ザ・ミスト

「ザ・ミスト」第6、7話に突っ込む!ネタバレA感想 ちょっと飽きてきたかも・・(ネタバレ)

f:id:Annice:20170806162659j:plain

「ザ・ミスト」第6話と7話のアニスのネタバレ感想です。

ケビン、始めは弱そうだなぁ・・と思いましたけど、何気に強運の持ち主らしく、ブラックリストのトム君並みに死にそうで死なないですね。

 

まず今回の話でようやく見えて来たのは、霧で死ぬ人と死なない人がいるってことですかね。

教会のナタリー婆がそれについて、クマの赤ちゃんの例え話しをしていました。

3匹のうち、生まれつき感染していた2匹を殺して、もう一匹への感染を防いだ、と。

 

ということは、何かに感染している人は霧に殺されて、感染してない人は平気ってこと?

霧に飲み込まれたのに吐き出された、アレックスは感染してなかったってこと?

ヒルに食らいつかれていたマットは感染してたけど、ケビンはしてなかったから平気だったってこと?

 

って、そもそも、何の感染の話

 

とりあえず一応このドラマなりの筋はあるようなので、これからもその辺に注目して見ていきましょう。

でもちょっと、この地味な展開にも飽きてきちゃったかな・・。

ザ・ミスト全話感想

第1~3話 第4と5話 第6と7話 第8と9話 最終10話



第6話の感想

記憶のない黒人兵士

怪我をして寝ていたブライアン・ハント張本人はこの偽ブライアンに襲い掛かって逆に殺されてしまいました。

記憶ある方が、「They will find you」って言ってましたけど、彼らって誰?

何かの秘密兵器の実験台にされちゃって、そこから逃げ出してきたのかな?

 

それと、この二人はでかいから格闘シーンも迫力ありましたね~。ダブルマイク・タイソンで病室が狭く感じたわ。

 

気分転換が早すぎたアレックス

少女が霧の被害にあって責任を感じているアレックス・・。

イブは元気付けようとショッピングへ連れ出し、アレックスもお気に入りのジャケットを着て笑顔も見せ始めてました。

やけに元気になるのが早い印象ですけどね・・。

それが気に食わないのが、影で様子を見ていた少女の母親。

アレックスが一人になったところを見計らい、休憩室に閉じ込め火をつけたようです。

それにしても、娘を失ったばかりの悲しみに暮れる母親がそこまでしますかね?

わざわざ油を撒いてから火をつけるって・・。怨念すごすぎでしょ。

でも、ジェイが助けてくれて難を逃れました。

 

それにしても、イブの娘過保護状態もイラっとしますね。

そんなに大事なら常に一緒にいればいいのに、自由にフラフラさせておいて、後で事情も知らずジェイを殴ったりして・・。

人を見る目がないなぁ・・。

あんな童顔君が悪人のはずないでしょうに。

 

人体実験中のサイコドクター

こんな非常時にも変なサイコが登場しますね。

死にかけている患者を霧に晒して実験していたとのことで、それを見つけたケビンも実験台にされちゃいました。

通常30秒で襲われるところが、ケビンは2分経っても平気だったみたいです。(だから?)

でも幻覚みたいの始まってましたよね。

やっぱりケビンも放置してればそのうち襲われるんでしょうか・・?

その辺がどうも曖昧。

 

なんにしても、黒人兵士がドクターを殺してケビン救助に成功。

あの状況下での貴重なお医者さんでしたけどね・・。

 

ミアも同様

ミアも霧に結構晒されているのに、なかなかしぶとく生き残ってますね。

自分に襲い掛かる幻覚(母親)もいるのに、反撃して逃げ切ってました。

感染うんぬんの話で言えば、ミアも感染してそうですけどね。

とりあえずお金をゲットしてまた病院に戻ってきたようです。

 

ナタリーは狂信少年に襲われる

名前忘れましたが、神父を崇拝してる狂信少年がナタリーを襲っていました。

とっさの判断でナタリーは彼だけ霧の中に残し逃げ帰ることができました。

これも、ナタリーは感染していなくて、少年は感染してるってことですか?

うーん、よくわからないなぁ・・。

っていうか、どっちでもいいわぁ・・。

 

病院はパニック

発電機が止まってしまったか何かで、電動で閉められていたドアが開いてしまったようです。

霧があちこちに侵入して病院内はパニック!

ケビン達は精神病棟に行こうとしてましたけど、そこへのドアが開かないようです。

というところで次回へ~。。

 

どうも盛り上がらない・・

なんだか行き当たりばったりで、派手に色んなエピソード絡めてますけど、最後は収集つくんでしょうかね。

イマイチこう、敵が見えない・・というか、明確な恐怖の対象がある訳ではないので、盛り上がりには欠けますね。

 

確かチラッと見た映画のミストでは、霧の中に恐ろしい巨大生物がいて、人間を襲ってましたよね。

ああいうのがいれば、もっと恐怖が高まりますけど、ドラマ版はどうも敵がなんだかわからないし、自分の内面とも戦っているような地味~な恐怖なんですよね。

 

そのくせ、メインキャラは死なないし、こちらも全然ハラハラドキドキしないんです。

もっと魅力的なキャラがたくさんいて、ウォーキングデッドみたいに一人ずつ死んでいくような展開だったら見てる方もハラハラドキドキしそうですけどね。

さほど魅力あるキャラがいないうえに、どうも簡単には死なないようだ・・となると、緊張感なさ過ぎてダルいかも・・。

 

キャストが全員少し暗いのがダメなんですかね。

みんなホラー向けの影のある俳優さんという印象で、いつまで経っても好きになれないし、イブはなんだかムカついて来たし・・。

もっと元気でエネルギー溢れる感じの人、いなかったんでしょうかね・・。

応援したくなる人、せめて一人いて欲しいですわ。

 

次は7話の感想です。



第7話の感想

f:id:Annice:20170813165316j:plain

今回もいろんなエピソードを織り交ぜて、凝ったホラーになってましたね。

人間描写も一人一人掘り下げようとしているのはわかるんですけど、凝り過ぎててストレートな恐怖があまりないというか・・。

掘り下げてる割に、魅力的なキャラが全然いない、という・・。

 

それにしても、霧の存在は軍の秘密計画なのか、はたまた宗教的な天の裁きなのか、その辺も絞り切れず散漫な印象です。

ではまた一つずつ・・

 

精神病棟で一悶着

ミアの母親がいたらしい精神病棟へ逃げ込こんだケビン達。

ジョナとミアはどうやらカップル成立の予感ですね。

逃げ出したミアですが、今では「ジョナが生きる希望」だと告白し、ヤクを抜く治療をする決意をし、ジョナにその介護を頼んでいました。

苦しみ悶えるミアを見て、ジョナは自分も縛られ電気を流されている記憶を取り戻したようですが、まだそれしか思い出してはいない様子。

やっぱりジョナは何かの実験体にされてたのか・・。

 

それにしてもミアの全身縛られてのヤク抜きは顔面蒼白で壮絶でした!

あのままポスターガイストの女の子みたいに、口からドピャー!っとゲロが飛び出すかとビクビクしましたよ。

でも、ジョナの「言葉に集中!」、という微妙なアドバイスのおかげか、なんとか切り抜けたようです。

 

精神病棟でもう一悶着

それからもう一組のカップルも成立か・・、というエイドリアンとタイラー君ですが、すごくいい雰囲気で、タイラーの過去の過ちについて許しを請うシーンも感動的でした。

この2人ってずっと前からそういう複雑な関係だったんですね。

前回、トイレでタイラーが急に殴り出した時には引きましたけど、なるほどそういう歴史があるなら、いつも通りのお約束だったのね。

 

ところが!

あの精神病を患う男がエイドリアンを拉致し、最後はケビンがメッタメタにして殺す・・という事件の後、またタイラー君が現実に引き戻されてしまいました。

きっかけは、エイドリアンがした、

「周りの目なんてもう気にしない。男と手を繋いで通りを歩くんだ」という発言です。

これで、やっぱり俺にはそんなこと無理だ・・と自分の弱さを思い知ってしまったタイラーは、急に手をほどき、病院に一人残る決断をするのでした・・。

 

あーあ、残念。

エイドリアンもちょっとプッシュし過ぎちゃったかな。

あれほど自分自身に嘘をついて生きてきたタイラーがここまで心を開いたんですから、もう少しゆっくり行くべきでしたね。

 

それと、ケビンですけど、あそこまで徹底的にあの男を殺す必要あったのかな。

一応病人な訳だし、殺さなくても・・。

でも、そこに放置しておいてたら危険な男だし、部屋に閉じ込めるにしても、行く末が餓死だったら可哀そうだし・。

それかケビンには本当の悪魔がとりついている?・・ようには全然見えないけど。



食糧問題勃発のモール組

食料があと二日分しかない!ということで突然物騒になってきたモール組ですが、そんな訳あるのかなぁ~・・と。

だって、教会や病院に比べたらダントツで一番食料豊富でしょう。

大型スーパーあるはずだし。

 

手っ取り早く食べれる物がなくなったにしても、米を炊いたり、パスタをゆでたりと、一手間加えたら食べれる保存食的な物も豊富でしょうし、あと2日でなくなる、なんていうのは私は信じませんよ!

炊飯用具はキャンプのコーナーにありそうだし・・。

 

あの店長、自室でお菓子をキープしてこっそり味わってましたけど、バレた時にはモール追放・・なんてことになっちゃうかもよ。

 

それと、娘を亡くした母親がイブとアレックスを敵視してるだけじゃなく、周りも扇動し始めたので雲行きが怪しくなってきました。

モール警備員も味方して(食料盗んだ張本人が偉そうに!いや、それを言えば奴を戒めていたのもお菓子食べてた店長だけど)、これでモール組に内乱勃発!なんてことになったら圧倒的にイヴたちが人数的に少ないので不利ですね。

絶妙なタイミングでケビンが助けに来てくれるかな?

 

ついに決着!牧師VSナタリー婆

「2人で霧の中を歩いて、生き残った方が正しいと証明しようじゃないか!」

という牧師からの挑戦を受けて立つことにしたナタリー婆ですが、いざその時を迎えるにあたり何を思ったのか、突然フルヌードで登場!

これには牧師もビックリ。見てる私もビックリ!

 

そして、やけに自信たっぷりだった牧師は霧の中で遭遇したキラー集団たちにあっけなくやられてしまいました。

それにしても痛そうなやられ方!

なんであんな提案したんだろね。

そもそも弟子のリンクがナタリーに負けて死んだ時点で、この勝負は見えてましたけどね。

傲慢な過信が自滅を招いたか・・。

 

ただですね~。この牧師にしても、ナタリーが人々を扇動してるだのなんだの、大ごとのようにずっと話してましたけど、そもそも教会にいる人達なんて5、6人じゃないですか。

何百人もいるみたいに話してたのがちょっと違和感でした。

 

あと、あのナタリーのお尻ってボディダブルですかね。

やけにプリンといい形だったのが、「おぉ~、年齢の割に・・」と感心してしまいました。

 

やっぱり死なないメインキャラ

ちょっと怖かったのはエイドリアンが部屋に監禁されて、やられそうになってたとこかな。

でも、やっぱりメインキャラ達は死にませんね。

まぁ、殺す気なら、あの精神病患者が医師ではない!と発覚した時点で死んでいたでしょうけどね。

あんな風にしっかり拘束されて、口テープまでされてる時点で、死なないんだろうな・・とは予測はできましたけどね。

 

最後はきっとケビンも家族に再会できて、ハッピーエンドで終わるのかな・・。

エイドリアンとタイラーの関係もこのまま終わるとは思えないので、もう一つ何か最後にありそうですけどね・・。

 

次は第8話と9話の感想です↓

「ザ・ミスト」第8、9話に突っ込む!ネタバレA感想 いや~な展開 「ザ・ミスト」第8話と9話のアニスのネタバレ感想です。 うーん・・・。 今回は随分派手に進展しましたね。 とい...