ジャック・ライアン

「ジャック・ライアン」シーズン2 面白いけど惜しかった!最終話まで見たネタバレA感想

アマゾンプライムビデオの海外ドラマ「ジャックライアン」2、最終話まで見たアニスのネタバレA感想/考察です。

ジャック・ライアン感想

S1:3話まで 最終話まで S2:最終話まで

 

さすがアマゾンオリジナルの大作ドラマ!

映画並みのスケールで気合い入ってました!

 

ただ率直な感想を言わせてもらうと「面白かったけど、S1と比べると爆発力がもう一つ足りなかったのかなぁ・・。」と。

お膳立ては揃ってるのに、なんだかとっても惜しいのです。

 

実は、配信開始前は、もしかして今一番ポスト「24」に近いのは「ジャック・ライアン」かも?!なんて淡い期待をしていたわけですが、蓋を開けて見たらそこまでの派手さはなかったですね。

「5分に1回何かが起きる!」が信条の「24」に比べると、説明のくだりが少し長い!

第1話の開始20分はず~~っとベネズエラの説明でしたよ?

 

とはいえ、各話の終わりには衝撃の展開が用意されていてド派手アクションは見応え充分!

 

手堅くまとめた感じで決して悪くはないんですけど、「24」を衝撃体験し、「ホームランド」で手に汗握り、「ゲーム・オブ・スローンズ」で深い人間ドラマに酔いしれた視聴者層にとっては、この定番スタイルだと少し物足りないような・・。

こちらも新たな大型サスペンスアクションを期待していただけにね。

 

今回は厳しい目線になってしまいますが、遠慮なく突っ込ませて頂きます!



ジャック・ライアン役ジョン・クラシンスキーが物足りない!?

個人的には好きなんです。

「クワイエット・プレイス」の善良なお父さん役なんてまさにハマり役でしたよね。

ただ、彼の場合はどこか表情に「憂い」があってカラッとしてない!

アメリカ人が好むヒーロータイプとは少し違うかなぁと。

そういう役ならいいんですけど、ライアンはいわばマルチな才能のあるスーパーヒーローですからね。

ハリソン・フォード並みのカリスマまでは求めませんが、「もっと元気に行って頂戴よ!」と、葉っぱを懸けたくなるほど暗いのです・・。

 

例えばですね、1話で恩人の議員家族と絡むシーンですけど、ぎこちなかった~。

あそこはもっとコミカルに行くところでしょ。

「ダイ・ハード」のブルース・ウィリス並みのコミカルさやユーモアセンスは求めませんから、もう少しアメリカンな明るさが欲しいです。

 

実直で真面目で、正義感が強い!

のは分かるんですけど、もう少し彼自身に幅が出てくると面白くなるのかなぁ・・と。

表情もほぼいつも同じで、固いんですよね。

あ、それを言ったら「24」のキーファー・サザーランドも同じだなぁ。でもキーファーの方には焦り演技という得意技がありましたからね。

いつも落ち着かない様子で焦ってて不安気なのに、敵と遭遇すると人が変わったように猛烈に戦いまくる!

という落差がよかったですよね。

 

ただ、このライアンはずっと同じテンションで、焦りや恐怖も表現せず、普通に堂々と敵の陣地に入っていく・・という大胆さ。

だから見ててもハラハラドキドキしないし、興奮も少ない。

小柄なジャック・バウアーは見ててもハラハラしっぱなしでしたけど、彼は大柄で体格いいし、安心して見れちゃうのもマイナスかな。

 

グリーアとのコンビに魅力がない?

このコンビにはバディとしての魅力がいま一つ・・。

これはやっぱりライアンにコミカルさがないのが原因でしょうかね。

互いに軽口を叩いていても、聞いててそれほど楽しくないし、仲がいいんだか悪いんだか分からないほど・・。

軽快なバディ物にしたい意図は見えるんですけど、そこが面白くないと雰囲気も盛り上がりませんよね。

 

特に今回は囚われたグーリアをライアンが救出しにいく!というのがクライマックスの見せ場でしたからね。

ライアンがグーリアを必死に救おうとする熱意と必死さがもう一つ伝わってきませんでした。

 

なんとか危機感を煽ろうと、グーリアに心臓病という要素をプラスしてましたけど、それでも緊張感を感じないのは、死ぬキャラと死なないキャラが分かり易い昔風のスタイルもありますよね。

「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ウォーキング・デッド」のように、大事なキャラでさえ、いつどう死ぬのか分からない!という、あのスリルにも欠けてました。

 

マイケル・ケリーはカッコいい!

そんな魅力不足のライアンを補おうとしてか、3人目の男マイケル・ケリーの存在感が光ってました!

もうこの辺のシーンとか、彼の方が気合い入りまくってて、一体どっちが主人公なのやら・・。

(大統領宮殿に向かうヘリの中、ライアン一言も発せず・・)

 

敵の大統領に迫力がない

元ドイツ人エージェントで今は雇われ殺人をしているマックスは良かったですね~。

トム・ヴラシアは「ゲーム・オブ・スローンズ」でジャクェン・フ=ガーを演じてましたけど、あの癖のある風貌が怪しげで迫力あり。

なのに死ぬのが早いわ!

しかも、最後の方はなぜライアンを殺そうとしてるのかよく分らなかったし、結末から推測するにライアン殺しもチャピン議員の指示だったってこと?

それとも、レイエス大統領に喧嘩を吹っ掛けたライアンをレイエスが殺そうとしたの?

 

で、マックス死後は誰が肝心の悪役になるかというと、あの頼りなさそうなレイエス大統領お一人・・。

これが全然恐ろしくない・・。

線は細いし、貫禄もない。へなちょこ。

 

南米ドラマと言えば「ナルコス」ですが、パブロ・エスコバルを演じたヴァグネル・モウラ並みの迫力と不気味さ、狂気が感じられたら格段に面白かったでしょうし、最後の対決もずっと興味深く見れたんですけどね。

 

大体どう考えたって米CIA組織の人間が、他国の大統領を殺したらマズいというのは分かりますしね。

もうね~、大統領宮殿の晩餐会で銃を乱射し、手りゅう弾を爆発させてる時点で無茶過ぎる~!と笑っちゃいましたけど・・。

 

テロリスト~?!

 

それにライアンにしても、大統領にあそこまでする無茶な気性を持ち合わせてるようには見えないんですよね。

その辺もジョン・クラシンスキーから滲み出る知性と品の良さが邪魔しちゃってますね。

ほら、「24」のキーファーって私生活も大荒れで結構な不良役者でしたけど(逮捕歴多い!)、そういう部分の粗っぽさも今振り返ると大事でしたよね。

恐らくジョン・クラシンスキーは普段から品行方正で超真面目なんでしょうね。(想像ですけど)

 

マドンナ役があまり美しくない

すみません。率直な感想を書いてしまいました・・。

ハリエットを演じるのは「ミレニアム」の女優さんノオミ・ラパス。

ハスキーボイスもセクシーで、存在感はありましたけど、なにしろこれまたライアンと化学反応が全くない!!

2人の間に見てても、危うさというか、心ときめくモノが見事になかったですよね。

 

やっぱりライアンがいけないのかなぁ・・。

 

ところで、前回のお顔ぱんぱんキャシーはどこ行ったの?

原作ではライアンの妻になる人じゃなかったでしたっけ?

 

少し前に目にした記事では、キャシーもシーズン2に出るって書いてあったんですけど、全然いなかったですね。

話にも上らないし。

 

ライアンに世界中を飛び回らせる以上、パートナーは現地調達方式がいいってことになったんでしょうか。

ジェームズ・ボンド風に毎回マドンナが変わるのかな?

 

黒幕が分かり易すぎる

もうね、出た時点で分かっちゃいましたよ。

だって、この役者さんて黒幕専門の方でしょう?(印象ね)

ライアンとどんな繋がりがあるのかの説明もなく、突然現れた議員ですからね。怪しいに決まってるじゃないですか。

ほぼ登場シーンはなく、電話してる姿がたまに映るだけなので、憎たらしくもなければ何の感情も湧かない・・。

正体を明かしても、逮捕されても、へぇ、そうですか・・で終わりでした。

 

ただし金はかかってた!アマゾンオリジナル!

さすがアマゾン!!

資金力に物を言わせてロケやアクションシーンは頑張ってましたね。

宮殿に押し寄せる群衆なんかも凄い迫力!

アマゾンでの川下りやジャングルの撮影も大変だったでしょう。

 

はぁ、もったいないなぁ・・。

これで主役にもっと魅力があって、悪役(大統領)にも迫力あり、脚本にも力強さとキレと緊張感があったらもっと面白いドラマになったんですけどね~。

って、ダメ出しし過ぎかな・・。

 

でも前半は面白かったですよね。

謎のマックスが良かったし、襲撃を受けるシーンは恐ろしかったし、各回の終わりには毎回アッと驚く見せ場が用意されてましたしね。

 

それが後半になると少しずつトーンダウンしてきて、最後はあれれ・・でした。

 

でも、ベナルデを演じた女優さんはナルコスでも強烈でしたけど、やっぱり良かったですね。

それに、ジャングルの川を下っていった軍人達のエピソードも面白かった。

(パラシュート降下がカッコいい~!)

 

マーカスに関してはあれだけ「ボートで待機してろ!」と言われたのに、なぜフラフラ出て行ってしまうかなぁ・・と、疑問でしたけどね。

 

えっと、そんな感じでしょうか。

グーリアは今後どうなるんでしょうかね。

心臓の手術を受けたら元気になるのかな?でも今回のラストで自分は引退のようなことを言ってましたからね。

となると、今後はライアン一人・・?

大丈夫かな・・。

 

また強烈な助っ人を参戦させる必要があるかもしれませんけど、かといって地味なライアンより目立ったらいけないし・・。

難しいですね。

 

「ジャック・ライアン」2の評価はどうだった?

Rotten Tomatoesを見てみると、

批評家 一般
シーズン1 74% 88%
シーズン2 81% 65%

 

一般の方の評価がシーズン2でガクっと下がってます。

私も一般の方に近いかな・・。

 

一皮むけたら面白くなりそうな要素がぎゅっと詰まってるドラマだけに、しつこいですけどもったいないですよね。

やっぱりまずは脚本でしょうかね。

 

というわけで今回は、ベネズエラには世界一の石油と金の埋蔵量がある・・という勉強になるお話でした~。

 

「ジャック・ライアン」あれれ、終盤が・・。最終8話まで見たA感想(ネタバレ)トム・クランシー/CIA分析官 *アマゾンプライム「トム・クランシー/CIA分析官 ジャックライアン」最終話まで見たアニスのネタバレ感想です。 ジャック・...
HBOのお勧め海外ドラマを面白い順にランキング!アマゾンとスターEXで見れる30作品!海外ドラマ業界の先陣を切り、常に新しい歴史を作ってきたHBO(アメリカの有料ケーブル放送局、兼製作会社)。 最近ではアマゾ...
最高に面白い海外ドラマの決定版!おすすめランキング歴代ベスト50!【2019年更新】 アニスです。海外ドラマを見続け、早30年。(小学生の頃から見てたので) 記憶に残るドラマから最近の傑作まで歴代作品...