キャッスル・ロック

「キャッスルロック」第6話のネタバレA感想 悪魔の反撃が始まった??!!

f:id:Annice:20190317143946j:plain

「キャッスルロック」6話のアニスのネタバレ感想です。

怖いよ~!!

比較的静かだった前半戦から一転、いよいよメインキャラ達にも悲劇が見舞われてしまうのか・・?

←アマゾンレンタルこちら



第6話では意外な方向へ展開

最後あれはどうなったの?!ルースお婆ちゃんだけじゃなくて、孫息子が来てたでしょう。

はるばる遠くから、今一番危険な家に!!(本人は大して乗り気じゃないのにさ。)

 

もうヘンリーってどんだけボケてるの?!

あれだけ周囲に異常現象が起きながら、危険を察知するどころか、いまだに何も分かってないという・・。

主人公とは思えない勘の悪さで、イライラを超えて呆れますね。

 

ヘンリーに父の死の真相を伝えるモリー

それでですね、ヘンリー・・、やっぱり記憶がないみたいなんですよ。

誘拐当時の記憶だけじゃなく、それ以前の記憶全部がないみたいです。

しかも、父親に対しての感情も忘れちゃったみたいで、今回、墓を新しい場所に埋葬する時にも丁寧に気持ちを込めてやってましたもんね。

何の記憶もない義理の父親に対して、「よく覚えていないけど、俺は父を愛していたに違いない。」という思い込みだけでこうした行動を取っているのでしょうかね。

不思議だなぁ・・、ヘンリーって。

 

当然「あなたは父親を憎んでたわ。私たちが一緒になって殺したの」という事実をモリーから聞かされたヘンリーは愕然!!(←こっちが驚くわ)

「頭がどうかしてる!」(←オマエがだ)

とモリーに暴言を吐いて立ち去ってしまいました。

 

この辺がよく理解できないんですよね。

自分に記憶がないなら、普通は余計に色々教えて欲しいと思うだろうし、当時のどんな細かい情報も有難く受け止めると思うんですよね。

自分がどんな様子だったかも含めて、私だったらモリーに食いついてでも色々教えてもらうのにな~。

何度も言うけど、本当に優秀な弁護士なの?

 

森で新キャラに出会うヘンリー

なんだか変な方向に行き出してますね・・。

ちょっと怪しい雲行きだわ。ここに来て、オカルト系に行っちゃうのかしら。

 

耳の聞こえない男性オーディンとその通訳兼弟子のウィリーに出会ったヘンリーは、昔から父を知っているというオーディンから不思議な話を聞きます。

スキスマという「神の声」が聞こえる人がいるそうで、それは一見耳鳴りのようでもあると・・。

いつもの如く、ポカンとしたままのヘンリーですが(「自分にも聞こえる!」とか言わないのよね、この人)、そのまま強引にトレイラーのある装置に入れられてしまいます。

そこは音が完全に遮断される場所で、スキスマだけが聞こえるようになるとか。

さて、ヘンリーは一体何を聞くのか・・。

膨大な映像に圧倒されてましたけど、幼い時の記憶を取り戻すことができるのか・・!

 

そうそう、ヘンリーの父親ですけど、神父という本来の仕事とは別口で、森の中のカルト系の集団を指揮していたってことでしょうか。

どうもヘンリー少年も連れ立っていたようですね。

当時のビデオに残っていた時の様子を見ると、ちょっと口ぶりが怖そうでしたけど、やっぱり高圧的な父親だったのかな。

 

アランとの約束

「ルースを助けられる」という悪魔くんの言葉を信じ、彼に言われる通り何かを探しに行くアラン元保安官。

 

その際、「時間が彼女の敵なんだ」と不思議なことを言われてましたね。

まぁ、老化による認知症を患ってるルースなので、ある意味それも正解なんですけどね・・。

悪魔くんの意味するのは違うことだと思いますが・・。

 

そして、その探し物とはレイシー元所長が自殺に使った車でした。

なぜこんなものが必要なんだ?

悪魔くんに尋ねるアラン・・。

すると、どうも様子がおかしい・・。え?!血だらけ!!!

 

実は怒ってた悪魔くん!!

これまで感情があるのか、ないのか・・、ぽか~んと不思議な感じだった悪魔くんですが、ようやく感情をあらわにしてきましたよ~!!

実は相当な怒りを溜め込んでいたようです!!

 

アランに対しても「なぜトランクに居た自分を助けなかったのか!」と言ってましたもんね。

やはりあの檻の中に監禁されていた日々は地獄の苦しみだったということか。

いまさらレイシーのモニュメントを作ってどうするつもりだろ?レイシーは死んじゃってますけど、「レイシーに手を貸した人間も・・」っていうことは、彼らも殺すってこと?

 

当然アランも恨んでいるのでしょう!

ルースは家の中で襲われたのか、操られて殺されたのか・・?

 

ただ、不思議なのが悪魔くんも腕を怪我している点ですよね。

これまで周囲の人間を殺す時も、本人が怪我をするような場面はなかったので、以前とは違うことが起きた可能性もあるのかな?

ルースが特別な存在ならば、そうそう簡単に殺られない気もしますけど、でも家の中も荒らされ血だらけでしたしね。

ヘンリーの息子も心配だし、え~、どうなっちゃうの!次回が怖い!!!

 

はぁ、やっぱりなぁ・・。

アランの「ちょっと用事で出かけるが、戻ってきたら一生君を一人にしない。」というセリフが完全にフリになってましたもんね。

あぁ、もう会えないのかしら・・と嫌な予感はしてましたが・・。

大体アランにしても、あんな近くに悪魔くんを放置しておいてルースを心配しなかったのが変だわ~!

 

次は第7話の感想です。↓

「キャッスルロック」第7話のネタバレA感想・解説 ルースとアランの愛の物語 「キャッスルロック」第7話のアニスのネタバレ感想と考察です。 はぁ、難解でしたね・・。 そして、なんとも切なく美しか...