サスペンス

「13の理由」シーズン2全話ネタバレ感想解説 新たな衝撃事実出るか?!

f:id:Annice:20180519180524j:plain

Netflixオリジナル海外ドラマ「13の理由」シーズン2全話のネタバレ感想です。

全感想

シーズン1 シーズン2 シーズン3

アニスです。

Netflixの海外ドラマ「13の理由」のシーズン2が昨日からNetflixで配信始まりました。一気にドーンと13話は太っ腹ですね。

さっそく3話まで見ましたが、期待を上回る濃厚さと、このドラマがシーズン2で挑もうとしているものには驚きました!

 

シーズン1で終わったかと思ったハンナの物語を、今度は別の角度からガッチリ語り、「真実は一つでない」という本当の現実をあぶり出そうという訳ですね。

同じ出来事を別の視点から何度もこすり、その都度、衝撃の新事実を小出しにしていくのは「this is us」と同じスタイルで斬新!

このスタイルは始めからプロットのしっかりした脚本で組み立てておかないと成り立たないし、説得力のある驚きの新事実を用意しておくことはできませんからね。

(原作もあるのでそれを踏襲しているのか、ドラマにする段階で上手くシーズンに分ける形で描いているのかは、原作読んでないので分かりませんが。)

 

どれだけ用意周到に仕込まれたドンデン返しで驚かせてくれるのでしょうか?!

1話目からワクワクが止まりませんが、これはシーズン2も相当期待できそうです!!

では、一話ずつ気になった点を・・。(それぞれの回の内容に触れています。)



「13の理由」シーズン2第1話の感想解説あらすじ

この1話に詰め込まれたエピソードがいろいろ意味深で面白かった~!

怒涛の新事実が次々出てくるので、注意していないと見逃してしまうし、慌ててシーズン1をチェックして確認しながら見進めました。

 

アレックスに何が起きた?

アレックスが生きていた!というのがまず衝撃の事実!

銃で頭を撃ちぬいたということで、ほぼ絶望的かと思っていただけに嬉しかったですね。

左半身に少し麻痺が残っているのと、その日の1か月前からの記憶がなくなっていること以外は元気そうでした。

鼻輪が取れて髪も金髪から本来の色に戻したことで、以前よりイケメンになった気がしますけど、どうですかね?!

 

気になったのは自分の書いた遺書を見て『僕が止められたのに』というのは何のことだろう?と、本人が引っかかってることですね。

クレイの言うように、ハンナの死に関してのものなのか、それとも全く別件で彼を悩ませてきたものがあるのか・・。

本人は「なんとなくハンナのことじゃないような気がする」そうです。

 

実はシーズン1の最終(13)話を見返して見ると、直前にアレックスはザックにラインして「電話して」と頼み、ザックがすぐ電話するシーンがあります。

ここで一体何が起きたのか?

このやり取りが直接の原因に繋がった可能性があるので、注目ですね。

 

ちなみにザックは登校後のアレックスを学校でサポートする役回りを買って出ていますし、実際、心底彼のことを気遣っている様子。

ザックとアレックスとの関係性が今後深く掘り下げられるのかもしれません。

 

タイラーは勇気を持って証言台に

まずタイラーがメインで語られて行きますが、アレックスと仲が良くなってるみたいです。

そもそもシーズン1で「ハンナのカセット対策チーム」の中でも一人のけ者にされていたタイラーに対し、最後まで優しかったのがアレックスなんですよね。

13話の最後のほうで、現像部屋でアレックスの写真を選んで手に取るタイラーが映りますけど、これも何かを暗示してましたよね。

 

そしてタイラーの証言では、ハンナに関して新しい事実が語られました。

ハンナがセクシー自撮りをしていたっていうものですが、どうなんだろ。

別に誰に送ろうという目的がなくても、これは案外、女子なら誰でもしてみたりするのでは・・?なんて気もしますけどね。

深い意味があったのか、なかったのか・・。今後また触れられそうです。

 

パンパンになったジェシカ

シーズン1でも話が進むごとに少しずつふっくらしてきてましたけど、今回は大分貫禄が増してパンパンになってましたね。相変わらず可愛いけど。

 

これまで学校を休学していたそうで、今回アレックスと一緒に登校してました。

彼女に関してやっぱり注目なのが、ブライスをどう糾弾していくのか・・。正式に公にして告発するのか、否か・・。

ただ13話で父親に告白するシーンがありましたので、既にできる範囲での行動は起こしたようです。

ただブライスはまだのうのうと野球にウツツを抜かし、これまで通り調子にのってますからね。

 

スコット・リードがクレイに渡したポラドイド写真で示唆された3人目の被害者の存在も気になります・・。

と言う訳で、このシーズン2では、果たしてクソ野郎ブライスに裁きが下るのか・・!が見どころになってきそうです!

 

カウンセラーのポーター先生が気合入ってる

ジェシカが父親に告白した段階で、ポーター先生にも情報が入ったのでしょうか。

ブライスに対してかなり直接的な脅しをかけていました。しかも首絞めてるし!

ハンナの死についても相当の責任を感じているでしょうし、ハンナが訴えていた相手もヤツだと勘づいている可能性もありますね。

金持ちで有力者の父を持つブライスと、一介の学校教師(カウンセラー)のポーター先生の対決・・!今後生き残って行くのはどちらか!?

 

ブライスパパ初登場!

凄いのが出てきましたね~。

この金持ちパパを演じるジェイク・ウェバーは最近では「ホームランド」のオキーフ役で見かけましたけど、なかなかの曲者で迫力ありますからね。

今後、裁判沙汰になるにしても、このパパは相当手ごわそうです・・。

まさに、この親にしてこの子あり。

ただ、このパパなら敵として不足はありませんからね。今後の戦いがますます楽しみになってきました!

 

裁判を妨害しようとしているのは誰?

証言をしたテイラーと、証言を控えているジェシカに対し、あからさまな嫌がらせと脅迫がありましたね。

裏で糸を引いているのはやっぱりブライス関係者なのか・・?

「ブライスは今は目立った行動はできないはず」、というセリフもあったし、実際ブライスに問い詰めたタイラーに対し、「はぁ?」という反応が返っていましたので、ブライス本人ではない可能性が高そうですね。気になります。

 

クレイはやっぱりスカイと付き合ってた

前シーズンで二人はいい感じで終わってましたけど、やっぱり付き合ってるみたいです。

意外な組み合わせですけど、クレイの生真面目さを上手い具合に壊してくれるアバンギャルドなスカイはお似合いですかね。

ただ、彼女はもともとリストカットが止められないという心の病がありますのでその辺がちょっと心配です。

 

ハンナも登場!幻影ハンナは話せるよ!

そう来るか~・・。

シーズン2でもハンナが見れるのは嬉しいですけど、ここまでガッチリだとは思いませんでした。(時々回想シーンで見れるくらいかと思ってたので)

裁判が始まったことで、これまで無理に彼女を忘れようと押さえつけていたクレイ心の扉が弾け飛び、一気に幻影ハンナまで作り出してしまったようです。

しかも、いつも隣にいるし、話しかけてくるので厄介ですね~・・。

これが本当に真実を語るハンナなのか、クレイが思い描いているハンナ像なのかの見極めが今後は難しそうです。

 

トニーとハンナの本当の関係

これですよね。

ここがシーズン1から一番疑問に思ってました。

そもそもハンナはなぜトニーを選んで彼にテープを託したのか・・。

シーズン1ではトニーはほぼ「謎の存在」として描かれていましたが、結局のところ、その核心になりそうな部分までは描かれてませんでしたよね。

 

今回1話の最後で、ハンナからの手紙を燃やすトニーのシーンがありました。

『トニー、テープを聞いて行動を起こして。秘密を守って。借りを返してね。』

というのは何を意味するのか・・?

トニーはハンナにどんな借りがあるのか・・。

そしてハンナの本当の秘密とは・・?

 

という訳で、1話の気になる部分をまとめてみましたが、どうでしょうか?

あ、そうそうハンナのパパがいませんけど、今シーズンは出てくれないのかな?

母、オリヴィアの孤独な戦いになりそうです。

 

はぁ、もう、たった1話で明らかにされた事実が濃すぎてコメントするのも大変です・・。

 

次は第2話のネタバレ感想です。



「13の理由」シーズン2第2話の感想解説あらすじ

さてさて、ハンナのカセットチームの面々が次々と出てきますよ~!

 

コートー二ーはカミングアウト

タイラーの次に証言に立ったのはコートニー。

シーズン1では、「ゲイの父親2人のせいで自分もレズになったと言われたくない・・!」と、ひた隠しにしてきた自身の秘密ですが、今回はハンナを守るために勇気を持ってカミングアウト・・!

コートニー、鼻水を垂らしながらよく頑張った!

 

その後も、学校中の笑い者になる・・!という心配をよそに、周囲は静かな反応。

パパたちにも温かく受け入れられて、なんだかんだ幸せそうでした。

そして、次に証言するジェシカにも、少なからず影響を与えたようです・・。

 

ジェシカへのエスカレートする脅し

ただジェシカには証言を阻むような脅しが続き、彼女の精神は次第に追い詰められていきます。

そして決定打だったのが、ブライスの現彼女、チアのリーダーからのこんな言葉。

「あなたがブライスと一夜の関係になったのは知ってる。その後、ジャスティンを裏切って浮気したから、暴行されたことにしたって。」

どうもブライスはそんなデマを流しているようです。

これにショックを受けたジェシカは、打ちひしがれ、不安な気持ちのまま証言へ向かうことに・・。

 

アレックスはテープが聴きたい!

そんな状態のジェシカを助けるには、自分も何か起きたのかを知る必要がある!と、テープを聴こうとするのですが、テープのコピーがなかなか手に入らないで苛立ちます。

ザックに苛立ちをぶつけるシーンもありましたけど、度量の大きい彼は許してくれました。

それにしても、ザックとアレックスはあの日一体どんな会話をしたんでしょうね・・。

 

クレイとスカイの微妙な関係

うーん、そりゃスカイの気持ちも分かるわ・・。

死んだ美しいハンナのことを忘れられない彼氏を目の当たりにしたら、誰でも普通にショックを受けるし、いい感じのムードになっても「あれれ・・?」と来たら女としてもショックだしね。

クレイ駄目だなぁ・・。

「ハンナを忘れたって言って!」と請われたら、そこはそう言っとけって~。(忘れてないのはバレバレだけど・・)

その後スカイは自傷行為の発作がでたようで、病院へ搬送。

クレイは自分を責め、思わず幻影ハンナに叫びまくっていました。

 

それにしても、この幻影ハンナの言葉ってやっぱりクレイの深層心理が言わしめてと考えていいんですよね?

例えば、「スカイと一緒にいる時のあなたは自然体でいい感じ。見てると悲しいけど・・」とか、「複雑な子ばかり好きになるのね」とかなんて、クレイがハンナはそんなことを言われたい、彼女は言うかも・・というのが無意識が投影されてるって解釈でいいんですよね?

まさか、「シックス・センス」みたいに本当の幽霊っていう可能性はないよね・・?

そしたら違う話になっちゃうわ。

 

次は第3話のネタバレ感想です。



「13の理由」シーズン2第3話の感想解説あらすじ

とんとん拍子に話が進みますね~。いい感じ~。

 

命を狙われたクレイ

クレイがとっさに逃げ切ったから難を逃れましたけど、あれは本当に危なかった。

でも、クレイには証言の予定はないんですよね。ん?てことは誰が何のために?

 

それとスカイから別れを告げられますが、私もハンナの件が落ち着くまでは距離を取った方がいい気がするなぁ・・。

また裁判が終わってクレイが気持ちを整理できた時にスカイを迎えに行った方が、彼女をこれ以上混乱させずに済みますよね。

 

証言台で真実を語れなかったジェシカ

やはり精神的に追い込まれていたせいか、自身の性被害の件は話すことができませんでした。

ジェシカがブライスを告発してくれたら、ハンナが受けた性暴行事件にも真実味が出ると考えるオリヴィアにとっても残念な結果になってしまいました。

 

それと、以前ジェシカが父親に告白した時にはやっぱり警察にも行ったらしいですね。

DNAなどの証拠がないということで、立件できなかったみたいですけど・・。

それに、相手が誰だったか覚えていないってことにしたらしいし。

あと、クレイが体を張って録音したブライスの自白についても、やっぱり証拠能力がなかったようです。

まぁね、実際にあの時ヤツが言った言葉は「性犯罪者と呼びたきゃ、そう呼んでいいさ。」ってことだけでしたしね。

と言う訳で、この事件を立証できるのは、あの人しかいないようです!

シーズン3はある?ない?あのメインキャラがS2で降板発表!

 

見つかったジャスティン!!

凄い!日頃から喧嘩慣れしているトニーがここで大活躍でしたよ!

意外にも簡単にジャスティンを発見することができました。

うーん、可哀そうに・・。やっぱり路上生活でボロボロになってましたね・・。

あぁ、私がご飯をご馳走したい!

クレイの部屋で両親には内緒で身を隠していましたけど、夜中こっそり起きてヤクをやってましたね・・。以前のジャスティンに戻るには相当困難な道のりが待っていそうです。(とりあえず、そのボロボロのセーターは捨てて、クレイの服を貸してあげて~)

 

それから、クレイ君のトレードマークの自転車!

ころされそうになって壊れちゃったので、遂に両親が車を買ってくれたようです!

あの自転車がこのドラマにレトロな雰囲気を出してたのでちょっと寂しい気もしますけど、今後は普通に運転してるクレイを見る事になるんですかね。

なんか変な感じだわ・・。

 

えっと、そんなところでしょうか?

あ、あとタイラーにフリーク(変人)友達が大勢できたみたいですね。

タイラーはあんまり好きじゃないけど、まぁ良かったのかな。

それから気になったのが、ザックがブライスに言った言葉!!

裁判に動揺するブライスに向けて「他の人には言うな。俺が守る。任せておけ。」みたいなこと言ってましたけど、あれって本気なの?本気だとしたらザックってどこまでいいヤツなの?

まさか、実は裏でブライスを罠にハメようとしてるってことはないよね・・、あの表情はいつもの真摯なザックだったし・・。

ザックの素顔が実際はどんなものなのか・・。今後ますます気になります。

 

次は4話のネタバレ感想です。



「13の理由」シーズン2第4話のネタバレ感想

f:id:Annice:20180520230741j:plain

少しずつ、シーズン1で語られた事実にも別の側面があることが分かってきました。

ただ、まだ衝撃の新事実は出て来ず・・、なにやら不穏な雰囲気が漂うだけですね。

 

傷を負うジェシカにアレックス、そしてジャスティン。再び彼らに希望が見え始めるのはいつなのか・・。陰ながら応援したい気持ちになります。

ただ、クレイがコミカルな演技で全体のトーンを明るく保ってくれてるのがいいですね。真っすぐに自分の信じる道を突き進むクレイが今回はちょっと逞しいかな・・?

幻影ハンナと協力しながら、彼もまた同時に自分の傷を癒しているようです。

 

今回はジャスティンのヤクを抜こうと、カセットチームの善人組が一丸となって頑張っていたのが可愛くて笑えました。

 

ジャスティンが吐きまくり!

うわ~、あれは嫌だわ・・。トイレに布団もって籠ればいいのに、あれじゃクレイの部屋がゲロまみれでしょ。

でも、皆偉いわぁ・・。シェリが肝っ玉姉さんに変身していて頼もしい。

トニーはやっぱり兄弟がらみの暴力沙汰で保護観察の身のようですね。ヤク中ジャスティンとは関わりたくない様子。

 

肝心のジャスティンは相変わらずで、現実が見えているのか、いないのか・・。

ジェシカを助けられるなら・・という純粋な想いでヤク抜きを頑張っていましたけど、彼女の本心を知ってしまったら絶望してまた失踪しちゃいそう。意外に線が細いからね。

 

カス野郎マーカスとザックの企て

マーカスはシーズン1でもブライスに次ぐ最低野郎でしたけど、今回も酷いですね。

あのおでこのカクカクな生え際が気になってしょうがないわ。(でこ狭い!)

 

ザックと示し合わせた嘘の証言で、ハンナがブライスに気があったことにしてましたけど、大丈夫なのかな。偽証がバレたらそれこそ偽証罪に問われますからね。

安易に将来を危険にさらしていいんでしょうか・・。

ザックも本気でブライスを助けようとしているようで、なんだか複雑です。

まぁ、暴行魔ブライスは人間のクズですけど、男友達からしたらいい面もあるんでしょうかね。

あと、ザックにも鞄に鼠の死体を入れられる・・という脅しがありました。うーん、これは見境なくカセットチームの全員が対象ということか・・?

 

そんなしょうもないマーカスですが、ハンナにはお玉を締め上げられ、タイラー達からはピンク爆弾を浴びる・・という天罰が下り、少し胸がスッとしました。

ちなみにタイラー達が持っていた大きな黒いバッグは「無差別発砲の為の猟銃が入っているのでは・・?」とこちらをミスリードする為のものでしたね。

シーズン1の最終話で、タイラーが部屋で大量の銃(でかい猟銃もあった)を隠しているシーンがありましたので、それが伏線になってました。

実際はピンク爆弾という心温まるお話でしたけど・・。

 

おお~、アレックスとジェシカが再び??!

ギリギリの精神状態まで追い詰められたジェシカが突然アレックスを誘って学校をさぼり、ちょっとした逃避行に出ていました。

そして、海ではロマンチックなキスシーンが・・!

でも、トラウマに襲われたジェシカがストップ・・。

絶望の底にいる2人にとってはこのまま前進するのは難しそうですけど、惹かれ合っているのは確かなよう。

今回の事件を乗り越え、違う景色が見えた時には、またそんな関係になることもあり得るのかな・・。大きな傷を抱える2人ですが、支え合って乗り越えて欲しい!

 

そうそう、ようやくハンナパパも登場しましたね!

夫婦仲にヒビが入っているようでしたけど、どうやら娘の死に固執する妻に耐え兼ねたパパが浮気に走ったみたいです・・。

両方の気持ちが分かるだけに辛いですね。

 

次は第5話のネタバレ感想です。



「13の理由」シーズン2第5話のネタバレ感想

今回はライアンが主役でしたけど、彼も洒落ゲイとして気取った風に見えてかなりの孤独を抱えているようですね。

当時もハンナといい友達になれそうだったのに、あの件は残念だったなぁ・・。

 

実はジャスティンとメールしてたハンナ

ジャスティンにパンツ写真を公開されて(実際に拡散したのはブライスだけど、ヤツに画像を見せたのはジャスティンなので)怒っていたハンナでしたが、実はその後もメールや電話を続けていたそうです。

ジャスティンの方にも少し気持ちがあったみたいですね。カフェにも顔を出したりしてたので・・。

ちなみに、恐らくこれらは夏休み前の出来事。

この後、夏休み中のサマークラスでジャスティンはジェシカと出会い、本格的に付き合いだしたようです。

夏休み明けのパーティではジャスティンが「交際2か月目の記念に」とバラを渡してジェシカを喜ばせていますが、これを見たハンナが驚いて「いつからジャスティンと付き合ってるの?」と詰め寄るシーンがあります。(9話)

この時は「私にジャスティンが何したか知ってるでしょ?」とジェシカを責めていますが、それは建前の理由で、本当はハンナもまだジャスティンが好きだった可能性もあるのかな・・?

乙女心は微妙です・・。

 

母オリヴィアの徹底捜査

ちなみに、そのジャスティンへの気持ちを綴ったと思われる詩についてもオリヴィアは徹底的に解き明かそうとしているようでした。(FBI並みの相関図ボードが凄い!)

気になったのは3つの詩に共通していた「クラブハウス」という言葉。何かを象徴しているのか、実際に存在するクラブハウスなのか・・。気になりますね。

 

それにしても、夫が走った浮気相手のところにも女の子がいるなんてオリヴィアにとっては残酷な現実・・!

女はもう子供を持てないけれど、男はその気になれば若い女を見つけてまた子供を作ることもできるし、なんて不公平なんだろ。

孤独なオリヴィアはますます捜査にのめり込んでいきます・・。

 

ブライスを挙げる為に捜査を続けるクレイ

あのポラドイド写真ですけど、どうやら学校のとある場所で撮られたものであることが分かりました。実際の場所を特定しようと探していましたが、なかなか見つからない様子。

ジャスティンに聞こうとしていたら、なんとジャスティンはトニーからジェシカの本当の気持ちを聞いてしまい、心配していた通り再び失踪。

あちゃちゃ、せっかく見つけたのにまたいなくなっちゃった。

 

それとずっと思ってるんですけど、あの2枚のポラロイド写真を原告側の証拠に使う訳にはいかないんでしょうかね。

学校で性犯罪があったことが証明できれば、学校の管理不届きについて追及できそうだし、今後ブライスを証人として召喚する時にもヤツの素性を証明する決定的な証拠になりそう。

でも、まずは場所の特定だな。

 

ポーター先生も頑張ってる

少しでもジャスティンの力になろうと母親を訪れたポーター先生ですが、ヤクの売人彼氏と本気で殴り合って逮捕されてしまいました。

でもあの顔、全然後悔してませんでしたよね。

非力な自分にやるせない怒りを溜め込んできた彼がついに爆発した瞬間でした。

ポーター先生にもカウンセラーが必要かな・・?

 

アレックスにはまた別の問題が・・

あの部分が反応しないようなのです・・。

麻痺による機能不全なのか、とにかく男子にとっては深刻な悩みですよね。

少しずつ回復に向かうと思いたいですけど、焦りは禁物。

まずはザックとのリハビリに励んでもらいたいです。

 

ザックは鞄に鼠を入れられた件でブライスに探りを入れてましたが、どうも本人はピンと来てないみたいですね。

やっぱりヤツじゃないみたい。うーん、謎は深まるばかり。

 

それと、ジェシカがようやく前を向き始めたのか、暴行された経験を持つ女性達の互助会へ顔を出していました。

友達も見つかったみたいだし、回復への道を少しずつ歩もうとしているようです。頑張れジェス!

 

次は6話のネタバレ感想です。



「13の理由」シーズン2第6話のネタバレ感想 衝撃事実出た!

f:id:Annice:20180522183947j:plain

うわ~!凄いのが来ましたよ~!!!

そろそろ衝撃的な新事実が来ないとダレてきそうだなぁ・・と思っていたところで、タイミングよく1つ目の凄いのが!!

これは私たちも騙されましたね~!

 

まるっきり男性経験がないものとばかり思ってたし、シーズン1で語られた寂しいハンナの物語はなんだったのよ?と、ちゃぶ台ひっくり返された気分ですわ。

でも、その意外な展開が面白いから全然いいんですけどね!

初めての相手はザックだった!

ちょいとーちょいとー!

もう普通にお似合いじゃないの~。

付き合い始めの頃は2人とも随分固くて、初めてのセックスもまるで老人夫婦のように動きが乏しく味気なかったですけど、その後は段々イイ感じになってきてましたね。

 

お互いに好き合ってて、ザックは優しく、セックスも楽しい!

これ以上、一体何が2人の障害になるのかしら・・と思ってたら、やっぱりブライス達が問題なのね・・。

確かにあの状態ではねぇ・・。

普段から身内でからかいの対象になってるホットな女子が、実は自分の彼女だとは言い出しにくい気持ちもわかりますよ。

完璧なザックだからこそ、自分も仲間にからかわれるようなネタは知られたくない。

 

だけど、それを知ったら当然ハンナは傷つくわ・・。ザックが自分を恥じてると思うだろうし。

その傷ついた気持ちでちょっとクールに、「別れるならそれでもいいし・・」なんて心にもないこと言ったら、本当にそうなっちゃった・・!

もう~、ザックもその辺不器用すぎだわ~。乙女心察して察して~。

 

それと、ハンナがあの夏の終わりに髪の毛をバッサリ切ったのはそういう訳だったのね・・。

失恋後に髪を切るのは日本もアメリカも同じようです・・。

 

当然クレイはショック・・!

これまでハンナを聖女のように神聖化していたクレイにとってはショックもショック・・。

実は夏の間中、普通に彼氏といちゃついてたなんてね・・。(しかもザックだなんて!)

それに、自分が初めてセックスしようとした時にパニックになってたのはどうしてなのさ?!と、イジケる気持ちも当然でしょ~。

あぁ、俺は夏中お祖母ちゃん家で何してたんだろ?って後悔だろうなぁ~。

でもさ、亡霊ハンナに「なんでそのことをテープで語らなかったの?」ってクレイが聞いたら、「だって、それはたぶんプライベートなことだから・・」って・・オイオイ・・。

あのテープはまさに、死を選ぶに至ったあなたのプライベートな真実を残すための物じゃなかったの?

大仰な演出でカセットを用意して、13人を巻き込んでおきながら、肝心な部分を伏せられたら困るってば~。

もう・・、これじゃ今後もいろいろ出てきそうですね。(ひゃー楽しみ~!)

 

ジャスティンが家出したけど帰ってきた!

ジャスティンやっぱり可愛いわ~。

あんなボロボロになりながらも、健気にジェシカのところへ行って、彼なりの愛を告白したら、もうカフェテリアで見てる女子は皆キュ~ンとしちゃうじゃないの。

ジェシカ本人も酷いこと言いながらも、心の底では別の気持があるようでしたよね。

ジェシカは互助会でも、ジャスティンに対しての気持ちを語ることができていたし、少しずつ前に進んでいるようです。

 

そして、クレイ家ではジャスティンの居候状態がバレてしまいました。

まぁ、これでサンドイッチ以外のちゃんとしたご飯食べさせてもらえそうだし、逆に良かったかも。

顔色の悪いのはインフルのせいにしてるようで、ちゃんと両親の前で咳き込んだりしてましたね。

 

でも、あの忍び込んだパーカーの男は誰だろ。

ジャスティンの鞄から何かを盗んでいったようです。(ジャスティン、嘘が下手すぎでしょ。)

 

それから、シェリが見つけたという「クラブハウス」の秘密。

いっぱいいっぱいのクレイに八つ当たりされてましたけど、今後の大事な要素になってきそうですよね。

 

アレックスは苛立ち爆発!

好きなジェシカの元カレが登場して、ますます焦りが高まるアレックスですけど、ザックとのリハビリもサボって完全にいじけ状態。

でも、ザックと揉み合って体を押し付け合ってたら、なんとなんと!

あそこが勃ったよ!

おお~・・。

ザックは状況がよく呑み込めずにめちゃめちゃ焦ってましたけど、アレックスは静かな喜びに浸ってました・・。

はぁ、良かった。体のいろんな部分がまだまだ回復途中にあるようです。

 

タイラー達が見つけたもの

この二人はなんだか危険な匂いがしますね。

今はお互いに楽しそうにやってるのでいいんですけど、その内何か問題が起きた時に、突然激高して銃を持って学校行ってバンバンバン・・!なんてことにならないといいんですが・・。

 

ザックのパソコン(?)をハッキングしてたみたいで、偶然すごい動画を発見していました。

部室のような場所で(これがクラブハウスなのかな?)撮られた、マーカスと裸の女子とのエッチな動画。周りには、それをはやし立てる野球部の部員たち(たぶん)・・。

うわ~、これはマズい動画だ。

拡散しよう(しとけ、しとけ!)というパンク君(名前忘れた)に対し、「いや、これは使えるぞ」とタイラーは何か悪だくみをひらめいたようです。

 

ザックの苦しみ

そして最後には部室で暴れるザックの姿が・・。

そりゃーね、彼も相当辛いはずですよね。

「ハンナの死の原因の多くが自分にある」と感じて、その重荷を背負いきれない状態だろうし。

で、また母親がまた嫌な女だなぁ・・。

息子を完璧だと信じたくて、本当の息子の気持ちに触れるのが怖いみたいです。

ザックはシェリのように、償いの気持ちからアレックスを助けようとしているんでしょうか・・。

アレックスとも個別に何かありそうだし、謎が多いですね。

シーズン1では印象の薄かったザックが今シーズンではかなりの重要人物になってきそうです・・!

 

次は第7話のネタバレ感想です。



「13の理由」シーズン2第7話のネタバレ感想 クレイ!よくそれを言った!!

f:id:Annice:20180522144538j:plain

 

すごいですね~、このドラマ。予想を超えるスピードで畳みかけてきます。

今回驚いたのは、8話の最後にクレイが亡霊ハンナに向かった言った言葉。

「君が周りの人のことを考えずにジサツした!君のやったことは悪だ!消えろ!」

 

もしかしたら「君がやったことは悪」の部分が「テープを作って周りを巻き込んだこと」を指すのかもしれませんが、私は「残される人間がどれほど傷つくかを考えずにジサツしたことが悪い!」とクレイがハンナを非難したと解釈しました。

これは物凄いメッセージですよ!

 

その昔ですけど、ダウンタウンの松ちゃんが親友の高須さんとやってた「放送室」というラジオ番組で言った言葉を思い出しました。

学校のいじめが原因で自殺した子のことを話してる時でした。

「昔アホな先生がおったけど、その先生が一つだけイイこと言っとって、強烈に覚えてることがあるん。『何があっても親より先に死んだらアカン。何があっても自分で命を絶っちゃアカン』」

「毎回思うんが、こうして自殺する子がおると、マスコミは学校批判を煽り立てるけど、俺、自殺する子が一番悪いと思うんや。

だから、「それだけはやっちゃアカン」て誰がが言わなきゃアカンのや。だけど死んだ子に対しては「可哀そうに、可哀そうに」だけで、それを言うやつが誰もおらん。だから自殺する子が後を絶たんのや。」(うろ覚えなので違ってる部分、変な大阪弁すみません・・)

 

そして、その翌日にネットニュースや新聞・雑誌がババーーーンと

【松ちゃん、ラジオで「自殺する子が一番悪い!」】という見出しで一斉バッシングしたんですよね。

松ちゃんが意図した内容を完全に歪める形で、衝撃的な見出しでのマスコミバッシングでした。これには松ちゃんも、本来の意図が伝わらないのが悲しい、と嘆いていました。

つまり、私が言いたいのは「正しいことなのに、言うのが非常に難しいこと」を、このドラマが堂々と発信したのは素晴らしい!ってことです。

 

だって、そうでしょ?

母オリヴィアや父アンディが今後死ぬまで抱え続ける身を切る苦しみ、友人の自殺という大きな衝撃派に耐え切れなかったジェシカやアレックス。

それからなんとか罪悪感と悲しみに耐えてる他の友人達、ザック、クレイ、トニー、コートニー、タイラー、ジャスティン、シェリ。

みんな、ハンナのことが原因ですからね。

 

「自殺は悪い!」って誰かが勇気を出して声高に言わないと!

クレイ、よく頑張った!彼がここまで怒ってるのは、もちろんハンナを追い詰めた虐げた側の人間、学校に対してですけど、でも一番怒ってる相手は実はハンナ本人なんですよね。

これを避けては、このテーマは扱えないと思いました。

 

っと何でしたっけ?あ、そうそう、クレイが証言に立った時にドラッグをやった夜のことを聞かれてしまったんですよね。

そして次の日の朝に、ハンナが「自殺したいって考える」と漏らしていたこと・・。

 

ジェフに誘われドラックパーティへ

高校生の頃って誰しも悩みでいっぱいだし、自殺について考えたり、漏らしたりすることもは意外とあるかもしれませんよね。

ましてやハンナがそれを口にしたのはドラッグが抜けて気持ちが落ちてる時のことでしょ?

クレイに対して行動を起こさなかった事の責任を問われても、そこまでは難しいですよね。

ただ、ジェフが懐かしいなぁ・・。そして切ない・・。

こんないい子が死んじゃうなんでね。

 

アンディは不倫してた

もう、なんでまた不倫なんてしちゃうのよ。

確かに店は上手くいってなかったし、オリヴィアは毎日カリカリしてるしで、癒しが欲しかったのは分かるけど駄目だなぁ・・。

何が駄目って娘の目に触れるようなところでキスするなっつーの!

不倫するなら、絶対妻や子供にバレないような覚悟と根性でやって欲しい!と全ての男に言いたい!

 

アレックスの悲しい誕生日パーティ

これまた極端に悲しいパーティでしたね。

「盛り上がらないかも・・」と、場所選びの段階からゲームセンターをパーティ会場にしてる時点で既に悲しい・・。

そのくせ、シューティングゲームはNG・・って。滅茶苦茶だわ。

でも、なんでザックやジェシカはタイラーに対してあんなに怒ってるんですかね?

この際ハンナにストーキングしてたことはアレックスとは関係ないだろうに・・。

まぁ、嫌いなのは分かるけどね。

 

次は第8話のネタバレ感想です。



「13の理由」シーズン2第8話のネタバレ感想

8話は物語がジェットコースター並みに加速し始めましたね。

怒りを抑えきれないクレイがついにテープをネットで流してしまいました。

これで全てが明るみに出て、遂に何かが変わるかも・・?!

 

いよいよ追い詰められたブライス

さすがにテープはマズい・・と焦りだしましたね。

さっそくパパに電話してましたけど、これは最強弁護団を雇ってもらうしかなさそうだわ。

マーカスの裏切りもあって、さらに立場が危うくなってきた!

マーカスはタイラーにあの動画で脅迫されて、ブライスを名指しで糾弾!奴は自分の保身で必死ですからね。

 

ブライスの彼女もそろそろ現実が見えてきたかな・・?

トイレの落書きを消したのは偉いぞ!でも「ハンナは嘘つき」は残すのね・・。

 

オリヴィアとアンディは離婚へ

もう、この二人の苦しみは見ているだけで涙が出てきます・・。

親としてこれ以上の地獄はないし、ハンナの赤ちゃんの時の写真なんて見せられたら私だって泣いちゃうわ。

 

オリヴィアが「ハンナが死んでからずっと娘を抱きしめて「大丈夫よ」って言いたかった・・。」と、ジェシカを抱きしめながら被せるシーン・・。

そして、「問題を一人で抱え込むのは強さや勇気じゃない。感情を伝えて、悲しみに向き合うのが勇気なの」というのも名言ですね。

それを大事な娘ハンナに伝えられなかったオリヴィアの無念さが伝わってきます。

 

ジャスティンはついに母の元へ

やっぱりジャスティンはまたドラッグに手を出してしまいましたね。

うーん、もう一歩頑張って欲しかったのになぁ・・。

しかも容量間違えて、体が動かなくなり、あと少しで吐しゃ物で窒息するところでした。

運よくアレックスが来たから良かったけど、本当に危なかった。

アレックスもジャスティンを救えたことで自信に繋がったみたいでしたね。

ジャスティンを責めるクレイに対しては「責めるのはよせ」と庇ってました。

 

そして逆にアレックスにテープを公開したことを責められたクレイは、

「ジェシカには悪かったけど、これは過渡期だ。もう一人では戦えない。君らが必要だ。」とハッキリ言います。

おお・・。今シーズンのクレイは逞しいですねぇ・・。

しっかり状況を見極めて彼なりに覚悟を持って行動してますよ。これなら賛同する仲間も出てくるかも。

 

ジャスティンは結局クレイ家でも居場所がなく、ジャンキー母の元に戻りましたが、これからどうなっていくんでしょう・・。心配だわ。

 

次は9話と10話のネタバレ感想をまとめて書いてます。



「13の理由」シーズン2第9と10話のネタバレ感想

f:id:Annice:20180523225112j:plain

 

ようやく10話まで見終えました。

1話が55分くらいあるので、結構ボリュームたっぷりで長いんですよね。

残りあと3話!テープが公開された時点でさらにギアが上がって盛り上がってきましたけど、このまま最終話まで畳みかけるように行けるんでしょうか?!

 

すみません、これまで1話ずつ区切って感想書いてきましたけど、今回は9話と10話をまとめて書かせていただきます。

 

ポーター先生の強さに感動

立場を超えて一人の人間として誠実に心の内を語り、オリヴィアに謝罪した場面ではもう号泣・・・。

すごいシーンでしたね。

ブライスの名前も出してくれたし、これが最終回でも良かったくらい。

 

それに妻もいい女性だなぁ・・。

「学校が何をしてきても、あなたを今以上に苦しめられない」って、まさに言い得てますよね。それに、どうせあの学校辞めるって言ってたし。

 

案の定、10話では校長から「生徒と直接口を利くな」とすごい命令を受けてましたけど、(じゃ何しろっての?)それでもジャスティンを呼び止め、助けを必要としている彼に対しカウンセラーとしての職務を果たそうとしていました。

ハンナを救えなかったという深い後悔に苦しみながらも、それでも「子供たちを助けたい」という意欲を持ち続ける真っすぐな姿勢には心打たれます。

この先生役のデレク・ルークという俳優さん、表情は乏しいんですけど、抑えた演技が絶妙で素晴らしい!

 

でもポーター先生もやっぱりハンナに人生を翻弄されてしまった一人ですよね。

今後立ち直って、安定した仕事を得て本来の生活を取り戻すには時間がかかりそうです。

 

ブライスもそろそろ限界か・・

テープ公開以降、周囲からは完全に疑惑の目で見られてますけど、仲間たちと組んでるせいか結構平気そうなんですよね。

母には多少疑われてるようでしたけど、意外にも父親の方は息子を完全に信用しているようで驚きました。

あのパパはどちらかと言うと、息子がどんな悪事をしても全然平気で「気にするな。俺が始末をつけてやる」的なおかしな人かと思ってましたけど、逆にまともなこと言ってましたね。「特別な女性は尊重しろ」って。

そうそう、一番欠けてるところがソコだから!お宅の息子!

それをもっと前から言ってて欲しかったわ~。全ての女性に敬意を持てよって。

でも、もう遅いんだなぁ・・。妻に「自分が育てた息子を信頼しろ」って言ってたけど、本当にちゃんと育てたの??

 

トニーは多くを語らず・・

このトニーの回はちょっと消化不良でしたね・・。

ハンナとかなり仲が良かったというのが新事実なくらいで、あとは特に驚くような内容はなかったかな。(なんだかんだ、ハンナ結構友達いるじゃ~ん!)

例の「ハンナへの借り」というのも、傷害事件を2件既に起こしているトニーが3件目で捕まったら今度は少年院行きという状況で、自分達をおかま呼ばわりした男を殴って映画館に逃げ込んだのをハンナがかばったというだけでした。

ふーん、なるほど~。

でも、ここまで引っ張った割にはたいした「借り」じゃないなぁ・・。

むしろトニーがこれ程キレやすいという事実の方が意外だったわ。

 

ただ、「ハンナの秘密」に関しては一切口を開きませんでしたね。

法廷で「あなたを選んだことに意味はあるの?何かメモはついていた?」という質問に対しても「意味はない。メモはなかった。」と嘘までついているので、ここに「秘密」が絡んできそうですね。

「ハンナの秘密」はやっぱりクラブハウスが関係してるのかな・・?

その秘密はそろそろかなぁ。

 

クラブハウスに忍び込むクレイチーム

ジャスティンとシェリの助けを借りてクラブハウスでついにポラドイド写真の山を手に入れたクレイ達。

今後どうやって奴らを告発していくんでしょうかね。

 

それにしてもジャスティン、現場写真を見て驚いてましたけど、このクラブハウスのメンバーじゃなかったの?

そもそもジャスティンは野球選手だったっけ?シーズン1では確かバスケットやってましたよね?

このスポーツマンチームの面々ですけど、野球やったりバスケットやったりで、誰がどっちの選手なのかよく分からないわ・・。季節ごとに両方やってるってこと?

 

それから、告発写真をクレイに流していたのはザックでした!

そっか・・。そうよね。彼以外いないだろうしね。

そして、最後のシーンでクレイはハンナの写真を発見・・!

またクレイが知りたくないような、ハンナに関する恐ろしい事実を掘り起こしてしまうのでしょうか?怖い~!

 

ハンナもかつては虐める側だった!!

これもハンナのイメージからは意外でしたね。

でも、「女子」に関しては特にですけど、イジメる側とイジメられる側との境目が微妙で、どっちも紙一重なんですよね。

どちらにもなり得るというのは、イジメの現実をこれまたリアルに描いてますね。

(ハンナにイジメられたと証言したのは「グッド・ワイフ」のアリシア娘グレース役でお馴染みの彼女ですよね。)

 

ただ、そのことでオリヴィアを支え、一人ハッスルしていたおばちゃんジャッキーが姿を消してしまいました。

彼女の娘は決してイジメる側にはならなかったのでしょうかね。

またまた孤独の底に突き落とされたオリヴィアですが、今度は大事な店が襲撃されてしまい、途方に暮れていました・・。

 

この店の襲撃にしても、トニーの車の破壊にしても、だんだん規模が大きくなり手口も大胆になってきてますね。あ、クレイも集団暴行されましたよね。

やっぱりブライス関係者なのかな・・。

 

タイラーが漏れちゃった・・。

もう、タイラー嫌いだわぁ・・。

あの状況が男にとって死ぬほど切ないというのは分かるけど、それを隠そうと彼女に対してあんな態度で酷いこと言うのは小学生並みでしょ。

もう、甘やかされて育ち過ぎなんだってば。

彼女は一生懸命理解を示そうとしてたのにね。(あれが分かるって凄いわ。)

 

ようやく両親も本腰を入れてタイラーに対し、電子機器を全部取り上げる、という罰で対応。遅すぎたくらいだけどね。

タイラーもちょっと反省して、成長して欲しいわ。

パンク友達のサイラスとも亀裂が入り、また孤独な日々に戻りそう。うーん、危険だなぁ・・。

余談ですけど、サイラスのしてる黒ピアスとハンナが時々してる黒ピアスがほぼ同じで、毎回気になるわ・・。変だし。

 

という訳で、次回はいよいよブライスが法廷に登場するようですね。

少しずつですけど周囲からの制裁を受けつつあって、それを結構耐えてるので、なんだかほんの少~しだけ可哀そうにもなってきちゃってるんですけど、イカンイカン!

ブライスには最後の最後まで憎たらしい悪役キャラでいてもらわないと!

裁きが下る瞬間には思いっきりヤッタ~!!!っとスカっとできるよう、そこは頼みますよ!

 

*次は最終話まで3話分まとめての感想になりますのでご注意ください。



「13の理由」シーズン2第11、12、最終(13)話の感想 え?それで終わっちゃう?!(ネタバレ)

f:id:Annice:20180525121610j:plain

 

え~、うっそ~~ん!そんな感じで終わっちゃうのね・・。

もっと最終回らしい感じで、さらなるハンナの衝撃事実が飛び出すのかと思って、今か今かと身構えていたら、最後は全然違う方向へ舵が切られてるし~・・。

シーズン3の前半はタイラー問題がメインで行くのかなぁ・・。

 

っていうか、ハンナの秘密ってちゃんとあるのよね?

もしかしてあれだけ?私が勘違いしてた?

それともシーズン3へ大事に取っておくの???

お葬式で完結した感じにされちゃうと、ちょっと心配になってくるわ。

 

まぁ、このラスト3話では感情を揺さぶるシーンも多かったし、クライマックスとしてしっかり盛り上がったと思いますよ!

それにシーズン通してずっと面白かった!

ただなぁ・・、期待していた衝撃事実が弱かったなぁ・・。

とりあえず3話分まとめてになりますが、一つずつ振り返ってみたいと思います。

 

結局負けた・・。学校へは責任を問えず・・。

裁判ですけど、オリヴィアとアンディ夫婦は負けちゃいましたね。

率直な私の感想ですけど、今回は仕方ないかなぁ・・という感じ。

学校へ責任を問うにはあまりに具体的な情報がなさ過ぎましたよね。

 

例えば野球部のクラブハウスの存在や、それを容認してきたコーチや学校、その環境下で野球部員による暴行が蔓延し、常習化していた事実。

そしてその延長上で起きた、野球部キャプテンのブライスによるハンナへの暴行。

・・と、こうした背景をもっと具体的に突いていく戦法だったら勝てたかもしれないけど、ハンナの訴えを学校側が軽視した。という曖昧な理由では苦しかったのかも・・。

ハンナが最後ポーター先生に話した内容も曖昧だったしね。

 

それにしても、誰も得をしない裁判でしたね。

ハンナがかつてはイジメる側だったという過去まで晒されてしまい、オリヴィア達も親としての責任を問われ、友人達は苦しみ、ブライスには逃げ切られ、結局これといった成果は得ることができませんでした。

 

ただ、オリヴィアにとってはポーター先生から誠実な証言と謝罪を得られたことがなにより嬉しかったはずですよね。

うん、やっぱりあの瞬間がマックスだったかな・・。

 

ブライスへの制裁は結局叶わず・・。

なんだかなぁ・・。

今シーズンがいまひとつ食傷気味な理由の一つはやっぱりこの男がまだピンピンしてるからですよね。

せっかくジェシカとジャスティンが勇気を出して戦ったのにね。

あの伊達メガネと最強弁護団にやられてしまいました・・。(それにしても、あの作り話は一体誰が作ったの?最強ライターも備えてる?)

 

ただ、アイツは悪いですね~・・。

母親に対してふてぶてしい笑みを浮かべ、ハンナを暴行した時の話を聞かせてる時の顔は完全にサイコ入ってましたよ。

母を泣かして、そのシーンを思い返して勃起してるし、やっぱサイコだわ。

 

でもなぁ、子供の時のサンドイッチのシーンなんて見ちゃうと、ちょっと複雑な気分になるのよね。

ジャスティンが超かわいいし、友達想いなちびっ子ブライスもいい感じだし、どこで何を踏み外したのか・・。

親の不在で寂しかったのはわかるけど、あんな風に成長しちゃうともう同情もできないのよね。



アレックスが思い出した!

「自分が止められたのに」と遺書に書いてたのは、まさにあの暴行の瞬間のことだったんですね。

ハンナが泣いている声を聞きながら何もしなかったようです。

そっか・・。その場合だと、結果的にかなり直接的な責任を背負うことになるのでアレックスも辛かったんでしょうね。

 

その時、同じ場所に居合わせたのはブライス子分1号のモンゴメリですけど、奴に対しアレックスがシーズン1の6話でアレックスが喧嘩を吹っ掛けるシーンがありますよね。

車をちょっと接触してことでキレるんですけど、恐らくあの時何もしなかった奴に対しても相当な怒りを抱えていたんでしょうね。

もちろん自分への怒りはそれ以上・・。死を選ぶほどの苦しみだったようです。

 

これまでの脅迫・蛮行の犯人はコイツだった!

ハンナのカセットチームへの嫌がらせや暴力、オリヴィアの店を襲撃した犯人はモンゴメリだったようです。

 

f:id:Annice:20180524224059j:plain

子分1号

ちなみに、ブライス子分2号のスコットは意外にいい奴で、「自分は犯罪者じゃない。」と彼なりの線引きはあったようです。

 

f:id:Annice:20180524225441j:plain

2号

(この彼、ジェフにちょっと似てません?)

ただ、モンゴメリの方は日頃から父親の暴力を受けているせいか、暴力性が群を抜いて酷いですね。

ブライスに、「いい迷惑だ。もう何もするな。」と三行半を突き付けられたことで、さらに行き場のない怒りが・・。

 

視聴注意の衝撃描写!タイラ~!!!

そのモンゴメリの餌食になってしまったのがタイラー。

タイラーは特別施設から帰ってきたところで、まるで悟りを開いた修行僧のような風情で落ち着いてたのですが・・。

好きだった彼女には振られ、親友サイラスには縁を切られる・・という、出鼻を挫かれる辛い現実。

そして襲われたのが、復讐の怒りに燃えるモンゴメリ。

トイレでの暴行は壮絶な性描写もあり、見るのがつらかったですね・・。

 

実はこの衝撃描写に関してはアメリカで問題になっているらしく、「子どものためのメディア監視団体」がこのドラマのシーズン終了を要請しているようなんです。

「必要以上に残酷で子供がトラウマになる危険がある。」ということですが、言われてみればそうですよね。

 

製作側の意図としては、タイラーが銃乱射をしに学校へ行く前に、その動機を理解する為のエピソードが必要だったんでしょうけどね。

実際インタビューでも、「視聴者に、タイラーにいったん心を寄せて欲しかった」的なことを言ってますので。

それに私が想像するに、これまでのストーリーで割とクレイなんかも集団暴行にあったり、少し前には廊下で殴り合ったりと、殴る蹴るの暴力描写には慣れてきてる部分もありましたからね。

衝撃レベルをもう一段階上げるには、これだけの残酷描写が必要だったのだと思います。

 

ただ、それにしてもねぇ・・。

シンクに頭をあんなに激しく打ち付けられたら普通死ぬでしょ。

それに、モップの鞘であれほどの力で傷つけられたら内臓ボロボロになって救急車で搬送され、緊急手術でしょ。

実際、あの後タイラーがトイレで残されて泣くシーンでは、え?!生きてるの?!意識あるんだ!と、そっちの方が驚きでしたから。

さらにタイラーが普通に家に帰って母親に隠し通すくだりでは、ただただ驚くばかり・・。(警察行って!刑事事件でしょ!)

現在アメリカ男性の6人に1人がああした性被害の犠牲者という事実を描きたかったらしいのですが、暴力レベルで少し行き過ぎてしまったのかもしれませんね。

 

ハンナとの本当の別れ

両親も気持ちの区切りがついた様子で、お葬式をあげ、お別れの会も開いていました。

葬儀でのクレイの弔辞には涙、涙・・。

これまで死を選んだハンナに対し、ひたすら怒ることで自分をなんとか保ってきたクレイが、初めて穏やかに「愛してる。さようなら」と彼女を手放すことができました。

幻影ハンナもその場を後にし、彼の元を去っていきました。

 

それともう一つのお別れシーンは、ダンスパーティでの一幕。

かつてハンナと踊ってキスをした思い出の曲が流れた途端、心配した仲間たちがクレイの周りに集まり、皆でハンナを忍んで抱き合いました。

もう、泣かせるわね~・・。

ハンナはいなくなっても、残されたカセットチームの仲間たちはしっかり繋がっているようです。

 

それにしてもクレイ、ブライスなんかのために人生を棒に振らなくてよかったわ。

銃を持ったクレイをジャスティンが止めてくれて間一髪でした。

 

クレイと兄弟になったジャスティン

養子に迎えてもらえると知りうれし涙を流すジャスティンでしたが、やっぱりドラッグはやめられていないようです。

うーん、残念!!!

勇気を出してブライスを告発したのは自滅に終わるし、好きなジェシカはアレックスとつきあってるしで、憤懣やるかたないのは分かるけど・・。

クレイ一家を裏切る形になってしまったことが心配です。

 

そうそう、あのお別れ会をやってる時に、外でジャスティンを睨んでいた男って母と一緒に住むドラッグディーラーですよね?

私、てっきりジャスティンが奴にころされちゃうのかと思ってハラハラしてたんですけど、ん?まさか奴からドラッグを買ってたってこと?

さすがにそんな訳ないよね。ってことは、ヤツが仕返しにくるのはシーズン3なのかな?

もうこれ以上ジャスティンが傷つくのを見たくないのでどうにか阻止して欲しいんですけど、ドラッグ問題もあるし、今後もトラブル続きは確定ですね。

 

だけど、ジェシカとはいい感じ!!

でもアレックスに隠して浮気する形だったので、これも確実に修羅場が待ってますね~。

でもジェシカの気持ちも分かるわ・・。あんなお腹の空いた子犬のような目でいつも見られていたら可愛すぎて抵抗できないって!

ジャスティンの母性本能のくすぐり具合は半端ないですから。

 

「13の理由」シーズン3へクリフハンガー!!!

機関銃を持って学校へ乗り込もうとするタイラーを必死に説得するクレイですけど、もう見てるだけで怖いわぁ・・。

そのままバンバン撃たれていても不思議はない状況でよく行くなぁ。クレイの正義感も徹底してますね。

 

そして、同じくリスクを冒してまで仲間を救おうとする男がもう一人・・。

トニーが車で乗り付け、タイラーを乗せそのまま逃亡!!!

 

・・・でっかい機関銃をクレイに残して・・。

 

うーん、惜しかった!!!一つ忘れ物があったかぁ・・!

あんな大きい証拠が残ってたら、しらを切るのも難しそうだな。

とりあえずクレイ、指紋を拭いて後ろの茂みに隠すしかない!

すぐ見つかるだろうけど、「誰のか知りましぇーん」で押し通せ~!

【訂正:そっか、トニーは自分の車で来たので、大量の銃を乗せたタイラーの車は置き去りなんですよね。じゃ、バレバレやん。】

 

それから、ブライス彼女が妊娠しているそうです。

突然証言の内容を変えたのも、イタリア旅行が惜しくなったわけじゃなくて、直前に妊娠がわかったせいなのかな?

うーん・・。もうウジウジしている時間はないよ!

早く誰かに相談しないと。

その際ブライスに言えば確実に奴の本性がわかるから、そうしたらサッさと縁を切って赤ちゃんをどうするか冷静に考えるべき・・!

 

それと、クラブハウスのポラドイド写真を盗んだのはジェシカの友達ニナでしたね。

彼女は自分が被害にあった事実を絶対周りに知られたくないって言ってましたもんね。

証拠は全部燃やしてしまったようで、今後もクラブハウスを摘発することはできなくなってしまいました。

 

という訳で、シーズン2はハンナの感動的なお葬式でなんとなく幕を閉じ、シーズン3への幕開けを感じさせるクリフハンガーな最後で終わりました。

しつこいですけど、私が気になるのはやっぱり「ハンナの秘密」があったのかなかったのか・・。

でも、ジャスティンが証言前にクレイに「ハンナとのことでお前が知らないことも話すことになる。また嫌われたくない」と心配してるんですよね。

実際の証言では大した内容はなかったんですけど、ハンナとジャスティンにもまだ語られていない事実があるのかも。

それと、トニーへのメモにも「あなたが秘密を守るって信じてる」と書かれてるし、その時に一緒に燃やしたもう一つの手紙も気になりますよね。

やっぱりシーズン3でも、またハンナが登場して秘密にまつわるエピソードが描かれるんでしょうか?

 

個人的にちょっと心配なのは、どうかハンナ!これ以上太らないでくれぇ~!という部分かな。

シーズン1でもぽっちゃりでしたけど、シーズン2ではさらに少し大きくなったような。

アレックス、ジャスティンの2人がなんとなくヤツれて細くなっていくのに対し、ハンナとジェシカのマドンナ女子達が確実にボリュームアップしていくんですよね。

いえね、大きくなるのは元気な証拠!ってことでいいんですけどね。(ホントか?)

ただほら、これからも過去の話が出てきそうなのでね・・。そこだけちょっとお願いしたいです・・。

「13の理由」シーズン3全話ネタバレ感想解説 酷評されどもNetflixの人気ドラマ! Netflix海外ドラマ「13の理由」シーズン3のアニスのネタバレ感想/考察/解説です。 全感想 シーズン1 シーズン2...

\クリックで応援ありがとうございます!/

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ