アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ25年、国際結婚15年のワーキングマザーです。Netflix、Hulu、アマゾンを中心に感想・考察書いてます。

「The SINNER 隠された理由」シーズン2 期待を上回る面白さ!!最終話まで見た感想

f:id:Annice:20181116131146j:plain

「The SINNER 隠された理由」シーズン2を最終話まで見たアニスの感想です。

*前半はネタバレなしの感想と登場人物紹介で、後半はネタバレ感想になってます。

 

ジェシカ・ビールがエミー賞に主演女優でノミネートされ注目されたシーズン1から早1年、シーズン2もさっそくNetflixで配信されました!

 

シーズン1のコーラ達は登場せず、完全に別の物語です。

少年が両親の殺害を自供する事件が発生。協力を依頼されたハリー・アンブローズ刑事は古郷へ戻り、地元警察と共にこの不可解な事件の解決に当たる。

うーん、やっぱりあのマゾ刑事が主役になって別の犯罪に関わる形でしたね。

あいつか~・・。また女王様とのSMプレイを見せられるのかしら・・。

ぶっちゃけ、シーズン1では大した存在感なかったのよね・・。

 

・・とあまり期待せずに見始めましたが、これが予想を上回る面白さでした!!

今回キーパーソンとなる人物を演じた女優のキャリー・クーンが素晴らしい!

そして、シーズン1と同じく脚本が上手い!

冒頭の衝撃事件からずっと一定のリズムで展開し続けるので、飽きることなく全8話を一気見してしまいました。

スポンサーリンク
 

登場人物とキャスト紹介

アンブローズ刑事

f:id:Annice:20181116124633j:plain

シーズン1ではドン引きするほどのマゾぶりを見せつけてくれたマゾ刑事。

今回も泣きそうな顔で事件に当たりますが、この孤独なオッサン刑事が思いのほか頼もしい・・!

暑苦しい気負いもプライドもなく、ただひたすら彼なりのシンパシーで少年と繋がり、等身大の目線で事件解決を目指す感じが意外に心地いいのです。癖がなくて好印象!

そして彼自身が抱える抑圧された過去とは・・。

 

演じるのは、かつてメグ・ライアンやサンドラ・ブロックらとラブコメ映画に主演していた癒し系男ビル・プルマン。 (大分萎びたけど、M男も味わいあっていいね。)

 

カルト集団を仕切るヴェラ・ウォーカー

f:id:Annice:20181116124714j:plain

白米のように目立たないアンブローズも安心感があっていいんですが、やっぱりこういうサスペンスには強烈キャラが必要不可欠ですよね。

今回このドラマを激辛に味付けしてくれたのはこの方。

キャリー・クーン演じるヴェラ。

 

この憎たらしい感じがいいですね~・・。

ツンとした顔つきに生意気そうな話しぶり。そして一見悪女に見えるけど、実は奥深いものもあるという・・。

彼女が演じ分けるそんな仕掛けが、一転二転していく物語に面白味を出してます。

 

殺人を犯してしまうジュリアン

f:id:Annice:20181116124920p:plain

いかにも天才子役って感じの男の子。

相当賢そうだし、器用に演じているけど、ただ顔があんまり可愛くないかなぁ。(ごめんね~)

とはいえ役柄的に、なぜ人殺しをしたのか・・という謎めいた部分も必要なので、これくらい眉間に皺寄ってていいのかも。

 

地元警察を代表して事件にあたるヘザー

f:id:Annice:20181116125228j:plain

爽やかで純真。

以前親友だったマリンがカルト集団に入り、行方不明になったことで罪悪感を感じている。父親ジャックが白人なので、亡くなった母親が黒人だったということよね。

 

演じるナタリー・ポールは「DEUCE/ポルノストリート」にも出ているみたいですね。

それとマリン役のハンナ・グロスは同じNetflixの「マインド・ハンター」に出てましたね。細身だけど艶があってセクシー。

f:id:Annice:20181116125953j:plain

 

気軽に見れて面白いサスペンス

まずは少年が両親を殺害するというショッキングな事件から幕を開けますので、目が離せません。

なぜ、何のために?

謎が謎を呼ぶ形で怪しいカルト集団が登場し、ショッキングな事実が次々明かされて行きます。

この辺は面白いし、上手いですね~。

アンブローズ刑事の少年時代も垣間見れるし、辛い過去を持つ人々の苦しみ、贖い、そして未来へ対峙していく姿勢など・・、ダークサスペンスながら、色々テーマを盛り込んでいて見応えありました。

シーズン1は姉妹の過去があまりに壮絶で心を痛めずには見ていられませんでしたけど、今回は割と安心して(といったら少年君に悪いけど)見ていられますね。

なんといってもヴェラのキャラが最高だし、彼女とアンブローズとの関わりも緊張感があって興味を惹かれます。

 

私がお勧めする注目点は、お馴染みマゾ刑事が思いっきり「マゾ」を晒してしまう瞬間!!

これが一体いつ来るのか、お楽しみに~!

 

*この先はネタバレ感想です。

スポンサーリンク
 

7話くらいからちょっと単調に・・

謎が出る度に引っ張り過ぎることなく、子気味よく衝撃事実を明かしてくれる感じが心地よく、おかげでストレスなしに先を見続けることができました。

ただ、そのネタ明かしを機前よく出し過ぎちゃったせいか、最終話に残してた分が物足りなかったですよね。

 

7話くらいから普通に「実の母マリンVSヴェラ」の構図になってしまって、これが単純過ぎて一気にテンション下がってしまったかな・・。

見る側としては、あのカルト集団の悪行を全て明るみに出して欲しかった!という期待があっただけに、その部分をス~~っっと消されてしまった感じが残念。

 

最終話にはマリンをレイプしたのがカルト集団の創始者ではなく、ヘザーの父親ジャックだったという衝撃事実はありましたけど、それだけでしたからね。

え!?じゃ、あのジュリアンの髪のクリクリはどっから来てるのかね?!という、私の疑問もスルーされちゃったし・・。

しかも、あの創始者と顔が似すぎでしょ!

ミス・リードなのは分かるけど、途中からあの男の息子にしか見えなかったわ。似すぎ!!

 

カルト集団をもう少し詰めてくれ!

あの施設で実際どれほどの残虐行為が行われてたのかをもう少し描いて欲しかったわ。

なぜそこまで行き過ぎてしまったのか・・。

大体、あの髭オヤジ(あんな口髭長くて、ご飯食べにくいでしょ)は何を目的にあそこに通ってたの?

人を殴ったり、レイプしたりするのが目的?そんなことでもないと来ないでしょ、あんなモン。

奴をとっちめてやるシーンが絶対出てくるものだと思ってたのに、それがなくて肩透かしでしたね・・。

それから、首を吊ったというフットボール選手はどうなったの?

もう少しカルトの暗部を白日の元に晒して欲しかったです。

 

例えば、1話でジュリアンが描いていた絵も謎だし、ヴェラの説教の内容も不明のままでしたしね。

 

創始者はヴェラが毒殺?

それにしても、赤ちゃんを生贄にするつもりだった創始者の男、頭おかしいですよね。

ヴェラがアンブローズに語るエピソードでは、彼女がお茶を勧めるシーンで終わってましたので、息子を守るためにヴェラが彼を毒殺したんでしょうね。

そこも、もう少し見せて欲しかったな。

その後、どう死体を処理し、どうカルトメンバー達を納得させたのか・・とか。

一番面白そうな部分をスルーするのはちょっと勿体ない気もしましたよ。

スポンサーリンク
 

ヴェラは本当の思想家?

ヴェラの語るエピソードが全部正しいとするならば、暴力やレイプといった残虐な行為に走っていく創始者率いる男たちを実力で排し、本来の思想の元、健全なワークが行える環境を整えたのはヴェラってことになりますよね。

 

最終話でも、カルトの過ちを全て闇に葬るためにテープやらの証拠品から、大事な聖堂まで全部焼いてしまってましたけど、彼女はまたあそこで一からスタートする気なんでしょうか。

でもさ、それならなぜ多くのメンバーが逃げ出したりしたんだろ。

ベスだって、本当にマリンにジュリアンを会わせる為だけに誘拐を実行したってこと?

やっぱりヴェラに対しても疑問を持ってる部分がなければ、あそこまでしないと思うんだけど・・。

その辺を客観的に語る視点がありませんでしたよね。

 

決定的な殺人の動機は??

それと、少年はなぜ2人を殺さなければならなかったの?

産まれた時から知ってるベスに対し、急に不信感を感じたからって殺人までしますかね?

そこに母親から受けてきた教えが影響しているのか、歪んだ思想に洗脳されてしまっていたからか、それとも本当に健全な教育が足りなかっただけなのか・・。

本当ならそこが一番謎の核心のはずでしたけどね・・。

最終的に、ジュリアンは逃げずに償うことを選び、そのまま妙に爽やかに終わってしまいました。

 

アンブローズの過去

今回故郷に戻ったことで、封印していた過去の記憶が彼を襲い、大分苦しんでいましたね。

母親に愛されなかったことで心に深い傷を負ってしまったようでしたが、あの火事に関しての部分はあれでよかった気もしますけどね。

 

母親にネグレクトされてきた少年が心の叫びを行動に移して、ああした形を取りましたけど、それによって母は病院施設で治療を受け、自分も施設で成長することになったんですから。

理想的な結果ではないにしても、あのままネグレクトの虐待を受けているよりずっと健康的だった気もします。

ただ、今でも母に愛されなかった記憶はアンブローズの心の傷となって深く刻まれ、それがM男という形で表れてしまうようですけど・・。

 

今シーズンの女王様はヴェラでした~

あの山小屋でヴェラとワークをした際、その事を問い詰められ、結局彼は真正面から深層心理に向き合うことなく、「そんなことより俺の首をしめてくれ~~~!」とM行為に走ってしまいました。

そしてそれに応えるヴェラ。

彼女は征服者としての自分を受け入れ、アンブローズは征服されたいM男を全開!

うーん、見てる側はかなり微妙でしたけど、当事者の2人がそれで盛り上がれるならいいのでしょう・・て感じですかね。 

ただ、最終回の最後の山場に持って来るほどのインパクトはなかったけどなぁ・・。

 

という訳で色々書きましたが、本当にシーズン2も期待以上に面白くて得した気分になれました。

このままシーズン3へと続いて欲しいですね。

8話ってやっぱり見やすいなぁ・・。また来年も楽しみです♪