アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。Netflix、Hulu、アマゾンを中心に感想・考察書いてます。

「オザークへようこそ」シーズン2も失速感なし!!最終10話まで見た感想(ネタバレ)

f:id:Annice:20180905105416j:plain

Netflixの「オザークへようこそ」シーズン2を見終わりました。

うーん、凄かったですね~、今回も。

バイオレントなテイストとスピード感もそのままで、語り口もシャープに斜め目線!

相変わらずあの狭い田舎町でゴチャゴチャやっているというのに、山場を幾つも用意して次から次へと衝撃展開が押し寄せる・・。

うーん、「オザーク」やりよるなぁ・・。

スポンサーリンク
 

 

なぜこんなに面白い?!

実はこのドラマに関してはシーズン2は1ほど面白くないかもなぁ・・と勝手ながら心配していました。

だってほら、シーズン1はまず普通の人々がカルテルに巻き込まれていくという「変化の面白さ」があったし、怯えながらも最終的には現実を見据えて戦っていく度胸と手段を手に入れ、家族の絆を再構築するまでの過程が見どころでしたいよね。

ところがシーズン2に関して言えば、その根本的な変化がない環境での新たな10話。

どうやって劇的に話を続けていくんだろ・・。と見る前はちょっと気になってたんですよね。

 

ところが、その部分に関しては「キャラの掘り下げ」という角度から攻めることで、一つ一つの出来事をただのバタバタにせず、緊張感と関心を持って見せることに成功していたと思います。

もちろんそれにはキャスト陣の演技がついてこないと全く面白くなりませんけど、こちらも素晴らしかったです!

 

ウォルターに当たるのはウェンディだった!!

まず訂正が一つありまして・・。

前回のシーズン1の後に書いた「ブレイキング・バッド」との比較考察記事の中で、「このドラマでウォルターにあたるのはルース」、なんて適当なことを書いちゃったんですが、これがとんだ間違いでしたね。

なんとなんと、ウォルター並みに覚醒してこの究極的状況を楽しみ出したのはウェンディの方でした!!

うわ~、怖いよー。カルテルを操り人を殺しておきながら、己の道を見つけちゃったよ~。

 

そもそもシーズン1の冒頭でのウェンディは自分を見失い、鬱になったり、不倫に走ったりしてましたよね。

彼女の能力を生かせる環境が見つからず道に迷っているようでした。

それが、旦那が持ち込んだ窮地の中で必死に生き抜いていくうちに、政治的手腕や駆け引きで抜きんでた能力を証明し始めます。

最後は目標としていたカジノを実現させ、カルテルお抱えの女弁護士に褒められるまでに!

「は~、気持ちいい~!アタシこの道で生きていけそう!」と生き生きし出したウェンディにとって、ゴールドコーストはもう遠い現実味のない場所。

どうやらシーズン3もこのオザークで続行のようです。

 

少しずつ感情が見えてきたマーティ

このシーズン2はウェンディの独壇場で、一人活躍しまくってましたけど、夫マーティはイマイチの存在感でしたね。

相変わらずマイペースで無表情、他人には大した興味も示さず、やるべきことを淡々とこなすだけ・・。

そんなマーティですが、ホテルの女主人レイチェルの身の破滅に関しては相当責任を感じている様子でしたし、神父メイソンを殺してしまった後にはパニック発作を起こすなど、感情の防波堤が少しずつ崩壊しつつありますね。

これまで盤石のパートナーだったウェンディとも少しずつすれ違いが出てきているし、(「話す時間がなかった」とお互い言いながら)、メイソンの赤ちゃんを鬼女ダーリーンに渡すという苦渋の選択はかなり辛そうで、今後もこの決断には苦しめられそう。

 

この先、殺人をも厭わなくなった妻についていけるのか・・?

悪人にはなり切れそうにない彼は現在大きくウェンディに後れを取っていますけど、このまま妻に追随する形でただただ命を繋ぐ日々を続けていけるのか?

「力」の味を占め、鋭気を養いまくっているウェンディとは違って途中でガス欠になりそうな予感大ですけど、シーズン3でのマーティの変化にも期待したいと思います!

 

スネル夫妻にも若い頃はあったのね

本当、夫婦って不思議なものですよねぇ・・。

あんな女でもジェイコブにとっては40年前から愛し続ける唯一の女性だそうです。

最後、ダーリーンを殺そうとしているのを見破られ、逆に毒殺されちゃったジェイコブですけど、「お前にはかなわない!」って嬉しそうに笑ってましたもんね。

究極のM男だったんでしょうか・・。

 

それにしても、ダーリーンはなんでドラッグに毒を混入させたのかなぁ・・。

あの瞬間はカルテルに復讐してる気だったんでしょうけどね。

それとあの年で「赤ちゃんから育てたい!」って、アンタ一体何歳まで生きるつもり!?お願いだから、夜泣きがうるさい!ってキレたりしないでね・・。怖いわぁ。怖すぎる・・。

当然ウェンディは赤ちゃん奪還に乗り出すでしょうし、シーズン3の見せ場になりそうですね。

 

バディが素敵過ぎる

あのバディ役の俳優さんハリス・ユーリンが最高でしたね。

もちろんバディというキャラも魅力的でしたけど、あの役を軽いタッチの爺さんが演じると全然印象が変わって面白くなさそう。

本当、正体不明で謎めいてましたもんね・・。最期には思いっきり自由を謳歌しながら、いい死に方してましたね。

ジョナと心を通じさせて、一体どんな話をしていたのかな。

誰にも明かさない2人だけの秘密があるそうですけど、気になる~。

今後その秘密がどんでん返し的な仕掛けになったりして・・。

ちなみに、バディが死んだあとのあの家は誰の所有になるんだろ・・。遺産とかもなかったのかな?

スポンサーリンク
 

 

ルースは揺れに揺れた

シーズン2はウェンディに次いで一層頑張ってましたね。(ジュリア・ガーナーは引き続き好演!!)

ダメ親父をあんなに愛してるのに、ありとあらゆる形で裏切られまくって目も当てられなかったし、カルテルからの拷問ではさすがのルースもくじけそうになってしまった・・。

そして唯一希望を託し愛している肉親、ワイアットとの間には決定的な亀裂が入ってしまったし、あぁ、もう彼女が頼りにしていけるのはバード夫妻しかないのかぁ・・。

と思っていたところで、最後には父親をウェンディに殺されてしまった・・。

愛する父を殺されたことは、この先バード夫妻との大きなしこりになっていくこと間違いないでしょうね。

もしかしたらルースはウェンディに対し復讐を考えるかも。

 

だから、どうしてあの父親の死体と車を処分しなかったのよ~?!!

それさえしておけば、ルースはこの先一生父親はどこかで生きているものだと思い込んでいただろうし、悲しむこともなかったのに。

賢い彼女のことだから、これがウェンディやカルテルの仕業だったことなんてすぐ見抜きそうですからね・・。

マーティの大事な片腕の信用を、最悪な形で奪ってしまったのは何とももったいない・・!

ただ、彼女の未来にとってマーティという存在が大事な要素であることは分かっているはずですからね。

その苦渋の決断に「許し」が含まれるのかどうか・・。

シーズン3での彼女の動向が気になります。

 

エンディングが物足りない?!

最終話のエンディングの衝撃度が少し足りない気はしましたけど、現実味のあるラストで私はなかなか面白かったと思います。

父親の死体を隠さなかった部分だけアホで悔しいけど、ウェンディの豹変ぶりが見え出したことやゴールドコーストが消えたことは割と説得力あったしね。

 

ちなみに最後に地元ギャングたちが爆破していたのは、マーティが使っていたオフィスですよね。

あの時点では誰もいなかったと思うので、被害者はなかったと思いたいですけど、まぁ脅しとしては相当怖いです・・。

ただ、化けて来たウェンディにとっては大した脅威でもないらしく、カルテルを使ってどうにでもなるようなこと言ってましたね。

あぁ、怖い!ウェンディとマーティがどんな関係に変化していくんだろ・・。

シーズン3も楽しみに待ちたいと思います!!