True Detective3

「TRUE DETECTIVE/迷宮捜査」全話のA感想と全力考察/解説!シーズン3(ネタバレ無有)

アニスです。冒頭から登場人物紹介まではネタバレなし。その後の感想からは内容に触れています。

さてさて、やってきました「トゥルーディテクティブのシーズン3 迷宮捜査(猟奇犯罪捜査)」!HBOの秘蔵っ子ですよ~。

今回もシーズン1のように心を切り裂くような衝撃的で悲痛な物語が待っているのか・・。

かなり怖くもあり、でも、またあの魂を揺るがす感動を体験したい!という期待もありつつ・・、シーズン3も気持ちを引き締めて取り掛かりたいと思います!気合い入り過ぎか?)

【追記】祝!マハーシャラ・アリがエミー賞主演男優賞にノミネート!

 

アマゾンプライムのスターチャンネルEXで見れます。

 

【全話感想・解説・考察】

1話と2話の感想はこの下です 3話 4話 5話 6話 7話 最終8話

 



登場人物とキャスト

ウェイン・ヘイズ刑事

演じるのは「ムーンライト」と「グリーンブック」でアカデミー賞を受賞した時の人、マハーシャラ・アリ。

当初、彼は脇役刑事の設定だったらしいのですが、「このドラマはアフリカ系刑事がメインの方が面白くなる!」と監督に熱意を伝え、変更に至ったのだとか・・。

いつも脇役だったので、そろそろ主役を演じたかったそうです。

 

妻、アメリア・ヘイズ

パーセル事件に関してのノンフィクション本を書いたらしい。

美人ですね~。

 

息子ヘンリー

母親似!

 

ヘイズの相棒、ローランド・ウェスト

この方、スティーヴン・ドーフだって一瞬分かりませんでしたよ。随分ゴツイ親父になったもんですね~。揉み上げが効いてるわ。

昔はシュッと尖ったイケメンだったのに、骨太になったなぁ・・。

 

失踪したパーセル兄妹、ウィル12才とジュリー10才

 

失踪した兄妹の母、ルーシー・パーセル

ご存知メリル・ストリープの娘、メイミー・ガマーが飲んだくれ母に扮します。

「グッド・ワイフ」に出てるお姉さんの方です。

 

兄妹の父、トム・パーセル

演じるのは海外ドラマに引っ張りだこのスクート・マクネイリー。好きだわぁ・・。

ホルト・アンド・キャッチ・ファイア」「ファーゴ」「ゴッドレス -神の消えた町-」「ナルコス:メキシコ編」と評価の高いドラマに出演しまくってます。

あの抜け感・・、私も監督なら選んじゃうわ。

 

TVのインタビュアー、イライザ・モンゴメリー

またの名をグレイス」のサラ・ガドン。相変わらず美しい。去年「世界で最も美しい顔100」の15位に入ってた。

 

謎のゴミ男、ブレッド・ウッダード

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」に出てた方ですね。

 

*この先は内容に触れています。



第1話のネタバレ感想

シーズン1に構成と雰囲気が似てましたね。

焦点となるのは、1980年に2人の兄妹が失踪した「パーセル事件」の真相ですが、これがまた蓋を開けるのが怖いのですよ・・。

子供が被害にあう事件はそれだけで見るのが辛いですからね。

ウエインの長い人生に、このパーセル事件がどう影を落とし、何を失い、何を得たのか・・。

過去を振り返る老いた彼と共に、私たちもその一部始終を目撃することになります。

 

交錯する時間軸は3つ

①1980年11月 事件発生当時のウエイン

10年後に証言録取を受けているウェインの視点で語られていく。

ベトナム戦争で偵察部隊に所属していた追跡能力を活かし、一人別行動で兄妹を捜索し、兄ウィルの死体を発見。

 

②1990年5月 10年後に証言録取を受けるウェイン。

どうやら死んだと思われていた妹が生きているらしい。

 

③2015年 「トゥルー・クリミナル」というテレビ番組のインタビューを受けるウェイン。

重い記憶障害があり、引き出しには銃も用意している。

それほどの覚悟を持って語ろうとするのは何なのか、また何故なのか・・。

 

第1話で気になった点

捕まったえん罪の犯人は誰?

10年後の録取で、「判決は覆されないだろう」「証拠は固い」などのセリフがありましたけど、どうやら間違った人物が逮捕されて刑務所にいるような感じですよね?

1話を見る限りでは、その候補の一人目に挙がるのは、ネイティブアメリカンのゴミ男、ウッダートでしょうか。

 

もしくは、3人組の高校生?

あの怯え方からすると、みんな事件を起こすようなタイプには見えませんでしたけどね。

(その内の一人に「13の理由」のジャスティン君がいた)

 

叔父がいたらしい

それと、気になるのが失踪の約半年前に数週間滞在していたという、子供達の叔父にあたる男の存在。(厳密には母の従兄)

長男ウィルの部屋で寝ていたそうですけど、クローゼットにあった覗き穴からジュリーを見ていたのか・・。

それと、クローゼットの下に粉のようなものもありましたよね。あれ何だろ。

この男もえん罪犯人候補かな。(もしくは真犯人候補か)

ベッドに隠してあった古いプレイボーイの雑誌は彼のもの?

 

宗教的な儀式なのか?

ウィルの死体があった場所付近に置いてあった不気味な人形。

花束を持った花嫁のようにも見えます。

ウィルの死体が祈りを捧げているような姿にしてあったことからも宗教的な匂いがしますよね。土着宗教的なものか・・。

 

妹ジュリーはどうなったのか?

これですよね・・。

正直彼女のその後の事はもう怖くて知りたくないような・・。

オクラホマの薬局に強盗に入った犯人だった場合(訂正:客の可能性もありとのこと)、当然普通の暮らしをしているわけもなく・・。

この10年を誰に連れ去られて誰と生きてきたのかは今後明かされていくのでしょう。

 

はぁ、2話を見るのが怖いよ~。



第2話のネタバレ感想

さて今回も同じトーンで、これといった事件の進展や衝撃事実などはなし・・。

少しずつ丁寧に説明してくれるのは分かるんですけど、ちょっと眠かったかな・・。

 

ジュリーは〇〇の子じゃない?

妹のジュリーに関してはトムの子じゃない可能性がある・・と悲しみ暮れる祖父母が言っていましたね。

ルーシーが妊娠した当時トムはテキサスで働いていたそうで・・。

うーん、トムの気持ちを考えるとやり切れない。

そんなことは当の本人が一番よく分っているはずですが、それでも自分の子として愛情をかけて育ててきた娘ですもんね。

 

トムってまだ生きてるのかな?

1990年に生存が確認されたジュリーとは、その後再会できたんだろうか・。

そこが気になるわぁ・・。

 

それから、最後にはパーシー家に犯人からと思われる手紙が届いていましたね。

「子供は笑顔が一番」というメッセージがちょっと皮肉めいてますね。

子供達が不仲の両親の元で辛い生活を強いられていたことを指摘しているのか・・。

 

となってくると、彼らを以前から知っていた者の犯行?

だったら、あの従兄の男も怪しいのかな・・。

 

幼児性愛者をボコボコに

1980年って刑事がこんなことも許されたんでしょうかね。

普通に拷問尋問してましたね。しかもネタがないと分かると、トランクに閉じ込めて保護観察処分に違反するようにしてまたムショに戻そう・・って。無茶苦茶。

(まぁ奴の場合は名前や犯罪歴を隠して子供と関わる仕事をしてた訳で、完全にアウトですけどね。)

 

1990年に刑事を辞職したのは何故?

この1990年の話しがなかなか進まないのが歯痒いわ~。

捜査が再開されて、またウェインとローランドがコンビを組むことになるのかしら・・。

ジュリーの指紋は犯人のものか、客のものなのかも分からないそうですが、早く捜査を始めて欲しい!

でも、低能キントがこの時点で州の司法長官になっているらしいです。

人種差別主義者みたいだし、今後面倒なことにならないといいですが・・。

 

ウェインは認知症とは違うの?

最後のシーンの息子家族との会話を聞いてると、普通に認知症の老人みたいでしたけど、どうなんですかね。

第1話では記憶障害ってことでしたけど、何が違うのかな。

 

うちの仏人夫はもう5話くらいまで見てるそうですけど、「シーズン1とメメントを合わせたような感じ」と感想言ってました。

へぇ・・。

「メメント」が入ってくるとなると、また面白そうだけど、複雑そう。

 

それにしても妻アメリアが書いたノンフィクションの本「生と死、そして満月」でしたっけ?

あれには何が書いてあるんだろ。ジュリーの生存が分かったことで、えん罪が確実となったら、本の内容も間違っていたことになるのかな・・。

今だに誰が逮捕されたのか教えてくれないんですよね。

その気の毒な彼も、無実ってことならさっさと解放してあげて~。(ゴミ男だったら可哀そう過ぎる)

 

ザっとですが、こんなところでしょうか・・。

あの藁人形がハロウィーンの時に配られていたってことですけど、これが誤認逮捕の手掛かりになって来るのかな・・。

というわけで、また来週~!

 

次は3話の感想です。↓

「TRUE DETECTIVE/迷宮捜査」第3話のネタバレA感想 この証拠から何が見える? シーズン3 「トゥルーディテクティブ シーズン3(猟奇犯罪捜査)」第3話のアニスのネタバレ感想・考察・解説です。 う~ん。謎ばかり増え...