ミスター・ロボット

「ミスター・ロボット/MR.ROBOT」シーズン4第2話のネタバレ感想解説!衝撃事実連発!

アマゾンの海外ドラマ「ミスター・ロボット/MR.ROBOT」シーズン4の第2話のネタバレ感想・解説・あらすじです。

 

うわ~、凄いことになってきた!!

第1話の感想解説であれだけ頑張ったというのに、全然休憩させてくれない!

通常2話3話辺りはのんびり様子を伺う感じで進行しますけど、このS4は容赦なくどんどん進みますね。

第2話ででどか~~~~~んとネタバレしちゃったじゃないですか!!

 

それにしても、この「ミスター・ロボット」の凄さは、S1の第1話から全てが完全に組み立てられていたってことですよ。

監督、脚本家のサム・エスメイルが「当初から4シーズンまでの構成で考えていた」と語る通りで、完璧な構成で無駄なエピソードが全くなかったのが窺えます。

例えばですね、私S4の前にさ~っと過去エピを復習したんですけど、さすがにエリオットの母に関してや、あの女弁護士スーザン・ジェイコブズに関してはもう関係ないだろう~と飛ばしてたんですよね。

ところが、そこに限って今回出てる!

はぁ・・。もうまた復習ですよ・・。

で解説付きでまた感想書かせて頂きます!

←アマゾン視聴ページ



「ミスター・ロボット」S4第2話のネタバレ感想、全力解説

ホワイトローズの正体は!

え~っと、もしかして中国の国家元首って事なの?名前はチャン。

各国の指導者と並ぶ写真がありましたけど。

あれ、それともまだ国家安全部長なのかな?追記:現在も部長のようです。あ~、びっくりした。】

あれ、日本がいないよ?

 

そして、そんな彼が謎のデウスという巨大な投資グループを作り、世界中の権力者や富豪を取り込んできたらしいです。

石油や軍事産業も掌握。インターネットを利用しながら事業を拡大。

そしてEコープはデウス最大のフロント企業に成長。

 

このワシントン・タウンシップの発電所の地下に建造したという巨大なマシンが気になりますね。

そのマシンというのはS3に登場した、これだと思います。↓

 

明らかにコンゴ計画と関連がありそうです。

そして、やはりこのコンゴ(たぶんコルダン鉱山のこと)の計画こそが、デウスグループの「唯一無二の目的だった」そう。

 

【ワシントン・タウンシップとは】

実はエリオットの父と、アンジェラの母を含む26人のEコープ社員が亡くなったのは、ここタウンシップの有害物質漏洩事件によるものでした。

白血病で亡くなったのを見ると、発がん性のある有害物質を垂れ流しにして、その被害に遭ったのでしょうか。

このタウンシップの発電所地下に巨大マシンを設置した際の汚染物質だと想像しますが、これが何かは分かりません。

 

ちなみに、今回出てきた顧問弁護士スーザン・ジェイコブズはこのタウンシップ訴訟の弁護士団の一人でもありました。

 

【スーザン・ジェイコブズについて】

殺される直前まではEコープの顧問弁護士として重要な役割を果たしていたようですが、タウンシップ訴訟の時はまだ駆け出しだったのか、大量の弁護士団のうちの一人でした。

ところが、彼らが勝訴したニュースをテレビで見ていたダーリーン4歳には強烈に彼女の顔が焼き付いていたようで、父を見殺しにした彼らへの復讐を果たすために、S2で殺しています。

 

電気ショックを与えて自宅のプールに落とす形でした。

 

ただ、もともとそれが目的だったというよりは、エリオットが刑務所に入っている間に新たな基地を必要としたfソサエティのメンバーが居つく場所として、長期休暇で留守にするはずの彼女の自宅を占拠していただけでした。

そこへ、たまたま戻ってきたスーザンに見つかり窮地に陥ったという流れです。

 

プライスは協力するようだ!

そりゃそうよね。

彼に何が残ってますか。

Eコープでの実権を奪われ、娘を殺された恨みしかないはず。

 

デウスグループの金を強奪して、ダークアーミーを潰すというエリオットに協力する動機は十分でしょう。

そしてプライスが言うには、デウスとの橋渡しをし、キプロス国立銀行の件も担当していた弁護士がスーザンだったそうです。

あちゃ、ダーリーンが殺しちゃいましたけど、大丈夫でしょうか・・。

どこかに情報の手がかりが残ってるのかな。

 

まずは、プライスはデウスのメンバーを1か所に集めて欲しいというエリオットの頼みを実現する為、自身のCEO辞任を申し出てその機会を作るようでした。

この辞任に関してはホワイトローズが怒りまくってましたね。

やっぱりコンゴへの輸送が済んでからにしろ!とこの輸送へのこだわりを見せてました。

でも、この輸送が終わったらエリオット達は殺されちゃいますからね。とりあえず早急にメンバーが収集されるようプライスが上手いことやってくれたみたいです。

 

エリオット達の母死亡

最後は老人施設で孤独な死を迎えたようでした。

自分の子供達と幼馴染のアンジェラが、アンジェラの母エミリー・ロスのために吹き込んだメッセージテープを持っていたなんて、切ない!

子供達の声が聞こえると、さすがにジーンとしちゃうわ・・。

アンジェラは彼らにとって幼馴染以上の兄妹のような関係だったのでしょうね。

そのことが伝わる切ないシーン。

こういう演出というか計算し尽くされた映像が本当に上手い。細かな部分のクオリティがドラマとは思えませんね。

 

ちなみに、母については過去エピにあんまり登場していないかと思いきや、時々チラッと映ったりするんですよね。

S1の第1話ではエリオットの腕を押さえつける厳しい母の姿が・・。(本当に一瞬だけの、エリオットのフラッシュバック映像)

 

ダーリーンも嫌っていたようですし、父の死後は虐待に近いことがあったのかもしれません。(はっきりとした説明はこれまでなかったようですが。)

 

気になるのは、この母が銀行の貸金庫に何を残していたか・・ですよね。

銀行に処分されちゃったらしいので、知ることはもうないのかな?

ダーリーンは知りたかったようですが・・。

 

FBIのドムには厳しい監視が・・

あのはく製のおばちゃんは相当なモンですね。

ドムが上手い作り話で上司サンチアゴの失踪の説明をしたはずが、担当していた調査員が殺されてしまいました。

うわ~。逆にドムが怪しまれるでしょ。

罪悪感も上乗せされ、ますます辛い立場に追いやられていくドムなのでした。

 

ダーリーンも仲間に!

スーザンの件をきっかけにして、ダーリーンも打倒ダークアーミーの仲間入りをするようでした。

やらないと殺されるというのは彼女もしっかり理解したようです。

 

そして、この時のエリオットとダーリーンの会話から気になる件が2つ浮上しました。

 

まずはこのベラのこと。

この男はS3の最終話の一番最後にエリオットのアパートの前に現れた男です。

 

【ベラとは】

S1で、エリオットはアパートの住人シェイラと付き合ってました。

ガッチリ付き合っていたわけではなかったですけど、孤独なエリオットにとって、癒し系シェイラは大事な存在。

ただ彼女は薬の元締めベラに絡まれ困っていた為(レイプもされていた)、エリオットがベラの情報を警察に通報し刑務所に入れてしまいます。

 

ところがその後、シェイラがベラの弟に誘拐され、エリオットは刑務所内の自動扉を全て解除するよう要求されます。

ベラは脱獄に成功。

シェイラを取り戻すはずだったのですが、彼女は車のトランクの中で死体になっていたのでした・・。

 

いまさら、このチンピラが何の用?

ここに来てまたエリオットに負担をかけることにならないといいんですが・・。

とはいえ、エリオットにとっては大事な人を殺された恨みがありますからね。また何か起きるのは確実です。

 

そしてもう一つは・・

 

え?!ミスター・ロボット以外にも別人格が?!

前回の第1話で、エリオットが死にそうな場面で家族3人が出てきましたよね。

 

今回、ダーリーンがベラのことを話したのをエリオットもミスター・ロボットも聞いていない??

じゃ、誰が聞いたんだ?!ということで、別人格の存在に気が付きつつある彼らなのですが・・。

うわ~、これは大変なことになってきた!!

こうなってくると、もう有名な多重人格の本「24人のビリー・ビリガン」の世界じゃないですか?!

 

実はですね、この3人が出てくるシーンは過去にもあったんです。

なんと、シーズン1の最終話の最後。

エリオットが5/9を実行してふらふらしながら街中を徘徊している際にぼ~っと、幻影のような形でネオン街に移る3人の姿を見ます。

ほら、ほぼ同じ!

言ってることからも、エリオットの中に既に彼らが存在しているような感じでした。

 

あらら、どうしましょ。

 

そして、極めつけはラストのシーン。

 

とあるビルの重役室のような場所で椅子に座っているエリオット少年。

(エリオット君はシーズンごとに子役が替わりますけど、いつもパーカーが目印です。)

 

ドアが開いてエリオットの母が現れると、こんな会話が始まります。

「そこに座っちゃダメよ。彼を待たなくちゃ。」

「彼?ミスター・ロボット?」

「違うわ」

「エリオット?」

 

ひゃ~!!

もう一人っていったい誰??

ってことは男ですよ!

でも、エリオットでもミスター・ロボットでもない別人格??

そんなことがあり得ますかね??

 

もう、これは先に進むしかない!

これからさっそく3話見ます!

次は第3話の感想・解説です。↓

「ミスター・ロボット/MR.ROBOT」シーズン4第3、4話のネタバレ感想・解説 ショック! アマゾンの海外ドラマ「ミスター・ロボット/MR.ROBOT」シーズン4の第3話と4話のネタバレ感想・解説・あらすじです。(別々に...
アマゾンプライムのお勧め海外ドラマ(2020年版)約40作品を面白い順にランキング(感想記事一覧) アニスです。 アマゾンプライムビデオで見た海外ドラマで面白かったものをランキング順に並べてみました。それぞれの感想・考察記...
 

POSTED COMMENT

  1. 39kumicho より:

    スーザン・ジェイコブズのことすっかり忘れていまして、こちらで復習できて有難いです。あのチンピラや隣人の彼女のことも。最後のシーンは印象的でしたね。ビリー・ミリガン懐かし〜(T▽T)

  2. annice より:

    ビリー・ミリガンは当時私も読んだんですけど、複雑でしたよね。
    まだいるのかい?!と、どんどん出てくる別人格に驚いた記憶しかないんですけど。
    シーズン4はかなり凄いですよ!ここまで完璧に組み立てられた連続ドラマはそうそうないですね。
    そういえば、ナイツの塙はヒットだったので、S3の感想の最後に入れさせて頂きました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。