読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ歴20年~。今日も勝手な感想をブツクサ書いてます。

前から気になっていたMR. ROBOT/ミスター・ロボットを1話~3話まで一気見した感想

f:id:Annice:20170325234550j:plain

(途中まではネタバレなしの感想になってます。

後半、ネタバレありの感想になってますが、注意書きがありますのでこれから見る方はそこまでどうぞ。)

 

本国での評価がいいらしい!

前々からアマゾンプライムで気になってたんですよね、このドラマ。

でもタイトルが「ミスター・ロボット」ってことで、しかもこの無機質な顔がドドーンあるので、てっきりこの彼がロボットだと思い込んでました。

あぁロボット物かぁ・・あんまり好きじゃないのよね・・と。

 

でも少し前に何かの記事で読んだんです。

このドラマが意外にもアメリカで高い評価を受けていて、

ゴールデングローブ賞ではなんとゲーム・オブ・スローンズを抑えて作品賞を受賞!

それから主演男優がノミネートで、助演男優のクリスチャン・スレーターが受賞したってこと。

それを知ってがぜん興味がわきましたわ。

しかも内容チラッと見たら全然ロボット関係ないみたいで・・。なんだぁ・・と。

 

でもこのタイトル悪くないですか?

主役のラミ・マレック本人が「『ミスター・ロボット』ってタイトルじゃ、いかにも失敗しそう(だって思った)」とインタビューで答えてますけど本当そうですよね。

スポンサーリンク
 

見たら面白い!エリオットの存在感

で、見てみたらあれまぁ面白いじゃないですか!

1話見て感想書こうかなって思ってましたがつい3話まで一気見しちゃいました。

 

主役エリオットの存在がすごくリアルなんです。

基本的に全編通して彼の独り言が流れるんですけど、これが意外に嫌じゃない。

というか、私みたいな普通の働く主婦にとっても「うんうん、わかるわかる。」と共感できる部分が多くて、現代人の持つ不安や閉塞感を上手く表現してくれてるんです。

それもベタじゃなくて、彼なりの等身大で。

エリオットは一応変わり者という設定で、精神科医に通ってて、不安定で、しかもドラッグやってますけど、それでもある意味まともに感じられちゃうんですよね。

 

むしろ、何かがおかしいのは彼を取り巻く人間や社会全体で、彼だけがまっとうな神経を維持していて、その社会の歪みをもろに受けちゃってる感じなのかなぁ・・と。

 

サイバー攻撃だの、ハッキングだの、バグだの、難しい用語が出ますけど、スーッと見れます。

その辺がドラマ的にすごくわかりやすく、しかも面白く展開してるのと、なにより主人公に感情移入できるというのが見やすいと感じる一番のポイントかもしれませんね。

 

他のキャラもキレキレ

それと他のキャラもなかなかキテます。

特にこれから敵となっていく、大企業側の若きCTOを狙う副社長なんですけど、まぁおかしい!!

ストレス発散のためにホームレスに金払って殴ったり、身重の奥さんいるのに男漁りに出かけたり、その相手の携帯に何か仕掛けていたり・・。

しかもその奥さんもちょっとおかしくて、お腹大きいのにSMプレイを要求したりで、もう怖いですわ。

夫婦間のスウェーデン語も何なら怖く聞こえます。

前振りでこれですから、今後エリオット側との戦いでどれだけキレまくってくれるのか、期待できそうです。

 

Mr.Robot役のクリスチャン・スレイターもいいですね~。

本当に久しぶりに見ました。

若いころは出演映画を片っ端から見てましたけど、いいオヤジになってましたね。

でもまだ今年47歳だったっていうのでビックリ!

子役からやってる人なので、出演作が多すぎてもっと年上かと勘違いしてましたわ。

含みがある頼りがいのあるオヤジっていう感じで、変に気負って怪しい雰囲気を出したりしてないのがいいですね。(役柄は怪しいのに)で、それがまた興味を掻き立てます。

彼の無謀な企みに、どれほどの正義があるのだろうかって。

 

じゃ、これからネタバレ感想になります~。

 

 このドラマのテーマはたぶん

1話の最後にこのドラマのテーマが「富の再分配」だということがわかります。

最近本当によく聞きますよね。

1%の富裕層が世界の富の半分を所持しているとか、残りの者は不当な搾取をされている・・とか、資本主義の行き詰まり、矛盾、格差問題。

そんな話。

私は賢くないので、ぼんやりとしかわかりませんけど、このテーマはうちの旦那(欧州人)がよく興奮気味に話してますわ。

ふーん、ふん、ふん・・と聞き流してますけど。笑

でも、少し前にスイスで国民全員に一律の金額を支払う(毎月30万!)っていうベイシックインカムの法案が国民投票で否決されましたけど、それもあって今世界中で注目の政策ですよね。

 

でまぁ、富の再分配というのがこのドラマの扱いたいことだっていうのはわかりました。

そこをもっとエモーショナルにするために、エリオットの父親が大企業の汚染物質で白血病になり死んだ・・・というエピソードがありますけど、要はわずかな数の巨大企業が世界のすべてを支配する状況に警鐘を鳴らしていているのだと思います。

 

エリオットがどれだけその現実と、Fソサエティの企てが意味するものを正確に捉えているのかはわかりませんが、見る者をぐっと引き寄せる新しいテーマだと思いました。

 

印象的なシーンは

あと興味深かったエピソードで言えば、父親を亡くした経緯について話し終わったエリオットをMr.Robotが海に突き落とすシーンですかね。

その行動を父親の取った行動とダブらせることで癒していくっていう、彼なりのセラピーなんでしょうか。

バーでMr.Robotがそのことを素直に謝るんですけど、そこでエリオットの表情が少し変わるんですよね。

父親から聞きたくても聞けなかった言葉をついに聞けた・・っていうことでしょうか。

深読みしすぎですかね?

 

それと全然話変わりますけど、ちょっと個人的に気になるのが、幼馴染のアンジェラのメイクがひと昔前に流行ったヤマンバギャルみたいだなぁ・・ってことでしょうか。

 

私的にはシェイラが好きですね。

ドラッグ売ってるのに、エリオットの体を心配したり、誰にも秘密でキルトみたいなのを手作りしてたり、かわいいです。

2人がなんとなく付き合い出しましたけど、これってどこまで続くものなんでしょうかね。

エリオットが仮想的「普通な僕ってどんな感じ?」を実験している時の告白なので、どこまで本気かわかりませんでした。

 

と言う訳で、感想はこんな感じですかね。

 

最近アマゾンでシーズン2が配信されたらしいので、これから見ていくのが楽しみです!