マインドハンター

「マインドハンター」シーズン2 第6と7話のネタバレA感想/解説/考察

「マインドハンター」シーズン2 第6、7話、アニスのネタバレ感想/解説/考察です。

全感想

シーズン1 S2:1話と2話 3話と4話 5話 6話と7話 8話と最終回



「マインドハンター」S2第6話のネタバレ感想

冒頭のカンザス変態男

図書館で妄想イラストが見られそうになったり、今回も自身のロゴイラスト(おっぱいみたいなヤツ)がコピー機に挟まって人に見られちゃったり、ちょっとした失態続きですね。

残りあと4話となりましたけど、シーズン2でこの男の手に手錠が廻るのか・・。はギリギリな感じになってきましたよ。

ホールデン達もアトランタの方で大きく時間を取られそうだし、こりゃまたシーズン3になるのかなぁ・・。

 

SM系にもインタビュー

相変わらずグレッグは何のためにいるのか分からない感じでしたけど、またウェンディが食い下がっていましたね。

ただ彼女が言うには、相手に手数を打たせられただけで、主導権を握られたまま最後も肝心なことを聞き出せなかったらしいです。

この辺の駆け引きは見ていても難しいんですけど、見応えがあるところですよね。

 

それにしてもSMの世界も網羅していくのか~!

ここまで本格的なのはあんまり知りたくないわ~。

 

結局のところ、こうした連続殺人のほとんどが性的欲求を満たす為のもので、そういう意味では男の性欲と暴力との結びつきって怖いですね。

逆に、女性のシリアルキラーは今のところ登場していませんよね。

少しググってみると意外に結構いるんですけど、女の場合は保険金狙いだったり、金目的が多い印象です。

まぁ、これも今後出てくるかもしれませんね。

 

このSM男が言うには、バラバラ死体の真犯人は別の人間だそうですけど、まだ捕まってないってことはさらに被害者が増えていくのでしょうか。

 

ビルの息子と過労気味のビル

怖いわ~・・。

カンザス男の登場シーンよりも、ゾッとしてしまうのがビルの息子ブライアンが出てくるシーンですね。

ブランコの女の子をじ~~~~~っと見つめる目が怖い・・。

 

「どうか、一度でいいから子供らしい笑顔を見せてホッとさせてくれ!」と傍で見てる私達も思うほどなので、両親の想いたるやもう毎日が絶望的なまでに苦しいでしょうね。

ナンシーがビルに休暇をとって一緒に取り組んで欲しい、と願う気持ちも分かるわ~。

 

ただもうビルがフラフラじゃないですか!

聞き取り調査をして見ると、息子のことがダブって聞こえて胸を塞ぐし、家に帰ればナンシーからの非難の目・・。

アトランタと家を行ったり来たりするのも大変そうだし、このままいくと過労で倒れそうですよ。

 

とりあえずアトランタ事件を解決できれば、しばらく休みを取ってゆっくりして欲しいですね。(ただブライアンと向き合う日々も相当ストレスだろうけど・・)

 

アトランタ児童連続殺人事件

こちらが本格的に動き出しましたね!

やっとか!というところですが、もう既に犠牲者は把握しているだけでも16人(でしたっけ?)、それに把握しきれてない子供達もいそう。

 

ビルとジムが近所目撃者や子供達に話しを聞いていましたけど、これまで警察は全く聞き込み捜査をして来なかったらしく、被害者の子供達が互いに知り合いだったり、出入りしていた「レンガの家」やパトリック・ロジャースという「年上過ぎる友人」というのが出てきたり、有力情報だらけじゃないですか!

 

っていうか、その「年上過ぎる友人」が絶対怪しいでしょ!!そこ大事!!と思ったところで、別の捜査官に話をさえぎられてしまったので残念でしたね。

 

またこの辺の情報が鍵となってきそうです。

だって、あの3人の死体の見つかった森でポルノ雑誌を持ち込んでいた男はサイコっぽくなかったですもんね・・。

 

どうもアトランタ警察とは上手く噛み合ってないようで、ここはビル達のように独自調査で進めて行ったほうが速いような気がします。

 

次は7話の感想です。



「マインドハンター」S2第7話のネタバレ感想

まず被害者の共通項を探して~!

ちょっと~、ホールデンは自分達のやり方で解決すると躍起になってますけど、それでいいのかなぁ・・。

あの十字架にそれほどこだわるのは何故なの?あんなに苦労して走り回った意味あるの?

 

とりあえず、私がよく分らないのは、被害者の子供達にあれほど知り合いが多かったという点を探っていかないのが摩訶不思議!

その辺を徹底的に聞き込み捜査すれば誰か出てきそうですよね。

ルビーとアールが遊んでいたというレンガの家の家もそうだし、彼らの年上の友達と言っていたパトリック・ロジャースも実は被害者だったじゃないですか!

 

ジムが家を訪ねてお母さんに聞いた時には驚くほど被害者の子供達の名前が出てきましたよ!

  1. よく遊んでいたというルビーと
  2. アール
  3. 配達を一緒にしていたアロン・ジャクソン
  4. アルフレッド・エバンス
  5. チャールズ・スティーブンス
  6. テリー・ピュー(一番新しい犠牲者)
  7. アーロン・ワイシュ(目の前の家)

 

7人もの被害者を知っていて、アーロンが殺された時は「次は自分かも・・」と漏らしていたということは、犯人に心当たりがあった可能性もあるんじゃないんですか?

その辺を調べるのが普通の捜査ですよね。

もうイライラするわ~。

十字架の前にやることやって~!!

 

それと、突然でてきた公営団地の爆発もどういうことですか?

サイコなシリアル・キラーが急にそんな派手な爆発なんてやりますかね。それとも別の事件なの?

 

なんだか説明が足りないというか、よく分からないので考察もしようがないって感じです。

(森で見つかった3人の被害者の特定はまだなの??いつスティーブが犠牲者になったの?)

 

ナンシーを訪れた被害者の母

これはキツイ・・。

ナンシーを「許してあげる」とやってきた母ですが、何かせずには正気を保っていられないほど苦しいのは分かりますよ。

でも、加害者側の親も同様に胸が張り裂ける日々を送っているに違いないわけで、そこで彼女の世界観で「許し」を与えられてもぐうの根もでない心境でしょうね・・。

特にナンシーに関しては、自分の息子は加害者どころか助けようとしたほうの側で、下手したら被害者だったかもしれない・・くらいの想いでなんとか精神を保っているところですよ。

彼女なりの意地で、息子には会わせない。と頑張り抜きましたけど、彼女の心はズタズタでしょうね。

 

ウェンディはバーテンダー彼女と喧嘩

2人の背景が違い過ぎますもんね。

ウェンディは都会(NYでしたっけ?)からやってれきたインテリで、以前の彼女とはレズの関係を公にして付き合ってきましたけど、今の彼女は保守的な風土で普通の主婦を偽ってきた複雑な過去があり、今も男性相手に女の魅力でバーテンダーをしている人ですからね。

そう簡単にはハッピーカップルになれませんよね。

しかもバーテンダー彼女は妙に気位が高い上に(劣等感の裏返し?)、ウェンディにはその辺を気遣う繊細さがないという・・。

これまた難航しそうですけど、お互い時間を取って理解を深めていくしかなさそうですね。

 

短いですけど7話はこれくらいで・・。

もう児童連続殺害事件の捜査方法が根本的に不自然でイライラしますね!次の8話で打開策を掴んで欲しいです!

次は8話と最終回をまとめての感想です。↓

「マインドハンター」シーズン2最終9話のネタバレA感想/解説/考察 ホールデンやBKTのモデルは誰? 「マインドハンター」シーズン2、第8話と最終9話のアニスのネタバレ感想/解説/考察です。 すみません、8話を見た後に止めら...