ハンドメイズ・テイル

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」シーズン3最終13話のネタバレA感想/考察 いざ決行!?

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」シーズン3最終回、アニスのネタバレ感想・考察・あらすじです。

ハンドメイズテイル全感想

S1感想一覧 S2感想一覧 S3:1、2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9、10話 11話 12話 最終13話

ふ~~~む、なるほど~~~!!!

面白かった~!

 

でも脱出劇に関しては意外にすんなりでしたね。

心配していたリタも無事カナダに到着できたし、言うことなし!

 

とはいえ、多少疑問を感じる部分もあったので色々突っ込んでみています。

 

ではまた一つずつ振り返ってみたいと思います。

 

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」S3最終回話のネタバレ感想/考察

あれ?ローレンスは気付いてなかった??

あれれ?

ジューンがエレノアを見殺しにした事実に気付いたローレンスとひと悶着あるかと思ってましたんですけど、どういうこと?

前回のあの表情はなんだったの?

気が付いたわけじゃなかった?

それとも気が付いたけど、ジューンの状況を理解して許したの?

その辺がよく分かりませんでしたけど、なんだかあっさりしていて肩透かし・・。

私はてっきりジューンと敵対しながらも、最後の土壇場ではドラマチックな演出があり、

憎いね~!ローレンスも!やるときゃやるね~!的な山場があると期待してたんですけどね・・。

 

あれだけ一筋縄ではいかない謎の男を匂わせておきながら最後は可愛いもんでした。

 

中止を要求するローレンスでしたが、ジューンに「あたしが決めるのよ。」と言われると

 

と粋がっただけで、それ以上はなし・・。

結局作戦は決行。

 

そして次に登場する場面では、あれま・・、すっかり子供たちのいいお爺ちゃんに変身・・。

 

 

どういうこと~?!

 

そして、ローレンスは「妻もそう願ってるだろう」と、ギリアドに残り自分の罪を償っていくことを決めるのでした。

 

波乱の出来事は一つだけ・・

あのレキシントンから遥々来た少女と女中はなんだったの?

情報を中途半端に聞きかじって来たんでしょうね。

しかも、彼女の母親に飲ませたはずの睡眠薬の量が不十分だったとかで母親に気づかれ、一斉捜査が開始されてしまいました。

 

なるほどね~。

女中たちはどうやって突然子供を連れ出すのかと思ってましたけど、用意した食事か何かに睡眠薬を隠し入れて親を眠らせるという作戦だったみたいです。

(ただ、翌朝とかに起きたら普通に女中の仕業だとバレるんじゃないかな?)

 

そんなこんなで町中に守護者があふれ、身動きが取れなくなったジューンご一行・・。

仕方ないので、森を歩いて飛行場まで行くことにしたらしいです。

 

え?!飛行場まで森を通って行けるの!

なんて素晴らしい!

8キロって言ってましたけど、森だけ通ってたどり着けるなら完璧じゃないですか!(ちょっと都合良すぎ??)

ただ、子供の脚だと二時間位かかるかもですね。

しかも、あんな分かりやすくシーツの切れ端を木に結んで目印にするって、後でバレたら大変だからちゃんと回収したんでしょうね?

 

この集団逃避行については意外なほどあっけなかった気がするんですけど、どうでしょうか?(11話のウィンズロウ編の方が盛り上がったような。)

もう少し危機感を煽る演出でもよかった気がしますけど、最後のジューンとその仲間たちのファイトが見せ場だったのかな。

 

でも守護者は一人しかいなかったし、あそこはジューンが銃をもって忍び寄り・・じゃダメだったの?

なにも撃たれるまで待たなくても・・って思っちゃったんですけど、やっぱりライフル銃を持つ相手には勝てないかな。銃の訓練もしてない素人だし・・。

 

そして、ジューンは自分が犠牲になる形で森の中まで男をおびき寄せ、撃たれて倒れ、油断させたところでバーン!と一発!

男に無線で「異常なし」と連絡させると、トドメを刺すのでした。

 

動けなくなるジューン・・。

夜が明け始めると仲間たちがジューンを発見し、全員で彼女を運んでいましたね。

脇腹を撃たれたようですけど、大丈夫でしょうか?

 

心配なのはジューンもそうですけど、危険を冒して子供たちを誘拐した女中や侍女たちですよ。

司令官の偽両親だってさすがに自分たちが睡眠薬を盛られたことくらい気が付くんじゃないですか?

そしたら女中が疑われそうですけど、どうやってそこを繕うんだろ。

しかも連れ出した女中たち全員が無事に切り抜けられないとダメですよね。

一人でも疑われたらそこから口を割らされ関与した女中、侍女たち全員が処刑されちゃうでしょうし。

 

さて、ジューンはあのままローレンス家に運ばれて手当を受けるのかな。

でもあの傷だとしばらくは動けそうにないけど、どうやってリディア婆にバレないようにするんだろ。

今はパートナーがいない状態なので、買い物に行かなくてもよさそうですけど(基本は女中の仕事だし)、侍女たちの集合命令がかかったらおしまいですね。

まぁ、その辺はまた次のシーズンの見どころになってきそうです。

 

あの懲りない夫婦も・・

最終回なので彼らを無視するわけにもいかないでしょう。

さすがにウォーターフォードも降参したのか、大人しく聞き取りに協力している様子。

だけど、やっぱりセリーナは許さないようで・・。

裏切られた男の恨みは怖い~。

もういいじゃんね。愛した女を自由にしておやり・・と思う私は甘いのかな。

 

そして、免責もらってご機嫌だったセリーナにもついに天罰が下るのでした・・。

 

ニコールとも今度こそお別れ・・?

 

それにしても、こんな中途半端な免責条項があるんですねぇ。

普通は一切合切の罪を免責してこそ、取引の意味があると思うんですが。

まぁレイプを強要させた罪ならそんなに重くもないのかな?

いずれにしても、新居を探したり、ニコールとの新生活は、遠い彼方の幻想となり飛んでいきました・・。

 

待ち構えるカナダでは!

さすがにこのシーンは感動でした~!

「パパ!!」

 

前の世界を覚えてないと言ってたレベッカちゃんですが、パパのことは忘れてなかったみたいです!

よかった~。

ハンナを期待していたルークは辛そうでしたけど、まだまだ~!

いずれジューンが奪還する日が来るでしょうから、もう少しの辛抱ですね。

 

子供達は連れ出されて平気なの?

実は私が今回のエピソードで一番不思議だったのがこの子供達のことなんです。

だって、ギリアドになってからもう何年でしたっけ?少なくとも4,5年は経ってるんでしたっけ?

そしたら例えば6、7歳くらいの子の場合、本当の親よりもギリアドの親の方が長いわけだし、2,3歳までの記憶なんて消えちゃってる可能性もありますよね。

ジューンの娘ハンナも今の両親と幸せそうだし、あのDCのウィンズロウ家なんてこんな感じでしたよ?

ウィンズロウパパ大人気!

 

この子たちに、「今のパパとママを残してカナダに逃げよう!」と言っても付いて来ますかね?

だってね、あのレベッカちゃんのように運よくカナダに本当の親がいる場合は別ですよ?その場合は本人だって揺れるものがあるでしょう。

でも、この子供達は全員、侍女や女中、コロニー送りになった親から引き離された子達でしょ?

ということは本当の親はほぼギリアドにいるか、運が悪ければ死んでいる可能性もあるわけで・・。

 

ギリアドの両親の家で幸せなら、今回のように女中に付いていく理由がありますか?

しかも、今の親に睡眠薬を飲ませたり、殺したりって子供達が納得するのかなぁ・・。

あの年齢の子にとって4年以上親だったら、もうそれは親でしょう

どうもそこが納得いかなかったんですよね。

どうやって説得したんだろか。

 

恐らくそこを補足説明する為のくだりとしてレベッカとジューンの会話があったと思うんですが、ぶっちゃけ今の両親を捨てる理由に、漠然とした「自由」とか「好きな服が着れるから」って子供にとって大事ですかね?

置いてきたギリアド両親のことを子供達が口にしないのが不思議。

 

今後ジューンにハンナを連れ出すチャンスが巡ってくるにしても、そこが一つ問題になってくる気がします。

 

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」S4はどうなる?!

私が想像するシーズン4のメイントピックはこんな感じでしょうか。

  1. 負傷したジューンの生き残り作戦(どうやって誤魔化す?それとも地下に隠れる?)
  2. 復活したジューンはハンナの奪還作戦に!?
  3. 現在シカゴで指揮を執っているニックの正体に迫る!(一体誰なの?!)
  4. ウォーターフォード夫妻の牢獄生活をのんびり鑑賞(ジタバタしてね~)
  5. カナダ組も引き続き頑張れ~!(リタが加わったよ。)
  6. ジューンにチャンスがあれば、本格的なレジスタンスも仕切る?(ギリアドをぶっ潰せ~)

 

どうですかね?

ジューンがギリアドに残った理由はハンナですけど、ハンナ奪還だけでは済まないような気もします。

それこそレジスタンスのリーダーにまで格上げされたら、娘だけ連れて「はい、皆さん、さよなら~」では済まないでしょうし、ニックと血みどろの戦いを繰り広げる可能性もありますよね。(敵味方どっちかは分からない。)

その際、ローレンスがどこまで協力するのか、それとも今回で消えるのか・・。

 

正直な感想を言ってしまうとシーズン3はS1と2に比べて若干トーンダウンした部分があるような気がします。

それをグイっと緊張感の高いレベルに引き戻すには、シーズン4を完全な戦闘モードにするしかない気がするんですけど、どうでしょうか?

シカゴでは現在も壮絶な銃撃戦が行われてるんですよね。

レジスタンス軍が勢力を増していけば方々で戦闘が始まる可能性もあるし、その辺も期待したいところです。

(製作費が大分かかりそうだけど・・)

 

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」S3のアメリカ評価は

ロッテン・トマトの評価を見るとこんな感じ。

批評家 一般
シーズン1 94% 91%
シーズン2 89% 81%
シーズン3 82% 58%

 

うわ、批評家評が徐々に下がっているのは予想の範囲内でしたけど、一般評のS3の58%というのは驚き!!

コメントを読むと、

「S2までは完全な恐怖国家だったギリアドがS3になるとジョークみたいな描かれ方になってる。」

ですとか

「主役の行動が酷すぎる!共感できない!」などのジューンに対する違和感が不評の原因みたいです。

 

確かに私もジューンに関しては「これ、ファンの人達も付いてこれるのかな・・」と心配する部分もありました。

ウィンズロウ殺しにしても、殺す前にしっかり笑ってましたからね。

普通に引く人も多いと思います。(私は痛快~!でしたけど。)

 

それにドラマですからね。予算的にもギリアドの大規模国家として見せるには限界があるでしょう。

どうしても狭い世界のこととして感じられるのは仕方ないのかな・・。

あと、嘘みたいな偶然が多すぎるのも安っぽく感じる要因の一つになってます。

 

そんなこんなで色々見逃がしていくべき点はありますが、私はまだまだ行ってくれると思ってますよ!

またシーズン4に期待です!

Huluオリジナルの最新海外ドラマをご紹介!日本のHuluでも見たいです! アニスです。 かれこれ5年くらいHulu会員を続けてきましたが、この頃どうしても願わずにはいられないのがコレ。 ...

アニスのツイッターこちらです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください