読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ歴20年~。今日も勝手な感想をブツクサ書いてます。

ヴァイキング~海の覇者たち~ 見るのがつ、つらい・・。シーズン4 19話の感想(ネタバレ)

f:id:Annice:20170428220421j:plain

はぁ、はぁ・・。

もう5分見るのにすっごい気力がいりますわ。

しんどすぎる・・。

 

いつグロシーンが飛び出すかわからない恐怖はゲーム・オブ・スローンズに匹敵するほどですね。

 

何度も言ってますけど、私グロシーンがダメなんです。

ウォーキングデッドはどんんだけぐちゃぐちゃでも全然平気なんですけど、人間が痛かったり苦しかったりするシーンがダメなんですね。

特に子供がそんな目にあったら、もう即そのドラマは見るのやめます・・。

 

なんて言いながら、結構ゲーム・オブ・スローンズもウォーキングデッドもそういうシーンは飛ばしながら見続けちゃってますけどね。

スポンサーリンク
 

ウェセックスの面々

今回ヴァイキング達がイギリスのウェセックスに向けて攻め入ろうという場面ですけど、なぜか急にエグバート王の息子エセルウルフがキャラを変えてきました。

 

これまで屈折した怒りを抱えながら生きる若者っていう描き方だったのに、ここに来て、父の愛を求める息子になってみたり、はたまた、自分もすごくいい父親なところを見せてきたり・・。

なんだかちょっと好きになってきましたよ。

だって、妻の不貞でできたアセルスタンの息子に、「お前の父親は信仰心の篤いすばらしい男だった。だから誇りに思って、尊敬しなさい。」なんて言えます?

そんな息子も「あなたも父親として尊敬してる」なんて言っちゃう可愛い子ですよ。

 

もうね、これから残虐なヴァイキングがやってきて、惨殺されちゃうかもしれない人たちをこんな風に描かれたら、もう怖くて怖くて見てられません!

 

それにエセルウルフやエグバート王にしたって、普通に殺されるならいい方で、エラ王みたいな殺され方をするかもと思ったら、もう心配で見てられませんからね。

 

なので、まぁ次を見るのが怖い怖い・・。

 

とりあえずは、エセルウルフが軍を率いて戦いに向かっていましたが、どうか苦しい思いをせずに死ねますように・・。

なんて変な祈り方しちゃうし・・。

 

ラグナルの息子たち

一方のヴァイキング側ですけど、調子良さそうですね。

狡猾で策略家的要素がありそうなアイヴァーが、兄弟たちに戦い方の提案をします。

 

ビヨルン、体が大きくてまっすぐな青年と言う感じですけど、戦術家というタイプじゃないですよね。

アイヴァーの提案に神妙な面持ちで、

「それが上手く行ったら、グッドアイディアだということだし、失敗したら全滅だな・・」と普通のことを言っていたのがハマりました。

 

で、まぁ結果的には地形をよく心得た上で戦術を練っていたようで、面白いようにイギリス軍を追い詰めていきます。

エセルウルフも後がありません!

というところでまた次回~~!

 

はぁ・・、次の回見れるかな・・。

また戦闘シーンで痛そうなのが続くとしんどいですわ。

どうか、このウェセックスの家族がひどいことになりませんように。

特に息子たちにまで被害が及ぶことがありませんように・・。

 

その他のグロシーン

もうね、あれ誰でしたっけ?

今回、カテガットを襲った顔に傷がある人。

あの人、豚の丸焼き機で拷問にかけられてましたけど、もう見れませんでしたわ・・。

しかも、あんなひどい拷問を妻に見せるなんて!

 

もう、ラゲルサの突っ走り方にはついていけませんね。

「首謀者を話したら、殺さないであげる。また彼女と暮らせるわよ。」

なんて言ってましたけど、既にあんだけ火傷してたらもう生きられるわけないわ!

 

で、肝心の首謀者のデンマーク王でしたっけ?あの兄弟(名前わからん)。

あの兄弟はイギリスに行ってるんですね。ということはラグナルの息子たちもいずれ裏切られて襲われるんでしょうかね。

 

今回はデンマークの姫(?)が自分でなくて、首長と結婚したことに腹を立てた兄弟の一人が、その旦那を思いっきり斧で頭をかち割るというショッキングな殺し方をして、その復讐を果たそうとした姫も兄弟のもう一人に殺される・・。

というなんとも救いのないエピソードもありました・・。

あの美しい姫のなんという運のなさ・・。可哀そうでした。

 

あとビヨルンの妻もやられてましたね。

死んでるのかと思いきや、瞬きしてたので一応生きてるようですけど、あんなに矢が刺さってたらもう死んでる方が救いです。

いつも思うんですけど、ああして母親が死んでしまったら残った子供たちはどうなるんでしょうか。

なんともやりきれないですね。

 

ということで、以上、今回も濃厚で見るのが大変な回でした。

次回は見れるのかな。。

ちょっと怖いけど、たぶん見ちゃいます。

 

追記:恥ずかしいんですけど、これまで私ずーっとエグバート王のことを、エドバーグ王って書いてました。

以前の記事はこっそり訂正しておきましたけど(遅い?)、エドバーグって言ったら往年のテニスの貴公子ですよ。

私、大ファンだったんですよ~って年齢ばれちゃいますね。

でも、それこそスウェーデンの名前だからヴァイキング側の人になっちゃうし、まずいですね。正しくはエグバート王でした。

ヴァイキング~海の覇者たち~はアマゾンプライムビデオで見れます。

2017年4月時点でシーズン4(20話)まで配信。