チェルノブイリ

「チェルノブイリ」最終回5話のネタバレA感想/全力解説!奇跡の生還を果たした人もいた!

HBO系海外ドラマ「チェルノブイリ」最終5話、アニスのネタバレ感想/解説/考察/あらすじです。(アマゾン)

 

チェルノブイリ感想

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

 

素晴らしかったですね。

レガソフ、シチェルビナ、ホミュックの三人の絆と友情が切なく映し出され、彼らが命懸けで勝ち得たものの尊さを、改めて噛み締めるような最終回になりました。

なんと今回のエピソードはIMDbレートが驚異の9.9。

この傑作の締めくくりに相応しい、気高さに満ちた最終回だったと思います!

 

今回もネットで知り得た驚愕の情報を交えながら書かせて頂きます。

 

冒頭のシーンが美し過ぎる

事故からほんの12時間前のプリチャピ市には、別世界がありましたね。

笑顔のワシリーやイミュドラ。あの鉄橋に行って命を落とした友人家族・・。子供達。赤ちゃん。

事故さえなければ続くはずの幸せを見せられ、なんとも心が痛む場面でした。

 

ホミュックは架空の人物だった!

なるほど~。

実際は、レガソフは大勢の科学者たちと事故処理対応に当たっていたんですね。

それはそうですよね。

1人であれほどの重要な決断を下し続けるなんて無理でしょうし。

今回はドラマ化にするにあたり、彼らを集約させた人物としてホミュックを創ったそうです。

その手法も結果的にお見事でした。

常に真実を鋭く見つめ、決意を揺るがせなかったホミュックを演じたエミリー・ワトソンは思えば神がかってさえいましたからね。

科学者達の真実を求める熱意と高潔さの象徴だったと考えると納得です。

 

信念を貫き真実を話したレガソフが、その代償として全てを奪われて立ち去る時、遠くで別れを告げていたシチェルビナとホミュックの姿に泣けました・・。

実際には、こうしてレガソフの勇気を称え、共に戦った科学者たちが大勢いたということですね。

それを知ると少し救われる気がします。

 

事故説明が分かり易かった

素人の私でも理解できるほど分かり易く噛み砕き、図や模型で説明してくれたのがありがたかったです。

存在は知ってるけれど、実際には何も知らない・・という原子炉の構造や仕組みについて、これだけ一般に広く説明されたことはなかったかもしれませんね。

(今回はあくまでRMBK炉についてですが)

 

前回も書いた、ホウ素で造られるはずの制御棒の先端に黒鉛が使われていたのは、それが安価だから・・というなんとも残念な理由でした。

 

ザっとですが、結果的に事故の原因と思われる事柄についてまとめたいと思います。

  1. 所長のブリュハーノフは発電所の建設を予定よりも急がせた。(賞与のためとも言われている。)また、安くあげる為に本来は放射線防護壁にすべき所も普通のコンクリで済ませるなど、手抜き工事も随所にあったのだとか・・。
  2. 完成を急がせたため、完成前に済ませるべきだった安全性テストをしていなかった。
  3. 非常時に電力が落ちた際にも事故が起きないよう、低出力でタービンを回し、非常用電源でも冷却水が途絶えないようにする実験を終わらせる必要があった。
  4. 当日は既に10時間を通常の半分1600メガワットで運転し続けていた為、キセノン(毒)が溜まっている状態だった。
  5. 電力会社からの要望で日中の実験は中止になり、結果として夜のシフトチームが担当することに。彼らは未経験で知識もなかった。
  6. 通常はキャンセルする所を、昇進がかかっていたディアトロフは今夜しかないと決行。
  7. 無理に出力を700に落とす際に、溜まっていたキセノンの影響でさらに出力が落ちる。
  8. 慌てて上げようとしたが、今度は突然出力が上昇。
  9. コントロールが効かなくなりAZ5ボタンで緊急停止を試みるも、制御棒を一気に挿入したことで黒鉛が核反応を促進。爆発。
  10. この原子炉の欠陥については政府が10年前から隠蔽していた。

 

という流れだったと思います。

これほどの個人の私欲や国の嘘といった要素が絡みに絡み、最悪な結果を生むことになったとは・・。

 

もちろん無理な実験を強行したディアトロフ、ブリュハーノフ、フォーミンの罪は重いでしょう。

強制労働収容所での10年なんて軽すぎる・・!

 

ちなみに裁判の進行役の俳優さんは「GOT」のルース・ボルトン役マイケル・マケルハットンでした。

 

横暴なディアトロフが行った実験の様子が酷い

よくまぁ、しゃーしゃーと「トイレに行っていた」なんて言えますよ。

ディアトロフの低俗な人間性がよく分るシーンでしたけど、あれほど明確に機関室での様子が再現できたのも、死の直前に語ってくれたアキーモフとトプトゥーノフのおかげでしょう。

 

「指示通りにやらないなら首だ」と脅しをかけられながらディアトロフの命に従う彼らは見ていて本当に辛かったです。

 

それがどれほど危険であるかは経験4か月のトプトゥーノフだけでなく、経験豊かな原子炉運転当直の班長アキーモフは痛い程知っていたはずですから・・。

命懸けで排水バルブを開けに行ったのも、死の床で苦痛に悶えながら証言を残してくれたのは、その責任の重さを痛切に感じていたからからに違いありません。

本当に責を負うべき人間ディアトロフは証言を拒み、裁判では身の保身の為に「トイレに行っていた」ですからね。言葉も出ません。

 

彼はこの事故で失われた命について考えることはなかったのでしょうか。

この事故の被害拡大を防ぐ為に命を懸けた尊い命は数えきれないほど。

次に、ドラマに登場した人々の運命についてまとめてみたいと思います。

 

事故後の犠牲者と生き延びた人々

レガソフは事故日の2年後、回想録を残して自殺。

その回想録は科学界に広く知れ渡り、結果的にRMBK炉の改良に繋がったそうです。

 

シチェルビナは裁判の際にはもう余命は1年と語っていましたが実際には事故から4年と4か月後に亡くなりました。

シチェルビナは右。恐らく左はレガソフかと・・。気心の知れた2人の関係が垣間見れるいい写真。

 

直接的に事故を引き起こしたディアトロフは1995年に病死。

最後までその責任を認めることはなかったようです。

 

リュドミラはその後、男の子を授かり、現在は20代の息子さんとキエフで暮らしているそう。

こちらは、ワシリーのお墓にお参りするリュドミラさん。元気そうでよかった。

(真ん中あたりにあるメガネのお墓はアキーモフのように見えますね。)

彼女のインタビューを読んだんですけど、やはり壮絶でした・・。

 

ワシリーは実際には骨髄移植を受けていたようですが、失敗。

彼女は最後まで夫が生還すると信じて見守っていたそうです。

またその時既に、赤ちゃんについては医師から諦めるようにと言われていたことも語っていました。

心臓に欠陥があった為に数日で亡くなったそうですが、なんとこの赤ちゃんまで放射線を封じ込める為にコンクリで覆われて埋葬されたそうです。

なんて悲しい事実。

 

それから、1か月間昼夜を問わず働いた400人の炭鉱夫達ですが、その内の100人が40才になる前に亡くなったというのもやり切れない・・。

炭鉱夫としての誇りを胸に、死力を尽くして働く姿には胸を打たれました。

 

また、残念ながら鉄橋に集まった人々は全員亡くなったそうです・・。

 

辛い報告が続きますが・・、

はい!でもここからが奇跡です!!

 

高濃度放射能に汚染された水に漬かりながらバルブを開ける任務を成功させた勇敢な3名はなんと全員が生き延びたそう!

その内2名は現在も存命なのだとか。

レガソフもここだけは間違っていてくれました。

 

あの1話の彼も生き延びた!

さらにですが、第1話で勇気ある行動で強烈な印象を残したこの方を覚えているでしょうか?

負傷した同僚を担ぎ、素手で炉心への扉を開け、全身で抑えて負傷していた大男ユフチェンコ。

「手遅れだ」とタバコをふかしていましたが、なんと彼は奇跡的な生還を果たしたそうです!

ガーディアンの「いかに私はチェルノブイリを生き延びたか」という記事では2004年に42歳になったユフチェンコがインタビュー記事が読めます。

「当時若干24歳だった彼は、炉心への扉を開け、肩で支えた。

その時一緒にいた同僚3人は全員2週間で死亡。

天井はなく空が見えて美しかった。大量に吐き続けて喉が猛烈に痛かった。」

とありますので、あのユフチェンコで間違いないと思います。

また同じくガーディアン紙の2006年の記事にもインタビューがありました。

残念ながら2008年に亡くなったそうですが、それでも、あの状態を見た私達は当然即死か急性放射能障害で彼らと同じように2週間ほどで亡くなったと思いますよね。

それが、その後も生き続けていたとは・・!

医者も説明がつかないと驚くほどの奇跡だそうです。

 

原子炉を見に行くという同僚達に「炉心はもうない」と言ったにもかかわらず、彼らが見ると主張したことなどもドラマで再現されていた通り。

ドアを全身で支えていた時に左半身が原子炉側だったので、こちら側に大量被ばくをしてしまったそうです。

 

実はですね、偶然ユフチェンコご本人の映像をYou tubeで見つけました。

「なぜチェルノブイリ原発事故が起こったか?」というタイトルの動画で4分割されていますが、そこに当時の様子を語るユフチェンコが出てきます。

このドキュメンタリーのナレーションがイギリスアクセントなので英製作のものだと思いますが、いつできたものかなどのクレジットが見つからず分かりませんでした。

 

4/4の動画には皮膚移植を最初の年に15回繰り返したと語っています。

 

またこの4/4の動画の最後には、亡くなる前のディアトロフも登場し「責任は当局にある。自分には非がない」と主張し続ける姿が映っています。

 

動画1/4 動画2/4 動画3/4

4/4はこちら↓

 

ディアトロフがこれだけ生き延びたことも驚きです。

 

最も心に残ったのは・・

というわけで、見るのが本当に辛かった「チェルノブイリ」も今回で終わり。

とにかく凄かった・・。

やはり今回のドラマで一番強烈に心に焼き付いたのは、自らの命を犠牲にして事故処理に尽力した人々の崇高さ、気高さではないでしょうか。

これが壮絶な歴史を持つウクライナではなく、他の西洋諸国だったらばどうだろう・・と思わず考えてしまいます。

 

そして、やはりこの方!ボリス・シチェルビナ!

 

死期を悟り「私は捨て石にされるほどの男だった・・」と言う彼に対し、

「大勢の従順な愚者の中から、偶然にも唯一の適任者が選ばれた。あなたは最も重要な人物だった。」というレガソフのセリフにはもう号泣・・。

 

小さな青虫を見つめ、「美しいな」と呟くシチェルビナ。

 

生命の尊さを誰よりも知っていた人でした。

 

はい、というわけで以上です。

「チェルノブイリ」は多くの死を語ることで、「生」そのものの奇跡を鮮やかに描き出した素晴らしいドラマでした。

 

チェルノブイリ感想

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

「スターチャンネルEX」を深堀り!&面白いHBO系海外ドラマランキング、ベスト10!アマゾンプライム アニスです。 アマゾンプライムのスターチャンネルEXについて気になっているけれど、実際どんな海外ドラマが見れるのかを知りた...
最高に面白い海外ドラマの決定版!おすすめランキング歴代ベスト50!【2019年更新】 アニスです。海外ドラマを見続け、早30年。(小学生の頃から見てたので) 記憶に残るドラマから最近の傑作まで歴代作品...
海外ドラマを見るならどの動画配信サイトが最強?!Netflix,Amazon,Huluの特徴を徹底解説! アニスです。 海外ドラマを見たいけど、どの動画配信サイトが良いのか分からない! という方の為に、今回はその傾向とオリ...

シチェルビナ役ステラン・スカルスガルドの息子達は海外ドラマで大活躍!↓

へぇ~知らなかった意外な2世俳優!スカルスガルド兄弟がこんなにいた! アニスです。 数日前に海外ドラマNAVIの2世俳優を紹介する記事を見てびっくりしましたので、今日はこの兄弟について少しゴシ...