プリズン・ブレイク

「プリズン・ブレイク」シーズン5第4話と5話に突っ込む! ネタバレA感想

f:id:Annice:20170504231504j:plain

「プリズン・ブレイク」 シーズン5 第4話と5話のアニスのネタバレ感想です。

 

*シーズン5の全話感想*

1、2、3話 4話と5話 6話と7話 8話と最終9話

 

第4話の感想

マイケル、前回泣いたのはなんだったんですかね・・。

ちゃんとバックアッププランも用意してたじゃないの~。

独房で4年かけて服の繊維で編んだという涙ものの紐と、看守の目を盗んで取ったスプーンですよ!

 

ただその仕掛けがあるのがラマールの入れられてる独房だったんですが、そこはマイケルの巧みな話術でなんとかラマールをその気にさせて、マイケル側の独房のカギをはずさせます。

でもこのままじゃ刑務所を出れても、危険な街を抜けて国外脱出までは無理なので、ラマールも脱出させ、手下達に話しをつけさせ、自分たちの安全を確保させたはずでした。



お兄ちゃん登場!

ところが~!

予想どおり、ラマールはマイケルの動きを読んでいて、先手を打たれてしまいます。

テロリストたちに取り押さえられ、首を掻き切られるかという大ピンチ!

ここで登場したのがお兄ちゃん~!

一体どうやったのか、すごい機関銃搭載の車に乗ってましたね。

それでテロリストたちが皆銃を置いて降参しちゃうんですけど、なんか変じゃないですか?

命も惜しまず自分たちのリーダーを守るような人たちが、こんなお兄ちゃん一人に降参しますかね・・?

しかも、マイケルの首にナイフを当てているラマールを殺害したのがカナダ人のウィップですよ?

飲み屋の喧嘩じゃあるまいし、あんな軽いトークで気を散らして、ISのリーダーをあっという間に殺害なんて・・。

しかもテロリストたちが武器もって囲んでるんですよ。

え?え?

そんなんアリ?

という強引な展開であっという間に逃亡に成功。

 

そして、とある建物に逃げ込むと急に「兄よ!」「弟よ!」と感激の抱擁シーンが始まりました!

おぉ~、突然感動のシーンだぁ~と、慌ててこちらも感動しましたよ。

仲のいい兄弟ですもんね。もともと。

はぁ、よかった。よかった。

 

ポセイドンやらは・・

そうそう、それにしてもマイケルの脳腫瘍はどうやって消えたのかの説明がまだですよね。

どうやら、ポセイドンなる人に操られて(脅されて?)ラマールを脱獄させるという任務に就かされたらしいマイケル・・。

苦しい4年間でした。

そして、そのポセイドンとは誰???

 

というネタバレは結構あっさりありましたね。

なんと、サラの良心夫でした~。

 

ん??

どういうこと?

まぁ、これで殺し屋たちが、彼を脚だけ撃って見逃した理由はわかりましたけど、そもそもサラを殺しに来たっぽかったですよね?

そしたら、サラの夫がサラを殺そうとしたってこと?

長い結婚生活を経てなぜ今更?

 

よくわかりませんが、そもそもそれがマイケルが脅された理由なんでしょうか?

サラやマイクがポセイドンの支配下にあるのを知って脅されていた?

 

まぁそれは少しずつわかるでしょうね。

 

Tバックの活躍

やっぱりこの人が出てくるとドラマの雰囲気ガラッと変わってしまうので、いいのか、悪いのか・・。

ケラーマンがやけにかっこよく殺されてましたけど、前後にTバックがいるんで、どうも雰囲気出ませんでしたよね。

最後の決めセリフにも集中できなかったし。

それにすいません、前から気になってたんですけど、

Tバックの義手がハイテクになったってこと、本編と関係あるんですかね?

 

韓国人のジャが気になる

今回、「日本人じゃない、オレは韓国人だ」ってセリフがありましたけど、今はそんな時代なんですね~。

昔は「中国人じゃない、オレは日本人だ」だったのになぁ~。

でもこの彼、結構いいですね。

渋いし、声いいし、カッコいいですわ。顔っていうより、全体的に、なんか期待できそうな気がします。

今後IT関係なんかで、彼の活躍シーンがあってもいいかもしれませんね。

確かハッカーか何かでしたよね。

最初はラリってましたが、頭良さそうなのでちょっと期待しちゃいます。

 

そして最後はラマールを殺したのがマイケル達だってことがテレビで放映されちゃいました。

これで、周りは敵だらけ、さらに国外脱出は困難に!

いや~、これ以上最悪な状況は無理でしょうってくらい、最悪ですね。

こうなってくると、もうイエメン自体が一つの牢獄なので、ここからどうやって脱出するのか注目です!

 

最後に一つだけ

もうね、現地語と英語が適当に入り乱れて、受刑者たちを扇動していた男が英語でスピーチしていたりと、どうなってるのかよくわかりませんけど、

一つだけ絶対それは無理だろう~!

っていうのが、お兄ちゃんと、ガムボーイとの会話ですね。

 

殺された看守が持っている鍵を取ってきてって頼んでましたけど、いくらなんでも、その2人の会話は成立しないでしょう!!

まぁ、そんなところもプリズン・ブレイクなので、今後も細かい設定無視には目をつぶる感じで見ていきたいと思います。

 

次は5話の感想です。



 

第5話の感想

f:id:Annice:20170510234855p:plain

いやね、ず~っとマイケルとお兄ちゃんが「空港に逃げよう!」「いや、鉄道だ!駅だ!」って揉めてたんですよ。

仲間たちも、空港がよさそうだけど、この際マイケルに付いていく、とか言って駅に行ってみたけど結局テロリストたちに見つかって、

ま~た次の駅に行くか、やっぱり空港か、と同じこと繰り返して結局またテロリストに見つかって建物に逃げ込むんですけどね・・。

 

ここも結局敵が攻め入ってきて、最終的には戦って逃げるんですけど、その後に、

なんと・・

 

お兄ちゃんが普通にシーノートに電話するんです!

 

はぁ???

 

携帯つながるなら、なんでもっと早く電話しなかったの?!

あの揉めてる段階で電話して、飛行機ゲットしたっていう状況聞いておけば、もう今頃は皆一緒にお空のかたなに飛んでいたのでは??

 

どうもよくわからないです、プリズンブレイク。

何か私が勘違いしてるんでしょうか。

 

行き当たりばったり

それ以外にも、何もかもが行き当たりばったりでマイケルらしくないですね~。

駅がいい!と言い張ったマイケルですけど、「オレの勘では駅なんだ」って言うくらいなので、なるほど~さすが!っていう展開になるのかと思いきや、駅でもすぐ見つかっちゃって、

 

ん?? 駅、おしまい?

って感じで逃げまくってましたね。

 

マイケル、脱獄のプロと見込まれてポセイドンにリクルートされちゃったらしいんですけど、今回はどうも計画性がなくて、こういう時はズバリお兄ちゃんの方が強いですね。

結局、飛行場が正解だったし・・。

 

あと建物で地下に逃げ込んで、出口を探してる時に鉄格子があったので、

マイケルが一生懸命、細~い腕で「えい!えい!」って叩いてるんですけど、なんでお兄ちゃんの腕力に頼らないのか不思議でした。

また火事場のクソ力で壊せそうでしたけどね。

 

ジャ活躍!

渋い韓国人のジャが頭脳プレイで活躍してましたね~。

まぁ、そんな上手いこと行くか?的なマンガ展開でしたけど、それ言ったらプリズンブレイクはみんなそんな感じなので、そこは楽しむしかないですね。

最後、シドが瀕死の状態で片目サイコテロリストに手錠をかけるところとか、そりゃ出来過ぎでしょう~って突っ込みたくなりますけど・・。

 

それから最後にあの女の人が「オマールを探して!」ってお兄ちゃんに言ってましたけど、オマールって誰??って感じですよね。

あのテロリストのボスはラマールだったので、紛らわしいし。。

 

ちょっと調べたらオマールはパスポートの手配を頼んだ男らしいです。

ふーん、これからオマールを探してパスポートを用意して国外脱出するのかな・・。

でもその場合は、ウィップとジャはパスポートないけど、大丈夫なのかな。

 

サラの方は・・

サラ、結局あっけなく夫に騙されてしまいましたね。

あの殺し屋の2人が仲良く並んで、番号カードを持っているところは笑っちゃいました。

私も「はい!3番と4番!」って声出しそうでしたから。

 

ポセイドン、CIAをコントロールできるっていう話なので、警察なんかを操るのは簡単でしょうしね。

今後どこでボロを出して、サラに正体がばれてしまうのかが楽しみです。

またティーバッグがでてくるかな?

ちなみにあのサラの女友達も怪しかったですね~。

 

マイケルのネタバレ

マイケルの謎解きですけど、本人の口から聞いてみれば、一番ありがちな話だったな~という印象で、特にどんでん返し的な驚きはなかったですね。

やっぱりね~・・っていうだけで。

ていうことは、そもそも死を偽装するために、脳腫瘍自体が嘘だったってことですかね?

あれ、でもマイケルの母親も確か脳腫瘍じゃなかったでしたっけ?忘れちゃったけど。

 

でもまぁ、サラの夫がポセイドンということなのでバイバイ決定~。

これなら、マイケルがアメリカに帰った時にもサラと感激の再会を果たせそうですね。

これまでは、あのお人よし夫がいるせいで、サラも単純にマイケルの元に戻る訳にもいかず、困るだろうな~っと心配でしたけど、これで大丈夫そうですね。

 

昔の人気ドラマって

それにしても最近、昔の人気ドラマの復活版ということで24レガシーとプリズンブレイク見てますけど、なんか15年前こんな感じでしたっけね~。

本当に、色々と適当で派手で分かりやすくて、ザ・エンターテイメント!ですね。

ただレガシーとは違って、プリズンブレイクの方はキャラがそのままなので、その分安心して見ていられますね。

レガシーの感想はこちらからどうぞ

 

マイケルも腕は相変わらず細いですけど、どうにかこうにか逃げて最後はハッピーエンドなんだろうな~・・と。

そういう意味では全くハラハラドキドキはしないけど、それでもマイケルを見てるだけでワクワクはしますね。

そもそもこのドラマの成功も彼のおかげですもんね。

 

ウェントワース・ミラーも44歳だそうですけど、顔は童顔なのか変わりませんね。

他の作品ではパッとしないのが残念ですけど、いいシナリオがあればプリズン・ブレイクシーズン6も行けそうです。

ただ、お兄ちゃんが老けたな~。完全におっさんだわ。

次は6話と7話の感想です。

「プリズン・ブレイク」シーズン5第6話と7話に突っ込む! ネタバレA感想 「プリズン・ブレイク」シーズン5 第6話と第7話のアニスのネタバレ感想です。 *シーズン5の全話感想* 1、2、3話 4...