ザ・テラー

「ザ・テラー」シーズン2第4話のネタバレA感想 ジャクニクキョーショク~!

「ザ・テラー」シーズン2第4話、アニスのネタバレ感想です。

 

うわ~、もう最高じゃないですか!このシュールな世界観!

シーズン1とは完全なる別物と吹っ切れれば、そんな悪くないですよ。

始めにカッカきていた自分に反省・・。

もういいわ。これだけ笑わせてくれるなら、ヨシとしましょう・・。

ジャクニクキョーショク~!

シーズン2全感想

1、2話 3話 4話 5話  *シーズン1*

←アマゾンプライム視聴ページ



今週のチェスター春日

サクッと入隊を決め、収容所を後にしたチェスターですが、戦地での様子まで見せてくれるなんて感激しました!

どうやらカダルカナルまで幽霊を連れて行ってしまったようです。

 

と、途中まで思って見ていたんですが、あれ?もしかしたら違う悪霊の仕業なのかな・・という気もしてきました。

相変わらず説明が雑でよく分らないんですが、あの日本語を話す米兵はタカハシの部下だった日本兵に取り付かれていて「白い悪魔」(ずっと「白い熊」に聞こえた)と言っていたのは米兵のことですよね。

チェスターが暴行を受けてるのを見て、同胞を助けようと火炎放射器で米兵たちを焼き殺したってことでしょうか。

あらま、となると日本兵側にまた違う幽霊でもいるのかな・・。

それともチェスター持参の幽霊が飛んで行って悪さをしているのか・・。

分かりません。どうでもいいです。

筋の通る説明も恐らくないでしょうし・・。

 

あれ、でも今見返してみると、あの男が発見された時、チェスターに「オマエヲコロス」って言ってましたね。

「ナンデダ!?」って怒ってましたけどチェスター春日・・。若干1話よりも日本語が上手くなってるような気がします。

最終回までにさらに上達してたら凄いですね。期待しましょう。

今回は森に向かって「ユウレイカ!」と叫ぶのが素敵でした。

 

ルースが気の毒過ぎる

「双子は不吉」ってなんのこっちゃ?と、思って試しにググって見たのですが、確かにかつての日本では「畜生腹」と呼ばれ忌み嫌われる時代があったようです。

へぇ・・この製作者は良く調べてるのか、なんなのか・・。

あんまり世界に伝えて欲しくないことまで、ほじくり出してくれますね。

 

ルースですけど、ゆうこさんにお腹をベタベタ触られ過ぎたのが原因なのか、残念なことに死産という結果になってしまいました。

これは酷い・・。

せめて一人だけでも助けてくれるかと思ったのに。

ルース、この赤ちゃんのために覚悟を決めて収容所まで付いてきたのに気の毒過ぎます。

 

だって、ぶっちゃけ、そんなにチェスターのこと好きじゃないでしょ?

チェスター母が写真を見て「ハンサムね。ゲーリー・クーパーみたい。」って言ってましたけど、やっぱり母の愛は盲目ですね。

ゲーリー・クーパーファンに怒られるわ。

 

でも、ゆうこさんは赤ちゃんについて「医者のせいだ~!」って怒ってましたよね。

看護師に憑りついて出産に飛び入り参加してましたけど、あの時も怒ってたし、最後は医者を殺してましたからね。

あ~ぁ、収容所の貴重な医者を殺さないでよ・・。

でも、かなりエグい殺し方でした・・。最後腹を出した段階で、もうだめだ~と見れなかったわ。

 

今回の見せ場は

本当に申し訳ないんですけど、ルースがチェスター父に読む手紙が最高でした。

「オトウサマが、テンゴクにメサレテモ」って・・、もう笑かさないで~。

父も「そんなに爺じゃね~わ!」って思ったでしょうね。

で、オトウサマの名前ヲトッテ「エンリケ」トナズケマス、っていうのにまた笑ってしまった・・。説明足りないわ。チェスター父の名前がまず何??

 

一生懸命なルースと真面目で不器用なチェスター父との心温まる場面ですよ。

なのに、こんな微妙な緊張感とシュールな笑いが漂うなんて・・。

これはもう新感覚コメディホラーというか、また一つ新しい分野を開拓してると言っていいんじゃないんでしょうか?!

 

とりあえず、ますます楽しみになって来ました!

チェスターとルースに明るい未来はあるのか?!最後までしっかり見届けたいと思います。

 

あ、そうそう、最後に一つだけ・・。「弱肉強食」っていうのは今回の話とどんな繋がりがあるんでしょうか?

私には全然ピンと来ませんでしたけど、来る人いるのかな・・。