ライン・オブ・デューティ

「ライン・オブ・デューティ」シーズン5最終話を徹底考察&解説!ネタバレA感想 

「ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班」シーズン5を最終話まで見たアニスのネタバレ感想・考察・解説です。

昨日からNetflixで配信されました、シーズン5!

早かったですね~。本国で放送が終わったの5月5日ですよ。

2か月弱で見せてくれるなんて、NetflixのBBCドラマの力の入れようを感じますね。

なにしろアメリカのHBO、イギリスのBBCですからね。HBOをアマゾンに取られた分、BBCで頑張ってくれるのでしょうか!?

 

おかげで、私が1週間前に書いたこの記事↓は用無しになってしまいましたよ・・。(しかもタイトル間違えてた・・涙)

でも、「ライン・オブ・デューティ」のドラマ紹介などが書いてありますので未見の方にはぜひ読んでいただきたいです!

「ライン・オブ・デューティ」シーズン5はNetflixでいつ?予告編も!視聴率が凄いらしい! アニスです。イギリスの大人気ドラマをご紹介します。見たことない方もぜひチェックしてみてください! そういえば「ライ...

【ライン・オブ・デューティ全感想】

シーズン1 シーズン2 シーズン3 シーズン4 シーズン5

さてさて、2019年におけるBBCでの最高視聴率を叩きだしたというこの人気ドラマのシーズン5ですが、今回も全6話でいろんな仕掛けを用意しておいてくれました!

さすがに5年の歴史があると複雑になってきますよね。そんなところも、できる限り調べてまとめてみました。

では、さっそくネタバレ全開で行きますよ~!



Hはドットが4人という意味!ってどういうこと?!

最後ちょっと分かりにくかったですね。

そもそも黒幕が”H”というのは、このドット・コッタンが瞬きしたアルファベットの”H”から来てるわけですが、これが実はモールス信号で、短点(ドット)が4つで=Hを意味するそうです。

なので、Hというのはイニシャルでなく「キャディー(大物悪徳警官)は4人いる」、と伝えたかったという訳ですけど、なんだか苦しいなぁ・・。

死に際にモールス信号がパッと浮かぶものだろか。

 

そして、この4人の内、現在まで分かっているのが、ドット、ヒルトン、ジルの3人。

最後の一人がまだ野放しになってる訳ですが、恐らくシーズン6でこの人物を追い詰めていくものと思います。

 

結局のところ、これまでシーズンごとに違うキャストで違う悪徳警官を捕まえていたように思えたシリーズですが、実は追ってる犯罪組織は一貫して同じだったんですね。

シーズン1で殺されて長年冷凍庫に保管されていたジャッキー・ラバティの死体がようやく遺棄され発見されるなんて、見てるほうも複雑だわ。

 

Hさんが多かった

それにしてもイニシャルがHの幹部が多いこと!

 

今回私が気になって仕方なかったのが、突然保管倉庫に現れたハーグリーブス。

彼も大物悪徳警官じゃないわけ?なんで上の4人の中に入れないの?

そもそも、あの時保管庫に現れた理由は説明ありましたっけ?

私このシーンで顔が出て、ヘイスティングスかと思っちゃったわ。(わかりにくい!)

 

皆さん、ハーグリーブスって覚えてますか?

初登場はシーズン2の第2話で、病院の窓から相棒ジョージアが突き落とされた時に気絶していたスティーブを嫌味な口調で責めていたムカつく上司。その後も度々登場してました。

ロリコン趣味があるそうですけど、他には特に説明もなく「ただの買収された警官の一人」になっちゃってましたね。

結構上官のようだったけど、4人のキャディーに入るほどじゃなかったのかなぁ。

 

結局、ヘイスティングスは真っ白なの?

これもよく分らないんですよね。

今回の印象で言えば、最終的には濡れ衣を着せられただけで、やっぱり正義感の強い男のように見えましたよね。

ただシーズン6では、さらにその逆手を取って「実は全ての黒幕はヘイスティングスだった!」というオチが待っていないとも限らない・・?(と、あちらのサイトで囁かれてました)

 

まぁ、私はないと思います。

ただ、今回ジルに「あなたみたいな正義感の強い人が悪徳警官なんてあり得ない!」と力強く声を掛けられた時に、バツの悪そうな顔をしてたんですよね。

あの表情は何だろう・・と考えた時に私が思ったのは、受けったモファッドからの金10万ポンドに関して、5万ポンドと嘘をついたことかなぁ・・と。

 

最後にジョン・コーベットの妻が墓参りするところに、残りの5万ポンドが入ってると思われる封筒を持ったヘイスティングスが近寄っていましたよね。

ジョン・コーベットは大分罪を犯してしまったので、殉職扱いではなく、残された家族も遺族年金などが貰えなかった可能性が高いかと。

アンマリーの事から罪悪感に苛まれてるヘイスティングスが、何か罪滅ぼしをしたいと思ったのは自然だと思います。

 

ただ、ホテルで5万ポンドを抜き取った時点ではジョンがアンマリーの息子という事実を知らなかったわけなので、その時点では自分の物にする気だったということですよね。

その後、溜まったホテル代などを支払って、残った分を妻に渡そうと思ったのかな・・。

 

だから厳密にはヘイスティングスも100%潔白ではないのかもしれませんが、基本的には悪人ではないし、

一つ確実言えるのは、もし黒幕の汚職警官なら、あんな貧乏生活してるわけがない!ってことですよ。

金がなくて妻にも見限られ、ホテル代も払えないんですよ?

それこそ、彼が賄賂を受け取っていないという証拠じゃないですか。

 

まぁ、ヘイスティングスはあんなホテル生活をやめて、安い家具付きアパートでも探して住んだ方が絶対いいとは思いますが・・。

いつかまた妻が戻ってくるとも分からない・・という淡い期待があるから、それができないのかなぁ。



リサは結局誰だったの?

あちらのファンサイトを覗いてみても、「リサは結局覆面捜査官じゃなかったのかよ!」という突っ込みが多かったですね。

だって1話から随分ミスリードしてくれましたもんね。

マニートが殺されてしまう!という場面でも、一人でショックを受ける様子があったし、あれを見たら誰でもそう思うでしょう。

(それにしてもマニートさんは気の毒過ぎ!!)

 

そのくせ、コーベットは結構普通に喉をかき切って殺してましたけどね・・。その辺がよく分からなかったわ。

結局のところ、彼女はただのミスリード的役割を持ったキャラで、ただ単純に元々はいい人なのよ~っていうことなのかな?

最後の説明では証人保護を受けながら福祉の方面で貢献している様子がありましたしね。

 

衝撃!スティーブの息子君が!

我らがプレイボーイ・スティーブの大ピンチですよ!

これまで出会う女性には片っ端から手を出してきたスティーブ。

その顔に似合わないプレイボーイぶりは笑っちゃうほど酷かったですからね。

なにしろ、あの恐怖のお局リンジー様にまで手を出していたと知った時には「もう、一体何してくれてんの!!」と大いに呆れました・・。

 

そんなスティーブですけど、今息子君の調子が悪いようなのです。

S4で覆面の男に階段で襲われて大怪我を負いましたよね。

あの時に腰を痛めたそうですけど、その後遺症のせいなのか・・。それとも鎮痛剤の飲みすぎなのか・・。

鎮痛剤に関しては、もう依存症になってるような雰囲気で心配ですね。

シーズン6ではここに焦点が当たっていくような気がします。

せっかくあんな美人捜査官に復縁を迫られたというのに、もったいないなぁ・・。

 

そうそう、余談ですけど、1話の冒頭にスマホでメッセージをもらって無視していた女性がいましたけど、スティーブ役Martin Compstonの実際の奥さんの写真でしたね。

可愛い・・。スティーブやるわね。

イギリスでは有名なカップルなんでしょうか・・。



シーズン5の率直な感想は・・

大物ヘイスティングスに容疑がかかったり、マニートやコーベットが殺されたりと衝撃的な盛り上がりはありましたけど、「ライン」らしい面白さはいま一つだった気がします。

まずね、今回決定的にもったいなかったのが、憎たらしい悪役がいなかったこと!

リンジーやドットのような、メチャメチャ憎たらしいのに、なぜか憎めない・・!という絶妙で強烈なキャラがいませんでしたよね

 

コーベット役の俳優さんは素晴らしい演技をしたし、幼いころから悲劇的な運命を背負った捜査官ということで、かなり哀愁はありました。

でも、全然憎たらしくなかったし、キャラとしては真っすぐでしたよね。

コーベット役の役者さん自身も味わいがありそうな顔していながら、意外にサッパリしていた感じかな。

 

それより、シーズン5で一番憎たらしかったのが、なんといってもカーマイケルとその子分たち!!

でも、カーマイケルが出てきたのは最終話だし、遅かったですよね。

あの雰囲気が全編通してあったら、また面白かったかもなぁ・・という気がしました。

 

それとジルが三人目のキャディーで、ヘイスティングスをハメた人物だった!!というのも、結構ありがちで想定内だったかな。

私、今回ジルが登場した段階で、「あ、こいつが怪しい」と思っちゃいましたから。

それに、あんな美人が冴えないヘイスティングスに言い寄るなんて、違和感バリバリだったわ。

 

そんな彼女も取引の結果、証人保護プログラムを受けて刑を逃れているようですね。

なんなのよー。

それでも結局4人目の黒幕の名前は出してないんでしょ?!(知らないなんてある?)

 

というわけで、なんのこっちゃない・・。一番の大物が登場となる山場はシーズン6まで持ち越し~!となりそうですね。

もう”H”の名前も尽きたのでしょう・・。それはイニシャルじゃなかったよ!という苦しい説明もありましたので、ラストの人物はどんな名前もあり得ます。

ただ、上層部の人間にしてもあんまり馴染みのあるキャラがいないので、視聴者を驚かせようと思ったらまた難しいことになりそうですね。

 

今回は、スケールをさらに大きくしよう!、視聴者を驚かせよう!と無理に頑張りすぎちゃった印象です。

視聴者がこのドラマに求めるのは確かに「衝撃」や「どんでん返し」もあるけど、ズバリ人間臭さなのですよ。

それに必要なのはリンジーやドットのような絶妙なキャラと、人間の裏と表を両方描写するような脚本だけで、スケール感はあんまり関係ないんですよね。

 

それと、どんでん返しも無理やり設定するなら、逆にないほうがいいくらい。

今回ヘイスティングスがパソコンを捨てたのは「ポルノを見ていたから・・」という、どうしようもない言い訳がありましたけど、ホントかよ?って感じですよね。

まぁ、それも嘘かもしれませんけど、リサのミスリードにしても不自然だったし、あんまりやり過ぎると逆に安っぽくなるよ?と注意してあげたいです。(誰に?)

 

うわ~!ライアン坊やが警察官に!

それから、今後注目しないといけないのが晴れて警察官になっちゃったライアン坊や!

実は彼はシーズン1で自転車乗り回し、携帯なんかを届けたりしていた組織の使い走り少年13歳だったんです!(S2~S4までは登場しなかった。)

ドラマの中では7年経過してることになってますので、(実際にもシーズン1は2012年なので7年)今年二十歳ってことでしょうか。

大きくなったもんだなぁ・・。

「(色々悪事しまくる生活を)楽しませてもらったわ。」という生意気な感想と共に、余裕の面持ちで晴れて警察官になっちゃってました。

 

これはイカンですよ~。

こんな骨の髄から悪党という輩が警察内部に入って来るというのは、もうお先まっ暗じゃないですか!

スティーブ達がいくら頑張ったって、キリがない!

毎度のことながら、今回もイギリスの警官というのは半分くらいが汚職警官なんじゃないか・・と思っちゃうほど多かったですよね。

本当、AC-12だけじゃ足りないでしょ。

 

それと、そういう大量の汚職警官にしても弱みを握られて脅迫されるパターンが多いらしく、その点に関してはちょっと気の毒ですけどね。

ただねぇ~・・、気の毒だけどドラマとしてはあんまり面白くないのよね・・。

 

私としては、もう腹の底から悪徳で、どうしようもないほど倫理観に欠けた人間のクズみたいな悪役キャラをシーズン6では期待したいところです!

いや、それはそれで単純すぎるから、やっぱりリンジーやドット、ロズ(タンディ・ニュートンが演じた)のように、ちょっとした心の隙からグレイゾーンにハマり、その後脱出が難しくなったというキャラの方が人間臭くていいんでしょうね。

というわけで、またシーズン6に期待です!

 

*今年は同じBBCの刑事「ジョン・ルーサー」のS5の方が面白かったかな・・。

残念ながら最近huluに移籍しちゃいましたけど。

「刑事ジョン・ルーサー」シーズン5 最終4話までのネタバレA感想 怒涛の衝撃展開! 「LUTHER/刑事ルーサー」シーズン5のアニスの感想・考察です。冒頭だけネタバレなしで注意書き以降はネタバレありです。(NHK...