Apple TV+「インベージョン」スローだけどなぜか見ちゃう~。ネタバレA感想

Apple TV+オリジナル海外ドラマ「インベージョン」のアニスの感想です。(途中まではネタバレなし)

【追記】第6話の感想追加しました。




このドラマは何か月か前に予告編を見たときから楽しみにしてたんです。

だってこれだけ揃ってたらワクワクしちゃうじゃないですか。

  1. ほぼ確実に楽しめる終末世界&侵略物でSFアクションにもお金かかってそう。(製作費は2億ドル)
  2. Apple TV+オリジナルはいつも映像綺麗で本格的
  3. 俳優陣にサム・ニール(「ピーキー・ブラインダーズ」、「ジュラシック・パーク」)がいる
  4. 日本人キャスト(忽那汐里、菊地凛子)らも参戦!
  5. 世界規模で描かれ(オクラホマ、ニューヨーク、ロンドン、アフガニスタン、東京)スケール大きい!
  6. 平凡な人々が極限状態にどう触発されるかを描くヒューマンドラマという切り口

なるほど、なるほど・・。

これは2021年の新しい侵略物として期待できそうですよね!


というわけで、さっそく金曜日に配信された3話分を見てみました。

うーん、スローーーーーーーーーーーーーーだねぇ~!イェイイェイ!!

というわけで、変なテンションになっちゃうほどスローでした。

アレ、どうしちゃったんだろ。



確かに突然襲い掛かる謎の攻撃は怖いし、凄い破壊力。

突然来るのでギョッとするし、やっぱりお金かかってるわ~。

なんだけど、なんだけど・・。



IMDbは現在5.7。

トマトはこのような状態です。

かなり厳しめ・・。

でも、私はたぶん最後まで(全10話)見ちゃうと思います。

こういう新感覚を狙いに行ったドラマは気になり過ぎて途中で止められないじゃないですか。

それに、IMDbにしても全体的に悪いというよりも不思議なパターンになってるんです。

10点と1点で競いあってます!変な形~。

1点組は「期待が大きかっただけに・・」という反応かな?10点組は「まだまだ第3話までじゃないの。諦めてないわよ~」って感じ?

私もまだまだ諦めきれない方なので最後まで期待しながら見ていきたいです。でも10点ではないかな。今のところは7点くらい・・?

目次

【お留意ください】
当ブログは個人が趣味で書いているもので、夜遅くにウトウトしながら感じたままの感想を綴っています。そのため稚拙な文章、品のない物言い、勘違い解釈、天然ボケなどで皆様をご不快にさせてしまうこともあるかもしれません。(その場合は申し訳ございません。)
その点を含めてお許し頂ける方のみ読み進めて頂けましたら幸いです。

また衝撃ネタバレに関してはそのエピソード分の始めに持ってくることもあるのでご注意ください。(内容を順番に書くわけではありません)

「インベージョン」予告編とあらすじ

世界各地で説明のつかない奇妙な現象が起こり始める。
小さな町の保安官は何か大きな現象が起きていると感じ始めていた。

Apple TV+

「インベージョン」 第1,2,3話を見たネタバレなしの感想

やっぱりこういうタイプの侵略物はバババーン!ドドーン!ギャー!!バラバラバラ・・!キャー!!逃げろ~!

みたいな畳みかける迫力とテンポに慣れちゃってますからね。

それが、ドーン!!と衝撃波が来た後に、

シーン・・。

となって、湿ったヒューマンドラマがじっくりじっくり語られる・・。

すると、また油断してた頃に急にババーンと襲われ、衝撃映像に身が凍り・・。

シーン・・。

となって、はい、またヒューマンドラマに戻りますよ~。

シーン・・。

ボソボソ、ボソボソ・・。

シーン・・。

ボソボソ、ボソボソ・・。

ドッカ~ン、ええ?!

シーン・・。

ボソボソ・・。

の繰り返しだったような気が・・。

各地のエピソードがそれぞれ独立していて繋がってないのでリズムができにくいし、襲い来る異常現象を除けば、ヒューマンドラマとしても結構普通で、強烈キャラもいないです。

ただ、そういうプロットのドラマなのだと解釈すればこれに関しては私はOKでした。

むしろ、面白い試みだなぁ・・なんて、ちょっと新鮮に感じちゃったし。

だけど、やっぱりイマイチなのは描かれるキャラの方なのかな・・。(まだ3話までなので仕方ないかもですが。)

ご注意ください、次は第3話まで見たネタバレ感想です。(といっても、3話までなので大したネタバレはありませんが・・。)

「インベージョン」 第1,2,3話を見たネタバレ感想

普通の人々を描くヒューマンドラマなので、当然スーパーヒーローは不在でしたね。

分かってはいたけどちょっと寂しいような。

普通の皆さんにしても、なんとなく感情移入しにくかったのと・・、あと・・、

なんだかイラっとするよ?

面白くないわけじゃないのに、イラっとさせられすぎじゃないですか?

もちろん、これは「振り」の段階で、敢えてストレスを溜めさせておいて、この後の展開でバーッとカタルシス~!なことになるのは分かりますが。(お願いしますヨ)

だけど、テンポが悪い上にイライラすることが多いと、さすがに3話分が長くって。涙



ロンドンに関しては、サド的要素満点のいじめっ子が救いがなさ過ぎて(誰か髪型突っ込んだれ!)、何しろ酷い!

イジメられてるキャスパー君が可哀そうすぎるんです。

あの緊急時にもイジメ根性を貫き通すのって、逆にどんな育てられ方をしたらああなるんでしょ。

何気にフェイク演技だけはいっちょ前で私もコロッと騙されちゃった。(だから余計にイラっとする!)




それから、ニューヨークの家族ですけど、これまたイライラを通り過ぎて腹が立つ!
あの夫がクソ男過ぎ~~?!

妻に「なぜ浮気を?なぜ彼女なの?白人だから?」と責められた時の答えが最悪にもほどがある。

「君じゃないから。」

って、そりゃ例え事実であっても男として口に出したらアウトでしょうが!

ましてやハーバードの医学部を卒業しながら全てを犠牲にし、家庭に夫に尽くしてきた妻に対して言うセリフ?!(それが逆に重たかったのかもだけど・・)

子供2人を置いて何度も逃げ出そうとしながら上手く行かない夫に対し、何度も助け舟を出してあげる妻にもイラっとします。

もう、要らんわそんな夫~!

料理インスタグラマーにくれてやれ~!

と、何度思ったことか。

せめて子供達だけは守り抜く!という気概があれば別ですけど、一人でコソコソ逃げようとする父親ならいない方がいいでしょう。




アフガニスタンの米兵士のエピもピンと来ないんですよね。

砂漠で出会ったオジサンと不思議なコミュニケーション取っちゃってるし、突然、ん?異言語カウンセリングか何か?!というスピリチュアルな世界に連れていかれてしまいました。



東京に関してはとにかくスローでしたね。

ボソボソ話すセリフ回しって日本語だと抑揚が付きにくくて余計に単調に感じちゃうのかな。

日本人女優お2人の肌の露出がやたらと多いのが気になりました・・。


それと、サム・ニールってもう終わりなの?!

あれだけ?

謎のミステリーサークルからニョキっと現れたエイリアン(?)に頭をピッとされて終わりなのかな・・?

でも、きっと何かありますよね?

保安官自身も「自分の人生には何かあるはず・・」みたいな事を言ってたので、「なるほど、そういう意味なのね」という説得力のある説明が待っているのだと信じたいです。(お願いしますヨ!)

謎はいくつかあるんだけど・・。

子供達が一斉に鼻血を出したり、息子君(ルーク)だけが無事で何かの音(ワジョ)が聞こえていたりと、謎めいた現象はありましたけど、残念ながらどれもミステリー要素にはなりそうもないんですよね。

だって、エイリアンならぶっちゃけ何でもアリじゃないですか

突然空から爆弾のようなものが降ってきても、一斉に鼻血が出ても、宇宙ステーションが破壊されても、砂嵐に襲われても、どれもこれもエイリアンの仕業っていうならそれまでですもんね。



で、ふと思ったんですけど、このドラマはタイトルを「インベージョン」(侵略)にしないで、そこを謎かけにしたらどうだったんだろうなぁ・・と。

ダメかな?

エイリアンぽさを伏せたままで、

  • 突然破壊された宇宙ステーションに何が起きた?
  • 子供たちはなぜ鼻血を?!
  • 空から降って来たのは何?ミサイル?テロ?
  • ミステリーサークルは誰の仕業?
  • ワジョって何?
  • 保安官に何が起きた?

みたいな・・。

で、いいタイミングで「実はエイリアンでした~!!」とエイリアンオチを披露する。

ってダメか・・。やっぱ夢オチ並みに反感買うかな?


チラッと出て来たエイリアンが!!

うわ~。タコ型ですか?!(ヒトデ型??なんか吸盤みたいなのあったような?)

トム・クルーズの映画の奴に近いのかな・・。2021年なので、もっと最新型のヤツを期待してたんですが、これまた昭和っぽい王道路線でしたね。

ふ~む。

エイリアンがこんな感じということは、この先はヒューマンドラマの濃い部分に期待するしかないのかな。

「ワジョ」てそういう意味なの?!

とあるアメリカの解説記事では”Wajo”というのは「和城」のことで日本の城という意味だと書かれてました。

ん?そういうことなの??

それはそれで、なんか変な方向に行っちゃうような気もするんですけど、本当なのかなぁ。。(発音違うし、個人的には違う気がしますが・・。)


というわけで、3話までの感想はそんなところでしょうか。

もう少し、会話部分のテンポを速めてもらえたら見やすくなりそうですが。

私としてはサム・ニールの再登場に期待したいです。

あとあのダメ夫に天罰が下るところも。

そんな感じで、ではまた~。

次は第4話のネタバレ感想です。

「インベージョン」 第4話を見たネタバレ感想

ついにこの4話でエピソードレートが5.8と5点台に落ちてしまいました。

うーん、渋いね。

でも私は結構面白く見ちゃったんですけど、ダメですかね?

もはやSFドラマというのは忘れました。

ただ、

あの少年が絶壁をよじ登ったよ!エライやん!

しかも、いじめっ子に立ち向かったよ!えらんやん!

あの浮気され女が反撃しそうだよ!イケイケ!

みたいな視点で楽しんでます。

それでいい気がするな~。

ワジョとかの謎は・・

なんか、あんまり謎に興味が沸かないんですよね。

結局そういうエイリアンなんでしょ?

日本組が見つけた周波数うんぬんもエイリアンからの信号なんじゃないの?そういうことじゃないのかな?

でも、一応気にしておくべきなのは、キャスパーがエイリアンからの信号を受け取っていたらしい部分だそうです。

どうもロシア語の書かれた衛星が空から降ってくる・・的な部分も予知していたのか、そんな絵を描いてますね。

ロシア語も書いてる
何かの爆発?
ってことは、エイリアンはこんな顔?!

このドラマって最終的にエイリアン見せてくれるんですかね?

終末世界における普通の人々のドラマを描くのがテーマらしいので、最悪エイリアンには触れずにこのまま行ってまう・・というのも可能性としてあり得そうですが、一応楽しみにしておきたいですね。(一つ目エイリアン見てみたい!)

それから、あの浮気夫は子供まで作ってたか!呆れたな~。

16歳じゃないんだから、「うっかり・・」じゃ済まされないのよ。

もうあんなん車から放り出してよさそうですけど・・。

あの妻も結構粘るタイプみたいで、説明して、説明して・・としつこいですね。(どんな説明が聞きたいの?)

こうなってくると、逆にいつまで一緒に行動する気かが気になります。

急に失踪した息子君も無事発見されて良かったわ。(あの保護してくれた家族はいい人たちなの?サスペンスドラマだと危険なんだけどね。)

というわけで、また来週!

次は第5話のネタバレ感想です。

「インベージョン」 第5話を見たネタバレ感想

今週もほとんどストーリー的に進みがないエピソードでしたね。

っていうか、毎回5センチくらいしか進まないような。

少~しずつしか進まないけど、一応確認

キャスパー君たちはお菓子や水を運ぶトラックを発見して、ようやく食料にありつきました。

奇跡的に水もあって良かった、良かった。

ただ事でない事態が起きたことが分かってきて、いじめっ子のモンティは大人への怒りを爆発。その様子を見てキャスパーは彼の話がある程度本当だったのを見抜きました。

なるほど・・。だからあの崖を上った後も家に帰りたくなくて、そこに留まるって言い張ったのね。

でも、またキャスパー達を一緒に先を行くことにしたようです。

以上。



アフガンの戦士トレヴァーは仲間の遺体と基地に戻ったけど、誰もおらず、妻に電話。

相変わらずつれない態度に傷つきながらも、大統領の演説を聞く。

トレヴァーの方から妻の元を去ったことが判明。

以上。



ミツキはヒナタ達がまだ生存している可能性があると信じ、上司にかけあってエイリアンの真相を追求することに。

上司からはイケイケのGOが出た。

以上。




アニーシャがビビって尻込みする旦那の代わりに食料探しに出かけると、食料店で軍の兵士達に遭遇。医師であることを伝えると救助施設に連れていかれ、怪我を負った人々を治療することに。

傷の縫合を頼まれるが、患者の腹部から謎の黒い物体を発見し取り出す。


パニックの中、さらに治療を必要とする人のいる場所へ連れていかれるアニーシャだったが・・。

以上。


この黒いのもエイリアンっていうことでしょうかね。

キャスパーがトラックの椅子の上で触っていた黒い物質もそうなのかな・・。なんだか磁気を怯えてるような感じでしたけど。

あと、アニーシャはなんであんなにボーっとしてるんだろ。地球外生命体からの攻撃だったことを知ってショック状態なのかな?少し前までしっかりしてたのに、急にどうしちゃったんだろ。

それと、次の医療現場に向かうより先に家族に無事を伝えた方がいいんじゃないのかな。夫はともかく、息子君が心配してるだろうに。


本当に少しずつしか進まないんで、感想としても何とも言いようがないんですが、私が今回嬉しかったのはこの方。


ノア・ビーンはこんな作品に出ています。

IMDbより


「ダメージ」の頃は青年だったけど、イイ感じのオジサマになったな~。43歳ですって。


え~っと、他に特に気になったこともなかったので、この辺でしょうか。

来週は10センチくらい進んでくれるといいな・・。ではまた~。

次は第6話のネタバレ感想です。

「インベージョン」 第6話を見たネタバレ感想

もうビックリしたわ~。

突然のホラーテイストというか、完全に「クワイエットプレイス」でしたね。

それも、暗すぎてほとんど何も見えない「クワイエットプレイス」

とにかく真っ暗で、私のパソコンにはほぼ何も映らず、画面に反射する自分のトボケ顔を眺めながらの30分でした・・。(今回はやけに短かった。)

家宅侵入したのは・・

それにしても前回はアニーシャに何があったんでしょうかね。(ショック状態だったということ?)

ずっと夢遊病者みたいな状態でしたが、学校が何かに襲撃されたことを聞き、他の医師にグミをもらってようやくお目覚め。

突然、子供のそばにいなければ・・!と走り出します。

その道すがら散乱した兵士たちの死体を発見。

これはただ事ではない・・!と戻ってみたらやっぱり異常事態に!



今回のタイトルは「家宅侵入」。

まるでコソ泥が家に入って来たみたいな雰囲気ですが、しっかり「エイリアン襲撃」でしたね。

とりあえず子供達が無事でよかった!

もうそれだけでOKでしょう。

あの夫アーメドはやられたようでしたが、なんとか車にたどり着いてましたね。容体はどうなんだろ。


ちなみにあのアーメドは何をしようとしてたかってことですが、正面玄関から出た方がいいと言い張り、バリケードに使っていた家具などを移動しようとしてたようです。

アニーシャはそれだと音が出てしまうので、地下に行ってそこから脱出したほうがいいと判断したのですが、いつものごとくこの夫は聞かんのですよ・・。



それと、エイリアンが車の窓を突き破って来た時は焦りましたよね。

銃を撃ち込んでも全く効果なかったのに、謎の黒い鉄片で頭を叩いたら簡単に死んでしまってましたけど、あれは何?って気になりますよね。

あちらの解説サイトを見ると「息子のルークが見つけて大事に隠し持っていたもので、恐らくは地球生命体のマテリアル。宇宙船の一部と思われる」って書かれてます。

(でもなぜそれが、この家主の車の中に置いてあったのかは謎・・。それともルークのカバンから取り出したのかな?)

なので、地球上の従来の武器はまったく効果がないものの、彼らの素材を使うと効果があるっていうことは、このエイリアンを倒す大きなヒントになるのでは・・?ってことでした。


で、ルークがこの鉄片をいつ見つけたのかな・・と1話からさ~っと見直して探してみたんですけど、見つかりませんでした。

もし見つかった方がいたらコメントでお願いします~。

今回が最高エピソード?

今回のがベストではないか?というアメリカのサイトもありましたが、でもIMDbは5.9と低いまま。

これは真っ暗で見えなかったせいじゃないですか?あれをしっかり見せてくれてたら確かに面白かったと思いますが、なにしろ目が痛くなるほど暗かった!


こんな緊迫エピソードを2話くらいから入れて来ていたらもう少し評価も上がっていたかもですね。

キャストの人物描写をじっくりするのは1話だけで、2話からはこういう展開で良かった気もします。

あとは、緊迫描写の中に少しずつキャラの変化や決断を差し込む形で掘り下げていき、最終話でどっか~ん。みたいな・・?



それと、今回は結構エイリアンの全貌が明らかになりましたね。

車からボトっと落とされた時の姿を見るに、それほど大きくはない様子。びろんびろんの手足がタコ型なのかな?顔は花びら系?

と、そんな感じでしょうかね?スミマセン、私のパソコンだと本当に見えなかったんで・・。

ではまた来週!!

ブログ継続のため、ご協力頂けると嬉しいです

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる