ザ・テラー

「ザ・テラー:不名誉」第4、5、6話のネタバレA感想 ジャクニクキョーショク~!(S2)

Amazon海外ドラマ「ザ・テラー:不名誉」シーズン2第4、5、6話、アニスのネタバレ感想です。

 

うわ~、もう最高じゃないですか!このシュールな世界観!

シーズン1とは完全なる別物と吹っ切れれば、そんな悪くないですよ。

始めにカッカきていた自分に反省・・。

もういいわ。これだけ笑わせてくれるなら、ヨシとしましょう・・。

ジャクニクキョーショク~!

シーズン2全感想

1、2、3話 4、5、6話 7、8話 9話 最終10話 *シーズン1*

←アマゾンプライム視聴ページ



「ザ・テラー」第4話のネタバレ感想

今週のチェスター春日

サクッと入隊を決め、収容所を後にしたチェスターですが、戦地での様子まで見せてくれるなんて感激しました!

どうやらカダルカナルまで幽霊を連れて行ってしまったようです。

 

と、途中まで思って見ていたんですが、あれ?もしかしたら違う悪霊の仕業なのかな・・という気もしてきました。

相変わらず説明が雑でよく分らないんですが、あの日本語を話す米兵はタカハシの部下だった日本兵に取り付かれていて「白い悪魔」(ずっと「白い熊」に聞こえた)と言っていたのは米兵のことですよね。

 

チェスターが暴行を受けてるのを見て、同胞を助けようと火炎放射器で米兵たちを焼き殺したってことでしょうか。

あらま、となると日本兵側にまた違う幽霊でもいるのかな・・。

それともチェスター持参の幽霊が飛んで行って悪さをしているのか・・。

分かりません。どうでもいいです。

筋の通る説明も恐らくないでしょうし・・。

 

あれ、でも今見返してみると、あの男が発見された時、チェスターに「オマエヲコロス」って言ってましたね。

「ナンデダ!?」って怒ってましたけどチェスター春日・・。若干1話よりも日本語が上手くなってるような気がします。

最終回までにさらに上達してたら凄いですね。期待しましょう。

今回は森に向かって「ユウレイカ!」と叫ぶお姿が素敵でした。

 

ルースが気の毒過ぎる

「双子は不吉」ってなんのこっちゃ?と、思って試しにググって見たのですが、確かにかつての日本では「畜生腹」と呼ばれ忌み嫌われる時代があったようです。

へぇ・・この製作者は良く調べてるのか、なんなのか・・。

あんまり世界に伝えて欲しくないことまで、ほじくり出してくれますね。

 

ルースですけど、ゆうこさんにお腹をベタベタ触られ過ぎたのが原因なのか、残念なことに死産という結果になってしまいました。

これは酷い・・。

せめて一人だけでも助けてくれるかと思ったのに。

ルース、この赤ちゃんのために覚悟を決めて収容所まで付いてきたのに気の毒過ぎます。

 

だって、ぶっちゃけ、そんなにチェスターのこと好きじゃないでしょ?

チェスター母が写真を見て「ハンサムね。ゲーリー・クーパーみたい。」って言ってましたけど、やっぱり母の愛は盲目ですね。

ゲーリー・クーパーファンに怒られるわ。

 

でも、ゆうこさんは赤ちゃんについて「医者のせいだ~!」って怒ってましたよね。

看護師に憑りついて出産に飛び入り参加してましたけど、あの時も怒ってたし、最後は医者を殺してましたからね。

あ~ぁ、収容所の貴重な医者を殺さないでよ・・。

でも、かなりエグい殺し方でした・・。最後腹を出した段階で、もうだめだ~と見れなかったわ。

 

今回の見せ場は

本当に申し訳ないんですけど、ルースがチェスター父に読む手紙が最高でした。

「オトウサマが、テンゴクにメサレテモ」って・・、もう笑かさないで~!

父も「そんなに爺じゃね~わ!」って思ったでしょうね。

で、オトウサマの名前ヲトッテ「エンリケ」トナズケマス、っていうのにまた笑ってしまった・・。

説明足りないわ。チェスター父の名前がまず何??

 

一生懸命なルースと真面目で不器用なチェスター父との心温まる場面ですよ。

なのに、こんな微妙な緊張感とシュールな笑いが漂うなんて・・。

これはもう新感覚コメディホラーというか、また一つ新しい分野を開拓してると言っていいんじゃないんでしょうか?!

 

とりあえず、ますます楽しみになって来ました!

チェスターとルースに明るい未来はあるのか?!最後までしっかり見届けたいと思います。

 

あ、そうそう、最後に一つだけ・・。「弱肉強食」っていうのは今回の話とどんな繋がりがあるんでしょうか?

私には全然ピンと来ませんでしたけど、来る人いるのかな・・。

 

次は第5話の感想です。



「ザ・テラー」第5話のネタバレ感想 これ以上突っ込めない!!

全国のチェスターファンの皆様、お待たせしました。

第5話の感想になりますが、さて、どうしましょう・・。

これ以上何を書けばいいんでしょ。

降参です。

私の知能では処理しきれない展開にただただ困惑。お手上げです。

 

チェスターと日本兵の友情物語

我らがチェスター!長丁場をやり通しましたよ!

日本人役者と、棒読みチェスターとの奇跡のコラボレーション!

会話、見事に成り立ってましたよね!!!

 

この役者さんの指導が入ったのでしょうか。

発音が変なところが2,3か所ありましたけど、後は普通に聞き取れました!

はぁ・・よかったよ~。ハラハラしたけど、頑張った!

私もすっかりチェスターファンですからね。

こうなったら応援するのみですよ。

 

今週のチェスター春日の見せ場は・・、

今尋問してるのは俺たちじゃない!日本語の下手な尋問官だぞ!」と言い切った時のキメ顔。さすが!

 

それから、捕虜の日本兵に突然カメラを向けた時のしたり顔!

「幽霊ならぼやけて見えるんだ!お前はぼやけてないから幽霊じゃない!」と得意満面でしたね。

やっぱり素敵だわ~。

チェスター春日と、このトンチンカンな脚本にハマってしまって毎週楽しみで仕方ないです。

 

ショック!吹き替え版ではチェスターも~?!

え?!まさかのまさか!!!

 

今回どうしても日本語が聞き取れないところが2か所ありました。

切腹した日本兵が最後に伝えた情報のところと、ドロドロゆうこさんがチェスターに言った最後のセリフ。

もしや・・と思い、初めて吹き替え版で見てみたら、

うわ~~~!やっぱり吹き替わってる~!

チェスターの日本語が~~!!

 

ショックですよ。

もはや、このチェスターの日本語がなければ全然面白くないとさえ感じるこの幽霊ドラマですからね。

しかも巻き添えで捕虜の日本兵まで吹き替えられてるじゃないですか!!

彼、すごい熱演でしたよ!!これは酷い!

まぁ、彼はそのままでチェスターだけ吹き替えられてたら、さすがに角が立つのかな・・。(二人とも変わってる時点で角が立つわ!)

 

それにしても、吹き替え版で見たらまるで別物ですね。

チェスター春日の魅力半減なので、私は最後まで字幕版で見たいと思います!

(ちなみにチェスター春日と言ってるのは、私がつけたニックネームで、本当は中山さんです。念のため)

 

あ、ちなみに日本兵が最後に言っていたのは高橋提督の生年月日と生まれ故郷で、全然意味のない情報のようですね。

ただ、自決を許してくれたお礼に、こんな情報が取れたということをチェスターが上官言えるようにという、彼なりの心遣いからくれた情報だそうです。

(分からなかったのであちらのサイトで確認しました。分かるか~!)

 

遠路やって来た?!ゆうこさん!

アメリカの収容所にいたはずのゆうこさん!一体どういう経路でここまで辿り着いたの?!

あの袋に入って、兵士たちに憑りついては手渡しされてやってきたのでしょうか?!

 

そして、念願のチェスターを発見すると出てきましたよ~!ヌルヌル崩壊バージョンのゆうこです!

車の横転事故で足を挟まれ動けないチェスターに近寄り言った言葉ですが、吹き替え版では「帰りますよ。たいぞう。」でした!

 

え~っと・・。たいぞうって誰?

 

やっぱりゆうこさんはチェスター狙いなの?

こんな遠距離でも楽々追ってこれる幽霊なら、もう逃げようがないですね。

 

ルースはついにお家に帰る

最後はルースが幽霊みたいになってましたけど、どうやら無事保護されて家に帰れるようです。

迎えに来てくれたパパのおかげですね。(母親どんだけ冷たいの!)

チェスターパパとも最後はハグしてました。

ルースも、辛いことしかない日系人達との旅でしたけど、この際チェスターのことは綺麗さっぱり忘れて幸せな未来に目を向けて欲しいです。

 

ストーリーがまとまりない!!

もう5話まで来ましたけど、いまだに内容が見えて来ません。

幽霊、死霊、悪霊、化け物・・などがモチーフとして散りばめられてるだけで、結局、何の話ですか??

収容所の悲惨さを掘り下げるような物語があるのかと期待していたら、チェスターはささっとどこかの戦地に行っちゃうし、ルースは中途半端にお暇して帰っちゃうし、なんなんでしょ。

 

今回若者達がアンケートの記入に関して意地を見せてましたけど、日系人たちの苦しみや実情を表すエピソードとしては弱いというか・・。

ふ~む。

それで、一体どこへ向かうの?

 

突拍子もなく、日本兵の腹切りを見せてジャパンスピリットを描いた感じにされてもなぁ・・。(もう、痛過ぎて見れなかった~!)

突然、チェスターも野球人にされちゃってたし・・。毎回、適当過ぎるわ。

日本人てこんな感じなんでしょ?知ってるよ!という、

中途半端に日本かぶれしてる人が書いた脚本のような印象です・・。

 

とりあえずチェスターがゆう子さんにどこへ連れていかれるのかが楽しみです!

 

次は第6話の感想です。



「ザ・テラー」第6話のネタバレ感想 ユウコさんの壮絶過去

 

全国のチェスターファン、いえタイゾーファンの皆様お待たせしました!(ダイソーじゃないゾ)

今回は突然のスペシャルバージョンで、ユウコさんの正体がついに明かされるという衝撃回でした!

 

いや~、びっくりしましたよ。

あんな恐ろしい「極楽」があるんですねぇ・・。

全然行きたくないんですけど、あれが極楽なら地獄はどんな感じなのか想像もしたくありません。

 

ユウコさんの謎

ユウコさんは21年前に古谷のところへ嫁入りにきていたんですね。

その時に既に身重だったために、古谷に家を追い出され、突如ホームレスとして路上生活を強いられることに。

子供は生まれているようでしたけど、どうやって生んだんでしょう?

 

ちなみに、初夜の晩「アズミは怖えかもしれんけど、大丈夫やけ~」と古谷が言ってたのが気になりました。

えっと、アズミは一人目の妻って事??昔は日本は一夫多妻ってことにされちゃったのかな?

まぁ、正妻、後妻など、昔は色々あったのかもしれません。(それでも庶民の古谷ごときにはないだろ。)

 

ともあれ、古谷はその恨みから目を潰され、最終的には殺されたんですね。

妻のアズミも自分の孫にあたる子を殺す薬を作ったことで殺されたのかな。

 

あと、全然関係のない吉田のオジサンも憑依されて殺されたりしてましたけど、あの辺はただの巻き沿いかなぁ・・。

 

それにしても、気の毒過ぎるユウコさんです。

でもチェスターが赤ちゃんの時に手放すことを決めたなんて、正しい判断だったと思いますよ。

赤ちゃんは普通酸っぱいものが苦手なので、離乳食が柑橘系というのは確かに難易度が高すぎますもんね。

辛かったとは思いますが、この判断は立派でした!

 

ただ、川へ身投げというのなんとも残念・・。

日本にいる身内に連絡さえ取れれば、あの姉ならすぐに来てくれたような気もするんですが・・。

 

極楽世界の謎の女

結局、この方はどなただったんでしょうか?

ユウコさんの祖先にあたる方らしいのですが、結局どれくらいの血縁かさっぱり分かりませんでした。

分かったのは、娘をどこかへ突き落として殺したという事実だけ。もう少し教えて欲しかったわ。何代遡るのかとか・・。

とはいえ、こんな怖い女の娘にならないと居られない極楽世界は絶対に遠慮したいわ。

 

このチヨを演じたのは國元なつきという女優さんだそうですけど、なかなか迫力ある怪演ぶりがよかったですね。

逆にユウコ役の祐真キキは幽霊の時以外は結構普通だったなぁ・・。

 

今週の素敵なチェスター

チェスター、今週も最高でしたね。

自分がユウコの娘で、養子だったという事実を知った彼は激しく怒ってましたよ。

なんといってもハイライトは「息子よ」と語り掛けた父に対し、

「息子と言うな!彼女(母)は血縁だが、オマエは他人だ!!」と上から目線でブチ切れたところでしょうか。

え、え~・・!

チェスターったら、そんな偉そうに・・。

 

むしろ、全く血のつながりのない自分を子として迎え入れ、育ててくれてありがとう、じゃないの?!

 

チェスター、このドラマの主役として比較的良心キャラを背負ってきたはずですが、ここへきて無茶苦茶ですね。

多感なティーンの男の子なら分かるけど、もう自分も親になろうという年代ですからね。

もう少し違った反応なかったのかなぁ・・。

 

まぁね、チェスターにしても、子供は悲惨な結果になり、ルースには去られ、自分は海を越えて追いかけて来た幽霊の仕業で怪我をして除隊。

キレたくなる気持ちは分かります。

 

そして、そんな彼らはついにユウコの厄払いをすることに・・。



え?!嘘!!ユウコさんが捕獲!?

え~っと・・。なぜ突然ユウコさんは捕まってしまったんでしょうか・・。

赤ちゃんを抱いたまま、例の極楽へ逃げようとしたところ、血のつながりのない赤ちゃんだけ置き去りになり、抜け殻になったユウコの体だけ墓場に取り残されたようでした。

 

へぇ・・。そんなのアリなのね。

体も綺麗バージョンでしたけど、どういう理屈でそうなるの?ヌルヌルユウコが本来の姿でしょ?

そして、古い怪談話しか知らないという山田さんに、顔から全身からしっかり厄除けの文字(なんて言うのか知らない)を入れられてから火をつけられていました。

ここはひとつ、彼のやり方が合っていることを願いましょう!

 

そして、最後、極楽にいたユウコさんは火の熱に苦しみ悶えると、燃え盛る壁と突き破る形で、こちらの世界にまでやってきたようです!!

ええ~!??

まだ来るのかい!!

やはり怨念は成仏できなかったのでしょうか・・。

山田さんのやり方が違っていたのか・・。

 

でも、今回のエピソードがこれまでで一番怖くて面白かった気がします。

あの抜けれない極楽に閉じ込めらたユウコさんが、「私ったらなんてことを・・」と自殺を後悔する場面が一番ゾッとしました・・。

 

と言う訳で、実はこのテラーのシーズン2ですけど、なんと10話まであります!

ということはあと4話!!

うわ~、この先どこへ話がいくの?

とりあえずチェスターはルースの元へ向かいそうですけど、楽しみです。

【訂正追記】

すみません!チェスターが強制収容所にいる基本的事実をすっかり忘れてました・・!脱走できる??

ルースの愛はどれくらいなのかが試されるところでしょうか・・!

次は第7話の感想です↓

「ザ・テラー:不名誉」第7、8話のネタバレA感想 新事実発覚と家族集合?(シーズン2) Amazon海外ドラマ「ザ・テラー:不名誉」(シーズン2)第7、8話のアニスのネタバレ感想です。 全国のチェスター...
「ウォーキング・デッド」シーズン10の放送配信予定!予告編に突っ込む!ミショーンは降板決定! アニスです。 「ウォーキング・デッド」シーズン9までのネタバレ含みます。新シーズンについてはリーク情報などは無しで、あくま...
「フィアー・ザ・ウォーキングデッド」シーズン5第1、2話のネタバレA感想 本家の謎に絡む!! 「フィアー・ザ・ウォーキングデッド」シーズン5第1話のアニスのネタバレ感想です。 やってきました、シーズン5! ...