アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。Netflix、Hulu、アマゾンを中心に感想・考察書いてます。

「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」シーズン3 第8~最終(10)話の感想 衝撃事実がてんこ盛り!(ネタバレ)

f:id:Annice:20171230004555j:plain

おお~~!最終回は意外にもエモーショナルな感じで盛り上がりましたね~!!

それにしてもこのドラマ、地味~に色々凝ってますよね。

エリオット青年の二重人格を患う心の葛藤と、ダーク・アーミーらとの戦い。

そこに経済の格差問題も絡んできて深いし、いちいち難しいです・・。

 

「これはこういうことなのか?」と私なりに理解した限りでまとめてみたいと思います。(違ってたらスミマセン。) 

スポンサーリンク
 

 

8話と10話でわかること

やっぱりあの窓から突き落とされた(とエリオットが思っている)日が重要みたいですね。

ダーリーンの新証言によると、錯乱したエリオットが一人でバットを振り回し、窓を割って飛び降りたらしいです。

恐らくは愛してやまない父親が病気という事実を抱えきれずに錯乱したのでしょう。

 

多重人格がどう発生するかというのをチラッと調べると、多くの場合は子供時代に抱えきれない悲しみや辛い現実にぶち当たった時に、別人格を作ってその感情から逃げるためだそうです。

8話の冒頭では映画館で父親が病気のために倒れますが、その時のエリオット少年を見ていると明らかに様子がおかしい・・。

心配するそぶりもなく、父親のジャケットを拾って一人映画を見始め、いるはずのない誰かに話しかけてるんですよ。

この瞬間に病気の父親を否定し、「強い父親」「謝らない父親」を自分の中の別人格として作ったと考えられますね。

それから見ている映画はバック・トゥ・ザ・フューチャーで、この後今のエリオットがトレントンの弟を連れて行くのもバック・トゥ・ザ・フューチャー。

この映画に思い入れが強いのが分かります。

そして10話で判明するミスター・ロボットが暗号解読キーを書き出し、画像に埋め込んでおいたのもバック・トゥ・ザ・フューチャーをモチーフにした2人の写真でした。

 

歩み寄る2人の人格

エリオットが少しずつですけど、以前よりも強くしなやかに現実を捉えられるようになるにしたがって、ミスター・ロボットの人格も徐々に変わって来ましたね。

これまでは完全な敵として怖い顔で存在してましたけど、最終回では随分穏やかになってましたし、エリオットに自ら歩み寄っていました。

「エリオットならそうするだろう」と、究極の場面で暗号キーを書き出していたのがミスター・ロボットだということもわかり、少しずつ信頼関係が築いて行けそうな予感。

いずれにしても、共通の敵はホワイトローズやプライスのような、世界経済を牛耳り、神を演じる人間たちですからね。目指すものは同じ!

今後は胸がスカッとするような展開も待っているのでしょうか・・?

スポンサーリンク
 

タイレルは

ミスター・ロボットが「現実を見ろ?お前はダーク・アーミーの操り人形だ」と言って一緒に戦おうと勧誘してましたけど、反発したタイレルに殴られてました。

たまたまそこへ立ち寄ったプライスがタイレルに、「君は名前だけのCEOだ」と告げて行くと、ようやく現実に目が覚めたようです。

これからはミスター・ロボットらと協力してCEOという立場を利用し、組織の中で弱みを探りながら戦って行くようですね。

 

ドムはレズだった!

そっか~、普通に美人で気立てもいいのに男っ気がなかったのはそういう訳だったのね。

ダーリーンといい感じになってベッドイン・・!(ダーリーンが本当のバイセクシャルなのか演技なのかは不明。でもドムのことは好きみたい。)

ただその後は最悪の展開で、最終的にドムはダークアーミーの手先にされてしまいます。

「何もかもがアンタのせい!」とダーリーンにブチ切れてましたけど、そうかなぁ・・?

もちろん5/9を実行した一人のダーリーンにも罪はありますけど、今回のこの顛末の一番の悪者は上司のサンチアーゴでしょ。

*アマゾンプライムビデオで全3シーズン見れます。

 

天罰の斧が下ったサンチアーゴ

そのサンチアーゴには、ついに天罰が下りました・・。痛すぎ~~!

嫌な男だったけど、あの殺し方はあんまりだわ。

最後はそれなりにドムを助けようとしてたしね。

 

アンジェラはプライスの娘だった!

ふーん、それは想像つかなかったわ~。。

だって、富豪のプライスが37年前とはいえ、アンジェラの母親と恋仲だったなんてね・・。

でも、だからプライスは何の取柄も特徴もないアンジェラをあれだけ気に懸けて来たんですね。そこだけ納得。

 

大体このプライスって男は何なの?敵なのか味方なのかがよく分からない。

「5/9のテロを始めから知っていて許可を出していた」、なんて言ってるけど、ミスター・ロボット(エリオット)には「リーダーたれ」なんてアドバイスもしているし・・。

アンジェラには「ホワイトローズ」に利用されたという事実を受け止めろ、なんてことも言っていて、「ん?何なの?アンタも敵でしょ?」と思いつつ、でもホワイトローズを一番憎んでいるのはプライスな訳で、敵の敵は味方なの・・?

でも、エリオットはハッキリ敵宣言してるしね。その辺がよく分からないなぁ・・。

 

ホワイトローズの男遍歴

あの若い中国人男とのキスシーンもキツかったというのに・・、

ナニナニ?あのメキシカンなおいちゃんのアーヴィングとも以前はそういう関係だったって??

ギョエ~~!!

それは勘弁・・!

この組み合わせは、キモすぎて濃すぎて想像できない・・!

そもそも、ローズさんの魅力は何なの?誰か教えてー!

スポンサーリンク
 

シーズン4を勝手に予測

そんなこんなでまとめますと、最終回の最後でエリオットはキーコードをEコープに送り、5/9を帳消しにすることに成功。

これによって、現実社会はどう変化していくんでしょうかね?

以前の暮らしを取り戻せるのかどうか・・。

 

今後エリオットは表面上ではダーク・アーミーを助けるような役回りをしながら、裏ではタイレルやダーリーンと協力して反撃の機会をうかがっていくのでしょう。

もちろんミスター・ロボットとも上手くやっていきそうだし、最終的には「人格の統合」なんてことも可能になってくるのかな・・?

アンジェラもパパプライスと一緒に、ダーク・アーミー潰しにまた闇雲に邁進していきそう。怖いなぁ・・、もう大人しくしていて~。

ドムも当然このままただのスパイとしては終わらないでしょうから、やはりいつかはエリオット達と合流しそうですね。

 

ところで皆さん、今回も最終回のエンドロールの後にまだシーンが続いていたのに気が付きましたか?私は危うく見落としそうになりましたよ。

エリオットのアパートの前でダーリーンが会った男はたぶん、あのシーズン1でシェイラを殺したヤクの売人(元締め?)ですよね。

もう遠い記憶でよく覚えてませんけど、今更この男に何の用・・?

来シーズンではエリオットがシェイラの敵を取るってこと?

うーん、それもいいけど、こうなったらダークアーミーとの戦いに集中して欲しいんだけどなぁ・・。

ではまたシーズン4を楽しみに待ちましょう~。