その他テレビ

「キリング・イヴ」サクサク見れて面白い!第一話を見たA感想(ネタバレなし)

f:id:Annice:20190127225530j:plain

「キリング・イヴ」第一話を見たアニスの感想です。

えーっとですね~、WOWOWが日本最速で独占放送する「キリング・イヴ」が見たくてで少し前に加入した訳なんですよ。(もちろん全豪も見てたけど。なおみちゃんおめでとう!!)

それに、このドラマと言えば主演のサンドラ・オーがエミー賞の主演女優でノミネートされましたし、今月のゴールデン・グローブでは司会も務めたうえにアジア人女優として見事受賞も果たす・・という快挙だった訳ですよ。

私もサンドラ・オーがどんな演技をしてくれたんだろ・・と楽しみにしてた訳ですよ。

 

なのにですよ、今HPで先行無料配信中の第一話を見てびっくり・・!

あれ~!吹き替えってどういうこと~~~~!???

 

これにはガックシ来ましたよ・・。

ほら、サンドラ・オーって韓国系のカナダ人ですよね。

でもこのBBCアメリカが製作した「キリング・イヴ」はヨーロッパが舞台で、特に主役のイヴはMI5で働くエージェントという設定。

へぇ~、ということはイギリス英語話せるのかな?とか、興味津々だったわけですよ。

 

なのに吹き替えじゃ、もうイギリスの独特のユーモアもニュアンスが伝わってこないし、演技もどんな感じなのか分からない!

うわ~、これじゃ感想書けないってば~。(って無理やり書くけど)

 

ただね・・、吹き替えの声優さん方がすごく良かったので、結果から言えばかなり面白く見れてしまったんですけどね。


登場人物とキャスト

f:id:Annice:20190127215836j:plain

殺し屋を追う捜査官イヴ・ポラストリ

サンドラ・オーと言えば「グレイズ・アナトミー」ですけど、私はこのドラマを見たことがないので、今回がお初サンドラでした。

こんなにコメディタッチが板についてる女優さんとは驚き・・!

「自分はアジア系だし主演に抜擢されることなんてないと思い込んでいた。」と語っていたらしいのですが、見てみると「なるほど~、いい味だしてるわ~。」と彼女が器用された理由が分かったような気になります。(でもさ、英国MI5のエージェント役にカナダ人女優って思い切ったわよね・・)

今年47歳ですよ。円熟のおばちゃんの味わいが何とも言えず逆に新鮮。

愛嬌のある表情も狙ってるのか、まんまなのか・・。

 

f:id:Annice:20190127221344j:plain

美しく冷酷な暗殺者ヴィラネル演じるのはJodie Comerというイギリスの女優さん。

どっかで見た顔だなぁ・・目が少し離れてて・・、とずっと思ってたんですが、この方でした・・。

f:id:Annice:20190127221606j:plain

英BBCのドラマ「13 サーティーン」の被害に遭う少女。

うわ~、化けた~。

今回は勝気な表情で、嬉々として人を殺していきます。本当、化粧って大事ね・・。

 

f:id:Annice:20190127215821j:plain

ヴィラネルへ指令を伝える男コンスタンチンは「ブリッジ」でお馴染みのキム・ボドゥニアが演じます。印象全く変わらずだけど、今回は悪役ね。

 

とにかく見やすくてテンポがいい!

1話だけだし、それも約40分と短いので感想を書くほどの内容はなかったんですけど、無理やり書くとすれば「すっごく楽しくて見やすい!」ってことでしょうか・・。

軽快な音楽に乗せて、ノリノリでポンポン話が進みます。

内容も単純明快。

「調子に乗って殺しまくる美人暗殺者をMI6のイヴが追う」という、これだけ。

切れ味よくスタイリッシュな語り口なので、軽妙で娯楽性もあって分かりやすい。

さっそく1話で2人が偶然会うシーンがありましたし、お互いを意識した逃走劇は映画の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に近いのかな・・?

これを一体どうやったら全8話の間に主演女優を獲得するほどのドラマに昇華させるんでしょうかね。

通常批評家が好むのは、重くてシリアスなテーマ性のあるドラマですからね。

こうした娯楽性を保ちながら、2人の対照的なキャラを掘り下げ、テーマ性を打ち出していくのは結構難しい作業だと思うんです。

その辺は今後の脚本にかかってくるのかな・・。楽しみですね。

 

イギリスの自虐ユーモア最高

MI5の同僚や上司との掛け合いも笑えるし、いいですね~。

「ボケ」と「突っ込み」じゃなくて、どっちも軽い「ボケ」なんですよね。しかもお互いに分かっててやってる的な・・、大阪の笑いに近いものを感じます。

これに強烈なイギリス訛りが加わってbloodyが連発すると最高なんですけどね・・。

サンドラ・オーはその辺どうなんだろ。吹き替えじゃ分からないんだなぁ・・。

 

余談ですけど、1話を見て気になったのが、女暗殺者が「ぺちゃパイ」という証言ですね。

f:id:Annice:20190127230424j:plain

普通にぺちゃパイ違いますよね。

まぁあの時さらしみたいなのを着てたし、セクシーボンバーなロシア女から見たらそうなのかな・・。

ここって大事なポイントになっていくのかしら。(ならんと思う)

 

というわけで、WOWOWでの本放送に字幕版がありますように。というか、私はオンラインの見逃し配信で見るので、そっちが字幕版でありますように!(←吹き替えと両方ありました。)

 

では、また感想書きます~。

「キリング・イヴ」最終回を徹底考察!!ネタバレA感想 どういうこっちゃ! 「キリング・イヴ」を全8話見たアニスのネタバレ感想・考察です。 うわ~、最終回見終わりましたけど、全然終わる気なかったじゃ...