アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

「ミスター・メルセデス」ヘビーでグロテスクなキング節!心して見るべし! 第1と2話の感想

f:id:Annice:20180303094453j:plain

*前半はキャラ紹介など、後半は内容に触れた感想になってます。

ホラーの帝王スティーブン・キングが初めて本格ミステリーの執筆に挑み、結果エドガー賞を受賞したという「ミスター・メルセデス」が今回ドラマになりました!

手がけたのは少し前に「ビッグ・リトル・ライズ」でも成功を収めた、あのデヴィッド・E・ケリーと、「LOST」や「アンダー・ザ・ドーム」を製作したジャック・ベンダー。

うわ~、こりゃ絶対面白いって!もうすごいドラマになるのは確実ですよ!

 

と言う訳でさっそく1話を見ましたけど、もうエグいわ~・・。

いちいちヘビーでグロテスク・・。

本格ミステリーと言っても作品全体を覆う雰囲気はキングホラーに近いですね。

ほら、キングってホラーじゃないヒューマン系の作品になると全く雰囲気変わるじゃないですか。

「スタンド・バイ・ミー」「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」などの感動系の映画は大好きなんで(原作は短編だったりするけど)、ミステリーもそっち寄りだといいな~っと密かに期待してましたが、やっぱり往年のキングホラーテイスト満載でしたね。怖かった~。

(監督さんが筋金入りのキングファンらしい。)

スポンサーリンク
 

登場人物紹介

f:id:Annice:20180302234656j:plain

現在鬱鬱とした定年生活を送る元刑事のビル・ホッジズ。

2年前に起きた16人が高級車で惨殺されるという事件を解決できなかったことを気に病んでいる。ある日、その犯人から挑発的なメールが届く・・。

演じるのは「ハリー・ポッター」にも出てたブレンダン・グリーソン。

脇役が多い映画俳優さんだけど、今回はこの渋いお顔で主役張りますよ。

 

f:id:Annice:20180302235359j:plain

犯人の「メルセデス・キラー」ブレイディ。普段は電化製品の店で働いているけど、自宅地下にはすごいコンピューター設備がある。サイコ知能犯か。

これからビルとの息詰まる攻防戦が始まるらしい・・。

 

f:id:Annice:20180303000716j:plain

ビルの隣人アイダ。

いや~ん、このオバちゃん可愛い!少女のような直球過ぎる色仕掛が素敵!

時々ふと朝丘雪路に見えるんですけど、やっぱり巨乳なのかしら・・?

「自分の体に自信がある!」と裸の自撮り写真をビルに見せて迫ろうとしたところ、逆に引かれてショックを受ける。

(でも、なぜビルは拒むのかしら・・。可愛いのに。)

 

f:id:Annice:20180303001149j:plain

息子を愛するアル中母。

へぇ~、この女優さんケリー・リンチだったの、久しぶり!

59歳になってもやっぱり綺麗ね。

 

f:id:Annice:20180303001846j:plain

2話で登場するのがメアリー=ルイーズ・パーカー演じるジェイニー。

犯行に使われた車の持ち主の妹に当たる人。

メアリー=ルイーズも久しぶりなので楽しみですね。

マドンナ的な存在になるのかな・・?

 

*ここから先は内容に触れています。 

スポンサーリンク
 

冒頭の殺害シーンがエグすぎる

あのシーンは本当にショッキングで酷かったですね・・。

だから赤ちゃんはダメなんだってば~・・!もう本当勘弁して欲しいわ。

ただ、やはりここに悲劇性があればあるほど、ビルの怒りと悔しさが伝わってくるので必要な描写ってことでしょうか。

それにしても、たった数分のシーンが本当にリアルでした。

夜中から就職フェアの列に並ぶ人々の貧困や焦り、そこへ赤ちゃんを連れてやってくる若いママの窮状、寒さに震える中、お腹を空かした赤ちゃんが泣きだして、さらにはオムツからおしっこが漏れてしまう・・。あぁ、可哀そう・・。ママの切ない気持ちが痛い程分かる・・。

そして、その彼女を精いっぱい助けようとする聡明そうな青年の親切心。

ディテールにこだわるキングらしい細やかな描写で、こちらが完全に彼らに心を寄せ、感情移入してしまったところで現れるのが、どどーん・・恐怖の〝メルセデスキラー“なのですよ・・。

しかも、いいアイディアに思えた「寝袋」がトラップ的な枷になって動けない・・という皮肉な顛末もあって、「ぎゃーーー!!やめて~~!!!!」っと、こちらに胸の潰れる思いをさせる訳です・・。

 

犯人は始めから分かる

そうそう、「本格ミステリー」っていうから普通に犯人捜しのドラマかと思ってたら、1話から犯人わかっちゃうのよね。

しかも意外なほど若いし(2年前はもっと若かったってことでしょ)、あれほどの残虐行為ができるサイコ要素がどう培われて行ったのかがまだ見えませんね・・。

貧困と、母親の影響があるのは分かりますけど、あの仕掛けたビデオなんかを見るとえげつないほど屈折してそうで、この若者がいかに怒りを溜め込んでいったのかが気になります。

1話では息子に異常な執着を示す母親に対して、倒錯した性衝動があるのが分かりましたけど気持ち悪かったぁ・・。(あのササっと処理する感じが・・)

これからさらに彼の闇を掘り下げて行くのでしょうか。

 

それと、1話では完全に変態だった母親ですけど、2話では意外にまともな母であることがわかりました。

彼女なりに息子の異常さを感じ取っているようで、地下室で何をしているのかと心配している様子。

ブレイディは「新兵器型リモコンを開発している」と嘘をつき、母を安心させようとしてましたけど、あれで騙されてしまうのが悲しいなぁ・・。

それにしてもケリー・リンチが随分痩せてましたよね。

ガリガリでしたけど、あれって役作りで痩せたんですかね?映画じゃなくてドラマで役作りして体を変えたのなら相当な覚悟だなぁ。

スポンサーリンク
 

ビルの今後

2話の最後にビルが「Let's play」とクールに挑戦状を受けて立ちましたけど、今後はハードボイルド的な感じになるんでしょうかね。

あのむさ苦しさからするとそっち系ですよね。

ハイテク知能サイコと戦うにはビルの機械オンチがちょっと心配ですけど、そこは芝刈り担当のジェローム君の潜在能力にかかってるんでしょうか。

何気に彼、ハーバード受かったって言ってましたもんね。期待できそうです。

 

2話でジェイニー登場

やっぱりメアリー=ルイーズ・パーカーは目が印象的でいいですね~。

大きくて可愛いだけじゃない意志を感じさせる「目力」が彼女の魅力ですけど、あの目で「姉を苦しめた犯人を捕まえたい!」と声高に断言されると、おっ!やってくれるかね?!と嬉しくなりますね。

芝刈りジェロームが「ワトソン役やるよ~」的なことを言ってましたが、それは彼女のものになるのかな?

 

それにしても、彼女の登場でドラマが一気に華やかになりました。(ビルとあのオタクサイコだけじゃ、むさ苦しいもんなぁ・・。)

アイダも華と言ったら華だけど、ちょっと熟成しすぎて強烈だしね。

でもアイダ好きですよ~。

「魚を買いすぎたから、今夜は変なケーキ解凍しなくていいからね!」っていうツンデレなディナーのお誘いが素敵です。

ビルが銃で少年を撃ちそうになった時には、すかさずアルコールの事を心配したりと機転も利くので、今後ビルの相談役として何気に活躍していくお方かもしれませんよ。

 

無理やりに謎を考えてみる

2話までの情報の中から無理やりそれ以上を掘り下げようとしてみれば、気になるポイントをいくつか挙げることができるかもしれません。

 

●ブレイディはただの残忍なサイコパスなのか?

●見た目通りの無差別大量殺人だったのか?それとも、実は特定の誰かを狙ったものだったのか?

●メルセデス高級車や、その持ち主が誰かということに意味があったのか?(持ち主は自殺したそう)

●なぜブレイディはその後2年間再犯することなしに、今回ビルにコンタクトを取ったのか。

●ビルを監視するほど執着する理由は?

●あのブレイディの自宅地下の設備は何のためなのか?

●ブレイディは本当に大学へ進学する気があるのか?それとも他に目的があるのか?

●ビルへの挑発は単なる余興なのか?その裏に何かが隠されているのか?

 

やっぱり「本格ミステリー」という以上は始めから用意された仕掛けがいくつもあって、今後私たちを度々仰天させてくれるものと期待してますので、これらのポイントに注目していきたいですね。

 

まだ序盤なので設定説明が続いている感じですけど、それでも冒頭の殺害シーンは凄まじかったし、ブレイディとビルの内に秘めた鬱屈した怒りもフツフツと感じさせて、これから幕を開ける2人のガチンコ対決がメチャメチャ楽しみになってきました。あ~、もうどんな話が待っているのか待ちきれない・・!