AppleTV+

「真相-Truth Be Told」第7と最終8話のネタバレA感想、考察 アーロン・ポール熱演!!

AppleTV+の海外ドラマ「真相-Truth Be Told」第7、最終8話、アニスのネタバレ感想です。1話ずつ、見た直後に書いてます。

真相感想・考察

第1、2、3、4話 第5、6話 第7、最終8話

視聴ページ

 

「真相-Truth Be Told」第7話のネタバレA感想、考察

あ~、面白かった~!

もうあと5分見せて欲しかったわ!!真相まであと一息!ってとこですね。

アーロン・ポールの熱演もあって、これまでのベストエピソード!!

IMDbも今回初の9点台(9.1)をマークしました。

これよこれ~!サスペンスに求めているのはこれですよ!

相変わらずポピーは思い込みで突っ走ってますけど(偉そうな割に、考え方が単純なのよね。)、そんなポピーをよそに確実に別の真相に迫ってきてますね。

 

では、また振り返ってみたいと思います!

 

やっぱりレイニーが怪しいの?!

最後、自分の母親を恐らく殺してましたよね。

エリンの流した涙で自分の死を悟ったことが窺えます・・。

 

レイニーは至って冷静にそんな母に対応してましたね。まるで普段の仕事の一手順のように・・。

白い衣装に身を包んで、一体あの女は何を考えてるの?!!

もう、これが分からない・・!

気になったのは、死の瞬間に見た娘の顔がレイニーからジョジーに一瞬変わったところ。

双子なので、イメージが重なっただけか分かりませんけど、何か意味がありそうです。

 

ただ、一つ分かったのは、レイニーは母が「もう耐えられない!明日全てを打ち明ける!」と言ったが為に、口封じで殺したのだろうという点。

となると、犯人はエリンじゃないですよね。

自白したところで、レイニーは困らないと思うので。

全てを打ち明けられたら困るというのは、犯人がレイニーかジョジーだからとしか考えられない。

でも、犯人がレイニーだった場合、本人に向かって「告白するわ」って言います?

むしろ、「告白させて!」になるのでは?

 

となると、意外性も狙いたいのでジョジーなのかな。

あの様子を見ていると、レイニーはジョジーを守るためなら何でもしそうですからね。

母を殺すことも含めてあり得るかも。

 

ウォーレンとの面会シーンを振り返る

そして改めてウォーレンと面会した時の会話を思い出すと、やっぱりレイニーが犯人だと辻褄が合わないことがあるんです。

レイニーはたぶん当時、本気でウォーレンを愛してましたよね。

さすがのレイニーもあれは演技でないと思います。

 

そして、当時送った手紙にも嘘があったとは思えない。

「精神科に閉じ込められてる、刑務所にいるあなたと同じ。」

「もし私と一緒に生き抜いてくれたら、私の命をあげてもいい。(あたなの為に死ぬ)」

 

ここまで書ける少女が自分の保身の為に大事な人を刑務所送りにするとは思えない。

そこまでの犠牲を払い、苦しんだ挙句に精神を病むほどに追い詰められても、それでも真実を話せないのは、やっぱりジョジーを守るためなのかなぁ・・と。

それしかなくないですか?

 

肝心のジョジーも怯えた様子で、これまではいかにも被害者風情でしたけど、どうも何考えてるのか分からなくなってきたんですよね。

ああいう人って意外に追い詰められると豹変したりして、その後はショックで記憶が飛んで覚えてない・・なんていうこともあり得るかなぁ・・と。

全然分かりませんけどね。

 

え~っと。それからポピーですけど、また死人を出してしまいました。

彼女思い込みが強すぎるんですよ。これ!と思ったらもう突進!というのはやめた方がいいかも。

もう少し慎重にした方がいいかと。

 

そして、レイニーの家を訪れて自分の探していたウチワ(お母さんの形見?)を娘が持っているのを見て「ハっ!」と何かに気が付いたようでした。

え~っと。

ってことは、レイニーがポピーの家に忍び込んでいたってこと?

前回家が荒らされたのは、レイニーの仕業だったとか?

このことで、エリンが犯人じゃなかったことまで分かったのかな。

でも、なんでわざわざあんなものを盗んで娘に渡すの?

この件についてはまた来週ですね。

 

それから、お父さんは脳に傷害が見つかったようでしたけど、ポピーの生い立ちについてはどうも興味が湧かないのは私だけでしょうかね。

ただ、今回1年間彼女を預かっていた里親の女性が不審な死を遂げていた事が分かったので、ちょっと気になりますね。

 

あとは、ついに殺人を犯してしまったウォーレンがあの刑務所の中で生き延びていけるのか?!が超心配!!

ずっと独房にいる訳にもいないでしょうし、とにかく早く出してあげて~!

 

ただ、このドラマは全8話でなくて10話まであるんです・・。(訂正8話が最終でした。)

来週で終わりなら、このレイニーの線で行けそうですけど、あと3話もあるとなると、もう一つくらいミスリードが用意されてるかも。

とにかく最終話が待ち遠しい~!

 

次は最終回の感想です。



「真相-Truth Be Told」最終回(8話)のネタバレA感想、考察

まず、皆様に訂正とお詫びがございます・・。

このドラマ、全10話だと思い込んでたんですけど、8話が最終でした!

本当にすみません。

言い訳をさせて頂きますと、IMDbにはまだ全10話って書いてあるし、9話と10話の配信日まで載ってるんです!

今後はもっと正確な情報を確認します・・。

 

犯人はやっぱり!

さてさて、先週に書いた私の推測ですけど、結構当たってましたね!

ちょっと喜んじゃうんですけど、もしかして誰でも分かるくらい簡単だった・・?

分かってないのはポピーだけってか?

 

まぁ、それはともかく、やっぱりレイニーが悪い奴で、ジョージーを追い込み父親を惨殺するに至らしめたということでした

【追記】

コメントでご質問を頂きましたので、私の解釈を書かせて頂きます。

具体的にですが、父チャックがレイニーに対し「お前が嫌だろうが関係ない。書斎に入りなさい!」と言って揉み合っているところへジョジーがレイニーを救う為に惨殺したように見えました。

 

なぜチャックが書斎へ入れようとしてたかですが、日ごろからジョジーと仲のいい父親を逆恨みし反抗的な態度を取っていたような説明がありましたので、その事で話し合おうとしていたのかなぁ・・と。

 

それか、もしかしたらですが、虐待の事実をレイニーに問いただされて驚いた父が「ジョジー来なさい!」ということになったのかも。

 

ジョジーにしてみれば、性的虐待についての日記を読んだばかりだったので、そのショックと父に裏切られた怒りとで逆上してしまったのかもしれません。

 

で、その時の記憶はジョジーの脳から見事に消えてたんですね。

それでも無意識に何か引っかかるものがあったのか・・、イギリスに逃亡してたのはそんな潜在意識のせいかもしれません。

それともちろん悪女レイニーから距離を取らなければという危機意識もあったでしょう。

 

レイニーには異常なまでの妹独占欲があったようで、妹の彼氏に嘘をついて引き離したのもそのためでした。

あと、昔の映像で子供のレイニーがウォーレンに飛び掛かるシーンがありましたけど、あれもウォーレンとジョジーが仲良くしたのに嫉妬して怒ったとか、そんなところかな。

 

いずれにしても、結局そのまんまで最後の最後にはヒネリなしでした。

 

ジョジーが真実に重きを置き、自分の有罪を認めることにしたということは、レイニーも母殺しで刑務所生きでしょう。

レイニー・・、なかなか怖いキャラでした。

 

それから、レイニーがポピーの家に押し入ったのは日記を取り戻すためだったそうです。

で、母エリンが探していたのは鳥の置物だったってことでしょうね。

 

ポピーは一体何なの?!

いえね、もうこれはたぶん皆さんの感じてるところだと思いますので、この際勇気をもって言わせて頂きます。

 

ポピー!自分をいい女に設定し過ぎ!!

 

申し訳ないけど、浸れなかった。

イングラムと元カレとの三角関係というか、恋愛関係にも感じるものが特になかった。(興味も持てなかった。)

 

まぁ、この女優さんがプロデューサーなので文句も言えませんが、なんか変な感じでしたよね。

だってポピーがこの事件を持ち出したせいで、なんだかんだ3人死んでますからね?

レイニー達の叔母に、母にウォーレン父。

 

なのに、軽い軽い!

レイニーが母を殺したことについて、元カレと楽しそうに話してるのを見てたら、違和感しかなかったわ。

「ようやく私の意見に賛成したわね。レイニーが犯人よ。」

 

ってそれも違ってるし!!

もう、どこまでズレてるの?

そして、その神経どうなってるの?!

 

なのに、「私が9歳で母を亡くしてから薬なしで夜ぐっすり寝れたことがない。」

って、本当かいな?

自分の事となると急に深刻になっちゃうのよね。

 

思わず、

里親になった女性の水死ってポピーが何かしたせい?

その辺の真相も今後焦点になっていくの?

なんてところまで気になっちゃいましたけど、結局それだけでしたね。

 

幼かった少女ポピーは不幸な生い立ちの末にこんな風に傷つき、そして真実を求めるジャーナリストになりました。

家族を含め、彼女が犠牲にしてきたものは多かった・・。

 

ってカッコよくポピーという人物像を掘り下げたつもりなのでしょうが、残念ながらそれがことごとく失敗してました。

あそこまで適当に「〇〇が犯人だ!」と違う人を名指ししておいて、違ったら違ったで反省なし。

なのに、いつも自分は傷ついてる「いい女風」・・。

孤独なキャリアウーマン。

真実を追う孤高のジャーナリスト・・。

・・・。

 

ウォーレンが必死に刑務所の中で生き残りを懸けているというのに、元カレと笑い合ったりしてるし、何かっていうと自分に酔っちゃうし、そんな温度差も違和感でしたね。

 

あと、ポピーに感情移入できなかったので、最後にウォーレンが釈放されてポピーと対面する時に全然感動できなかったんですよね。

普通こういうドラマだと、この場合の二人には固い絆が出来上がっていたりするものですが・・。

 

ウォーレンが主人公だったらよかった

とはいえ、ウォーレンが生きて外に出て、念願の母に会えてよかった!

 

このドラマIMDbのレートもいまいちだし、実際最終回もあっけなかったんですけど、やっぱりポピーというキャラに視聴者がのめり込めなかったのが原因でしょうね。

もう、せっかくアーロン・ポールの熱演があったというのに、勿体ない!!

ウォーレンを主人公にして、さらに掘り下げてくれたらもっと面白かったかも。

 

その部分が少し残念でした。

でもまぁ、ポピーを無視してみれば結構面白かったのでよしとしましょう!

 

最後に一つ気になったのは、あのウォーレン父は何を根拠に自分の息子が絶対殺したと思い込んだんでしょうか・・。

動機がないのに、あんなにめった刺しにするわけないのは警察官なら分かりそうなものですけどね。

 

ということで、ではまた~。

2019年の話題作!お勧めの海外ドラマランキング、ベスト30! アニスです。 2019年ドラマが出揃ったところで改めて今年の海外ドラマベスト30作品をランキングしてみました。 エミ...

POSTED COMMENT

  1. たか より:

    はじめまして。
    最終回のことで分からないことがあったので、ご意見伺いたいと思い、コメントさせていただきました。
    ジョジーがチャックを殺害するシーンで、チャックがレイニーに、こっちに来るんだと言っています。
    ジョジーは、チャックがレイニーを部屋に連れ込み、性的暴行すると勘違いして、殺害したのだと思います。
    でも、実際は暴行の事実はなかったわけです。
    チャックはレイニーをどこに連れて行こうとしていたのでしょうか?精神科?
    それとも、ドラマの設定として、そこまで細かい事は考えてない?
    このドラマ、かなり大味というか、細かい設定まで考えてなさそうで、モヤモヤする場面が多いように感じました。

  2. annice より:

    たかさん、はじめまして。^^
    おっしゃるとおり、ジョジーは父親の性的暴行の事実を知ったばかりなので、レイニーを守るために殺したのだと思いますが、チャックが連れて行こうとしたのは自分の書斎みたいです。(「書斎に入りなさい!」とセリフにあるので。)
    普段からレイニーはジョジーと仲のいい父親を敵対視して反抗的な態度を取っていたと思うので、それに関して話し合おうとしたのか、それか、ジョジーに日記のことを言われて驚いた父が「どういうことだ?」と詰め寄って話し合おうとしたのかも。
    でも、レイニーが「嫌だ!」と嫌がるので、無理やり・・って感じかなぁと。

    確かに全体的に大味でしたね。実際のところ、あの日の夜ウォーレンがどのタイミングで逃げたのかもよく分からなかったし・・。

  3. たか より:

    解説いただき、ありがとうございました!
    仰るような感じだったのでしょうね。
    納得しました。
    シーズン2があるなら、こう言う細かいところも映像化して欲しいなあと思います。
    行間を読むのが苦手なので(^_^;)

  4. annice より:

    本当ですよね。いろいろ疑問点が結構残るドラマでした。
    シーズン2はどうでしょうかね?
    あっても、ポピーがメインで別の事件を扱う気がするので、ウォーレンは今回だけの気がします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください