読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ歴20年~。今日も勝手な感想をブツクサ書いてます。

ヴァイキング~海の覇者たち~ シーズン4 11話、12話、13話を見ての感想(ネタバレあり)

ヴァイキング~海の覇者たち~

f:id:Annice:20170318221004j:plain

シーズン4は20話構成ということで、10話が終わったところで休止期間がありました。

ただ、ここまで見てきて思うんですけど、シーズン4も10話でよかったんじゃないですかね?

前半は冗長的なエピソードも多くて、少し間延びした感じがありました。

 

特にイギリス側のエドバーグ王たちの話はどうでもいいわ・・。

息子の嫁に手を出したりひたすら気持ち悪いし、なんかセットも安っぽいし、興味を引くキャラがいないので、それよりラグナルを見せてくれ~!となりますね。

 

ただ肝心のラグナルですが、ここに来てもう精気も尽き果ててヨレヨレですがな。。

なんか、可哀そうすぎ。

若い時の野心が大きかったために、あの頃から色々失ってきました。

 

娘を失い、ちょっとした浮気心から最愛の妻を失い、その後は愛のない生活にがんじがらめ。

さらには実の兄には2度も裏切られ、ようやく心から語り合える友達(アセルスタン)ができたと思いきや、古い友達(フロキ)に殺され、実質フロキにも裏切られた形になり、彼の夢でもある移住のために希望を託してたイギリスでの入植地もロバート王の裏切りで全員惨殺され、自分はお腹に深い傷を負い長期間全く癒えない、その痛みを軽くするためにアヘンに手を出し、完全に中毒へ・・。

また、2番目の妻にも裏切られ、兄への復讐を誓って仕掛けたフランスでの戦いも敗北という結果・・。

だいぶ前に見たので不確かな記憶ですが、確かこんな感じだったと思います。

 

で、結果、あれだけ希望と精気に満ち溢れていた若い王が、話が進むごとに、ボロボロに疲れ果て、完全に老いぼれました・・。

(いまだ生き生きしてるラゲルサとの落差がすごい。)

 

11話ではそんな現実に絶望して村を去ったラグナルが、何年か後にふらーっと帰って来るとう場面から始まります。

4人の息子たちも随分大きくなっていますが、どうもお母ちゃんに甘やかされて育ったせいか、ろくに根性のあるやつがいなさそうです。

(容姿的にもみんなイマイチ・・。髪形バラバラ過ぎ!統一してくれ~)

ラゲルサとの息子ビヨルンとは比べ物にならない。

 

それにしても、シーズン4の前半のラグナルは本当にひどいですね。

いつ闘志に火がついて以前のような彼を取り戻すのか・・と期待してみていましたが、どうもそういう方向には行かないようだし。

中国人女との出会いで新しい価値観に触れて目覚める・・とか、彼女の愛で癒されて復活する・・とかそんなラブドラマも一瞬夢見ましたが、そこは完全に肩透かしでした。

だったらあの女はなんだったの~!あの意味深なやり取りは!??

結局はただのアヘン調達人でしたね。

最後はアヘンがなくなって殺しちゃうし。はぁ~??ですわ。

 

でもって結局ロロとの戦いには大きな犠牲を払って負けたし・・そりゃ、失踪したくなるわ・・。

さらに村には帰ってきたものの、自分の権威は失墜しひどい扱い、息子たちは期待できそうなのがいないし、首吊って自殺しようとしてましたね。

ラゲルサに最後「農場を出ていくんじゃなかった・・」と愛の告白をしますが、これが悲しい・・。

結局これが、彼が最後にたどり着いた答えでしたね。

 

ただ、ここがラグナルの優しいところなんですけど、2番目の妻(名前忘れた)にもちゃんと感謝を伝えに行くんですよね。「愛はなかったけど、君には感謝してる」って。

これってそうそう言えるセリフじゃないですよ。

彼女にだって完全に裏切られた時期もあったわけだし・・。

彼女泣いてましたけど、私だってあんなこと旦那に言われたら泣きますね。(「愛はなかったけど」って部分はいらんけど。)

 

で、そんなこんなで結局13話では、ラグナルも思うところがあって、ようやくイギリスへ復讐しに行きます。

 

ところが船が転覆して、状況的に厳しくなると、同行した仲間を全員殺して息子と二人でロバート王のところに向かうんです。

これってどういうことですかね?!

 

入植者たちを殺された復讐をしに行くって言って、自分たちの仲間を虐殺しておいて「さぁ行こう」って意味不明です。

 

ということは、ラグナルにとって復讐したい訳というのは、仲間の入植者たちの命が奪われたという部分ではなくて、

自分が人生を賭けて託した「豊かな土地への移住」という壮大な夢をロバート王の裏切りであっけなく失い、その為に自国での王としての信頼や権威もすべて失った・・という、その部分の復讐ってことですかね?

 

彼のことはわからない部分も多いですね。

森の中で出会った少女は傷つけたくないがために、必死に身を隠してやり過ごしていたのに、仲間の若い女性は平気で殺せるわけですからね。

うーん、なんだかラグナル微妙ですね。私としても応援したいのか、やめとけよって言いたいのかよくわかりませんわ・・。

 

ただ、自爆テロ的なことを考えてるらしいし、息子も道連れにするつもりなんですかね。

まぁアイヴァーにとっては、それこそ本望というところらしいので、それがせめてもの救いですが。。

 

さて・・、

遅くなりましたがなんといっても11話再開で一番びっくりしたのが、

 

ラゲルサ、レズビアンへ華麗に転身~

 

でしょうか。

 

ラグナル以降、男運が悪すぎて男性不信になっちゃったのかな?

 

にしても相手の女はいかにもそれっぽいな。

しかも若いっていう設定だけど、全然若く見えないし・・。

2人とも同年代に見えるわ。

 

ラゲルサ、今のところ老けメイクはしてないように見えますが、いつまでこのままでいくんでしょうかね?

私としては変な特殊メイクするなら、このままがいいです。

 

で、そんなラゲルサも、ここへ来てようやく自分が本来王女であったはずの場所を奪還しに攻め入りましたね。

あの妻はどうするんですかね。

怖いのは、彼女何気に予知能力があるんですよね。ラゲルサも気を付けて欲しいところです。

 

と言う訳で、これからますます見るのが怖いヴァイキング、また少しずつ見続ける予定です!

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ