アクション

Netflix「メシア」最終回まで惹きつけた!ネタバレA感想+謎の整理/解説/考察

アニスです。Netflixの海外ドラマ「メシア」最終10話まで見たネタバレ感想、解説・考察です。

 

さて、Netflixの新年一発目!「メシア」がやって来ましたよ~。

さっそく3話まで見てみましたが、面白い!

1話が結構短いので、3話までスッと見れちゃいました。

いいですよー。ドラマとは思えない迫力満点の映像には引き込まれます!

予告編で期待した通りの内容をそのまま見てる感じで順調、順調。

ただ3話までの段階では、まだまだ物語が繋がっているようには感じられなったかな。

ドラマの行方がどっち方面に向かってるのか想像もつかないので、多少面食らう部分もありました。

 

繰り返しますが、毎回迫力満点で面白いですよ。

事象自体は派手に起きてますし、興奮気味に見れます!

奇跡の砂嵐によるISIL撤退、少年を救う場面から、トルネードが田舎町を襲うシーンも凄かったです。

 

「メシア」予告編

 

*次は3話までのネタバレ感想です。



「メシア」第3話までのネタバレ感想

CIAのヒロインが謎過ぎてクール

一瞬このドラマはホームランドっぽいのかなぁ・・と思ったんですけど、中東が舞台のCIAものって共通点だけで、全然違いました。

(髪の毛隠しても、胸元開いてる・・)

 

演じるのはミシェル・モナハン

「ミッション・インポッシブル」でイーサン・ハントの妻役だった方ですが、ドラマだと「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」「THE PATH/ザ・パス」に出てました。

 

キャリーのように出世欲の強いガツガツ女捜査官なら分かり易いんですが、こちらのエヴァ・ゲラー捜査官は至ってクール。

1話で少し分かりますが、何かの病気っぽい・・?

ただ、詳しい状況や彼女の心情が分かりそうで分からないので、少し我慢でしょうかね。

・・って、そのままの我慢状態で3話まで来ちゃうんですよ。

【追記】

実際1話の冒頭で病院にいる時は「あれ、流産かな・・」と普通に思ったんですけど、なにしろ相手がいるように見えないから、違うのかと打ち消してました。

しかも髪の毛が抜けてるので違うのかなぁ・・。と。

出産後に抜け毛が増えるというのはありますけど、妊娠や流産ではあまり聞きませんよね。(ホルモンバランスが崩れたらあるのかな?)

 

とはいえ、お腹に自分で打ってる注射はホルモン注射のようにも見える。(欧米では自分で打つんですよね。)

毎日決まった時間にとなると、体外受精かも。

夫がいるように見えないので、冷凍保存してある精子を使ってるのかな・・。

 

苦しい体調の中必死に職務を果たそうとしているのは分かるんですが、彼女を突き動かす強い動機が何なのか・・、なぜこの男をそうまでして追うのか。

メシアとの直接的な関係がないので、その部分での強い感情がまだ見えません。

今後彼女の事情が明かされる中で、説明されていくのでしょうか。

 

メシアの彼が謎過ぎる

こちらのメシアも謎めいてますよ~。

2000人のパレスチナ人を連れて砂漠横断したのまではいいけど、イスラエルの国境沿いに置いたまま戻ってこないって、どういうこと??

 

風貌からもう少し柔らかいキリスト的な存在感かと思いきや、信者の一人に急に怒り出し、蹴り倒すなど、あれま、意外に気性が激しい・・?

 

突然少年ジブリルを呼び出して話す時も、特に柔らかい感じになるでもなくいつもの厳しいトーンでこう言うだけ。

 

「だが、神の試練が待っている。」

 

演じるのはチュニジア系ベルギー人のMehdi_Dehbi。

この方は「タイラント」にも出てたみたいです。ベルギーではドラマや舞台などで評価の高い俳優さんのよう。

雰囲気やカリスマもあって、いい感じ。

ただ抑え気味の演技なのか、ドラマの構成上とにかく謎めいていたいのか、まだ近寄りがたい部分はありますね。

 

メシア的にも優しいオーラに包まれてるってわけでもないし、背中に滲む苦悩も特に感じられないし、かといって大儀や怒りに燃える様子もない。

砂漠を横断しても疲れた表情一つ見せないので、人間離れしてます。

今後少しずつ、彼の人となりが伝わってくる形になるのかな・・。

 

メシア的奇跡の起こし方があれれ?

実はですね、「メシア」の起こす奇跡にしても、最終的に「奇跡ともとれるけど、単なる偶然ともとれる」という、ギリギリのラインで行くのかと思ってました。

例えばダマスカスの砂嵐のように、「神の御業だ!彼が奇跡を起こした」と考える人もいるでしょうし、「たまたまだろ」と考える人もいる、そのライン。

 

それこそ、私達の中に眠ってる信仰心を試すような、最後に視聴者自身の中に答えを探させるような奥深いドラマになってるのかなぁと。

もしくはミステリースリラー的な仕掛けもありつつ、最後まで謎を投げかけ続けられるのかなぁ・・なんて楽しみにしてたんですよ。

 

なんですけどね。

あの撃たれた男の子から弾を取り出して傷口を塞いじゃうようなことが起こるなら、もうそれってどんだけ~!?ってことですよ。

そこまでされちゃうとまた別次元の話になりそう!

 

しかも、どこでもドアで移動したかのように、突然テキサス州に現れるって、どういうこと??

人間じゃないの?自家用機チャーターってどうやったの?

メキシコから歩いて??って、歩けるの!??

 

メシアの説明が待ち遠しい!

3話まで色んな奇跡を見せてくれたし、その都度興奮して面白かったんですけど、ふと冷静になるとスーッと残らない感じになってしまうのは、

「目的や必然性のないただの人助けなら1話完結のスーパーマンと同じ」って事なのかもしれません。

助けの必要なところへ空を飛んで駆け付け、怪力で問題解決するスーパーマンとやってることが同じですけど、何かあるはずなんですよね。

ただ、今はまだ全然見えないけど。

 

だって2000人を連れてイスラエルに行ったのには何か目的があったんじゃないの?

それはもうどうでもいいの?

なぜ急にテキサス?

そして、教会で聖書の一説を読んでるような場面があったけど、「神」というのはイスラムの神アッラーじゃないってこと?

世界を股にかけるオリジナルの神??

分からない・・。

 

ここまで風呂敷を世界規模に広げてしまうと、もう収集付けるのが大変そうだけど、大丈夫かな?

もちろんこの先も見る気満々ではありますが、その辺を納得させながら進めて欲しいところですね。

 

メシアは無表情だし、捜査官エヴァもクール過ぎるし、今のところ人間臭いキャラはイスラエル当局の捜査官アヴィラム・ダハンと、テキサスの牧師一家かな。

でも、肝心のメシアが色んな所へ行っちゃうので、どちらも置いて行かれそう・・。

今後の展開でも意味のある存在でいられるといいけど。

 

ちなみにダハン役のTomer Sisleyは元々フランスでコメディアンをやってた俳優さんみたいです。へぇ、ちょっと意外。

(ユダヤ系の両親を持ち、ドイツで生まれて今はフランス人。)

 

その他の登場人物も若手以外はほぼよくお見かける俳優さんなんですよね。

大御所ジェフ・ブリッジも出てたし、ベテラン女優のジェーン・アダムズもグレイヘアの女レポーターとして出てました。

 

 

さて、4話以降がまた楽しみですよ~。

今後はどんな風にテーマを寄せてくるのか。

メシア氏がまた惨事の起こる場所に現れて人を救い、当局に捕まってまた逃げる・・。

そしてまた別の土地へ瞬間移動~。

その繰り返しでラストまで・・はあり得ないですよね?どこからか彼のしてる究極の目的や使命の意味が見えてくるはず。

必ずや納得できるオチと全てをまとめ上げるテーマ、ドラマ性を見せつけて欲しい!

頼みますよ~。

次は最終回まで見た感想・解説です。



「メシア」最終回まで見たネタバレ感想・解説

 

全話見終わりましたが、面白かったですよ!

3話の時点で書いた記事ですけど、全然心配要らなかったじゃないですか。

あれはやっぱり序章でしたね。それ以降にしっかりテーマに迫るようなエピソードが続きました。

 

とはいえ、ガッチリ確実にテーマを掘り下げるというよりは、チラ見戦法に近い形で若干じらし気味。

結局シーズン1では肝心なことは解き明かしてくれませんでした・・。

シーズン2までの間に、自分で見たことを頼りに自分自身で考えろってことでしょうか。

それとも分かる人には分かるのかな。

 

でもやもすれば、おとぎ話的なドラマにもなってしまいそうなところを、役者さんたちが緊張感のある演技で惹き付け続けてくれました。

この張り詰めた空気感が成功の鍵だった気がします。

絶望と希望、その両極を行ったり来たりするので、ピーンと張り詰めた土台作りが必須でしたね。

その上に災害やテロの脅威などが随所に差し込まれ、さらに緊張感を高めてました。

 

メシアはもうメシアでいい気がする

彼がメシアか詐欺師か、マジシャンか、テロリストか、云々ですけど、もうメシアで決定でいいですよね?

飛行機墜落したのに生きてるし、死んだ人を生き返らせるっていうのなら、手品じゃないでしょうし、メシア決定でいいでしょう!

 

ただし、気になる事柄がいくつかありました。

 

兄が胡散臭い

登場した兄がまず怪しかったし、語り口調も胡散臭かった。

反米国家イランで生まれ、両親死後は叔父に育てられイリュージョンを教えられたってことでしたけど、一体どんなイリュージョンよ?

水の上を歩いたのもイリュージョンだと言いたいんでしょうけど、そしたらペンの手品じゃなくて、そのトリックを教えてくれなくちゃ。

 

精神病院のこと

自分はメシアだと思い込んでいたが為に入院させられたというなら、今と同じ状況なのであんまり気にしなくていい気もします。

最近は病院の代わりに、よく刑務所に入れられちゃうけど。

 

オスカー・ウォレスとの関係

これが一番微妙でしたね。

反資本主義を掲げ、市民に抵抗を呼びかける本「文化のテロリスト」をウォレスはゴルシリの為に書いたって言ってましたよね。

金や欲で動く社会に疑問を呈し、その状況を打開するには健全な混乱が必要と訴える本。

ってことですけど、メシアはその目的の元に混乱を引き起こしているんでしょうか。

 

まぁ、昨今資本主義も行き詰まりを見せ、多少の修正が必要ではという声は私達の周りでも聞こえますよね。

 

大統領に世界中の駐屯地から米軍撤退を要求

え~っと、そんなことしたらロシアや中国がやりたい放題になりませんかね?

実際、1992年にフィリピンから米軍を撤退させたら、中国が巨大な軍事基地を人工島に作っちゃいましたよね。

ロシアもクリミアを獲っちゃったし。

中東に及んではどれほどの混乱になるのか・・。

 

なのに、この大統領は東欧からの完全撤退を考えてるようですよ?!

ん?素直過ぎない??なぜ?

(爽やかイケメンだったダーモット・マローニーも大統領役をやるほどの年齢になったのね~。今年56歳だそうです。)

にしても、米軍が世界から撤退したら何が起こるの?

モルモン教徒の大統領という設定にも何か意味があるのでしょうか。

 

その他、メシアが彼を慕う民に向かって御言葉を告げたりする場面が何度かありましたけど、毎回よく分からなかったんですよね。

頭にスッと入らない感じで。

もっと感覚的に聞かないといけないのかしら・・。

 

彼がメシアだとしても、疑問に思うこのこと!

銃弾に倒れた子は助けるのに、なぜ病気の子は治してくれない?

これですよね。

病気の女の子は見てるだけで辛かったし、お母さんの心情を思うと何とも言えない・・。

「ウォーキングデッド」のベス役では少女だったエミリー・キニーですけど、もう34歳なんですね。

しっかりお母さんに見えました。

 

飛行機事故で死んだ人を生き返らせるのに、病気は退治してくれないというのはどういうこなのかしら。

そして、あの時ホテルの部屋で少女に何を語っていたの?

少女は亡くなってしまったので、今後それを知ることもないのでしょうか。

 

お父さんも本当に気の毒。最後の時間をもっと一緒に過ごしたかったでしょうに。

 

レベッカにはどんな運命が?

どうも、メシアが突然テキサスに現れて台風から彼女を救い、教会を救ったのは、レベッカが特別な運命を背負う少女だったからみたいです。

残念ながら、お父さんのフェリックスは関係ないみたい。

 

最後にメシアが誘拐され、大きなステージに立ち「彼と共にあればあなたは救われる」と語った彼女ですが、癲癇の発作を起こして倒れてしまいました。

レベッカは今のところメシアに完全に心を奪われてる様子ですが、それ以外に運命を感じさせる要素はないですよね。

 

一方、もう一人の運命の少年ジブリルは

「君には光が宿る。だが神の試練が待っている。」

とメシアに言われたシリアの少年は、明らかに何かの役割を背負っているように見えました。

平和的な方法でイスラエルへの国境を越え難民を救ったし、あの爆弾も生き延びた様子。

衝撃の爆弾シーンでは、それぞれの民衆に語ろうとするレベッカと、ジブリルがシンクロするように映し出されますので、この二人が今後、運命の糸に手繰り寄せられる可能性もあるのかな?

 

気の毒に、あの時ヨルダンに向かってしまった親友の彼はテロリストにされてしまいました。

しかも、自分でボタンが押せなかった場合に備え、遠隔でも起爆できるようにしてあったなんて酷すぎる!

同胞なのに、イスラエルに亡命した仲間をころすのか・・。

 

エヴァの事情

これは完全にミスリードを狙ってましたよね。

3話くらいまでは彼女が重い病気を患ってるのか、不妊治療してるだけなのかわざと分かりにくくしてませんでした?

この脳のスキャン画像の直後に、病院にいる彼女を映して、医師が「あなたの健康状態を把握しなければ。」って言うんです。

紛らわしい。(ちなみに、このスキャン画像は担当裁判官のものでした。)

 

で、エヴァについて分かったのがずっと

  • 不妊治療をしていた
  • 死んだ夫の凍結精子を使っていた
  • 4度の流産後、諦めることにした

 

繰り返す流産で気持ちが折れたのか、それとも精子がなくなったのかは分かりませんけど、父親が「諦めるな」的な事を言っていたので、やっぱり気力が尽きてしまったのかな。

エンドメトリンというのはプロゲステロンを補充する形になるようなので、着床の継続を助ける為みたいです。(流産を防ぐ目的)

 

エヴァは愛する夫を亡くした喪失感と繰り返す流産とで深い絶望にあるようですが、どうやらこれがメシアを追う原動力になってるみたい。

彼女の絶望が深ければ深いほど、メシアを疎ましく思う理由に繋がり、この男の正体を暴き、しっぽを掴んでやろうと躍起になる・・。

もう一方には、辛い現実から逃れるように仕事に没頭したいという気持ちもあるのかな。

 

アヴィラムとそういう関係になったのも、絶望した者同士の引力でしょうか。

 

そして、彼女が「Q」と呼んでいたカマルが自爆テロに巻き込まれて死んでしまいました。

上司に「あなたが防ぐべきだった」みたいなこと言われてましたけど、結構キツいですよね。

 

これでまたメシアを憎む理由が一つ増えたかも・・。

 

政府の人間が裏切った

このオヤジの役職はなんでしょうかね・・。

CIA長官?国防長官?その辺見逃したかもですが、この俳優さん、マイケル・オニールがサスペンスに出てくると99%の確率で悪役なんですよ。

とにかくこの政府の権力者がマスコミにメシアの素性をリークし、イスラエル諜報員達もろとも飛行機をぶっ飛ばしメシアを始末しようとしたわけですね。

そこまでする?!

まだ犯罪を起こしたわけでもなく、イスラエルに送られたら一生牢屋から出れないであろう人間をわざわざやる?

しかも他の人間を巻き込んで?

どんだけ脅威を感じてるのか分かりませんけど、随分無謀なやり口でした。

 

それにしても飛行機のエンジンが爆発した瞬間は怖かった~。

私飛行機恐怖症なので、こういうシーンはもうダメなんですよ。

死を覚悟したアヴィラムは娘に電話しようとしてたのか(スマホ繋がるのかな)、写真が見たかったのか・・。

そして、自分の母をころした男の息子に復讐を果たしたことについては「すまない」と謝罪の言葉が出ていました。

 

あの少年を処刑する所も見るに堪えないシーンでしたね。

14歳の少年とその父親の犯した罪は別物でしょうに。

 

ちなみに、アヴィラムの背中にあった酷い傷跡は少年時代に爆弾テロに巻き込まれて負ったもののようでした。

あの時に一緒にいた弟は死んでしまったのか・・。

いずれにしても、どれだけ血塗られた生い立ちで傷ついてきたのかを考えると、アヴィラムの信じがたい行動にもある程度の説明がつくのかもしれませんが、ただやっぱり無抵抗の子供を傷つけるのは問題外だわ。

 

そして、墜落した場所ですけど、砂漠の中であそこだけ赤い花が咲いてましたね。

 

これも何か意味があるんでしょうか・・。

生き返らせたアヴィラムの仲間からは完全にメシアを崇拝の目で見られてましたけど、アヴィラムに何か変化はあったのかな。

 

そんな感じで、シーズン1は終わりです~。

今後このメシア氏がどんな混乱を世界にもたらし、彼の目的を果たしていくのやら・・。

少しずつ、おとぎ話的方面に寄せられていくのか、はたまた理想とは程遠い残酷な現実を見せつけられるのか・・。

はたまた、ミラクルな争いのない平和な世界へ突っ走っていくのか。(なさそう・・)

 

っていうか、これシーズン2はあるんでしょうね??

これでなかったらショックだわ。

現時点では、まだ更新は決まってないようですが、1か月くらいのうちにどうなるかが決まりそうです。

 

「メシア」の評価は?

配信開始から4日後の今日の時点でIMDbは7.9。

もっと高くてもいい感じですが、もう少し上がりそうです。

というのも、おとといくらいまでは6点台だったんですよね。

こうした政治的、宗教的な物語の場合、まずアンチの人が見もしないでうわ~っと0点をレーティングするんです。

その後一般の人が普通にレートを付け始めるので少しずつ上がっていくというパターン。

ウィッチャーとは全く逆の動きをしています。あれはファンの人が始めにうわ~っと高得点を付けた後、少しずつ下がっていきましたからね。

 

といっても、やっぱり信じられないのがRotten Tomatoesの批評家評!

何これ??

33%はいくら何でもおかしくないですか?

「ウィッチャー」の50%台も変でしたけど、なんだろね、Netflixに恨みでもあるんだろか・・。

一般評の90%というのも、もう少し上がりそうです。

 

というわけで、シーズン2があるならこの調子で少しずつ物語を構築していってくれたら面白いものが期待できそうですよ!

ただ、シーズン1の時点では今後の展開を考えずにとりあえずここまでは書いてみた・・だと心配ですが・・。

 

面白かったですけど、ここまでの物語はある程度は想定内とも言えるかも。

メシアが派手な活躍でソーシャルメディアを賑やかせ、政府を巻き込んで大騒動になった後、その評判を一度地に落とす事になるのは普通に読めますからね。

だけど、実は本物なのよ~んという劇的な見せ方も、最後の飛行機事故という派手なシークエンスで見事決めてくれました!

なので、問題はその後の持って行き方ですよね。ここからが難しそうです。

私としては、なぜ病気の女の子を助けてくれなかったのか、その辺に納得できる説明を求めたいところです。

ではまた~。

「YOU-君がすべて-」シーズン2 こちらが一杯食わされた!最終10話まで見たネタバレA感想 「YOU~君がすべて~」シーズン2を全話見たアニスの感想です。(途中までネタバレなし) YOU全感想 シーズン1 シーズ...

https://www.annicedrama.com/entry/witcher01

\クリックで応援ありがとうございます!/

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    誰も彼も助けるわけではなく人間の判断を超えた神の使者としての何らかの基準で助ける助けないを決めているところがかえって神秘的で
    考えさせられました。
    season2があると知って凄く楽しみです。劣化しないでレベルアップして行って欲しいです。

  2. annice より:

    なるほど。
    メシア的に何かの基準がありそうですね。それを知りたいなぁ~。
    あ、すみません。シーズン2はまだ更新されるかが決まっていないそうです。
    1か月くらいしたら、シーズン1の反響を見て判断されると思います。
    あるといいですね!

  3. 海外ドラマ好き より:

    イスラム教徒の怒りを買って、試聴してないひとがネガティブ評価つけまくったみたいですよ

  4. annice より:

    やっぱりですか。そんな感じですよね。
    アメリカがイスラム世界を描くといつも反感買いますよね・・。

  5. raga より:

    うーむ、何一つ解決してない。これからどう展開するんでしょ。病気の少女もそうやけど、神父の奥さんが一番可哀想と認定。

    おかんがあの人どういうたらええんか分からへん言うねん。
    わからんの、それ、どんな特徴か教えてみてよ。
    イスラム系の長髪で銃弾食らった少年を助けた人やいうねん。
    それはメシアやないかい。間違いないわ。
    でもな、おかんが言うには、その人のお兄ちゃんが手品教えてもろてたらしいわ。
    それやったらメシアちゃうやないかい。それはいわゆるペテン師やで。オレはユリゲラーって超能力者やないとふんでるからね。それと一緒。メシアちゃう。他なんか言うてなかった?
    おかんが言うにはその人飛行機から落ちても無傷やった言うねん。
    それはメシアやろ。ジャックバウアーでも飛行機落ちて助かったけどかなりの痛手やったからね。でも数分後には全力疾走してたからこいつもメシアちゃうかとオレは睨んどるんよ。
    でもな、おかんがその人メシアちゃう言うねん。
    おかんがメシアちゃう言うんやったらメシアちゃうやろ。
    オレが「24」のエピソード言うてる時、どない思ってたんや。
    ごめん、おとんが言うにはMr.マリックや言うねん。
    それはちゃうやろ、もうええわ。

    ミルクボーイの漫才のように揺さぶられたドラマでした。

  6. annice より:

    うわ~、ミルクボーイの漫才ってそんな感じなんですね?テレビを見ないので、知らなくて反応薄くてすみません。

    確かに神父の奥さんもヤサグレてましたね。あれだけ旦那に振り回されてなんのこっちゃ!ってとこでしょう。
    離婚しないだけでもエライ。

  7. すずき より:

    好きなドラマがけっこう被っているアニスさんが取り上げていたので見ました(私はネトフリのみですが、チェルノブイリは無料期間で見られました。ありがとうございましたm(_ _)m)
    メシア、案の定よかったです(^^)
    死んでしまった女の子は、全ての人の病気を治療していたらみんな押しかけてそれだけになってしまうので、人には定められた寿命があって、それを運命として受け入れるという解釈はあれはあれでいいと思いました。その采配は神のみぞ知る。
    エヴァに関しては私も勘違いしました。調べたら、ホルモンバランスの乱れで抜け毛が起こることはあるらしいですね。
    Daigoなどのメンタリストの能力をみると、ゴルシリが過去を言い当てたりするのも何かトリックがあったりするのかなとやや疑いがありましたが、ホワイトハウス前の水面を歩くのはイリュージョンとして結構難しいのではないかというのと、竜巻で教会だけ残るっていうのは偶然ではありえないなと思いました(公共施設は頑丈ということも考えられますが)。
    しかしロッテントマトの点数は酷いですね。
    信頼性がなくなりました。
    拘る方ではないので、ヤフーの評価なんかも見て選んだりしますが、
    アニスさんのが一番参考になります。
    ベスト50にマイナーなゴッドレスが入ってたのが嬉しかった(^^)

  8. annice より:

    嬉しいお言葉ありがとうございます。^^
    励みになります。
    そうなんです、私ゴットレスが無性に好きなので、結構推してます。

    私もメシアが本物かどうかはすずきさんと同じ感じで捉えてます。本物で間違いないと思いますが、彼の人助け基準をどううまく説明してくれるのかが今後楽しみですね。

    ロッテン・トマトはウィッチャーも酷かったんですけど、全話をしっかり見ないでレーティングしてる批評家が多かったことで問題になってました。
    批評家も映画の何倍もあるドラマを全部見るとなったら実質難しいでしょうからね。
    また今後もよろしくお願いします!

海外ドラマ好き へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA