「ギャング・オブ・ロンドン」テレビ史上最も暴力的な超絶ドラマ?!ネタバレ有無A感想・解説

「ギャング・オブ・ロンドン」ネタバレ感想・登場人物紹介、あらすじ

STARZPLAYの海外ドラマ「ギャング・オブ・ロンドン」のアニスのネタバレ感想です。途中まではネタバレなしでの感想、登場人物紹介。後半はネタバレありで感想を各話ごとに書いてます。

ちょっとちょっとー!

凄いドラマを発見してしまいましたよ~!

ここ最近ツイッターの方で「STARZPLAYのギャング・オブ・ロンドンが凄い凄い!」という評判が飛び交っていたのでさっそく見てみたのですが、うっひょ~!

あまりに暴力的でぶっ飛び~!

なんですが・・、

「ゴッドファーザー」級に重厚感のあるファミリードラマにはグッと引き込まれるし、「ゲーム・オブ・スローンズ」級に陰謀と策略が絡み合う群雄割拠な世界観にはワクワクが止まらないし、「ウォーキング・デッド」級にメチャメチャ、グッシャグシャな戦闘シーンには思わず目が皿!!

とんでもないものを作ったもんだ~!

言うまでもありませんが、暴力は苦手・・という方にはお勧めしません。

でも上に挙げた3作品が好き!という方にはたまらないロンドンの裏社会を描くアクションサスペンスです!

正直私も「マフィア」と「ギャング」の違いがよく分からないのですが、仏人夫に言わせると「厳密に言えばマフィアと言っていいのはシチリア島の暴力集団だけ。」らしいです。

でも一般的に組織だった暴力集団は「マフィア」と呼んじゃっていいみたいですけどね。

でも、同じくイギリスのギャング集団を描いた「ピーキー・ブラインダーズ」も「ギャング」にこだわってるので「ギャング」にしておきましょう!

ちなみに主役のショーンを演じるのは、「ピーキー・ブラインダーズ」の無鉄砲三男坊ジョンを演じたジョー・コールですよ!

あわせて読みたい
「ピーキー・ブラインダーズ」にハマろう!世界観を全力解説&全シーズン12345ネタバレ感想・考察 Netflix野海外ドラマ「ピーキーブラインダーズ」、途中まではネタバレなしでの登場人物、概要、見どころなどをまとめてます。注意書き以降はシーズンごとの細かいネタバ...

三男から長男に昇格だ~!

意外にもこの摩訶不思議な雰囲気の「後継ぎ息子」がぴったりハマってます。

他のキャラも漏れなく濃い~のですが、演じるイギリス俳優陣の人間臭さと言ったら最高ですよ!

「暴力的なギャング物」だけでは終わらない魅力と、人間の本質に迫る脚本の面白さはしっかり担保されてます。

とにかく「イタい!」格闘シーンもしっかり振り付けされていて、キレと迫力あるアクションへのこだわりもヒシヒシ感じます!(私はあんまり見れなかったけど。)

で、どんな話なのか?ですが・・

この物語はウォレス帝国の親分フィンがころされた所から幕を開けます。

アマプラのSTARZPLAYで見る

目次

【ご留意ください】
当ブログは個人が趣味で書いているもので、仕事の後にウトウトしながら感じたままの感想を綴り、そのままの状態でアップしてしまっています。そのため稚拙な文章、品のない物言い、勘違い解釈、大ボケなどで皆様をご不快にさせてしまうこともあるかもしれません。(その場合は申し訳ございません。)
その点を含めてお許し頂ける方のみ読み進めて頂けましたら幸いです。(間違いに気が付かれた方はコメントでご指摘頂けると嬉しいです。また当方とは違う解釈や感想なども大歓迎です♪)

「ギャング・オブ・ロンドン」予告編とあらすじ

20年にわたりロンドンで最も強い力を持つ犯罪者として君臨してきたフィン・ウォレス。彼の組織は毎年何十億ポンドもの大金を動かしていた。だがその彼も今や亡き人に。誰が暗さつを命じたかもわからない。ライバルが群雄割拠する中、衝動的な息子ショーン・ウォレスは、エド・ドマーニ率いるドマーニ・ファミリーの力を借りて父の跡目を継ぐ。

ショーンが権力を握ったことで裏社会には国境を超えて波紋が広がり、ただでさえ危うい状況は一触即発の雰囲気に。 そんなショーンの味方になり得る人物の中に、エリオット・フィンチという男がいた。

彼はなりふり構わぬ戦い方で手柄を立てていくと、次第にウォレス家の深部に入り込んでいく。

簡単に言うと、「おっしゃー!ボスが死んだぞ~!息子は弱そうだぞ~!今度は俺様が天下とるぞ~!」という国際色豊かなギャング組織が一斉に暴れ出すわけです。

その無茶苦茶な戦国時代の形相を迫力たっぷりに描いてくれます!

「ギャング・オブ・ロンドン」登場人物とキャスト

登場人物が多いので分かりやすいよう、ほぼ全員をご紹介。

視聴中に「ん、誰?」となったらお役立てください。

ショーン・ウォレス

父フィンの跡を継ぎ、ロンドンの裏社会をまとめていこうとする長男。

演じるのは掴みどころのない「若造」がぴったりなジョー・コール。

そのつぶらな瞳の裏側で何を考えてるのか分からない!ミステリアスな存在感が魅力的。この配役した人天才でしょう。

エリオット・フィンチ

ウォレス家に潜入する覆面刑事。運動能力半端なく、メチャメチャ強い!

格闘シーンでのド迫力と癒し系のおトボケ顔とのミスマッチが素敵。

マリアン・ウォレス

GOTのキャトリンママでお馴染みのミシェル・フェアリーが恐ろしい極妻を演じます!

あの高潔で気高いキャトリンを想像してると背筋が凍る・・。

ビリー・ウォレス

気の優しいショーンの弟で、ゲイ。暴力的な世界から逃れるようにドラッグに溺れている。

こういう顔のお笑い芸人いますよね?誰だろ・・。

フィン・ウォレス

一代でロンドンを牛耳るギャング集団を築き上げた男。

ある日突然撃たれる。

ジャクリーン・ロビンソン

犯罪者集団のギャング家族から距離を取りたいショーンの姉。医師をしていて妊娠中。

エド・ドゥマニ

卓越した実業家で、子供の頃に出会ったフィンとは家族同然の関係。

フィンの右腕としてウォレス帝国を築き上げてきた。

アレックス(アレクザンダー)・ドゥマニ

エドの息子で、知的でビジネスセンスに秀でている穏健派。

過激なショーンとは対照的な考え方でしばしば対立する。

シャノン・ドゥマニ

エドの娘。ダニーという息子がいる。

アレックスと恋に落ちるの早!

キニー・エドワーズ

ウェールズのジプシー集団の親分。

息子のダレンが騙され、フィンをころしてしまったので大変なことに・・。

何この骨太なオッチャンは!!強烈にもほどがある!

5話での壮絶な戦いっぷりは私の中で伝説になりました。

アシフ

パキスタンのギャング集団のボス。

息子のナシルはロンドン市長に立候補中。

分かりやすい悪役顔でいつも目が充血してる。

ラーレ

クルド人解放闘志派のリーダーで、アシフを恨んでいる。

このドラマに登場する女キャラは揃って強い!行ってまえ~!

ルアン

アルバニアのギャング集団のリーダー。

ウォレス家とは手を切り、独自に成功したいと考えている。

ジヴァン・カパディア

ウォレス財団の投資家たちとドゥマニらを繋ぐ連絡窓口。

演じるRay Panthakiは最近よく見かけますね。直近ではNetflixの「アウェイ」「マーチェラ」に出てた。

顔が策略家だわ。

そんなところでしょうか。

あまり説明しない方がいい部分もあるので、この辺で・・。

「ギャング・オブ・ロンドン」のネタバレなし感想と視聴方法

第1話は延長版の90分ですが、残りは約60分の全9話。

IMDbは8.1。トマトメーターは88%です。

連続ドラマとしての面白さはもちろんありますが、1話1話が映画のような起承転結のある構成になっていて、各話のクライマックスはすごい盛り上がり!

「強烈なの見た~!」という満足感は半端ないですよ!

毎度、画面が真っ赤に染まる戦闘シーンはぶっちゃけ「あり得ないだろ~!」「あり得ないだろ~!」の連続ですが、あまり細かい所にこだわるのは止めましょう。

無理をせず、見れない部分では目をつぶり、大きく深呼吸しながら視聴するのがポイントです。(私も見れないシーン多々あり。拷問はホント無理~。)

ちなみに、「テレビ史上最も暴力的かも」という表現はウォールストリート・ジャーナルにありました。

確かにここまでやられちゃうと「ウォーキング・デッド」も顔負けですね。

頭グシャ!は専売特許だったんですけどね~・・。(あ、GOTにもあったわね。)

アマプラのSTARZPLAYで見る

「ギャング・オブ・ロンドン」はアマゾンプライムのチャンネルSTARZPLAYに加入すると見れるのですが、加入方法などの詳細はこちらに書いてます。

あわせて読みたい
STARZ PLAYがアマゾンプライムで見れる!お勧め海外ドラマ13作品!無料期間7日間 アマゾンプライムに登場したオプションチャンネルの「STARTZPLAY」は、作品数は少なくても粒ぞろいの海外ドラマが揃っていて見ごたえアリ。 他では見れない独占作も多い...

*これ以降は7話まで見た段階でネタバレ感想・解説を書いてます。

1話ずつ書いてますが、7話までに判明した事実をどんどん出してますのでネタバレを踏みたくない方は7話まで見てからお読みください!

第1話のネタバレ感想と全力解説・あらすじ(7話までのネタバレ含む)

*1話ずつ書いてますが、7話までに判明した事実をどんどん出してますのでご注意ください!

フィン暗さつで分かってる情報

まずですね、フィンに対して引き金を引いたのはダレンですが、彼は携帯に指示を受けていましたよね。

その後、父親のキニーがショーンにこの携帯を証拠として渡してましたが、依頼のメッセージは暗号化されてたそうです。でも、この時の場所を知らせるメールは普通にテキストですね。

この場所はヨアン率いるアルバニア系ギャング管轄の団地の一部屋

同行した友達のヨアンがダレンに「相手は誰か分かったか?」と聞くと、「ロリコン野郎だ」と答えているので、若い女の子に夢中になっている爺さん程度に聞かされていたのか?

ただ、これがフィンだとは知らなったようで、ドアの覗き穴から銃を構えていたダレンが引き金を引き、ドアを開けて人物を確認した時には「fuck!」と驚いてました。

この覗き穴からだと暗くて人物は確認できないと依頼主は知ってたのでしょうかね。

ちなみに、フィンがなぜこの部屋を訪れたかですが、紙袋に大金が入っていたところからすると誰かに金を渡すためにここに来たとしか思えない。

その相手こそが犯人のような気もしますが、運転手のジャックに「エンジンを付けたままにしろ」と言ってたところから見ても長居する気はなかったようです。

「ロリコン」表現に関しては、ィンと若い愛人のフロリアナの関係を意味してるのかは不明ですが、この日同時にフロリアナがライフという元デンマーク特殊部隊の男にタクシーで連れ去られている点を考えても、関係あるのかも。

警察は買収済み

これ以降のエピソードでも毎回派手な銃撃戦が繰り広げられけますよね。

「ロンドン警察は何やってるの?」という疑問の声をツイッターの方で目にしましたが、どうやらしっかり買収されているようです。

アレックスからこんな発言がありましたし、

当日の防犯カメラの映像も警察からもらっていました。

エドが抜かりなく金をバラまいているのでしょう。

というわけで、今後もギャング達はやりたい放題!というわけですね。

でも、警察の中にも真っ当な人間が残ってるようで、今回ウォレスを挙げるために送り込まれたのがエリオットでした。(彼のハンドラーは中国系のヴィッキー。)

エリオットはやりすぎちゃうの!?

それにしても、アルバニア人たちがたむろするパブに入ったエリオットが激しかった~!

灰皿くわえさせ顔ごとカウンターにバーン!(痛い~!)

脚をカウンターのコーナーでボキ!!(痛い~!)

ダーツの矢でブスブスブスブスブスブス!!!(痛い~!)

宝石店を襲った若者らの腕を折るのはあんなに躊躇してたのに、この時はのっけから容赦なし!!

ベズミールを捕えたいだけなのに、そこまでやる必要あるのかいな?!

という、潜入捜査官とは思えない戦いっぷりでした。

で、なぜベズミールが運転手のジャックをかくまっていたかですが、犯人はアルバニア系じゃないと証明できるのは彼しかいないと考え、黒のバンで連れ帰ったようです。

ベズミールはボスにその件を話しそびれていたんですね。

ショーンが葬儀に訪れたルアンに対し敵対心を露わにしても何も言い返せず・・。

なので、ルアンもジャックを連れて行こうとするエリオットをそのまま帰してやったんですね。

そして、ジャックを連れ、ショーンの家にたどり着いたエリオット。

「一人で6人を相手にしたのか?!」と驚くショーンに・・

と真面目に説明。(天然入ってる)

ショーンからのスパイ容疑もなんとか交わしたエリオットですが、この後ホッとする間もなくさらなる格闘戦が待ち受けてました!

ぎょえ~!今度はオノを持ったブッチャー男!!

なにこのガタイ!

嫌だ~!

でも片目で開けて見ましたよ・・。イタかったけど・・。

エリオットったら、お口ポカンでもどんだけ強いの。

今回もお疲れさまでした。

そして可哀そうに、ダレンの相棒ヨアン君はオノの犠牲に・・。

ダレンは父に連れられ、マルによって安全な隠れ家に向かうようでした。

そして最後にエドが愛人フロリアナのことを知るジャックを自さつに見せかける形で口封じしてましたね。

「彼ら」と言うのはウォレス家のことかな?

エドは絶対に知られたくないと思ってるようなので、投資家じゃなくウォレス家のことだと思います。

というわけで、第1話はこんなところでしょうか。

ショーンの見せ場はまだ少なくて、代わりにエリオットが大活躍!

こんな調子じゃ命がいくつあっても足りなさそうですけど、主役なのでやられることはないでしょう。

ちなみにエリオットを始めに雇った人物として、ジムという男がパブにいましたが、もちろんGOTのフレイ爺です。

今後も謎解き要素も楽しめるよう、細かくチェックしていきたいと思います!

第2話のネタバレ感想・あらすじ・解説(7話までのネタバレ含む)

母マリアンの生き様

さて、今回は生前のパパフィンが登場!

バーからさらってきた男を「掟を破った組織の者」と嘘をつき、息子たちにとんでもない要求を。(そりゃイカンやろ。)

母、止めに入らんのかね?!

と愕然とするシーンでしたが、後にこの母の末恐ろしさを知ってからだと、まぁ止めないでしょうね。

母の願いは一つ。家族を守る!ですから。

息子達にはこの世界できっちり生き抜く力を付け、娘にはこの世界を忌み嫌い、距離を取るよう差し向ける。

極道の母としては一応筋が通ってると言っていいのでしょうか。

ラーレの反乱

アシフから奪ったヘロインを普通にロンドンで売ってたらバレるの当たり前では?って気もするんですが、地方やフランスとかに売る訳には行かなかったのかな?

ビリーが「俺も何かしたい!」と父への愛を示しましたね。

この兄弟って仲もいいし両親への愛も盲目的なほど篤いのですが、あの親を見てると「なんでなの?」って感じもします。

ビリーも兄を助けるためにバケツを撃ったりと、肝っ玉座ってる部分もあるんですが、ヘロイン漬けになっちゃってますからねぇ・・。今後の活躍はあんまり期待できないかな?

それにしても、あの屠畜場でのシーンは見てられなかった~!

なんなの~?!アシフと、7話で暴れるモシの2人は100%サイコだわ。

まかり間違っても一緒に仕事しちゃいけない輩ですよ。

最後はキニーのアジトで大暴れ!

いよいよウォレス家にとっての復讐の時が来ましたよ!

ショーンにとっては初陣にあたる大一番!

そこまでやる~!?

というのは毎度のことですが、今回はあのエドも戦列に加わってぶっ放してましたね。

昔は彼も相当手を汚したようでしたが、最近はめっきりビジネス専門だった彼がここまでするのは、やはりショーン坊ちゃんの機嫌を取る為と、守る為でしょうか。

フィンに引き金を引いたダレンがいないのは分かってそうでしたけど、それでもケジメとして怒りを晴らさないではいられなかったのでしょう。

ジプシー軍団を皆ごろし!!

母マリアンも遠くからしっかり見守ってましたね。

ご満足頂けたでしょうか。

でも、キニーのおっちゃんは逃げるよ~!

脇腹を撃たれながらも素手でトレーラーハウスの床に穴を開け、下へもぐる!

指にたくさんついてるゴツい宝石類が役に立ったかな?

生まれ持った強靭な生命力でこの地獄を生き抜きました~!アッパレ~!

それから、エリオットですが、ウォレス家の任務は1話の時が初日だったようですが、潜入捜査官は妻子を亡くした2年前からずっとやってるようですね。

精神鑑定なども受けていて、上司からも少し危険視されているようでした。

その後、2人目の捜査官を入れられ監視されてしまうのもその辺が原因なのかな?

*次は第3話のネタバレ感想です。

第3話のネタバレ感想・あらすじ・解説(7話までのネタバレ含む)

ラーレのクルディスタン時代の悲劇が描かれました。

あぁ、また恐ろしい・・。そして、ラーレの闘志も最強やね。

なにしろ、このドラマの大事なテーマの一つが「最後は気力が物を言う!」ですから!

アシフには夫を拷問の末に亡くした恨みがあったんですね。

そして、彼女がこの裏社会で汚い金を集めるのも、すべては祖国で戦う仲間に送る為でした。

にしても、その為なら姉とその子供達をも見捨てるという決断がまた恐ろしい~。

コールに彼らを誘拐させておいたショーンにしても、そこまでは想定していなかったでしょう。

ところが驚くことに、ここでショーンが懐の深いところを見せ、ラーレに言います。

「仲間たちに食料や薬や武器を送りたいならビジネスとしてやれ。

その気になればアシフより成功できる。」と。

「周りから指図されてばかりだ」と言う「抑えの利かない後継ぎ息子」ショーンが初めて独自路線を見せた瞬間!

痺れる~!!!

こうして信用できる部下を一人確保しました。

良かった~。彼女ここで消されちゃうにはもったいない女戦士キャラでしたからね。

今後も活躍を楽しみにしたいところ。

にしても、これでこのドラマの楽しみが2倍、3倍に広がりましたね。

ショーンにここまでの器があったとは・・。

この戦乱の過渡期に彼がどう成長し、どんな権力者として帝国に君臨していくのか・・?!に注目です!

エリオットはまたもや格闘戦!!

毎回、お疲れなこったです。

またまたオノを振り回すサイコですよ!

今回は女子供がいたので恐怖も100倍!!怖かった~!

ショーンもなんであんな男を雇うわけ?!なんか分からんけど強いよ~!

今回はエリオットもやられそうになり、もう駄目か~!!!

というところで助けが~!

お、キマってる?左利きだぜ。

フロリアナの衝撃事実

バレちゃいましたね~。怖い極妻にとうとう。

エドもビビりまくっていた事態がついに!ですよ。

それから、刑事のヴィッキーも隣人の女性から情報を聞き出してました。

なんと、お腹にフィンの子供がいるのだとか!

うーん!波乱の予感だわ~!

ルアン絡みでは・・

中国人の紹介で、ヤバ~いモシ氏のお金を洗浄することになってしまいました。

もうあんなん、顔見ればヤバイってわかるでしょうに。

子分か誰かをコンクリ詰めしてのを目の当たりにしてもピンと来ないってならもう仕方ない。

すぐに後悔することになりますが、全部自己責任ということで頑張りましょう!

第4話のネタバレ感想・あらすじ・解説(7話までのネタバレ含む)

この4話も壮絶でしたね~。

ウォレス家を潰さんとする壮大な勢力を感じさせる怒涛のエンディングでした。

フロリアナはここにいた!

綺麗な女性ですけど、もうお腹が大分大きいですね。

アルバニア人とのことです。

フィン暗さつの日に診療所から連れ去り地下に監禁しているのはタクシーを装ったライフという傭兵で、気持ち悪いママと気持ち悪いアパートに住んでました。

そして、この男が今回のショーン襲撃に関しても指揮を執ってましたね。

2人目の潜入捜査官はこの男!

チンピラにまぎれて宝石店を襲っていた内の一人でしたが、マークに指示されたエリオットが女の腕を折ろうとした段階で「代わりにオレをやれ!」と身代わりを申し出てました。(結構イケメン?)

でも、エリオットは「もう嫌だ・・」と突然拒否。

マークに楯突いたので裏切り者認定をされ、呼び出しを食らった時にも手を拘束されてましたね。

そんな彼らをバイクで追ってきた第2の捜査官はいいところで撃たれたエリオットとショーンを救出!

最後に襲撃者を狙い撃ちしてましたが、この時の銃の構え方が刑事っぽかったので、エリオットに捜査官ということがバレちゃったようです。(両手でしっかり構えてた)

それにしても、この襲撃も怖かった~!

ショーン早く伏せろぉ!!って感じでしたけど、いざそんな場面に遭遇すると体が凍り付くのかな・・。

ボケ~っとしてた。

結果的に拘束を解いたエリオットがショーンを助けることになり、さらなる信頼をゲット!

それにしてもショーン君、やけに必死にエリオットを助けてましたね。

コールもマークもやられたし、自分の腹心として頼れる人が欲しいところなのかな。

ショーン襲撃に失敗したライフが「プランBに移せ!」と叫んでましたが、こちらがウォレス家に潜伏済みのプランB。

この女優さんは結構よく見かける人なので、給仕として出てきた時にはすぐ分かりました。

直前に苦悩する場面がありますが、実はこの時点で夫を失ってるんですよね

第5話の方が時系列的に前に来るので、自分までやられたら子供達は親を失ってしまうという状況。

でも完全なスイサイドミッションですから、覚悟を決める必要があったんですね。

ちなみに撃たれたのは肩だったようです。この状態からまたゴーモンって壮絶・・。

それにしても、ビジネスマンのアレックスがあの瞬間よく動けたね。

医師のお姉ちゃんに流れ弾が当たらないでよかった・・。

マフィア物の定番で、自慢の娘は流れ弾に当たりやすいという傾向があるので焦りました。

*次は第5話のネタバレ感想です。

第5話のネタバレ感想・あらすじ・解説(7話までのネタバレ含む)

5話来たよ~!!!

今回はもうただただキニーのおっちゃんの奇跡的ど根性に感嘆する回ですよ!

人間なにしろ気力ですから!

ではさ~っと見ていきましょう。

まず、キニーの腹心マルとダレンはこのおばちゃんの家に身を寄せています。

ケッタイなおばちゃんで、身寄りのない子供達を育て、地下の隠れトンネルでは銃弾を製造してましたね。

夫はダレン逃亡用のボートを調達中で留守。

その頃、ライフ率いるデンマークの傭兵組は焼け落ちたキニーのアジトを捜索中。

マルからの電話で隠れ家を特定してしまいました。

あの女も!

その様子を見て、ヤバイ!とマルとダレンのいる隠れ家へ急ぐキニーのおっちゃん!

途中、民家でトラックを盗み、駆け付けます。

なぜあの雑貨屋にいったん立ち寄り、トイレで傷をホチキス止めしたのかよく分かりませんが、扉一枚隔てた攻防も怖かった~。

夫婦で傭兵やってるので、あの女の夫もいました。

ずいぶん若いな・・。

ここで、おばちゃんの子供達が売れ残った銃弾をトラックに積んで帰ってくるのですが、「マイキーの(銃の)店がまる焼けにされた」という話をしてました。

ダレンの銃はフィン・ウォレス暗さつを指示した者が用意した物なので、やはりデンマーク組が証拠隠滅の為に店ごと焼いてしまったのでしょう。

最期キニーが「なぜ息子なんだ・・」と呟いて倒れましたが、今回ダレンの口を封じようとしたのもその為ですね。

徹底的に自分達に足が付く要素はすべて排除。

そして、この後にいよいよショーン襲撃が行われ、完全にウォレスを潰すという計画でした。

そんなこんなで来た~!!!デンマーク組~!

なんとかたどり着いたキニーにおっちゃんも加わり、隠れ家側も反撃~!

壮絶~!

そしてロックダウン!

要塞化~!

マルのおっちゃん気力で爆弾投下~!

人間気力~!

夫が犠牲に!

そしてダレンとキニーは地下通路から脱出!

だが、ライフに見つかり必死に船へ~!

人間気力~!!

はぁ、もう最後の最後までキニーを応援してしまいました・・。

ただ残念ながらダレンがねぇ・・。(気力なし)

とても血が繋がってるとは思えない父と息子ですが、最後に語り掛ける父の言葉には目頭が熱くなります。

「前に進め。行ける限り前に進め。強く生きろ。」

世の息子たちの胸にアツく訴えかけるシーンでした。

そしてミッションを終えたライフが電話するのは・・

ジヴァン・カパディア!

ヒゲの僕だよ。

ただ、彼自身はあくまで投資家をまとめる小者という感じなので、この背後にどんな勢力がいるのか・・はまだ謎でしょうか。

はぁ、スゴイ1時間でしたね。

脱力です・・。

第6~8話まで見たネタバレ感想・あらすじ・解説

6話はゴーモンエピソードということで、もう見るのが嫌だった~。

というか、悲鳴の出てる場面はほとんど見れず・・。

そして最終的に、女対女の対決は軍人でもなんでもないマリアンの方に軍配が上がりましたね。

やはり人間は気力と覚悟。腹をくくってりゃー何でもできる!

という凄みを感じさせるラストの一発でした。

ショーンてこういう時は頼りにならんね。

ビリーの方がよほど客観的に自分達を捕えてる部分があるかも。

そして、パパフィン・ウォレスですが、どうも愛人と第2の人生を始める為に金を横領する気だったようですね。

ところが、その金をさらに奪おうとする勢力がいるようで・・。

一体誰だろ。

7話は色々ありました。

まず、ラーレの隠れアジトがアシフに見つかり、襲撃されて全滅。

アシフ、息子の選挙終わるまで大人しくしてるんじゃなかったの?

とはいえラーレ自身は生き残ったので、復讐の刃が今度は真面目な息子の方に向いてしまいそうです。(それはそれで止めて欲しいわ。)

そしてアフリカからやって来たナタ軍団がまたやりたい放題!

もう見てられなかった~。

あそこまで来るとやり過ぎじゃないですか?

さすがの私もドン引きでした。

マリアンは非常事態に本当に信用できる部下が欲しい・・ということで、地元アイルランドまで戻り、頼れる手下を招集。

あんなオジサン達が強いのかな・・。

そして最後に、エドとアレックスがウォレス家の面々を前にし、フィンの悪行を暴露します!

まとめますと

  • 若い女とトンズラする気でいた
  • 裏稼業で金が回らなくなり、アルバニアの投資家を家族ごと始末してた
  • ルアンとモシの金の横領を事前に仕組んでいた
  • トンズラ後のウォレス財団はアレックスに任せる気でいた

この事実を知ったショーンは逆上!エドの脚にバーン!

おいおい、ショーンよ。

それこそが外される原因じゃないのかね?

ますますショーンへの不安が募る7話でした。

そして第8話!

いよいよウォレスVSドゥマニの対立が露わになり戦争状態が勃発!

ショーンとマリアンはさらなる隠れ家を求めて、廃屋となったビルへ。

ところが、ビリーとジャクリーンが捕まらない?!なぜ?!

というところで、ビリーの面白いエピソードを見ることができました。

なんと彼は5年前からこうした事態を予測し、別の身分等の逃亡用に必要なすべて揃えていたのだとか!

それも姉の分まで!

ビリー、いつかやってくれるんじゃないかと期待してましたよ。

ウォレス家と縁を切ってもヘロインが手に入るのかどうかが若干心配ですが、金さえ用意してあればある程度は暮らしは維持していくことができるでしょう。

ジャクリーンも嬉しそうでしたね。

どうか、この二人が無事に別の世界にたどり着けますように。(と祈りながらかなり不安だわ。)

そして、あの第二の覆面捜査官の彼が~!!

うわ~、これはイヤな展開だわ!最悪!

最後までエリオットの存在を漏らさず死んでいきましたが、もう最悪。こういうのはヤメテ。

それと、どういうわけか、ルアンがナタ軍団を相手に一人で戦い、嘘みたいな勝利を。

(そんなことあるのかいな?!あまりに凄惨すぎて見れなかったけど。)

そして問題のラスト!!!

これがガッカリ~!!!!

もう、駄目だってそっちに行っちゃ。

このドラマの魅力を自分で潰しにかかるようなものだって!

かの有名なHBOドラマのあのダメ長男だって、後継ぎとして期待されないところからの大逆転をS2のラストでやってくれたじゃないですか!

そういう、どんでん返し的奇跡をショーンに期待していたのに!

180度違う方向へ行ってしまった~。駄目じゃこりゃ~。

敵の考える通り「浅はかで無鉄砲で抑えの利かない若造」のまんまを最悪のシナリオでやってしまいました。

ラーレの件で垣間見せた男気と冷静さはどこ行った?

なんとラーレを使って爆弾を仕掛け、自社の巨大ビルを丸ごと爆破してしまいました。

ビルの倒壊に巻き込まれた周囲の被害も相当でしょう。

町の半分が停電してましたけど、犠牲者はどれくらい??

はい、というわけで、なんとも残念な展開になってしまいましたね。

ショーンには見えない敵と頭脳戦で戦ってほしかったけど、ここまでやってしまうともう取り返しがつかないだけに・・。

最終話もあんまり期待できなさそうな気がするなぁ。

実はIMDbのエピソードレートはこれまで8点と9点を維持していたのに、最終話だけ7.8なんですよね。

ちょっと心配だわ。

というわけで、また1週間後に!

最終9話のネタバレ感想・考察・解説

うわ~!!!そう来るか~!

面白かったじゃないですか!

IMDbのエピソード評価が最終だけ悪かったので、あれ?これは変な方向に行くのか?!と心配したんですが、いやいや、面白かったですよ!

高層ビルを爆破しても犠牲者は出なかったようだし、ショーンも本筋はぶれてなかったようで。

と彼なりの信念を貫く様子。

はぁ、一安心。

ショーン君、ちゃんと考えてたのね!!

と感激したやいなや!

え~!顔に穴空いちゃったよ~!

これよー、レートが悪かった原因は!

主役が撃たれたらやっぱ駄目でしょう!

私もショーンが一番のお気に入りだったので、もしシーズン2に彼がいないのなら面白さも半減すると思うな。

うーん、やっぱりそこは残念ね・・。

というわけで興奮気味にさっそく大事なとこから行ってみましょう!

ショーンは死んだのか?!

これですよね。最大の謎は。

まず一つ目の疑問点としては、エリオットが撃った場所。

警察官であれだけの至近距離なのに、頭じゃなくて顔の微妙なところを撃ってます。

なので、イギリスのサイトでも「ショーンは実は生きてるのでは?」説が飛び交ってるわけですが、私の勘をぶっちゃけて言います!

製作者もまだ確実には決めてない気がします~!

実はですね、製作者が「ショーン・ウォレスは始めから最終話で撃たれて死ぬ予定だった。」と語っているんです。

ただし続きがあって「撃たれた場所が致命傷を負うところであれば死んでるだろうね~」と謎めいた言葉も残してる所が論争をさらに呼んでる形ですね。

ショーンの人気具合とファンの動向を見て、もしかしたらS2に復活させるシナリオを無理やり考えないとも限らない。(ショーン役のジョー・コールはかなりいい仕事したと思うし。)

とはいえ、あの出血量ですからね。

エリオットも出血の酷さを見ていながら止血もせず逃げちゃってたので、投資家を騙すために偽装したものとも思えない・・。

一応、エリオットの動きを時系列で流れを追います。

  1. ショーンの隠れ家が見つからないエリオットはビリーに居場所を聞く
  2. その後ヴィッキーに電話し、これからショーンを捕えると連絡
  3. でもヴィッキーはシャノンに撃たれる
  4. その後エリオットは投資家たちから接触を受けて脅される
  5. 指示通りショーンを撃つ
  6. 別動隊で既にエリオットを監視中だった警察(上司含む)部隊が突入
  7. 警察の一人がショーンの死を確認

この流れから考えるに、エリオットには警察と共謀してショーンの死を偽装する手はずを取れるはずがないんですよね。

実際自分の直属の上司までむやみに撃って死に至らしめているし、あの場ではシャノン親子を助けることしか頭になかったのかも。

それともう一つ私がショーンが本当に死んだのでは・・と思う理由はこれですね。

兄の居場所を教えたビリーがエリオットに言う言葉。

「もしショーンを傷つけたら」

これ、完全にフリになってるでしょう。

なので、この辺は私の妄想ですが、シーズン2はショーンの遺志をビリーが引き継ぐような気もします。

姉のジャクリーンを安全な場所に送り届けた後、兄の死を知り復讐のために舞い戻ってくる・・みたいな?

ビリーがこのまま物語から簡単に退場するようなキャラとも思えないので、シーズン2では意外な策略家としての天性を披露するのかもしれません。(なーんて期待。)

結局のところ、あのバケツの男を撃ったのはショーンではなくビリーですからね。

エリオットの今後は?

もちろんショーンから託されたSIMカード(父親のフィンが長年ためていた投資家達の弱点となるデータ)はしっかり抜けた歯の歯茎の所に埋め込んでいたので、これから何かしらの反撃に出ることは考えられますが、どの立場でそれを利用していくのかは不明です。

父親に電話で語っていた「ポーンもキングになれる。」というのが、その辺を指しているのか・・。

いずれにしても、今回は投資家達が用意した「パナマの要人」という新たな身分で立て直しを図るようですね。

なにしろ、警察内部にいる医師まで投資家達の息がかかってるわけですから、あの場でSIMカードを差し出したところで握りつぶされるのは目に見えてますよね。

(そういう意味ではショーンの考えは甘かったと言えるのかな。警察内部にまでかなり浸透してたので。)

とはいえ、投資家達の手先として使われながらシャノン親子の身の安全を確保し、同時に秘密裡に彼らに立ち向かっていくには仲間が必要でしょう。

でも兄の仇を打ちたいビリーとの協力体制は無理だろうな~。

母マリアンは生きていた!

どうやらエドに自分は死んだとアピールするために、あのままの態勢で頑張っていたようです。(それかケガで普通に失神していたか。)

死んだものと思わせられたら、今後は安心して暗躍できますからね。

そして、現れたのが赤ちゃん連れのフロリアナ!!!

ライフの家から脱走して逃げ切れていたようです!

マリアンはフィンから巨万の富を託された女性ですからね。(そんなのいい迷惑だっただろうに・・。でも結構いい服着とるな。)

金を取り戻そうとする投資家達から一度は監禁までされ、その恐ろしさは既に体験済み。

彼らから逃げ切れるわけないというのは分かっているでしょう。

もしくは、愛するフィンを消された恨みもあるかな?

その辺で上手くマリアンと協力して行ければいいんですが・・。

マリアンも覚悟と戦略はあっても、資金が残されていなかった状態ですからね。

愛人への怒りはいったん横に置いておいて、フロリアナと組むことで資金も手に入れば投資家達と対等に戦えるかも?

そして、兄を失い怒りに燃えるビリーもそこに仲間入り??

で、また投資家達の弱みを握るエリオットとは敵になったり味方になったり・・な~んて感じで複雑に絡みつつ~・・。

てな感じでしょうか?!(妄想です。)

他の部分もさら~っと

まずヴィッキーがシャノンにやられちゃいましたね。

あんな凄いのでぶっ放さなくても・・って感じでしたが、ヴィッキーから一族のスパイをしろと脅しをかけられた結果、その答えがこれでした。

怖いわ~。

シャノンとエリオットが今後どうなるのかな。

そして兄のアレックスはこれまで通り投資家達の操り人形として金勘定を続けていきそうですね。

連絡窓口だったジヴァンも消されちゃったし、早いところ縁を切らないと彼も危なそうですけどね。その縁も当然切れないんだろうなぁ。

ラーレは本国クルディスタンへ

ショーンとベッドシーンに発展した時には、うえ~、意外~、似合ってない~って感じでしたけど(だって彼女の方が相当年上???)あの後あっけなく本国に戻った感じなのかな?

いずれにしても強烈キャラだし、再登場に期待したい気もしますけど、アシフの息子にあんなことしちゃった以上もうイギリスには戻ってこれないでしょうね。(無実の男にやり過ぎちゃう?)

いい人までこんな目に遭うのはちょっと遠慮して欲しいわ。

「ギャング・オブ・ロンドン」 シーズン2はいつ?

色々気になり、あれこれ妄想が膨らみますが、イギリス製作のドラマって続編が遅いんですよね~。

私が見つけたサイトではSTARZでの放送は2022年の後半になるのでは・・とのことでした。

ということは、私達が見れるのは2023年かも?!はぁ、気が長い話だわ~。

このドラマ、シーズン1も構想から3年の製作期間がかかったそうで、シーズン2もこれからいろいろ脚本を練っていくみたいです。

いくらなんでも2年も待つなんて、内容忘れちゃうってば。

というわけで、まぁ仕方ないですね。

首を長~くして2年後を待ちましょう!!

あわせて読みたい
STARZ PLAYがアマゾンプライムで見れる!お勧め海外ドラマ13作品!無料期間7日間 アマゾンプライムに登場したオプションチャンネルの「STARTZPLAY」は、作品数は少なくても粒ぞろいの海外ドラマが揃っていて見ごたえアリ。 他では見れない独占作も多い...
あわせて読みたい
【2021年10月】アマゾンプライムの海外ドラマ!おすすめランキング50作と配信情報 NEW POSTSナイン・パーフェクト・ストレンジャーモダンラブ S2地下鉄道~自由への旅路~12位9位3位 ↑タイトルクリックで感想記事に、画像クリックで視聴ページに飛び...

元祖イギリスギャング物の傑作はこちら

あわせて読みたい
「ピーキー・ブラインダーズ」にハマろう!世界観を全力解説&全シーズン12345ネタバレ感想・考察 Netflix野海外ドラマ「ピーキーブラインダーズ」、途中まではネタバレなしでの登場人物、概要、見どころなどをまとめてます。注意書き以降はシーズンごとの細かいネタバ...
あわせて読みたい
Apple TV+のお勧め海外ドラマをランキング!視聴方法、料金、3か月無料体験などを解説 こんにちは、アニスです! Apple TV+が開始してもう2年。 着々と話題性のあるAppleオリジナルドラマや映画を増やしてきていて目が離せません! 有名俳優を起用しながら...
ブログ継続のため、ご協力頂けると嬉しいです

アニスのツイッターもよろしくね!

・・VODから好きな作品を選ぼう!・・

・・VODの選び方・・

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 我が家もこのドラマにハマってます。ギャレス・エヴァンス監督は「ザ・レイド2」における消化不良(日本人ヤクザのエピソードが少なかった)をここで挽回してますね。「暁に祈れ」で拳闘家演じた長男ショーン役のジョー・コールがいつ格闘モードに入るのか、めちゃ期待してます。今晩第7話観ます!

    • ragaさん、お久しぶりです!コメントありがとうございます!
      すみませんすぐに気が付かず返信が遅れてしまいました。
      「ザ・レイド2」ギャレス・エヴァンス監督がこのドラマも監督しているのですね?
      私は映画に疎く、有難い情報です。あとで調べておきます。汗

      そうなですよ~!ショーンがいつ花開いてくれるのか楽しみですね~。
      このドラマをご家族で見るというのがさすがですね。^^

  • 最終第9話観ました。モヤモヤ感が残る終幕にヨメと侃侃諤諤しました。
    二人の推論として、
    ○ショーン&マリアン母子は死んでないでしょう。
    ・ショーンの死亡確認したマスク警官はビリーの手引きで救助される?
    ・マリアンに近づいた謎婦人はエドよりの使者?エドは投資家から守るために回りくどい小芝居を実行した?
    ○エリオットのショーン銃撃はビリーと協議済み?
    ・あのマスク警官がビリーの作戦実行者なら、エリオットとも打ち合わせしてるはず。
    ・エリオットが父親に言う台詞「ポーンもキングになれる」は投資家たちも騙して自由になる、と言う暗示かも?
    ○エリオットはあのデータチップをビリーに渡さない展開?
    ・身の保証をあのチップに託してビリーと対峙する?
    ・エリオットがキングになる手段としてあのチップを死守する?
    ○フィンの愛人どこ行ったんやろ
    その他諸々腑に落ちない点があります。シーズン2観るんやろなぁ。一旦STARZPLAY解約しようかなぁ。
    それではアニスさんの考察も楽しみにしてます。

    • なるほど~。ビリーがかなり主導的になってる感じの推測ですね。
      私も確かにビリーはS2の鍵になるかな・・とは思うし、エリオットと対峙していきそうな気もします。

      でも「兄に何かあったらお前を・・」と脅している辺りからしてエリオットと既に組んでる線はないかな~と。
      「ポーンもキングになれる」という言葉は確かに興味深いですね。
      私も期待しちゃいます!
      ただ、私はショーンファンなので、そこにショーンがいて欲しかった!
      ショーンがまだ生きてる説は確かに残ってますが、私は死んだような気がするんですよね・・。

      最後の女性は愛人のフロリアナでしたね。化粧してたので私も顔が一瞬分かりませんでしたが・・。
      マリアンと組みそうなので、ここも楽しみです!
      シーズン2は大分先になりそうなので、私もSTARZは見たいのを見終わったら解約かもです。

  • なるほど、ビリーの台詞「兄に何かあったらお前を・・」と脅しているのでエリオットとの結託の線は薄いですね。
    違う推論ですが、ビリーはショーンの居場所を知っていたのですから傍に手下を置いていたはずなんですよ。となると死亡確認を報告したマスク警官が現場ですり替わったビリーの手下ということでショーンを救助したという筋書きもアリかも?
    最後の女性がフロリアナは全く気付きませんでした。顔認識能力高いヨメもお手上げでした。それで乳母車だったんですね。となると、マリアンとフロリアナの関係も複雑になりますね。うわわ、シーズン2開始まで色々推理していきますわ。アニスさんの考察おおきに!

    • いえいえ、お粗末様でした。
      私の推測も超適当です。汗

      ビリーにそこまで準備する才覚があったら面白いですよね。
      私もS2はビリーがショーンと準主役交代したりして・・と密かに期待してます!

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる