アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。Netflix、Hulu、アマゾンを中心に感想・考察書いてます。

「THIS IS US 36歳、これから」第11話の感想 ここはあなたの家!(ネタバレ)

f:id:Annice:20171218103427j:plain

あら、トビー普通に助かってましたね・・。ホッ、よかった。

ただでさえケイトは悲観主義者で、胃の手術だけでもシリアスモードなのに、これ以上暗い顔になったらドラマが重くなり過ぎるわ。

f:id:Annice:20180930192358j:plain←アマゾンプライムでシーズン1が見放題。

 

心臓手術をするトビー

手術を子供のように怖がっていたトビーですが、ケイトに怒られて心を決めたようです。

そしてどさくさに紛れて「I love you」が飛び出し、ケイトもそれに応え、なんとなんと「結婚!!」の話まで!

へ~!結婚するの??ちょっと、早過ぎない?数日前までは別れてたのに。

 

でもこのおじさん、仕事何してるんですかね?

さすがに今はクリスマス休暇中としても、私生活が全然見えてこないのが不思議です。(そんな興味もないけど)

結婚となったら普通にNYに越してきそうですね。

大丈夫なのかな?実はすごい資産家だった・・とかだったら一気にトビーの魅力増しちゃうけど。(そんな訳ないか。)

スポンサーリンク
 

子供は三つ子!

今回はレベッカが妊娠中、三つ子だと知らされる場面がありました。

ショックを受けるレベッカとジャック。

わかりますよー。わかります。

実際に妊娠してみると、子供を一人迎える重さだけでも相当なものなのに、それが一気に三人となってはね・・。

しかも金銭的な余裕がない・・!

密かに号泣のレベッカの気持ちもわかるわぁ・・。

 

でもレベッカの実家は相当お金持ちのようですよね。

何で少し助けてもらわないのかな?

あんな高飛車な母親と同居する、なんてハードルの高いことしなくても、あの母が今してる指輪を一つ貰うとか、出産祝いをちょっと多めに(普通の100倍位)貰うとかだけで助かるのにね。

 

代わりにジャックが自分の不仲の父親に頭を下げに行き、少し貸してもらったようです。

でもなぜ、結婚指輪を外してまで、レベッカや子供の存在を隠してたんだろ。

ダメ親父とはいえ、孫ができるとなったら変わる人も多いでしょうにね。

そんなに危険な人物なのかな?

それともこれまでの母に対しての仕打ちが許せずに、心を開かないことに決めたのか。

でもまぁ、変な闇金業者に手を出すよりは安心だけどね。

 

ピアソン家、家を買う

そんなこんなで、ジャック!思い切って家を買いました!

ちょうどいいのがあったじゃないの~。

あれ、上司も「金食い虫でどうしようもない家」と言ってたので、建設途中のまま安く買い取ったんでしょうね。

「まだ半年あるから大丈夫!」と言ってたので、後はジャックが自分で仕上げるんでしょうか。大変だけど楽しそう。

レベッカもご満悦で、一気に夢見心地の妊婦に大変身でした~。

 

お馬鹿ケビンがやってもーた

ゲゲ!またあのオリヴィアが帰ってきた!(あの所々長い毛があるボブカットはなに?お洒落なの?それとも自分で切ったから?)

帰らんでいいって~。

あんなもん、舞台に顔見せに来た段階で「お前に用はない!」って言って欲しかったわ。

しかも、ケビンたらよりによって、

「時には正しいことを選ばなくちゃね。例えそれが自分の気持ちと違っていても。

って、最後のその余計な一言は何?!!

スローンも聞いてるところで、わかりやす~く「本当はオリヴィアの方がいい」、って言っちゃったも同然でしょ?

アホだわぁ・・。

なんだかんだ美人で性格ブスのオリヴィアにやられてるのね。

スローンのことは「図書館のセクシー司書みたい」って言ってたけど(確かにすごい巨乳!)それ以上の魅力も早く見つけてあげないと手遅れになりそう。

って、もう手遅れか・・。

 

にしても、女優をどっちにするかってなぜケビンに決定権があるの?

普通は演出家が決めそうだけど。

「ケビンの演技も自然になった!」って絶賛してましたけど、あの棒読みの吹き替えじゃこちらは実感できないよー。

スポンサーリンク
 

ウィリアムとランダルの気持ち

最近ジェシーと出かけてばかりで、自分たちと過ごしてくれない父にランダルは少し寂しいものを感じているよう。

おまけにゲイと分かってから、複雑な思いはさらに複雑に・・。

当のウィリアムは、「私は昔から男女両方、恋愛対象さ。芸術家たるもの」云々と、誇らしげに言ってましたね。

ランダル、本当に純粋で可愛いなぁ・・。奥さんのベスもいいキャラで、この2人は相性も抜群ですね。(演じる2人が絶妙過ぎ!)

ジェシーと仲良くなろうと頑張ったりしましたが、結局はウィリアムに直接話をしてみました。

 

すると、辛い面持ちでウィリアムが話し出します。

最近体調がますます悪くなり、癌が暴れ出すのを感じているとのこと。

ジェシーとは終末医療のための施設探しをしていたそうです。

そして、「抗がん剤治療はもうやめたい」と・・。

はぁ、ウィリアム・・。体も辛い状況でそこまで考えていたのね。

面倒をかけたくないと、家族にはできない相談をジェシーにしてきた気持ちもわかります。

抗がん剤治療にしても、きっともっと前から止めたかったでしょうに、ランダルのために続けていたのかな。

 

でも「この家はあなたの家だ。最期を迎えるのもここだ。僕たちが面倒を見る!」と言い切ったランダルが素晴らしい!!

生半可な気持ちではできない決断。

家族一丸での終末介護になるかと思いますが、ベスもきっとそれは前から分かってるはず。

見守る私たちにとっても辛い時期になるかと思いますが、ランダルとベスの絆とユーモア精神でなんとか乗り切って欲しいです!

そしてウィリアムが家族とジェシーに囲まれて、この家で心穏やかに最後の日々を送れますように。

あ、ケビンはどうせ邪魔なだけだから、そろそろ出て行ってもらってもいいかもね。