ミスター・ロボット

「ミスター・ロボット/MR.ROBOT」シーズン4第11、12話のネタバレA感想/解説 ぶっとび!

アマゾンの海外ドラマ「ミスター・ロボット/MR.ROBOT」シーズン4の第11と12話のネタバレ感想・解説・あらすじです。

ミスターロボット全感想

S1:第1~3話と登場人物紹介 最終10話まで S2:最終10話まで S3:第1~3話 4~7話 最終10話まで S4 : 第1話 第2話 第3、4話 第5、6話 第7、8話 第9、10話 第11、12話 最終13話

 

どういうこと?!!

 

また凄いのをぶっこんできましたよ。

最後まで挑戦し続けますね。

こちらも脳の色んな部分を刺激されて、いい運動になるような、ただ混乱しまくりのような・・。

 

いや、もうメッチャ気になるから感想書かずに12話行ってしまおうと思ったんですけど、ここは一度止めて検証してみたいと思います。

お遊びも兼ねて、どんな種明かしが待ってるのか推測してみたいと思います。

 

←アマゾン視聴ページ



「ミスター・ロボット」S4第11話のネタバレ感想・解説

どういうこと~~~!!

ちょっと順番が最後からになっちゃいますけど、とりあえずこのびっくり展開から行きたいと思います。

 

何なのあの溌剌エリオットは。愛嬌たっぷりで生き生きしてましたよね。

しかもこのマッチョ!

 

こんなにいい体してるなんて知らなかったわ。

 

アンジェラとの結婚式を控えて嬉しそうにしてました。

でも頭痛がするそうです。

父エドワードもアンジェラの母エミリーも生きていて、皆幸せ。

ただ、ダーリーンがいませんでした。

やけに老けて見えるアンジェラの写真

 

そして、エリオットがS1で働いていたサイバーセキュリティ会社(オールセーフ)では、自分が社長になってましたね。

ちなみに、右はS1でアンジェラの彼氏だったダメ男。

 

タイレルがやってくると、エリオットと入れ替わったかのようにパーカー着てました。

穏やかに謙虚に生きてる感じです。(「俺たちは神だ!」と言ってたタイレルとは正反対)

 

そして、ホワイトローズは女性自身のままで慈善活動家としてテレビに出てましたね。

 

つまり、全てが理想的な世界。

エリオットが望んだに違いない別世界が繰り広げられているわけですが、これは一体何なんでしょうかね?

 

ただし、ちょっとした異変もありました。

  1. エリオットの頭痛
  2. 地震のような揺れがあった
  3. 財布を忘れた
  4. アンジェラの母に電話したら、出てから切られた
  5. ゴミ箱に捨ててあった血のついたティッシュと割れたグラス

 

 

溌剌エリオットはどこも怪我している様子はなかったですけどね。

 

そして、そんな幸せエリオットが最後に迷い込んだのが・・

 

我らが根暗エリオットの部屋!

はぁ、ホッとするわぁ。こっちこっち~!

 

と、ザっとおさらいしたところで、これが何かですけど、パッと思いつくのは「夢オチ」ですよね。

これまでの根暗エリオットの波乱万丈な人生は全て夢だった・・というもの。

まぁ視聴者から大ブーイングだと思うので違うでしょう。

 

次に考えられるのが、最後のエリオットの中の別人格

「彼はずっと覚醒してない」、みたいなことを別人格たち3人が話してましたよね。

なので、エリオットの幸せバージョンのこの彼が、今までどこかに眠りながらひたすら幸せな夢を見ていたのが、突然覚醒してエリオットと出会った・・って感じでしょうか。

 

それから、もう一つ考えられるのが、パラレルワールド編。

今回ホワイトローズが気になることを言ってました。

「失われた命たちも、そもそも失われていないわ。パラレルワールドにいるの。

我々が存在すべき世界よ。」

 

あ、そうか!

今書いてて思い出したんですけど、アンジェラに言っていた「母エミリーも生き返る世界って」ってこれのことですね!

そっか~、そういうことか~!

じゃ、そもそもマシンの目的がパラレルワールドを創ることだったのかぁ・・。

うわ、絶対コレだわ。

(気づくの遅い?エリオットの多重人格の件があったから混乱しちゃった。って違ったらどうしよ。)

 

ホワイトローズが求めたもの

これも興味深かったですね。

まず、少し前にホワイトローズが「エリオットが私達は同じ側の人間ということを理解する時よ。」と言っていたのは、エリオットも自分と同じようにこの世を恨み、憎んでいると思っていたんですね。

でも、これが違った。

エリオットはこの社会を憂いながらも、人との関わりの中で生まれる愛や癒しに感謝し、この世界を肯定していた。

たぶん、この時に彼が浮かべたのはシェイラ、アンジェラ、ダーリーン、クリスタ、タイレル、ミスター・ロボットでしょうかね。

全員自分を愛してくれました。

 

と、そんな話をしてるうちにサイレンが鳴り始め、ただ事ではない事態が始まってしまいました。

冷却装置に回す電力を全てマシンに使い、非常用電力もそちらに使っているということは、原子炉内の温度がどんどん上昇して爆発しちゃいますよね。

 

そして、ホワイトローズは自殺・・。

 

彼女の言う通りなら、パラレルワールドで幸せに生きられると思ってるからもう死んでもいいんでしょうかね。

でも本当は原子力爆発を起こさないように、コンゴに移転してやりたかったって言ってましたね。(どっちなのよ)

 

う~ん。そうか~。

パラレルワールドかぁ・・。

納得だわ。

きっとその世界ではあの死んだ彼氏も生きてるんでしょうね。

 

それにしても、最後の瞬間に「愛してる」と言い合うミスター・ロボットとエリオットのやり取りが感動的でした。

2人ともいい顔してるんですよね。

特にクリスチャン・スレーター。

はい、エミー賞!(は、難しいかな?)

 

というわけで、どうやらパラレルワールドっぽいですね。

では12話行きます!

次は12話の感想です。↓



「ミスター・ロボット」S4第12話のネタバレ感想・解説

え~~~!

そんな~~~。

最後の最後に身の毛もよだつような展開が待っていました。

あぁ・・、エリオット。

それだけは止めて欲しかった。

最後の最後にどうしてファンを裏切るような事するの・・。

これまであんなに応援してきたってのに。

そんなにアンジェラっていい女?!

 

やっぱりパラレルワールドなの??

このシステムがよく分かりませんね。

なぜエリオットだけ2人いるの?

多重人格が関係してくる?

それとも、あのマシンを起動させたあの場所にいたエリオットだけ別のパラレルワールドに取り込まれて結果的に2人になっちゃったの?

 

ともあれ、優しい父、優しい母に驚き、アンジェラの両親、エミリーと普通のおっさんのプライスにも会いました。

(父は見ただけ。アンジェラとはまだ会ってない。)

そんな世界で、自分のアパートに帰るのですが、そこで見つけたのは大きな衝撃。

 

実は自分達は溌剌エリオットが退屈しのぎに想像した架空のキャラ達だった・・というもの。

 

 

はぁ・・。これは参った。

どうやって解釈しますか?

 

でですね、今回のオープニングではエリオットの「やあ、君。(”Hello, friend.”)」という語りかけから始まり、常に誰かに話してますよね。

この「やあ、君。(”Hello, friend.”)」っていうのは実はS1の第1話のタイトルなんですよね。

なのでもう一度、第1話の導入部分がどうなってたかを見てみると・・。

そして・・、

となり、

地下鉄に乗ってるエリオットの顔に切り替わり物語が始まっていくんです。

 

どうですか?この始まり方!?

まるで、この溌剌エリオットが空想の世界を作り、それについて語り始めているようなセリフじゃないですか?

え~!・・となると、この全ての物語は架空の漫画の世界だったの?

そして、その架空の世界でパラレルワールドを創り出す事に成功して、リアルワールドの方に飛び移ってきたっていうこと?!

で、本物のエリオットを架空のエリオットが殺したって?

 

うわ~、ショック!

だって、それもほぼ「夢オチ」なんですけど。

起きてる時の空想か、寝てる時の夢かの違いで、架空という意味ではほぼ同じ。

 

とはいえ、エリオットの最後の別人格のこともありますし、もう一ヒネリ最終回には用意されてるはずですよね?

ただし、今回エリオットは決定的に取り返しのつかない事をしちゃったし、もうどうなるんでしょ!

というわけで、最終回行きます!

次は最終13話の感想・解説です。↓

「ミスター・ロボット」シーズン4最終13話 名作誕生!ネタバレ感想/解説/考察/評価 アマゾンの海外ドラマ「ミスター・ロボット/MR.ROBOT」シーズン4の第11と12話のネタバレ感想・解説・あらすじです。 ...
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。