI捜査官の取り込みについてだけは常に攻めの姿勢で行けたのかな・・。

彼女は結局あのカジノに残ることになりましたけど、さすがに出産したらしばらくは産休に入るでしょうからねぇ・・。

せっかくいい感じで取り込めそうなのに、1年産休で別の捜査官が来た・・なんてことにならないといいんですが。

恋するダーリーンに変化あり?!

ビックリしたわ!!

前回の感想で、「赤ちゃんを育てたいなんて、一体何歳まで生きるつもり!?」と書いた記憶がありますが、彼女はやっぱり自分をマイナス50歳くらいで認識してそうですね。

ワイアットとキスし出した時は吹き出しちゃった!

まさか~!何この違和感!!

あっちの方は経験と技術がスゴイみたいな説明ありましたけど、ウッソ~!それだけじゃ無理だって。

でもS3のダーリーンは今までと違って少しずつ魅力的な側面も滲ませてきましたね。

ルースを守りつつ、あのジュニアのナニを吹き飛ばすという剛腕ぶり!

しかも、ギャングとの交渉事も上手そうだし、こんなんなら始めから夫抜きで彼女が全部決めてればよかったのかも。(そしたらとっくに破滅してる?)

彼女の目下の敵はバード夫妻!!ということで、着々と根回しして地盤を固めて来てますね。

来シーズンが怖いよ~。

ジークもあそこまで懐いてしまったら、もう引き離すのも可哀そうだし、ダーリーンとワイアットとジークファミリーってことでいいんじゃないですかね。

老衰でダーリーンが死んでもワイアットがいるし。

ルースがどこまでダーリーン家に染まっていくのかがS4の楽しみですかね。

だ~から、S2の感想にも書きましたけどルースの父に手をかけた事を隠さなかった段階で、ルースがバード夫妻に背を向ける日は予測できてたんですよ。

あの時は絶対に「父が金持ってスタコラ失踪した」というシナリオに徹しておかないとダメだったのに、なんでわざわざ死体を道路に放置しておいたのかな~。

普段はちゃんと片付けるのに。

ルースとダーリーンはちょっと似てる?

沸点の低さと、プライドや筋を通すのが大事!みたいな部分は意外に共通点があるのかも。

それ以外の部分では身内に対して情が深いというのも同じかな。あと、時と場合によってはその身内さえも手にかける強さがあるというのも同じ。

あらま、ルースとダーリーンて結構いいコンビになっていくかも?

そして、この共通項のおかげでワイアットはダーリーンからルースを理解するヒントを得ていくわけですね。上手いわ。

それにしても今回のルースもまた可哀そうでした。

あれだけマーティの為に頑張ったというのに、ジュニアにボコボコにされ、大好きなマーティは仕返ししてくれない。

初めて好きになったベンは無残な姿となり目の前に寝ているし・・。(冷静さには驚いた!)

唯一の救いはワイアットが許してくれたってことかな。

ルースはそもそも子供の頃から温かい家族を求めてきた孤独な少女。

マーティやウェンディに肩入れし続けたのも彼らが自分を受け入れてくれた疑似家族的な存在だったからですよね。

別にバード夫妻の目的(資金洗浄)が彼女の目的だったわけじゃないし・・。

なので、ダーリーンが家族として受け容れ、そこにワイアットもいるならルースにとっては最高の場所になり得そうです。

スリーも来てくれたら完璧でしょう。

このビッグファミリーは今後バード家にとって手ごわい敵となりそうだわ~。

バード家は今後大丈夫?!

ルースを失うと一気に戦力が減りますよね。彼女の穴埋めができるほどの最強キャラが他にいるかな。

それと、気になるのが息子のジョナ君。

母の恐ろしさを知ってしまった14歳のジョナはこの先どうやってバード家の一員を続けるのでしょうか。

ジョナ君も意外な戦力になっていたので、彼が離反するとなるとまたまた大きな損失でしょう。

シャーロットもよく頑張ってますけど、彼女には両親のような戦略的頭脳をあんまり感じないんですよね。

そっちはジョナに期待していただけに、ここはなんとか踏ん張って欲しい。

「オザークへようこそ」シーズン3の評価は

トマトの評価では、シーズン3がずば抜けて高いです!

批評家レートで見ると、シーズン1が70%、シーズン2が76%、シーズン3が96%!!

っていうか、S1と2が低すぎる気がしますが、S3は本当に一気にのめり込めてノンストップのジェットコースター級でした。

IMDbのエピソードごとの評価も、シーズン3に関しては回が進むごとに高くなり、最終回は9.6!という最高レートで終わってます。

私も率直にシーズン3が一番面白かったと思うし、やっぱり女の戦いって見ていて面白い!

それに過去シーズンのあのFBI捜査官のような(名前忘れた)面倒くさいキャラが消えて、今回は頼もしいキャラ達の頭脳戦をガッチリ楽しめましたよね。

ベンに関しても、S2のレイチェルよりも存在感が大きく、ドラマチックな山場を作ってくれました。

S3はエミー賞にも食い込んでいくと思います!!

では、こんな感じでしょうか。

S4がますます楽しみ!!

あわせて読みたい
【2021年10月】アマゾンプライムの海外ドラマ!おすすめランキング50作と配信情報 NEW POSTSナイン・パーフェクト・ストレンジャーモダンラブ S2地下鉄道~自由への旅路~12位9位3位 ↑タイトルクリックで感想記事に、画像クリックで視聴ページに飛び...
あわせて読みたい
【2021年10月】Netflixの海外ドラマ!ジャンル別おすすめランキング70と配信情報 New Postsメイドの手帖チェスナットマン真夜中のミサヒューマン3位ミステリー5位ホラー2位ペーパーハウスS5イントゥ・ザ・ナイトS2クリックベイトアクション1位アク...
ブログ継続のため、ご協力頂けると嬉しいです

アニスのツイッターもよろしくね!

・・VODから好きな作品を選ぼう!・・

・・VODの選び方・・

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 面白かったですね~久々に止められなくて一気見しちゃいました!
    でも、やはり復習が必要ですね。間空きすぎて、誰がルースのお父さんがころしたんだっけ?とか、そんな事まで忘れてました。
    癖が強くて、気持ち悪いペティ捜査官って、今思うと随分異色だった気がしますね。(あの人よく見かけますけど)
    そして、あの人の復讐のための黒人捜査官だったのかもしれないけど、さほど脅威でもなく、あまり要素としても目立たず。

    そうそう、私がオザーク見てたら、相方がキアヌリーブスの映画?って、ベンを見て聞いてきました。若干似てますよね!

  • キアヌ、本当~に若干似てますね。ただ37歳とは思えないほど老けてましたけど。笑

    そうなんです。もう最近ドラマを次々見てるせいか、復習しないと全然思い出せません!
    ルース父はウェンディがヘレンに依頼してころしましたけど、その時の映像が、今回マーティバージョンになって再現されてましたね。
    結構こまかい部分まで同じになってましたけど、あれすぐに分かる人は少ないかも。

    ぺティ捜査官は浮いてましたよね。自己破滅型で潰れていくのは予想付いたし・・。
    それと、確かに黒人捜査官は存在感なかったですね。よく見るといい男なんですけどね。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる