ヴァイキング~海の覇者たち~

「ヴァイキング~海の覇者たち~」シーズン5第14話まで見たネタバレA感想 参った参った・・

f:id:Annice:20190225094214p:plain

アニスです。「ヴァイキング」S5の後半も相変わらず血生臭い展開が続いていますね~。

本当、簡単に人が死に過ぎだわ・・。

今回は14話まで見た感想を一通り書かせて頂きます。

f:id:Annice:20190222140415j:plain ←アマゾンプライムでシーズン5まで見放題。



 

マルグレートが死んじゃった!!

やっぱりヴィトゼルクを上手いことたぶらかし、懲りずに王妃になろうと企んでましたね。

ヴィトゼルクも悪い気はしなかったようですが、あっという間にアイヴァーの手先たちに襲われ、無残に殺されてしまいました。

そっか~・・。

彼女は全然大事な役回りじゃなかったのね・・。

 

でも、フレイディスが同じようなキャラ設定でアイヴァーを洗脳し、自分の野望を実現させようとしてますので、マルグレートはここに吸収されちゃったような形なんでしょうかね。

フレイディスの方が全然可愛いし、相当上手ですからね。

 

で、ここで問題になるのはあの予言者の言葉「正気でないものが地を受け継ぐ」ですけど、フレイディスがマルグレートに代わって奴隷から女王にまで登り詰めるのかな~・・なんて思ってたら、アイヴァーの様子がますますおかしくなってきました。

ということは、やっぱりアイヴァーなのか・・。

 

アイヴァーもおかしくなった?

もともとキテるキャラでしたけど、フレイディスに入れ知恵されて「俺は神だ!」って言い出しちゃいましたね。

フレイディスが身ごもっているのは自分の子だと信じているし、兄弟のヴィトゼルクを生贄に・・なんて言い出すし、かと思ったら全然関係ない若い女性を「ラゲルサだ~!」と決めつけて生贄にしてしまうし・・。

怖いわ~。

もうアイツに突っ込める奴いないでしょ。

ヴィトゼルクが小さな声で「お前は神じゃない」云々言ってましたけど、弱い弱い。

全然耳に届いてないから。

 

ヴィトゼルクの使命とは

もともとなぜウベに背を向けてアイヴァー側に付いたのかがよく分からなかったヴィトゼルクですが、本人も分かってなかったそうです。

「何か使命があるに違いない。」という漠然とした思いから決めたらしいのですが、今回予言者に会いに行って聞いていました。

すると告げられたのは、「他の者が成し遂げなかった事を成し遂げる。ただ代償は大きい。今船で逃げだしたら成し遂げられない」との言葉。

うーん、これはなんだろ。

 

そして、ついに完全に寝込んでしまった予言者が「恐ろしい~、闇に飲まれるのが恐ろしい~」みたいなことを言ってたのですが、これが一体何だったのかはすぐ後に分かります。

 

アイヴァーも予言者の元へ

「俺は神だ。この真実を皆に伝えよ」と言うアイヴァーに対し「お前は怒れるアイヴァー、ラグナルの息子だ」と言い切り、その後アイヴァーを侮辱するような予言を続けると、アイヴァーに頭を斧でかち割られてしましました!!

うわ~、「全ての者は暗闇に突き進む、恐ろしい!」と言っていたのはこれじゃないですか?自らの死で暗闇しか見えなかったのかも。

 

予言者まで殺してしまうとなると、アイヴァーの未来にも相当恐ろしい運命が待っていそうですよね。

 

そうそう、フレイディスに胸を剣で刺されるという夢のシーンがありましたけど、あれは酷いフェイントだったわ~。

思わず本当に起きたのかと思ってビックリしたし!

でも、こうなってくると予知夢的な可能性も無きにしも非ず・・。

あの女は自分が子供を無事産んで、アイヴァーはもはや無用となった時には何でもやりそうですからね。

 

それにしても、妊娠するために襲った彼は可哀そうでしたね。

ちゃっかりフレイディスも子供の父親にはイケメン選んでるわ~って見てましたけど、あの後殺しちゃうなんて酷過ぎる・・。まだ若いのに。



ヘフマンドが相変わらず熱い

やっぱりラゲルサへの愛は本物のようで、ホッとしましたよ。

我らが女王のラゲルサですからね。ここに来て男に騙される女であって欲しくない。

「アナタの為に地獄へ落ちよう」とまで言わしめたら大丈夫でしょう。

 

それにしてもヘルマンド、あの司教を殺す時も熱かったわ~。

たいして強い相手って訳でもないのに、「ア~!!」と雄たけびを上げながら徹底的に気合いを入れて殺してました。

もう少し仲間の情報などを聞き出してからでもいいのでは・・?とチラッと思いましたけど、殺すのだ~!!と決めたら一直線な男ですね。

 

やっぱりエセルレットは裏切ろうとしていた!

教会の連中とつるんで王位を狙っていました。

以前から地道に企んでいたようで、その課程で殺された司教の娘とも知り合ったのかもしれませんね。

ところが、いよいよチャンスを狙ってアルフレッド達に襲い掛かろう!という段になって、急におじけづいたエセルレット。

直前に弟から「愛してる」のハグがあったのが影響してるのかな。そんなに悪い奴って訳でもなさそう。

 

でも、謀反組があの場で反旗を翻して襲い掛かったとしてもたぶんウベやラゲルサ、ヘフマンド達にやられていた気ががしますね。

武器はいつも持ってそうだし、不審な動きには敏感ですしね。

 

どさくさに紛れてビヨルンが・・

ウベとトービはキリスト教に改宗して完全にアルフレッド側についたようです。

それが気に食わないのはヴァルハラ信奉者の長男ビヨルン。父ラグナルも信じていた!と意志を曲げる様子はありません。

 

なんだけど、ちゃっかりアルフレッドの妻候補の女性と簡単に寝てましたね。

あの彼女も誠実で純粋なアルフレッドをどこまで本気で支える気なのか・・。別の目的があるのか・・、ちょっと要注意ですね。

とはいえ、ビヨルンみたいな男がタイプなら、アルフレッドに今後本気で惚れる可能性は低いだろうなぁ・・。

 

そうそう、例の王女(名前が難しすぎる)の息子マグヌスが名乗り出てきましたね。

たしか、当時もラグナルが笑い飛ばしてましたよね。彼女からはおしっこかけられただけだって。

うーん、気の毒だけど、やっぱり別の男との子供なのかなぁ・・。

でもこれに関してもウベとビヨルンの意見が割れ、ますます亀裂が深まりそうです。

(ビヨルンて強いけど、ちょっとオツムがねぇ・・)

 

フロキご一行はもう見てるのがつらい・・

もう止めて~!!争いごとはもう止めて~!!!と心の中で叫ばずにはいられない悲惨さですよ。

ついに、あの感じのいい妊婦の新妻も殺されてしまいました。

気の毒過ぎてもう見ていられない!

寒そうだし、暗くていつも大雨降ってるし・・。

こうなったらまたノルウェーに戻って来ていいんじゃないですか?って、もう戻れないのかな・・?

あの不毛な土地では今後頑張っても普通に暮らせないでしょうし・・。

見てるこちらも辛すぎるって。

 

フロキに追放されてしまった一家にしても完全に飢え死にするって言ってましたけど、気の毒で仕方ないわ。

女の子もいましたよね。

もうノルウェーに帰るのが一番だって~。

 

ハラールがアイヴァーの地位を狙う

ハラールも凝りませんね。

とりあえずはウェセックスに攻め入り勢力を拡大し、その後カテガットのアイヴァーを倒して自分が王になるって言ってました。

 

まずはウェセックスでの激しい戦いに注目ですが、これはもうイギリス軍の力とラゲルサ達が立てる作戦にかかってるんじゃないですかね。

ビヨルン達も仲間を大勢引き連れてきた訳じゃないので、その力も微々たるものだと思うし・・。

 

ただ心配なのがアルフレッドですね~。

戦闘に立つって言ってましたけどやめとき~~!向いてないことを無理にすることないってば。

簡単に殺されちゃいそうで怖いです。

そうなると謀反を起こすまでもなく兄のエセルレットが王になるでしょうし、そうなったらヘフマンド達の身も危ないわ。

 

という訳で、まずは無事にウェセックスを守り切れるかどうかですね!!

ラゲルサ組に死者がでませんように。

 

ではまた進み次第感想書きます~!

(*すみません、ハラールのこと、以前までハラルドって書いてたかもしれません。Haraldと書いてハラールと読むようです。)

「ヴァイキング~海の覇者たち~」シーズン5第17話まで見たネタバレA感想 もうやり切れん・・涙 「ヴァイキング~海の覇者たち~」シーズン5第15話、16話、17話を見たアニスのネタバレ感想です。 はぁ、もう無理無理・・...