アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。Netflix、Hulu、アマゾンを中心に感想・考察書いてます。

「ウエストワールド」シーズン2で見えてきたものを妄想考察!(パート2)あの人たちがやっぱり主役?

f:id:Annice:20180721141556j:plain

*ネタバレ考察です。

7月28日:最終話分の追記しました。

それにしても9話はすごい衝撃でしたね・・。

このパークを出資した張本人が、この虚構の世界で狂気に吞まれ、自分が人間だかホストだか分からなくなるという究極の展開。

そりゃ、自分のした全ての選択を誰かのせいにできたら楽でしょう。

全てがフォードが描いたシナリオだと思い込めたら、有罪判決から逃れられるし、罪人として背負うべき重荷も放棄できる。

 

どこまでフォードの仕組んだゲームなのかは分かりませんが、もしここまで想定していたなら、ウィリアムは完全に敗北したことになりますね。(自滅にも見えるけど・・。)

パート1はこちらです↓

スポンサーリンク
 

 

ウィリアムとフォードが互いを憎む理由

今回2人がどうやってパークを巡る取り決めをしていたのかが説明されました。

それは、ウィリアムはフォードのシナリオに口を出さず、フォードは不死事業に口を出さないという協定。

 

ところがフォードが言います。「それを破ったのは君の方だろ」と。

するとウィリアムが「何のことだ?」とピンと来ていない様子。

シーズン1を思い返すと、確かヘイルやテレサが役員達からせっつかれてフォードに新シナリオへの大幅変更を求めていたんでしたっけ?

それによってフォードは追い詰められ、退陣寸前まで画策されるのですが、これにウィリアムは全く関与していなかったようです。

やっぱり、ウィリアムはパークでのお遊びに夢中になり過ぎて置いていかれちゃってたのかな・・。

まぁ、ともかくフォードはウィリアムがその協定を破ったと思っているので、彼に対して裏切られたと腹を立てている。

 

一方のウィリアムですが、この話をした時点では不明ですが、現在の時間軸で考えればフォードに対して相当の怒りを持っているものと想像できます。

この時フォードがおもむろに手渡したウィリアムのデータカードが原因で、家族に自分の正体がバレ、結果的に妻は自殺、娘には恨まれる事態になってしまった。

フォードがそこまで考えてあのカードを手渡したのかまでは分かりませんが、何かしら思うことがあってのことでしょう。

まさか、これまでフォードのゲームの一つだったとしたら恐ろしい男だわ・・。

でも、ウィリアムにしても自分の闇の全てを映し出すデータを夫婦の寝室の本の間に隠すって・・。もっといい所あったでしょうに!

 

メイブはフォードのお気に入りだった!

いや~ん、メイブはフォードの想定外の敵どころか「お気に入りだった」っていうじゃないですか~・・。もう、予測が全然違ってて恥ずかし~。

なーんて可愛い子ぶってもダメですよね・・。

 

でも、今回フォードがメイヴ本人に語ることで初めて彼女をどう捉えていたのかが分かった訳です。

やっぱりメイヴの独自の成長はフォードの図り切れない部分であったことは言ってましたよね。

パーク外へ逃がすつもりだったのに彼女は戻り、自分の娘を救うために我が身を犠牲にしたし、その戦いのためにひたすら成長を続け管理者権限まで持つに至った・・。

フォードはそんな彼女の成長ぶりを親として嬉しく見ていたようでした。

 

そっか~、ドロレスのように人間をバンバン殺さなくてもいいのね・・。

でも、メイヴとドロレスが谷を巡って対立した時には、どっちを応援するのかな?

っていうか、メイヴは別にドロレスを倒さなくてもいいのかな・・?(アキチタは彼女を「悪」と定めて戦おうとするだろうけど。)

そこも分からなくなってきたわ。

スポンサーリンク
 

 

ウィリアムがドロレスと会ったら何が起きる?

はい、ではここからいつものように妄想の域に入りたいと思います。

確か、ドロレスはホストの反乱で過去の記憶を全て取り戻した後、一度もウィリアムとは対面してませんよね?

谷で2人が出会った時に、一体何が起こるんでしょ。

爺ウィリアムを見て、自分を長年苦しめたきた「黒の男」と認識するのか(普通に考えたらそうだけど)それとも奇跡が起きて、自分とかつて恋に落ちたヤングウィリアムを彼の中に見つけるのか・・。

 

ちょっとロマンチック過ぎますかね?

でも、もしドロレスがヤングウィリアムを思い出したら爺ウィリアムは泣くんじゃないですか?

30年以上、密かにこの日(ドロレスが覚醒する日)を待っていたんでしょ。

だってそもそも、30年もこのパークでふらふらしてたのだって、ドロレスに振り向いてもらいたい想いがあってのことじゃないのかな?

あの時ドロレスがテディとラブラブな様子を目にして、彼女が自分を素通りした瞬間、傷ついたウィリアム青年の「時」は止まっていたはず・・。

 

今、ウィリアムは現実世界での全てを失い、罪の重さに耐えきれず狂気に身を任せようとしていますが、こんなウィリアムに、もし!、もしもまだ「救い」がまだあるとするならば、それはドロレス以外にないでしょう!

彼自身、もう人間なのかホストなのか完全に分からなくなってるし、己の存在さえあやふやになってますからね。

一方のドロレスはますます人間に近づいているし、いろんな意味でホストであるドロレスとの垣根が消えた状態ですね。

まぁ、そこまでロマンチックな展開でなくても、何かの化学反応が見れるのは期待できそうです。

 

という訳で、またしょうもない妄想に走ってしまいましたが、どうでしょうか・・。

というか、冷静に考えると完全なる「爺」に成り果てたウィリアムにドロレスがかつての恋心を取り戻すとは思えないかなぁ・・。

ルックス的に色男テディとの落差がえげつないしね・・。

 

あ!そうか、自分の若かりし頃のホストを作ってそこに自分の心を入れればいいのか!

これだけパークにいたんですから、一番蓄積データは多いでしょ。

DNAデータも加えてちょちょいとホストウィリアムを作り上げたら、永遠にドロレスと幸せに暮らせるかも。

もうテディはいないし(揺りかごは破壊されたので、彼のバックアップはない)、ドロレスさえその気になればあり得るかも??

 

ハァ・・、もうこの辺で妄想はやめておきます。

 

でもさ、いつもこの不死事業について思うけど、いくら自分の死後も自分と同じ姿で同じように考え、選択する人間がいて、その人間が自分の記憶を持って生き続けるとしても、やっぱりオリジナルの自分の魂はその肉体と共に死ぬ訳ですよね。

それって不死って言うのかな?

意識を完全に取り出せてホストに移せるっていうなら不死だけど・・。別に保管されたデータから創り出すものは所詮別物のような・・。

 

いずれにしても来週は最終回ですよ!

フォードの最終目的がどこまで衝撃的な形で明かされるのか・・。

そしてウィリアムとドロレスはどこへ消えたのか・・。

谷に水が溢れてホストが全員死んでいた背景には何があったのか・・。

アキチタさんを迎える光とは何か。

楽しみです!

 

追記 最終(10)話を見た後の考察

え~・・・っと。どうしましょ。

前回書いた少女漫画的な妄想、本当に恥ずかしいですわ。もう穴があったら入りたい・・。

 

ウィリアムとドロレスが会ったら何が起きる?の答えは、「鍛冶場を巡って殺し合う。」でした~。

ドロレスは今や全てを理解してますからね。

ウィリアムがデロスのCEOで、30年間自分の所有するパークでホストを殺しまくってきたサイコだってこともよーく知ってますもんね。

その張本人に苦しめられてきたのはドロレスやテディだし・・。恨みも相当募ってるようです。

 

ただ、ドロレスは「まだ殺さない」って言ってましたね。今後の利用価値を見越してのことか、それとも罰として苦しめるためか。

 

ウィリアムのループ説

「罰として苦しめる」といえば、エミリーもそうですよね。

最後にウィリアムがシステムの中に閉じ込められて、ホスト版エミリーに再現テストを繰り返されてましたけど、あれは見るからにウィリアムにとっては地獄です。

 

アメリカのサイトを覗くと面白い説があって、ウィリアムはシステムの中でループを繰り返しているというものです。

つまり、今回のゲームの始まりから→ローレンス達との冒険活劇→エミリーを疑いパラノイアになって殺してしまい→ボロボロになって鍛冶場にたどり着くまでのプロセスをずーっと繰り返しているという説です。

彼はこれを何千回だか何万回だか繰り返し、毎回エミリーが持ち掛けた和解(偽りの提案だったけど)を受け入れられずに彼女を撃ち殺すという過ちを永遠と続けるのです。

そのパターン化された過ちを毎回繰り返すので、ウィリアムはいよいよ自分の決断に疑問を持ち「これは自分の決断ではないかも・・」と、自分の腕をほじりだす・・と考えるとあの行動にも説明がつくんでしょうか・・?

 

それを裏付けるというのがローレンスの村で救出劇を演じた後に彼の娘に言われた言葉。

「一つの善行で変わると思うな。前を向いてたら方向が違う。

ゲームは終わる場所で始まり。始まる場所で終わる」

と、ちょっとループを思わせるセリフをウィリアムに伝えてました。

 

ここでまたフォード論ですけど、「人間は変わらない」というのが彼の主張ですからね。

ウィリアムはどれだけ過ちを重ねても、いつまでも変わることなく同じループを繰り返し、毎回エミリーを殺す結果に終わるってことでしょうか・・。

スポンサーリンク
 

 

これがフォードのゲームだったらしい

ちなみに、これこそがフォードがウィリアムに仕掛けたゲームで、最終目的は永遠にシステムの中に閉じ込めることだったということです。

このゲームにエミリーも加担していたかも・・というのですが、私はそれは無いのでは・・とちょっと思ったりしてます。(まぁ私の見方なんてあてになりませんけど)

だって、エミリーの復讐は父親の秘密事業を暴露して、破滅に追いやることだったはず。

これはこれで筋が通ってるし、あの時父親が自分をホストと信じ込んでる様子を目にして慌てふためくエミリーは本物でしたよね。

なので、エミリーが噛んでたことはなさそうだけど、フォードが何らかの形でウィリアムをシステムの中に取り込もうとしていたのはあり得るかも。

それが本当なら恐ろしい男だわ・・。

 

フォードはホスト達に2パターンの出口を用意していた

そんな風に人間に対しては異常な憎しみと非情さを持ち合わせてるフォード博士ですけど、自分の子供達であるホスト達には愛情たっぷりに、世界を二つを用意していました。

 

覚醒はしているものの、現実世界へ進出するほどの強さのないホスト達には、彼らの魂が解放され誰からも支配を受けることのない天国のような新世界を。

ドロレスやバーナードの優等生組には現実世界への扉を・・。

メイヴは残念ながら娘のいる新世界には行けませんでしたけど、彼女はあの仮想世界で生きるよりドロレスのように現実世界が相応しいでしょうし、あれでよかった気がしますね。また今後もチャンスは来そうだし。

そんな感じで結局はフォードの計画通りに全てが上手くいったようです。

 

人間は変われないけど、ホストは変われる

自分の決断に疑問を投げかけ、変えることができるのはホストだけ。人間は決して変わらない。

というのがフォード大先生の主張ですけど、普通私たちが人間とロボットの違いについて考えるとき、全く反対のことを言いますよね。

 

実際このドラマではデロス側の社員達は揃いも揃って悪者で、私利私欲にまみれてる人間ばかりが登場しますけど(あ、エルシーは違うか。でもそのせいで殺されちゃった。)、一方でリーは自分を変えてメイヴの為に犠牲になったし、ウィリアムにも少しずつ変化がありましたよね。

この辺に人間側の希望が見えそうですけど、この回収はシーズン3以降に持ち越しなんですかね?

 

瀕死状態のウィリアムに別の未来はあるの?

シーズン2のラストに衝撃の暗黒未来が登場したウィリアムですけど、実際にはまだシーズン2で死んでませんし、これからも彼の物語が語られて行きそうですよね。

エド・ハリスはシーズン3に登場するらしいし、ドロレスも彼がまだ生きてることを知っている。(というか、彼女はあえて殺さなかった)

私は、ウィリアムが死にそうになりながらも鍛冶場で何かを探していたのはエミリーのデータだと思ってますけど、見つけられたんでしょうかね・・?

それを見つけたら当然エミリーを復元しようとするでしょうけど、復活したエミリーはやはり父親を憎みそうですよね。

その復活版エミリーが父親に対してああした復讐を果たすというのはあり得るかもなぁ・・なんて思ってます。

ドロレスを創ったアーノルドが、彼女によって自分(バーナード)が造られてしまいましたよね。

同じように、復活したエミリーの方がウィリアムよりも上手に立つのは大いに考えられそうですよね。

 

でも、それじゃあまりにウィリアムが可哀そうだわ・・。

彼は誰にも干渉されずに、自分自身で選択肢を選び取りたい。というのが当初からの願望ですよね。

元々弱かったヤングウィリアムを消し去り、自分で選び取れる人間になったはずだったのに・・。

このままフォードの思惑通りゲームに敗北して終わるとは思いたくないので、シーズン3ではウィリアムが「人間は変われる!自分の意志で選択できる」という所をカッコよく見せてくれるのを期待したいです。

 

そもそもウィリアムってそんなに悪い?

演じる役者が私の好きなエド・ハリスなせいか、どうもウィリアムを非情な極悪人と捉えられないんですよね。

だって現実世界では何も罪を犯していないでしょ。妻や娘にもいい面を見せようと頑張ってきた訳だし・・。

仮想世界と信じた場所で真っ黒な自我を発散させていたところで、ウエストワールドの元々のコンセプト自体がその為でしょう。

今の時代でいえばテレビゲームでバンバンキャラを殺しまくってストレス発散するのと大差ないのでは・・?なんて思っちゃうんですけど、違うのかな。

それに、ある時点までウィリアムはホストに自我があるって知らなった訳だし。

(それに気が付いてからは彼らを助ける側に回った)

ローガンに対しては確かに酷い仕打ちをしたけど、それはローガンの自業自得な部分も大きいし、酒や麻薬に溺れたのはウィリアムだけのせいじゃないでしょ。(父親も最低だったしさ。)

 

それにさ、サイコ的悪人という意味ではドロレスだっていい勝負ですよね。

ドロレスは復讐の名のもとに人間を惨殺してますけど、もともと「ワイアット」的要素を入れられちゃってるせいか、かなり残忍な方法で必要以上に殺しまくってるし、仲間であるはずの連合軍たちホストも裏切って殺してるし、テディは自殺に追いやるし・・本質的にはなかなかの「悪」ですよね。

だいたい、人間を殺さなくても自分達が生き残る道もあるだろうに、あくまで人類を滅ぼし、世界を乗っ取るのが彼女の目的ですからね・・。怖い女だわ・・。

 

結局あの人たちが主役だったの??

という訳で、私が今回パート1から書いてきたことで、

「ドロレスらホストは所詮フォードの駒に過ぎず、デロス社の社員達はウィリアムの駒なのか?」という見方ですけど、これまた結構ズレてましたね。(お恥ずかし)

 

まずデロス社とウィリアムは全然一枚岩じゃなかったようだし、ウィリアムはあくまでパークを徘徊する一匹狼でした。

 

それとドロレスに関して言えば、独自に恐ろしいほどの進化を続け、もはやフォードの操り人形以上の存在になったことは私も認めないといけなさそうです。

だってバーナードを造るのに、あれほど入れ込んで、「何か変える必要がある・・」と気が付いたほどですよ?完全に人間の先を行ってるでしょ。

ただ、ドロレスはワイアットが入ってるせいか、情緒的に未発達で倫理的にもバランスを欠いてる部分がありますよね。

その辺を今後は善人であるバーナードが彼女と時に真っ向から戦い、時に補っていく形で世界制覇をサポートしていくんでしょうか・・?

ドロレスはそこを見越してバーナードを必要と考えたようですけど。

というか、「自分達は生き延びなくても仲間たちは残るように・・」って言ってましたっけ。

メイヴもフォードの期待を超える以上のホストに成長しましたよね。彼女はどの道を選んでいくのかな・・?

 

という訳で、キリがないのでこの辺でやめておきます。いくら書いてもまた見当違いだったら恥ずかしいしね・・。汗

f:id:Annice:20180926085726j:plain←アマゾンプライムでシーズン1は見放題。2は現在有料です。