ウォーキング・デッド

「ウォーキング・デッド」シーズン10第8話(前半最終)のネタバレA感想 クリフハンガー!

11/25日放送分「ウォーキングデッド」10第8話(前半最終)のアニスのネタバレ感想/あらすじ/考察です。

ウォーキングデッド10感想

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

はぁ・・。怖かった~。

前半最終の第8話!ということで、誰がいつ死んでもおかしくない!

怖いよ~!怖いよ~!

と、自分に言い聞かせながら見たんですが、怖いよ~、怖いよ~・・コワ・・・・のまます~っと終わってしまいました。

 

なんと、今回は衝撃波なし!!!

 

前回が衝撃回だったからいいでしょ?ってことかな。



「ウォーキングデッド」10第8話のネタバレ感想・考察・あらすじ

ダンテと格闘するロジータ

まさかロジータがやられるはずはないと思ってましたけど、それでも手に汗握りました。

相手は大男だし、キモいし。

 

可哀そうにロジータ・・。

セディックのあんな姿を目にして、自分がナイフを突き刺すことになるとは。

 

ダンテですけど、事情を分かっても憎たらしい・・。

 

オープニングのシーンで説明がありましたが、やはりダンテは新入りウィスパラーだったようで、リディアとは入れ違いだったみたいですね。

と褒められてたところを見ると、あの惨殺の一幕がウィスパラーズとしてのデビューだったみたいです。

 

医者という過去の身分もあってか、割と簡単にアレキサンドリアに入り込んだ様子でしたね。

リディアをイジめていた3人組が書いたかと思われた落書きも奴がやったそうで。

 

夜分ご苦労なこった。

 

水道管のバルブをおかしくしたのは想像通り。

 

それに、既に弱り切っていたこのご婦人も殺していました!(ひどい!)

 

これだけやりながら、まぁしゃーしゃーと「セディックは好きだった」なんて言えますよ。

 

ロジータも奴にトドメを刺したい気持ちはあったと思いますが、そこはなんとか生け捕りにして情報を得ることに・・。

ともあれ、ココちゃんが無事でよかった!

 

豹変ゲイブが超怖い!

ひゃー!何このホラーシーン!

既に顔も存在も怖いので、さらに本格的なことされると背筋が凍りますよ。

The 惨殺!

しかも神父の衣装で!いいの~?

 

ゲイブというキャラは何年たっても理解不能ですが、年を追うごとにその闇を深めていますね。

大体さ~、救世主たちと戦ってた時とか、ニーガンに対してさえも「懺悔」とか「許しが大事」みたいな神父らしいこと言ってなかった?(よく覚えてないけど)

その本人がついにこれですよ。

「セディックは兄弟みたいだった」って、ふーん、知らんかった。

 

彼なりのロジータに対しての愛の証明なのかもしれませんけど、とにかく怖かったわ~。

 

彼女の為なら手も汚す・・、オレって男。

 

ルークは無事!

今回特にビクビクしたのはルーク周辺に関してでしょう。

前にも書きましたけどルークには妙に死亡フラグが立ってるような雰囲気が多かったですよね。

あれがあったから、図書館のシーンでは「ほら来た!やられる!!!」と身を固くしたわけですが、ん???

 

アンタ誰・・?

 

という、新キャラに助けられ、まさかのフェイント!

 

ルークはまだピンピンしてます~。

 

別にしてないけど・・

 

で、この突然出てきたオジサンが今後のカギになっていきそうですね。

 

ミショーン降板の方法はこれなの?!

今シーズンで降板を表明しているミショーンですが、降板の仕方としてはいくつかあると思います。

  1. 失踪
  2. 事情があって遠くへ・・(マギーのパターン)

 

このうち、事情があって遠くへ・・というのは考えずらい。というのも、子供たちがアレキサンドリアで暮らし、安全を確保しているので。

彼らをおいて一人母が消えるのもあり得ないし、かといって子供連れも考えられない。

 

となると、失踪か死。

死はもうジュディスの為に勘弁して欲しい!

特に目の前で・・というのはもう目も当てられない・・。

兄のカールを亡くし、父リックを亡くし、今度は母まで・・となったら気の毒すぎてファンから「酷すぎ!虐待だ~!」とブーイングが出そうですしね。

 

となると、残された手段は苦しいですけど失踪・・?

 

今回、あのオジサンが「タンジア海峡のブルーズワース島」という軍事施設のある島に住んでいるということで、そこへ武器を取りに一緒にいくことになりました。

片道2日かかるそうなので、4日で帰ってくるはずですが・・、

 

これが、

 

帰ってこないのかなぁ・・と。(想像)

 

と、リスクを強調してるし・・。

 

何と言っても、あの別れの際の無線のくだりは怪しいですよね。

「毎時間連絡を取ってもいいのよ。」と言っていた母なのに、ある時から呼びかけても返事が来ない・・!

 

みたいな流れがあったりする??

 

何にしても、降板という事情がある以上、辛いお別れが待っているのは確実でしょう。

 

【補足】ミショーンの今後

ちなみにミショーン役のダナイ・グリラですが、実は有名な劇作家でもあるんですね。

降板は別のドラマに出演するためかなぁ・・となんとなく思ってたんですけど、どうやらHBOマックスの新ドラマのショーランナー側として忙しくなるそうです。

アメリカのとあるサイトで見つけた記事には、ミショーンはリックが主演する映画3部作でリックと再会する可能性もあるのでは・・?なんて書かれてましたが、これもファンとしてはほのかに期待してしまうところですよね。

というか、家族全員で再会・・!という感動が待っていないとも限らない??(ただし、この辺はあくまで想像です。)

そのためにも、まずはミショーンになんとか生き延びてもらわないと困りますね。

 

見事に引っかかった【いい人】アーロン

今シーズン「いい人はもう卒業」宣言をしてるアーロンですが、全然ダメですね。

ウォーカーなんて全然いない場所に仲間ごと誘導され、そのあとアルファの罠にかけられてしまったキャロルご一行。

 

ガンマさんに見事騙された後も、いい人アーロンはま~~だ信じてますよ。

いないって。

 

諦めたご一行は「リディアを探そう。」と別の目的にさっさと移るわけですが・・。

 

キャロルが・・。

 

とダリルに指摘されるほど追い詰められ、冷静さを欠いているキャロルが・・。

 

 

この顔のおばちゃんを追いかけてしまうのですね~。

 

もう誰が見たって1000%罠じゃないですか!

 

笑ってるし!!!

 

そして案の定たどり着いたのがこちら・・!

 

 

ウォーカーの大群うごめく洞窟の底!ひょえ~!

 

来ましたよ!大ピンチ!!!

 

この後どんな展開が待っているののか?!!

は、後半戦のお楽しみ~。

 

まぁ、このまま彼らが全員死ぬのは考えにくいので、どうにか脱出するか、誰かの救助があるかでしょう。

となると、やっぱりニーガンかなぁ~。

それか、実はすべてを物陰から見ていたリディア?

そのあたりでしょうか。

 

「ウォーキングデッド」10第8話の小ネタのコーナー

 

【大丈夫なわけない】

 

「大丈夫なように見える・・?」

 

 

【嘘が下手にもほどがある】

 

「・・・・・」

 

 

【不審者発見】

「次はどっちの脚だっけ・・?」

 

というわけで、後半戦はまた2月かな?

それまでクリフハンガー状態でさようなら~。

 

来年「ウォーキングデッド」の新たなスピンオフドラマが始まるそうです。↓

ウォーキング・デッド新スピンオフドラマ「WORLD BEYOND」の予告編2本とキャスト アニスです。 「ウォーキング・デッド」の2つ目のスピンオフドラマですが、今日予告編が解禁されたみたいです。 ...
「ウォーキング・デッド」S10後半はいつ?その展開を1枚の絵から妄想予測 マギー復帰!「ウォーキング・デッド」シーズン10第8話(前半最終回)までのネタバレあります。 アニスです。 さて、昨日ウォーキング・デッ...