ウエストワールド

「ウエストワールド」シーズン3第2話のネタバレA感想/解説/考察!衝撃事実続々!あらすじ

「ウエストワールド」シーズン3第2話、アニスのネタバレ感想/解説/あらすじです。

スターチャンネルEX視聴ページ

 

あ~、面白かった~!

こんなによくでできてるのに、なんで日本ではあんまり人気ないんでしょうかね。

 

今回は嬉しいメイヴ組のメンバーが大集合!?

したかと思ったら違ってたよ・・!ってなことで、例によって凝った構成になってました。

 

スタッブスのこともやられたなぁ・・。

 

それから、ゲーム・オブ・スローンズとのクロスオーバーもありましたけど、皆さんすぐ気が付きましたか?下で詳しく書いてます!

ウエストワールド全話感想

*シーズン1最終回徹底考察* S2:1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 最終10話 考察1 考察2  S3:これまでのおさらい 1話 2話 3話



「ウエストワールド」S3第2話のネタバレ感想・解説

ウエストワールドじゃなかった、虚構の世界

まずですね、予告編を見てる時からおかしいと思ったんですよ。

だって、メイヴは自由意志を手に入れた覚醒済みホストですよね?

ウエストワールドでは派手に反乱を起こして大勢のデロス社員を殺した張本人ですよ。

一度捕まった後もメサで大暴れして再度脱出してるし、それこそデロス社側からしたら絶対に二度と使えない制御装置じゃないですか。

そんな一番危険な制御装置に記憶を残したまま、もう一度ナチスワールド(戦争ワールドって言ってたけど)で使うなんてあり得ない!

 

なので、あの場所自体がウエストワールドでなく、別の誰かが設定した虚構世界(模擬試験)だったというのは納得ですね。

 

 

それに、ヘクターにしてもおかしいと思いましたよ。

だって、メイヴのことを覚えてるわけないでしょう。

彼はメイヴのように完全な自由意志を手に入れたホストではないですからね。

ある程度の感情はあっても、自分の過去についての記憶を維持してるっていうのは無理だと思ってました。

なので、彼はシナリオ通りに動いてるだけの操りホスト・・というのも納得。(まぁ、結局ウエストワールドでもなかったので、その辺はどうでもいいんですけど。)

 

関係ないですけど、このエットーレさんが用意した自殺用の薬ですけど、

それを敵の目の玉にねじ込むメイヴが無茶苦茶で素敵でした。

 

あと、「他のホスト達を思い通りにできない。力を失った。」

と言っていたのは、彼女の管理者権限のことですね。このコードが入っていると、周りにいるホスト達を自由に操ることができました。

 

そして、ヘクターに記憶がないと分かった後でも、やっぱり彼が殺されるとこうやって悲しそうにするメイヴ・・。

この情の深さがメイヴなんですよね。

 

そして、管理部に戻る為に自分の頭を撃ち、いったん死ぬことを選ぶのでした。

 

再登場のキャラ達!

うわ~、これは嬉しい!

私いつも名前忘れちゃうんですけど、あの修理技師の2人がちゃんといましたよ!

本物の彼らは完全にメイヴファンになってるので、当然彼女を助けるはずなんですが、虚構の世界のデータなので普通に救援部隊を呼んでましたね。

でも、姿が見れただけでも良かったわ。あの二人今頃どうしてるんだろう・・。

 

さて、驚いたのはリーの再登場!!!(ウエストワールドのへなちょこシナリオライター)

あの時メイヴご一行を助ける為に、完全に撃たれて死んでましたからね。

(死ぬ必要なかったような気もするんだけど・・。)

 

でも、やっぱり本物じゃなかったということで、残念ですけどこれでお別れのようです。

まぁ、模倣にしてはよくリーの性格を再現してたと思いますけどね。(ビビりのお調子者)

ただ、メイヴにキスするのは確かにあり得ない・・。

それを見抜いたメイヴはこの世界が全て虚構と悟り、あの手この手で負荷をかけ、ついにフリーズさせる事に成功します。

 

そして、偽物リーには「悪いけど連れて行けない」と別れを告げて脱出作戦スタート!!

(こんな気の利いた返しは本人じゃないとできない気もするけどなぁ・・。)

 

制御装置は外に持ち出したのですが、そこで操っていたロボットが力尽きてしまいました・・。



メイヴの最終目的は!

さて、今回のこの虚構世界でのドタバタ劇で一つ大事な事が分かりました。

それは、メイヴの最終目的は娘のいるパラダイスのような新世界に自分も行くこと。

 

S2では命がけで娘を送り届けていました。

 

やっぱり何が起きても彼女にとっては娘が一番大事なんだな~。

 

最終的にあの特別な場所の座標軸を変え、誰も手が届かない場所に送ったのはドロレスということでした。(Li-Fi砲っていうらしい)

となると、やっぱりメイヴはドロレスを探して聞き出すしかなさそうですよね。

なので、そこに関しては最後に出てきた男の目的と一致しそうな気もします。

 

この模擬実験を設定した人間の目的は・・

はい、出てきましたよ!ヴァンサン・カッセル!!

彼が例のセラックさんらしいです。

 

このセラック氏が、前回ドロレスが狙っていたスーパーコンピュータ的なシステムにアクセスができる唯一の人間。

リアムの父と一緒に開発した人物ということでした。

 

セラックは今回「人類のシナリオを書くことができるシステム」って言ってましたね。

それはそれで怖い未来のような気がするんですけど、ドロレスが目論む破滅世界よりはましなんでしょうか。

ドロレスは前回、セラックの名前をリアムの秘書からゲットしちゃいましたからね。

彼女を止められるのはメイヴしかないと見込んでスカウトしようというのでしょう。

 

ちなみに、なぜわざわざ手の込んだ模擬実験の世界を用意したんだろうってことですが、

  1. ホスト達が送られた新世界の座標をメイヴ知っていると思っていたので、それを聞き出そうとした。
  2. または、メイヴ自身の究極の目的を探り、娘の居る世界に行きたいという願望を確認するためだった。
  3. それに、メイヴの力量を試すための実験だった。

この辺が考えられるかなぁ・・と思ったんですがどうでしょうかね?

 

ショック!メイヴの自由意志が!!

完全な自由意志を得たメイヴが最大の魅力だったわけですが、ついにセラックにコードを書き換えられてしまったのでしょうか・・。

止められてしまいました。

これはファンとしてはつらい・・。

レハブアムを創り出したセラックはフォード以上に優秀ということなんでしょうか?

 

でも、私はいつかその時が来ると予想してますよ!

いずれこのセラックのコードさえも突き破り、再び自由意志を獲得する時が来るような気がします!(妄想ですけど)

 

ちなみにこの2人は全身白でしたね。

このドラマは白と黒のコントラストにこだわってるんですよね。

例えば、「ウエストワールド」を訪れるゲストには毎回ハットの色は黒と白どちらがいいかを聞いていたし、完全なサイコと化した爺ウィリアムは「黒の男」と呼ばれてました。

ってことは、ドロレス側が黒で、メイヴ側が白ってこと??

それはいいんですけど、このセラックって男はあんまり白には見えないんですけどね・・。雰囲気的に悪そうだわぁ。

まぁ、この辺も楽しみなところです。



スタッブスは〇〇だった!!

うわ~!!やっぱりそうか~!

実はS2の最後のドロレス(見た目はシャーロット)との会話からスタッブスもホストなのでは、という説がアメリカの方で人気だったんですよね。

私はそれはないだろ・・と思ってましたけど、ありましたね。

考えてみればホストの管理責任者のポジションに、自分に忠実なホストを配置するというのはいかにもフォードがやりそうなことで筋が通りますけど・・。

ただ、バーナードのようにドロレス渾身のお手製ホストでもない限り、人間の中で完全に人間を装うレベルのホストが他にいるとは思ってなかったんですよね。(←言い訳)

 

で、改めてあの時の会話を聞いてみると、完全にホストだってわかりますね。(当時は私、何聞いてたんだろ?)

「俺はあの爺さんに直々に雇われた。昔の話でほとんど覚えていないがね。

誰に使えればいいか、彼は明確な答えを持っていた。

つまり俺の基本衝動ってやつさ。だが社が始めたこの計画でそれがぼやけた。

もはや誰に使えればいいのか分からないんだ。こんな世界ではな。

だがまぁ、フォードから与えられた役割を全うするよ。

園内のホストを責任を持って管理する。」

 

しかも、これを聞いてるドロレスにしても、彼の意図したことや彼がホストだってことを理解したようですね!(途中で表情が変わりました。)

そっか~・・。

 

なので、この時のスタッブスはこのシャーロットがドロレスと分かっていて逃がしたってことなんでしょうかね。

と言ってるので、たぶん分かってたのでしょう。

 

なんで分かったか・・ですが、S2ではシステムに入り込んだフォードがバーナードを操るシーンがありましたよね。

メイヴに話しかけるシーンも。

なので、同様にスタッブスにも情報を伝達したり操ったりしてた可能性もありそうです。(想像ですが。)

 

ただ、このスタッブスもバーナードを同じように既に自分なりの倫理観で善悪を判断してるような印象を受けます。

「もう自分の役割は終わったから・・」と自殺するなんて人間のようだし・・。

 

もし、白の衣装に完全にふさわしいキャラがいるとしたら、このバーナードとスタッブスの新コンビでしょうかね?

2人とも自殺するほど猛烈に悩んでるし、なんかいい人っぽいわ。

 

そして、バーナードはスタッブスに新たな役割(バーナードを命がけで守る)を与える形で彼を自分のボディガードに任命!

 

お~、これは嬉しい!

スタッブスは結構イケメンだし、体は超マッチョですからね。実は隠れファンも多かったんじゃないかな・・。

今回の立ち回りもキレキレだったし、これからも見せ場がありそうです!

というわけで、見た目もキャラも超地味で、今一つ魅力に欠けてたバーナードに強力な助っ人が誕生しました!!

 

で、彼らがまず向かうのはリアム・デンプシー

ドロレスが人間図書館で読んでいた人物として名前が挙がりました。

 

2人は今後、なぜドロレスはバーナードを連れ出したのか・・の答えを見つけることになるのでしょうか・・。

あ、そうそう彼らはドロレスがメイヴの制御装置を取り出して持ち出したと推測してましたけど、これは違うって事ですよね。

今現在、ドロレスと敵対する男が獲得したことになってるので、ドロレスは絡んでいなさそうです。

思い返せばドロレスってあんまりメイヴに興味なさそうでしたしね。

となると、あの4つの制御装置は誰か??ですけど、それが一番気になります・・。

 

ゲーム・オブ・スローンズとのクロスオーバー

色々仕掛けてきますねぇ・・。

今回の戦争ワールドは実は本当のパークじゃなかったってことが分かりましたが、その代わりにまた初登場のパークが登場しましたよ!

ズバリ!ゲーム・オブ・スローンズワールド!!

 

なるほど~。2010年代に一世を風靡した人気ドラマの世界を再現するというのもアリでしょう!

 

実はですね、今回GOTからカメオ出演してる2人がいたそうなんです。

といっても、脚本家デュオらしいので、私達としてはお初ですが・・。

この2人がドラゴンの所にいた技師に扮してます。

HBOとしてはなんとも珍しいクロスオーバーが実現。

(でも分かりにくいわ!)

【追記】

コメントを頂いてそうだ~と納得したんですが、このドラゴンはコスタリカに移すって言ってましたよね。

コスタリカと聞いてパッと思いつくのはジュラシックパーク

ここまでは私も気が付いたんですが、このドラマとの繋がりは原作がマイケル・クライトンというところにありました!

細かい~。

ドラゴンが恐竜と仲良くやっていけるのか・・は分かりませんが、恐竜の中に放たれるドラゴンも夢があっていいかも。

 

この後ろのパネルもGOTの中のお城っぽいんですけど、もう覚えてないなぁ・・。

真ん中のはウィンターフェルかな・・。

 

あ、ウィンターと書いて思い出したんですけど、今回の第2話のタイトルが「The Winter Line」

どういう意味かな・・?

 

はい、今回はこんなところでしょうか?

私も見たばかりですぐに自分なりの解釈で書いてますので、足りない部分や間違ってるところもあるかもです。

また違う解釈などありましたらコメント欄でシェア頂けたら嬉しいです。(っていうか、何でもコメント頂けたら嬉しいです。)

ではまた~。

次は第3話のネタバレ感想です。

「ウエストワールド」シーズン3第3話のネタバレA感想/解説/考察!シャーロットは誰? 「ウエストワールド」シーズン3第3話、アニスのネタバレ感想/解説/あらすじです。 スターチャンネルEX視聴ページ ...
HBOのお勧め海外ドラマを面白い順にランキング!アマゾンとスターEXで見れる30作品!海外ドラマ業界の先陣を切り、常に新しい歴史を作ってきたHBO(アメリカの有料ケーブル放送局、兼製作会社)。 最近ではアマゾ...

*勝手なお願いですが、ブログ継続のモチベーション維持のため、気に入って頂けたらSNSでの拡散ご協力をお願いいたします。↓

 

POSTED COMMENT

  1. 39kumicho より:

    ドラゴンには気づきましたけど、さすがに脚本家までは無理でした!

    ナチスワールドは早々に終わりましたが、前シーズンまでの世界観を思い出させてくれて楽しかったです。

    バーナードとメイヴがウエストワールド で再会するのかしらと一瞬期待しちゃいました。(いや待てよ、時間軸が違うのかと思ったり)

    メイヴには最後までメイヴでいてもらいたい!

    • annice より:

      普通気付きませんよね、脚本家なんて。私もあちらのサイトをググって見つけました。
      そこは知ってる顔を登場させて欲しかったかな・・。(でもジョンが技師になってるとか嫌だけど・・。笑)

      ナチスワールド美しかったですね~。
      あの橋とかの撮影地ってどうやって見つけるんでしょ。

      ハハ、時間軸はもう勘弁して欲しいですよね。
      あれは不評だったので、もうやらない気がします。
      メイヴの活躍が楽しみですね♪

  2. Gaya より:

    こんにちは。お初にコメントさせていただきます。WWのシーズン2はアニスさんの解説無しでは完走できませんでした、ありがとうございました!
    シリアス路線のWWでGOTのカメオはびっくりでした。GOTのスターチャンネル放映時、各エピソード終了後にインサイドストーリーが数分一緒に放映されていて、あの二人の脚本家が撮影秘話を語っていました。ファイナルシーズンの頃、あのお二人はSNS上でかなりのバッシングにあっていました(^^;;
    カメオの中でドラゴンがコスタリカに連れて行かれる感じでしたが、ジュラシックパークでは?と思いました。WWもジュラシックパークもマイケルクライトン原作でここでもクロスオーバーかもです(深読みしすぎ?)。
    長々と失礼しました。エピソード4の解説も楽しみにしています!

    • annice より:

      Gayaさん、初めまして!
      いつも読んで頂きありがとうございます。

      GOTファイナルの後にあの脚本家デゥオはバッシングにあっていたんですね!知りませんでした。そんな有名な二人だったとは・・。笑

      あ~!そういうえばコスタリカって言ってましたね!私もその時ジュラシックパークはすぐに思いましたけど、マイケル・クライトン繋がりだとは気が付きませんでした。
      私クライトンのファンで全部本は読んでるんですけど、そこまでパッと頭が回りませんでした。
      本文の方に追記させて頂きますね。
      新しい発見ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。