その他Netflix

「WHAT/IF 選択の連鎖」Netflix 第1~3話まで見たA感想 昼メロな雰囲気・・

「WHAT/IF 選択の連鎖」を3話まで見たアニスの感想です。(ネタバレなし)

う~ん・・・。

微妙だわ~・・。

レネー・ゼルウィガー主演の官能サスペンスということで期待したわけですけど、その割にはちょっと安っぽいかも。

官能サスペンスというより、昼メロを見てるような感覚と言ったら言い過ぎでしょうかね。

まぁまだ3話までしか見てないので、これまでの印象ですが・・。



基本的に、

フレッシュで夢溢れる若い夫婦VS怪しい金持ち年増女

という構図で語られて行きますが、この若い夫婦の方の魅力がイマイチのような気がします。

レネーも迫力がないしなぁ・・。

 

登場人物とキャスト

自己啓発本を出したりしてる有名投資家アン・モンゴメリー

自己顕示欲の強い謎の中年女ですけど、こんな風に年は取りたくないですわ~という悪い見本になっちゃってます。

幸せな若い夫婦にちょっかい出して何がしたいんでしょ。

 

演じるのは、「ブリジッド・ジョーンズ」のレネー・ゼルウィガー。

1、2年前にお顔をいじって別人に変身した!と騒がれていた彼女ですが、

←一番騒がれた頃

去年の夏くらいから以前の顔に戻ってきたと言われてるみたいです。

 

レネーも今年50才ですからね。そりゃ顔も変わりますよ。

でも、やっぱり「ザ・エージェント」でトム・クルーズと共演した当時のフレッシュでぷくっとした雰囲気はこのドラマでは感じられませんね。

っていうか、やっぱりまだ顔違うかも。

それは役柄もあるでしょうし、体重も相当減ったようですし、それでなくても年取ると顔がコケてくるしねぇ・・。

あれ、何の話だっけ?

 

ともあれ、レネーはノリノリで謎の女を演じてます。

彼女としては珍しい悪役的ポジションなので見てる方もちょっと新鮮。

ただね~、これがあんまり怖くない!

「ダメージ」のグレン・クローズくらいの迫力や貫禄があったら見応えあるけど、それもないし、かといって「氷の微笑」のシャロン・ストーンみたいな息をのむようなセクシーさもない。(上の画像とかメッチャ「氷の微笑」意識してるでしょ!)

か細いオバちゃん・・かな。

とあるシーンでは弓を引いて若い娘をビビらせる設定なんですけど、力が入り過ぎちゃって体がブレブレ。

余計年齢を感じるわぁ・・。

 

こちらがアンに弄ばれる若い夫婦、リサとショーン

演じる俳優さんたちは目立ったキャリアはまだないみたいです。

でも、どこかで見たような顔立ちで、演技もメロドラマっぽい。

特に目を見張るものもないかな・・。

 

他の若い俳優さんたちも特に注目!という人はいませんでした。

イケメン&美女ばかりでリアリティないし・・。

 

あ、でも「ウエストワールド」のアバナシーを演じたおじさん出てた。

やっぱりロボットに見えちゃうわ。

 

あの映画のパクり

これは1話で自分達で話題に出してましたけど、90年代のあのしょうもない映画というのはロバート・レッドフォードとデミ・ムーアの「幸福の条件」のことでしょうね。

私も当時見ましたけど、確かにしょうもない映画でした。

ロバート・レッドフォードのシュワシュワ顔を一生懸命ぼかして消そうとしていたのを覚えてますが(多分当時はCGも今みたいになかった)、それ以外のストーリーは忘れちゃったかも。

ハンサムな富豪が「一夜を共にしたら100万ドルあげよう」って言うんでしたっけ?

まぁ、そのパクりというか、男女の反対版ですね。

これも時代を反映させてるんでしょうけど、なんだか逆にイタいのよね・・。

レネーが妙に寂しそうなのも気になるし。

 

ただ、今回はセックス目的か分からない部分がポイントのようです。

それよりもカップルの仲に不信感を芽生えさせたりと、何か別のことを企んでるような雰囲気。

で、それが何なのか・・は、「大きな謎」として今後解き明かされていくのでしょう。

 

一体、女富豪の目的は?

う~ん、正直どうでもいいんだなぁ・・これが・・。

あの夫婦もお馬鹿そうであんまり共感できないし、彼らの関係が破綻しようと、映画のようにまた互いを信頼して再スタートしよう・・となっても、ふ~ん、そう。っていう感じかも。

 

そもそもね、彼女の自己啓発的な語り口が妙に鼻につくというか、安っぽいというか・・。

1話の冒頭でこれ見よがしに語る内容も全然頭に入ってこないのよね~。薄っぺらいし。

あの段階でこのドラマはコケるって分かっちゃったわ。(あ、いけね、まだ3話までなので決めつけるのは早いわね。)

 

それと、別のラインで語られる2つのストーリーなんですけど、これ要ります??

ゲイの兄の性生活とか、友達カップルの不倫話とか、別に本筋とは関係ないやん・・。

でもまぁ別につまらなくないし、ゲイのお兄ちゃんたちの体がいいから見ててもいいわね~・・という感じですかね。

 

最後まで見れるかが心配・・

実は現在IMDbのレートが1300件ついて6.4なんですよ。

もうね、ドラマで6点代だと見続けるのはかなり厳しいです。

これはレネーもやっちゃったかなぁ・・。

ニコール・キッドマンみたいにドラマに転身しても鮮やかにエミー賞に輝く映画女優もいれば、一方でこうして見事コケてしまう映画女優もいるという・・。

う~ん。やっぱりドラマは慎重に選ばないとね。

 

ドラマ選びの時のポイントは自分が主演かどうかやその役柄よりも、共演者の顔ぶれや製作陣の実績をポイントにしないと危険ですよね。

な~んて、私がここで語っても意味ないけど。

 

えっと、そんなところでしょうか。

最近Netflixの新作ドラマは外れが多いなぁ・・。(私の見るやつは)

ただ、今週末配信スタートの「僕らを見る目」は相当期待できそうなんですよね。

もうそっちに切り替えるかな・・。

いやいや、もう少しこのドラマも頑張りますよ!

せめてこの謎の女、アン・モンゴメリーさんの目的くらいは見届けてあげましょう!

これでその隠しネタがスッカスカだったらさすがに怒るけど・・。

 

追記:6話で脱落しました・・

ほぼ流し見で6話の途中まで頑張りましたけど、あまりにしょうもないので、ここでギブアップ。

これはヒドイ・・。

くだらな過ぎて、さすがに時間が勿体ないわ・・。

結局何もかもが昼メロで、仕掛けも何もあったもんじゃない雰囲気でしたね。

(最後まで見れば何かあるのか??)

 

「リベンジ」でノーマン役だった役者さん(彼がまたベタなのよね~)が出てたので思い出したんですけど、もしかしてレネーは「リベンジ」のマデリン・ストー的な立ち位置を想定してたんでしょうかね・・。

 

ただねぇ、あのドラマでのマデリン・ストーは妖艶さが際立って迫力満点でしたからね。

美魔女レベルが段違いというか、完璧な美貌に若い女優達がつまらない顔に見えちゃうくらいでした。

あれくらい貫禄があったら「様」になったけど、レネーはもともと繊細な癒し系だからなぁ・・。顔立ちも庶民的だしね。

年齢を考えると、もう普通に誰かのお母さん役とかで感動系を狙った方がいいのかも・・。

 

*「僕らを見る目」の予告編はこちらでどうぞ↓

注目の最新海外ドラマの放送・配信予定【2019年5月と4月】予告編も。Netflix,Amazon,Hulu,NHK,スパドラアニスです。 私が気になる海外ドラマの2019年5月と4月分(現在)です。 新作ドラマの情報が入る度にどんどん追加しています...