アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ25年、国際結婚15年のワーキングマザーです。Netflix、Hulu、アマゾンを中心に感想・考察書いてます。

「ホームランド」シーズン7がイマイチだったのは・・。最終(12)話まで見た感想(ネタバレ)

f:id:Annice:20180613102217j:plain

いよいよ最終回を迎えた「ホームランド」のシーズン7ですが、ラストに向けどう盛り上がって行くのでしょうか!

 

うーん・・、最後に解放されたキャリーはヘロヘロになってましたね。ソールのことも分からないようだったし、あのギョロ目はすごかった。例によって完全に女を捨ててたわ。

それにしても、二極性障害って薬(リチウム)を飲まないだけで、あんな風になるのかなぁ・・。

キャリーの場合はちょっと普通とは違うのかも。

まぁ、ドラマなので極端な描き方をしてるんでしょうね。

f:id:Annice:20181006131545j:plain←シーズン7がアマゾンでレンタルできます。全話だと格安。 

では、最後の数話を振り返ってみたいと思います!

スポンサーリンク
 

 

ダンテ死んじゃった

やっぱり、これは予想通り。

カマキリ女キャリーと交尾した男はみんな死んでしまうのです・・。(あ、クインはしてないけど・・)

可哀そうなダンテはなんと毒を盛られ心臓停止して病院へ搬送。なんとか生き延びたものの、ロシアのウルヴァリンに窒息させられ死んでしまいました・・。

あの瞬間、キャリーに助けを求めたのはどうしてだろ。

最後に一縷の望みに賭けたのか、死ぬと分かっていても奴が来たことを知らせたかったのか。

 

ダンテを演じたモーガン・スペクターは好印象だったけど、もう一つでしたね。

いい奴なのか、悪い奴なのかの内面描写が中途半端で、見ているこちらも憎んでいいんだか、同情していいんだか微妙だった。

知的な正統派の雰囲気が漂い過ぎて、鬱屈したダークな部分があんまり感じられなかったわ。(あのムスっとした顔は可愛かったけど。)

例えばペイリー議員役のディラン・ベイカーなんてやっぱり熟練の役者で上手かったですよね。

都合のいい正義を振り回しておきながら、自分の身が危うい場面では身を挺すほどの勇気はない卑怯者を絶妙に演じていました。

 

あ、そうそう、副大統領役のボー・ブリッジズも良かったですね~。

有名な映画俳優なので、ただのお飾り副大統領役には終わらないだろうと思っていたら案の定、しっかり見せ場が用意してありました。

やっぱり「ホームランド」はソール役のマンディ・パティンキン始め、熟練のオヤジ達がクオリティの高い世界を作ってるんですよね。

 

ただなぁ、キャリー役のクレア・デインズは顔が崩壊寸前なのが残念なのと、あの精神疾患を表現する大仰な演技が少し浮いてきちゃった感じですかね・・。

シーズン1みたいにドラマ自体に力強さと緊張感がある時ならそれでよかったんですけど、今の感じだとやり過ぎに思えてきちゃう。

いまさらシーズン7でまたそこ行く?・・という気もするし。

 

それからクインが抜けた後はやっぱり若手が弱いですよね。

マックスは最高だけど、他にイケメンで存在感のあるメンズが必要だろうなぁ・・。

シーズン8は大丈夫かな・・。

 

キャリー、娘を手放し、自分らしく生きる道を選ぶ

これはこれで良かったですよね。

キャリーは結局あの生き方しかできない女性だし、子供のために方向展開しようとしても結局できなかったんですもんね。

母親として辛く悲しい決断ですけど、赤ちゃんの時から叔母に育てられてきたフラニーにとっては自然な形で安定した家庭を得られるし、それが何よりだわ。

 

ただ、2週に一度の面会を姉に許してもらったというのに、その直後に7か月ロシアに拘束されるって・・。キャリーの選んだ世界は壮絶だわぁ・・。

スポンサーリンク
 

 

ロシア怖い~!

凄いですね~、ロシア!

たった一人の高官(ヤクーシン)の懐事情が危うくなっただけで、軍隊みたいのがどわ~っと出動してましたよ!

GRUに乗り込み暴れまくってましたけど、本当にあんな国なんでしょうか。

あの緊急事態の最中にいて、「あなたも殺されるわよ!」と怖い顔のキャリーに脅されたらさすがのシモーヌも震え上がりますよね。

可哀そうにウルヴァリン・・。愛していた女にサクッと逃げられてしまいました。

 

それにシモーヌに成りすましたキャリーの捜索も怖かった!

キャリーを見つけた途端、ウルヴァリンは完全に殴ってるし・・。(キャリー、いつも思うけど黒のカツラが似合わないなぁ・・。)

 

これじゃ拘束された後には一体どんな拷問が待っているの?!と一瞬焦りましたけど、さすがに国際法違反になるだろうし、いまどき拷問なんてできないのでしょうかね。

キャリーの薬を取り上げる・・という地味な方法で彼女を追い詰めるようでした。

 

キャリーも色仕掛けで世話役の男を操ろうとしてましたけど、見事失敗。

うーん、そもそもセクシー路線じゃないしなぁ・・。

 

大統領は辞任を決意

もう、いったい何なのよー!

と突っ込みを入れたくなるほど、気がコロコロ変わる大統領ですね。

まぁ、最後はたまたま正解のところに着地したから良かったけど、あんな不安定なオバサンが大統領では国民も安心していられませんて。

とりあえずはハッピー・エンディングってことでシーズン7の締めはいいのでしょうか。

 

ホームランド大丈夫か??

でもなぁ・・。

今シーズンはあんまり面白くなかったかも。

普通のドラマに比べたらもちろんクオリティは高いけど、これまでの「ホームランド」と比べるとやっぱり物足りなかったかな。

クインのような魅力的なキャラが抜けた後の喪失感は大きいなぁ・・。

爺2号のダールは現在服役中で、今回はチラッと特別出演的な感じで顔を見せただけだったし、憎まれ役のダールもいないと何となく寂しいですよね。

 

それと、今シーズンがもう一つ盛り上がれなかった決定的な理由はズバリ、エリザベス・キーンというキャラのカリスマと魅力不足だったと思います。

だって普通にムカつくんだもん、彼女。

独善的でヒステリーなうえに、寛容さに欠ける。

最後ペイリーに対して唾を吐きかける、とか下品だし、見ていて不快。

女性大統領が誕生したら、こんな感じ?と嫌なイメージを植えつけましたよね。

 

これがもし「24」に出てくるような、窮地に追いやられた「理想の大統領」だったとしたら、危険を顧みずにロシアに飛び込むキャリーたちの活躍の意義も大きくなってくるし、こちらも大いに盛り上がって応援できたんですけどね。

その根本の「大義」となる人が弱かった・・。

あとは、単純に顔が好きになれなかったわ、エリザベス・キーン・・。

 

【追記】

とはいえ、ソール役のマンディ・パティンキンがエミー賞2018の助演男優にノミネートされていましたので(受賞はならず)、ドラマ自体の評価もやはり高かったという事ですよね。

やっぱり私の期待値が高すぎるのかなぁ・・。

2018年10月、huluでシーズン6まで見放題。↓

 

シーズン8はどうなる?

最終シーズンになる8ではあのヘロヘロキャリーがしっかりした療養期間を経て、復活してからのスタートになりそうですね。

ボー・ブリッジスの新大統領が見られるのかな?

 

正直、もう大統領を巡る政治話しは退屈なので、またキャリーには世界の危険地域で思いっきり活躍して欲しいかな。

ただ、クレア・デインズも今2人目妊娠してるらしいし、その後の子育ても大変だろうなしなぁ・・。また国内での話になりそうだな。

 

そういえば、今シーズンになって突然現れた「キャリーチーム」のイケメンが生き残ってましたね。

特にアンソンはロシアでキャリーと逃げた後、車ごと突っ込んでましたけど捕まらなかったのかな?(その後、大統領と普通に握手してたけど)

あのイケメンチームとマックスとキャリーがいたら、またアメリカでどんな危機が迫っていようと戦えそうだわ。

それに官邸から支えるソールがいたら最強かな。

そんな感じで、シーズン8は「ホームランド」らしさ炸裂で、有終の美を飾って欲しいところです!