ビッグ・リトル・ライズ

「ビッグ・リトル・ライズ」シーズン2 各話のネタバレA感想/考察/解説(1,2話)嘘が招く波紋とは・・

「ビッグ・リトル・ライズ」シーズン2、アニスのネタバレA感想です。毎週、感想追加中!

さて、やってきました超話題のママドラマのシーズン2!

既にハリウッドの主役級が3人いる中に、今回は大御所メリル・ストリープが参戦!ということで、女達の恐ろしいバトルが展開されて行きそうですね。

毎週感想を追加していきます~!

ビッグ・リトル・ライズ全感想

S1全感想 S1:第1、2話はこの下です 第3、4話    

 

アマゾンプライムのスターチャンネルEXで見れます↓

スターチャンネルEXの魅力とは>>



第1話のネタバレ感想

メリル・ストリープはセレステの姑!

おっそろしいわ~。

あのモンスター息子を育て上げた母ココにあり・・。

静かな口調ながら、独善的で高圧的で絶対に姑に持ちたくないタイプの女性です。

それをまぁ、メリル・ストリープが貫禄たっぷりに演じてますよ。

脚本の段階から彼女を想定して書かれていたそうですので、ぴったりと言うか、他にあの姑を演じられる女優さんが思い浮かばない程ですね。

 

セレステも息苦しさを感じながらも、息子達は懐いてるし、働く母としては家事や子育てヘルプは嬉しいし・・、といった微妙なところ。

だけど、近くに引っ越してこられるのはちょっと嫌だなぁ・・。

 

その姑は息子を失った悲しみをセレステや孫たちとも共有したいようでしたけど、セレステがどうも違うテンションなのに納得できてない様子でしたね。

これは、いつかは息子が何をしてきたのかを話す必要があるのかな・・。

心優しいセレステには今のところは無理でしょうけど、息子の素晴らしさを毎日聞かされるのも辛いでしょうね・・。

彼女が持ってる罪悪感にも拍車を掛けそうですし・・。

 

エドがスーパーで会ったトリーって誰?

皆さん、覚えているでしょうか。

私はすっかり忘れてましたのでS1をチェックし直したら出てましたよ!

 

マデリンが不倫した舞台監督の暗~い妻でした!

どうも2人の関係を知っているようで、マデリンに「夫と不倫してたのは、あなたでしょ?」と迫っていました。(6話)

その時マデリンはしらを切ったものの、最終回の仮装パーティで会った時には遠くからじ~~~っと視線を送って負のオーラを漂わせていた女です。

 

そんなトリーさんが、今回は豊胸と鼻をお直ししたという設定で再登場!

エドは一瞬誰だか気付いてませんでしたけど、顔が変わったというより(まぁ本当に整形する訳なけど・・。)着てるものなどの全体的な印象でしょうか。

S1では地味な印象だった彼女が突然セクシーボンバーに変身してましたからね。(こういうケースは怖いよ~)

エドにやけに意味深な視線を送ってましたけど、こりゃ、彼女の復讐劇が始まっちゃうのかな?!

 

やっぱりジェーンをレイプしたのは・・

セレステの元夫ペリーでした。

最終回でセレステに別れを宣告されたペリーが彼女と話をしようとして必死に食い下がるのですが、その時の様子を見ていたジェーンが突然思い出したんですよね。

 

そっか~。

ということはジェーンの息子ジギーは彼の血を引いていたということで、彼の死後、セレステは遺産として小切手を渡していたんですね。

別にレイプで貰ったお金じゃなくて、あくまでジギーの権利として受け取っていいお金でしょうしね。堂々と換金して使っていいでしょ。

 

そうそう、ジェーンにまた若いイケメンが接近してましたね。

ジェーンモテるなぁ・・。

前回はカフェ店長のイケメンでしたけど、彼とは別れちゃったのかな・・。

 

ボニーは鬱状態へ・・

そりゃそうでしょう!

誰だってあんな衝撃的な形で人を殺してしまったら、背負うものが大き過ぎますよ。

せめて、本当のことを警察に話してしまいたい!という本人の希望ももっとも!

あんなの一人で抱えきれないわ。

ペリーを押して階段に突き落とした瞬間は、奴が完全に我を失い、倒れたセレステの腹を蹴りまくってる状態でしたからね。

そういうのなんて言うんだろ。本人じゃないから「正当防衛」とは違いますけど、人助けをしようとしてやむを得ずに押したというのが正式に認定されたら、それはそれで大分救われそうですけど・・。

 

問題は出しゃばりマデリンですね。

彼女が偽証してまで、黙っていようと決めたそうで・・。

そのくせ、ボニーの気持ちを察してやれないという無神経さはさすがマデリン。

やっぱり「欲しがる女」でしょう!

 

そんな彼女が今一番欲しがってるものは、長女の学歴!

でも肝心の本人にはその気がないそうで・・。

このアビーちゃんは、前回も性奴隷に抗議する為に自分の処女をネットで売ろうとして大騒ぎを起こしてましたよね。

超リベラルな政治姿勢はどこで育まれたんでしょ。

 

女優陣のお年を拝見・・。

余談ですけど、ニコール・キッドマン少し顔が引きつってませんでした?

今年52歳であの突っ張り肌は不自然でしょう~。

顎のラインが妙に上に引き上げられててピーン!!表情も不自然でしたね。唇だけやけにふっくらで。

今年43歳のリース・ウィザースプーンの方がよほど自然に加齢してていい感じ。

同じく52歳のローラ・ダーンなんてもう皺くちゃで、逆に女として好感持っちゃうくらい堂々としてるのに、ニコール・キッドマンは抵抗してるなぁ・・。

 

ジェーン役のシャイリーン・ウッドリーは27歳ですからね。

体はスラっとしてるのに顔だけパンパンなのは若さゆえでしょう。(これが年を取ると、顔がこけてくるのよねぇ・・)

 

30歳のゾーイ・クラヴィッツは前回同様美しかったです・・。

 

えっと、最後は大分ズレましたけど、第1話はそんなところでしょうか・・。

メリル・ストリープが強烈過ぎてニコール・キッドマンが霞みそうな勢いでしたけど、ここはひとつ中堅どころにも頑張って欲しいところです!

 

次は2話の感想です。



第2話のネタバレ感想

予想外に展開が速くてどんどん行きますね。

あれよあれよと懸念されていた事態が起こり、雪だるま方式で小さな嘘が大惨事を起こしかけています!

まずは、あっちゃー!!なあの人から・・。

 

マデリンの浮気がついに・・!

これはさすがにエドもキレるでしょう!

そこまで穿った見方をする必要もないかもしれませんが、あの海辺の豪邸に住めるのもひとえにエドの経済力のおかげでしょ?

マデリンの連れ子のアビゲイルを我が子として受け入れ可愛がり、問題を起こせば親身いなって対応してくれた夫エドをあんな形で裏切っちゃったらダメダメ~。

 

しかもバレた時のマデリン、「えっと、アンタの聞き間違えよ」とばかりに誤魔化そうとしてましたからね。あれもイカンわ。

彼女にしたら無意識の範囲でしょうけど、心のどこかでエドを軽く見てるのが伝わって来るシーンでした。

 

マデリンもさ、悪い人じゃないのは分かるんだけど、何しろ無神経で自己チューなのよね。

大人のエドからしたら自由奔放であっけらかんとした彼女が魅力的に見えるのも分かるけど、今回のマデリンは一線を超えちゃいましたね。

エドにも男としての意地があるし、あのタイプは一度これと決めたら頭が固そう・・。

下手に言い訳してこじらせるより、彼の気持ちを尊重する形で一度は引き下がったほうがいいかもね・・。

セレステの豪邸にでも一度避難して、反省する姿勢を見せるのがいいかも。

 

ペリー母に息子の正体を話した!

やっぱり信じませんでしたね。

警察に行くって言ってましたけど、どうぞ行ってくださいなって感じです。

彼が死んだ晩にセレステを殴る蹴るしていた場面については大勢の証言があるでしょうし、それこそ彼女の顔や体の傷跡は写真で残ってるはずですしね。

 

あのセレステの写真を見て、それでも息子がやるはずない!と信じたいのなら、それはそれで彼女の自由でしょうし・・。

もちろん、一人息子を亡くして辛いのは分かりますけど、ただ今後も孫たちと関わっていきたいのなら、息子信奉の前にもう少しセレステの話に耳を傾けてあげて欲しいところです。

 

息子達にはいい父親像を残したい!

とはいえ、このセレステの気持ちももっともでしょう!

絶対に父親がレイプ犯だったなんて事実を知られたくない!

自分の父親が妻に暴力を振るう男だったうえに、同級生のママまでレイプするような犯罪者だったと知った日には、少年たちに与える影響たるや想像するに恐ろしいです。

 

でも、ジェーンはジギーに言っちゃったんだな・・。

ジギーはいい子に見えるけど、もう少し成長して、彼なりの善悪の価値観が芽生えてきた時にはどんな行動を取るか分かりませんよね。

双子たちは実際に父親を知っているけど、ジギーにとっては「母親をレイプした男」でしかないわけで・・。

今後も双子たちを兄弟として良好な関係を続けていけたら最高ですけどね・・。

それもジェーンやセレステが夢見るほど簡単ではないような気もします。

 

ボニーのスピリチュアルママ登場

来ましたよ!もう一人の強烈ママが!

しきりに夫のネイサンが鈍感過ぎると怒ってましたけど、もうそこは許してあげて~。

 

ボニーのように繊細で人一倍感受性が強い上に、一人で抱え込んでしまうタイプの女性の場合は、概してあんな鈍感男と一緒の方が楽だったりするのでしょう。

ボニー母はネイサンに対し憤慨してる様子でしたけど、ボニーには決してそんな気持ちはないと思いますよ。あんな天然夫には始めから期待してないでしょうし・・。

 

ただ、真実を既に知っている仲間達からの理解は得たいところですよね。

マデリンにもう少し彼女を気遣う繊細さがあったらなぁ・・。

セレステには優しいのに、ボニーには寄り添えないというのは、やはりアビゲイルを奪われたという恨みがあるからかな・・。

 

セレステやジェーンは自分の息子達のことで一杯一杯で、ボニーのことまで気が回らないでしょうし、う~ん・・。やはり彼女は警察に行って自分のしたことを正直に打ち明けるしか方法がないのかな・・。

ただそうなると、メリル・ストリープが黙ってないでしょうね・・。

民事裁判を起こされる可能性もあるし、やっぱり下手に動くわけにはいかないだろうなぁ・・。

 

レナータ、ゴードン夫妻が大ピンチ!

ゴードンが大失態をやらかして、全財産が没収されそうですね。

「また貧乏には戻らない!」と言ってましたけど、レナータの子供時代は相当苦労したんでしょうか・・。

でも、彼女のキャリアに傷がついたわけではないし、仕事も以前と変わらないままですよね?

離婚して借金を清算したら、すぐまた一財産を築けそうですけど、やっぱりこれまでのものを失うショックは計り知れないのでしょうか・・。

ゴードンは以前から妻の成功を妬んでるような様子がありましたからね。俺も男として一旗揚げたい!という焦りが裏目に出てしまった感じなのかな。

 

というわけで、今回も大波乱が続きました。

やっぱりメリル・ストリープのキャラが最高だわ~。マデリンとのバトルが楽しくてしょうがないです。

私はマデリンみたいな憎めないタイプは好きなんですけどね・・。でも、人によってはカチンと来るというのも分かるなぁ。

 

次は第3話のネタバレ感想です↓

「ビッグ・リトル・ライズ」シーズン2第3、4話のネタバレA感想/考察/解説 「ビッグ・リトル・ライズ」シーズン2第3と4話、アニスのネタバレ感想です。 はぁ・・。ため息ばかりの回でしたね。 ...