アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ25年、国際結婚15年。Netflix、Hulu、アマゾンを中心にしたネタバレ感想・あらすじ・考察です。

「私立探偵ストライク」探偵達はいいけど事件の真相がピンと来ない!シーズン1を見た感想(ネタバレ)

f:id:Annice:20190112105112j:plain

*「私立探偵ストライク」のシーズン1を最終話まで見たアニスのネタバレ感想です。

シーズン1は3つの事件をそれぞれ描いた3章から構成されていて、一つ目の「カッコウの呼び声」は少し前にこちらで感想書きました。(ネタバレなし&あり)

 

今回は2章の「カイコの紡ぐ嘘」と3章の「悪しき者たち」を見たのでその感想を・・。

「ハリー・ポッター」の原作者のJ・K・ローリングが偽名で書いた小説を基にしてるということで話題になりましたけど、見てみるとなんだか事件解明のくだりが速すぎてよく分からないんですよね・・。

説明が分かりにくいというか・・。

これ、私だけかなぁ・・と思って本国のブログを覗いてみましたけどやっぱり同じようなことが書いてありました。

小説では種明かしや変装の詳細なんかが文章で分かりやすく描かれていても、ドラマになるとババっと一瞬の映像だけの説明だったりするのでピンと来ないのでは・・ということでしたけど、本当にそんな感じだったわ。

スポンサーリンク
 

メインキャラ達はすごくいい

探偵のストライクとその新人助手のロビンはすごく魅力的。

トム・バーク演じるストライクは母を殺した男への憎しみや脚のハンデに苦しんいたりと複雑な男ながら、真っすぐな正義感と信念を失わない探偵として困った人を助けてばかりで金が全然入ってこない・・・。

ホリデイ・グレインジャー演じるロビンはそんな彼の元でやりがいのある仕事を続けたいいけど、婚約者の理解が得られず、彼との関係に悩んでましたね。

まぁロビンがよく泣いたわ~。

グレンジャーもよくあんなに涙をボロボロ流せますよね。自由自在だったわ。

 

そんな二人が少しずつお互いを意識するような関係になってきましたけど、私個人の意見としてはあんまり男女の関係を匂わさない方がいい気もします。

だってホームズとワトソンが恋愛関係じゃなんだか違和感あるし、付かず離れずの微妙な関係が面白味の一つでもあると思うので・・。

 

なので、最後はマットと結局結婚へ~で正解でしょう!!

これからもストライクとロビンの適度な距離を取った相棒関係が見られそうです。

ただなぁ、あのマットのどこがそんなにいいんだろ。

そんなにイケメンという訳でもないし、あんなセクシーで聡明なロビンとずっと付き合ってる割には彼女の良さを理解してない気がしてちょっと悔しい。

大体、これから妻にしようという女性の稼ぎについてうだうだ言う男はアウトでしょう。

しかも彼女が一番したい仕事をさせようとしないって・・、ロビンもなんでそんな男がいいのしら?(3章で危険がロビンに迫りましたけど、その前から嫌がってましたからね。)

 

ロビンがこの仕事をしたい訳

3章で明らかになったのが、彼女は大学生の頃にレイプされ殺されそうになったという衝撃の過去!

恐らくこれかな。

まぁ普通に考えたら探偵じゃなくて刑事になったほうがいいようにも思いますけど、もしかしたら大学を辞めたことでそうした道が閉ざされたのかもしれないし・・。

今回、ふと派遣で送られた先の探偵オフィスで自分のしたかった仕事に偶然出会えたってことなのかも。

でもさ、マットだったらその経緯を全部知ってるわけだし、彼女の熱意にもう少し理解を示してもいい気がしますけどね・・。

これもストライクへの嫉妬が原因かな。

まぁね~、事務所でも二人きり、外出しても二人きり・・では確かに心配になるのも分かるけどね。

 

ん?ストライクの子供だったって?

そういえばですけど、1話で別れた女性シャーロットは妊娠していてそれがストライクとの子供っていうことなのかな?

このドラマってそういう大事な説明がサラッと一瞬でされるので、うっかり2秒くらいそっぽ向いてたり、お菓子の袋を開けてたりすると大事な情報を取りこぼしてしまうんですよね。

1話の冒頭でやけに揉めて別れてましたよね。

ストライクが「もうお前見みたいなサイコとは一緒に住めない!」と言ってましたけど、結局その決定的な原因もよく分からないし(どこかで説明ありました??)何が何だか・・。

大体シャーロットは有名人なの?

ストライクと別れて数か月後に違う男性と雑誌に写ってたのは同じ女性?もう新しいパートナーができたってこと?

なんだかよく分らんわ~。

スポンサーリンク
 

2章の「カイコの紡ぐ嘘」

始めからよく分らないんですよね。

大体30年前にパロディ本を書かれたアンドリューの妻の自殺の仕方からして「??」なんですよ。オーブンに頭突っ込んでどうやって死ぬの??死ぬ以前に熱すぎるでしょ!と気になって仕方ない。

そもそもなぜ自殺するほど悔しかったんだろ・・という説明がないし。

 

メインの事件としては編集者のリズが結局このパロディ本を書き、それを知られたオーウェンに脅され金をせびられ続けていたので30年後に殺したってことですよね。

その際、オーウェンの書いた本を自分の書いた本にすり替えておく。

周囲の人間を痛烈批判するような内容にして、それに怒った誰かが(アンドリューが有力候補)オーウェンを殺したように見せかけた。

ってことですよね。

それにしても、そのために(本の内容に繋げる為に)腹を切り裂いて内臓を取り出すとか、犬に食わすとかよくできるものだなぁ・・。(犬がお腹壊してるし!)

でも、なんで失踪直前にレストランで喧嘩したような感じを装っていたの?

 

それにアンドリューがオーウェンを殺すなら妻が自殺した30年前に殺してるでしょうし、彼をハメるにしても無理があるよなぁ・・。

 

3章「悪しき者たち」について

うーん。

幼児虐待の男が逮捕されたという一件は分かったんですけど、もう一つのメインの事件が良く分からない・・。

整理すると、あの男ラングはその昔、妻を縛った上に殴り殺し、当時軍警察だったストライクに逮捕されたことを恨んでいた。

今回ストライクを陥れようと脚を送りつけたり、カフェで撮った写真などを雑誌に送り、彼を破滅させようと企む。

SNSか何かで見つけたストライクの大ファンという少女を殺そうとその姉に近づき少女を殺害。(ストライクと約束があったように見せかける)

その後、ロビンも尾行して殺そうとした。(女を付け狙う連続殺人鬼だった)

 

こんな感じですかね?

分からないのは、なぜあの合成写真が鍵だったのかですよ。

あの6月に咲く花の写真と一緒に撮った写真の意味が不明。なぜ季節を変える必要があったの?一緒に写ってたリッチーって誰?(もう一回見ればわかるのかなぁ・・)

それに、ロビンが身分を隠してウィリアムズさんの息子レイに成り代わって変装したり・・というのもどうして?

だって、あの殺された少女とその姉は別にラングの顔もレイの顔も知らんでしょう。

それに脚を引きずったりというのもどうしてなの?

あ、そうか、始めからストライクが尋ねに来るというのを見越してそこまで変装していたってこと?

脚の悪いところを見せれば容疑者から外れるだろうし。

 

いずれにしても唐突過ぎるんですよ。犯人が登場するのがね。

お~犯人てコイツか!!と思ったら一瞬後にはもうストライクに倒されて逮捕~!となるので、えっと??あなたはどなた・・?と速すぎて付いて行けない・・。

 そこで、「なるほど~、あの写真はそういうことか~変装はそういう訳ね~、ストライクをそんな風に恨んでいたのね~」と種明かしを丁寧にしてくれたらいいんですけど、その辺が不親切。

1話完結ならまぁ仕方ないにしても2話分あるし、1話が長いからその辺の映画より尺は長いはずなんですけどね。

 

という訳で、今後もシリーズは続きそうですね。

今人気者のホリデイ・グレインジャーに時間が取れればですけどね・・。

アメリカのドラマだと主演クラスの俳優陣は通常そのドラマに専念しますけど、イギリスの場合はあっち出たりこっち出たりと忙しいので、一つのドラマの「待ち」が2年くらいになったりするんですよね。

「パトリック・メルローズ」にも出てるらしいし、のんびり待ちたいと思います!