ポーズ

「ポーズ/POSE」第4、5、6話のネタバレA感想 ゲイとトランスジェンダーの違いとは

アニスです。

今FOXで放送中(Huluでもリアルタイムと見逃し配信)の「POSE」には結構ハマってます。

面白いです!毎度毎度、憎たらしいくらい泣かせてくれます!

本当、よくこんなドラマを作ったなぁ・・。感心しちゃうわ。

 

←アマゾンレンタル



第4話のネタバレ感想

さて、今回はキャンディとエンジェルのコンビが笑わせてくれました!

お互い「ビッチ」「ビッチ」と呼び合いながら仲良く連れ立って、お尻にシリコン入れてました。

根性ですよ、意地ですよ!

でもあのシリコンもしばらくたてば体の違う部分に流れちゃいそうだなぁ・・。パットじゃないし。

キャンディさん命懸けでしたけど、今後がちょっと心配です・・。

 

プレイ・テルパパにも衝撃の告知が・・

それから、ショックだったのがプレイ・テル父さんのHIV感染。

衝撃の告知を受けて「この瞬間をずっと恐れてたのよ!あぁ、どうしよう!あの子たちに会うまでに落ち着かせなくちゃ!」と、子供達を気遣う優しさにまた泣いてしまうのです・・。

本当にあの当時のHIVの猛威には恐怖を感じますね。

親友のブランカさんも辛そうでした。

「国は治す気がないのよ!これは神からの天罰だと思ってる人達が大勢いるの!」という言葉がなんとも辛い。

画期的な治療法ができるまで、なんとか元気でいて欲しい父さんと母さんなのです。

 

ゲイとトランスジェンダーの違いについて

それから、エレクトラの性転換手術の件やセックスの志向についてなど。

これまでドラマなどで語られることのなかった深部にまでぐいぐい斬り込んできますね。

ここで少しLGBTについて調べてみました。(といっても、ちょっとググっただけなので、足りない部分も多いと思いますが・・)

 

まず。Lはレズビアン。Gはゲイ。Bはバイセクシャル。Tはトランスジェンダーとのこと。

さらに細分化していくと驚くほど複雑なようなので、今回はゲイトランスジェンダーだけに絞ります。

まずNYのゲイバーにブランカさんが入れなかったのは、女装しているいわゆる「オネエ」だからですよね。(この、いわゆる「オネエ」と「トランスジェンダー」もまた違うと思いますが。)

 

あのゲイバーにいた人達は見た目も男のゲイ。

恐らくは心も男のままで、恋愛対象として男を愛しているので、「同性愛者

デイモンやリッキー、プレイ・テルはこちらですよね。

 

一方のエレクトラ、ブランカ、エンジェル達はトランスジェンダーではないでしょうか。

性同一性障害と呼ばれるタイプかもしれません。(厳密には「トランスジェンダー」と「性同一障害」も違うらしいのですが・・。)

彼女達の心は完全に女ですから、彼女達が男性を愛する時には「異性愛」になるわけです。

 

今回エレクトラが愛人に「君にあの部分があると思うと興奮する。取ったらもう会わない。」と言われてまでも手術に踏み切ったのは、体も女にすることで本来の自分になりたいという強烈な願望から。

自分でない体を愛されても、その愛を素直に受け取ることさえ苦痛でしょう。

 

そしてエンジェルがスタンについて怒っていたのも、これに近い感覚じゃないのかな。

エンジェルは始めから言っているように「普通の女」に見られ「一人の女」として男から愛されたい。

スタンには女として愛されたい。

男が女装している雑誌に興奮する男からの愛は、彼女の求めるものと違うのです。

 

ただ、実際のところスタン自身もまだその辺の自覚がクリアでないらしいので、エンジェルのどんな部分を愛しているのかはハッキリとは言えない様子。

こうなってくると、あまりに複雑な性的志向の話しになってしまうので、この辺にしておきますね。

難しすぎて私もよく分らないし・・。

それに突き詰めて言ってしまえば、LGBTでない人達にとっても愛する人との性的指向がぴったり合致するなんてことは少ないんじゃないですかね?

誰かと付き合ったり結婚したりする時には、それ以外の要素も色々あるでしょうし、個人的なフェチズムなんてそりゃ色々あるでしょう。

まぁ、エンジェルとスタンの場合「愛人関係」という形なので「性」が大事なのは分かりますけど、この2人の純愛にはまたちょっと違う何かがあるような気がしますよね。

それを2人はどのように見つけて育てていけるのか・・。

その辺が今後も楽しみです。

 

第5話のネタバレ感想

またまた今回も号泣でした・・。

でもさ、このドラマってそんなに巷で盛り上がってませんよね・・。なんでだろ。

私だけなのかなぁ、毎回こんな泣きまくってるのは・・。これだけ毎週泣かせてくれるのは「This is us」を軽く超えると思うんだけど。

本当、名作だわ。

 

さて、今回は若き日のブランカさんが登場~。

可愛かった~!

「なんで突然ボールに出ようと思ったの?」と聞かれて、

「綺麗に着飾ったのを皆に見てもらいたかったの。」とつぶらな瞳で答えるブランカさんが眩しい。

どんだけ純粋で可愛いの。

 

ブランカさんは昔から、怖れることなく自分の心に従って突き進める稀有な人ですよね。

エレクトラのセリフ「アンタの強みは見た目じゃなくて心よ。心に従えば何でもできる。」というのが言い当ててるなぁ。

その真っすぐな心情のまま、母になって可愛い子供達と家族を作っちゃいましたもんね。

 

今回は産みの母の死の知らせを受けて、お葬式に乗り込んでいくブランカさんとパパ・プレイ・テル達がまた良かったですね。

心無いブランカの家族に対してプレイ・テルがバシっ!!っとキメて黙らせる辺りも気持ちよかったわ~。

「人に親切にするのはタダでしょ!彼女にお別れを言わせてあげて!」

って。

そうなのよ。

親切にすることは簡単なのに、なぜそれができないんだろ。

 

こうしたLGBTに対する偏見や差別といったものは、宗教的な部分からの反発もあるようなので、日本よりキリスト教国の方が根が深いのかな・・。

愛する子供に対し、心無い言葉で罵倒して家を追い出し、そのまま会えない・・なんて子も辛けりゃ、親も辛いでしょうね。

 

それにしても、ブランカママは綺麗だったな~。

遠い昔にママとキッチンで料理をしていた時のエピソードと、現在のブランカとデイモンの姿を重ねるなんて、もう憎い~!

ティッシュいくらあっても足りないわ。

「母の愛」をこんな形で徹底的に描くドラマって最近あります?

根源的で永遠のテーマなだけに、何度こすられても毎回感動しちゃうのよね。

 

そうそう、スタン達のエピソードもちょっと触れとかないと。

妻のパティが意外に早く行動を起こしましたね。エンジェルと何話すんだろ。

愛人・本妻会談は互いを傷つけ合うことにしかならないので、避けた方がいいと思うんだけど。

 

それにしても嫌味な上司マットはおでこが広いなぁ・・。パティにはまるでその気がないみたいでしたけど、いつまで付きまとうんだろか。



第6話のネタバレ感想

またしても素晴らしかった!

HIVを告知され恐怖に束縛されるプレイ・テルが恐怖を克服して生きることを選ぶというエピソードでしたけど、これまた全てが鮮やかでした。

歌の歌詞もドラマにぴったりなメッセージが溢れていたし、ぐいぐい心に来ましたよね。

 

死にゆく恋人コスタスからの遺言、

「一日だけは悲しみに泣き叫んでもいいけど、次の日からは自分らしく思いっきり生きて!」

って、どんだけ愛に溢れてるの・・。

その遺志をしっかり受け取り、プレイ・テルはまた前を向いて歩くのでした。

 

それにしても、プレイ・テルの役者さんて歌手なの?!

あの声の伸びと艶!!半端ないでしょ!

ブランカさんも上手かったけど、プレイ・テルの声にはびっくりしました。

どうりで「The category is~!」も声も聞いてて気持ちいいはずだわ。

このドラマ、毎回泣かされるけど、そういうばミュージカルだったわね・・と思い出した回でした。

無理やり歌とダンスを挿入しないのも正解~。

 

そして、スタンとエンジェルですけど、あれま・・!このまま2人で純愛に突っ走る??

金もステイタスも家族も失ったスタンが今後どんな男になるのかが楽しみ!

意外と顔が地味なので、高級スーツ着てる時はいいけど、変な普段着来てると冴えないかもなぁ・・。

って、そんなことはどうでもいいんだけど、偽物の鎧を全て剥がしたスタンが見せる本当の彼はどんな感じでしょうかね。

貧しい神田川生活も意外と楽しんでくれるかな?

 

自分が何者かをしっかり分かっているLGBTの皆さんがいる一方で、スタンのように自分の性に混乱し、いつまでも「偽物の自分」から脱却できない人達も世の中には多いんでしょうね。

なんとなく「違う」と感じていても、それが何かが分からない。

とりあえず周囲と同じように就職し、結婚して子供を持つ・・。気が付いたら違和感だけが心を占める。

そんな人達のことまで描くこのドラマは本当にLGBTへの愛と理解が行き渡ってますね。

 

それから、ブランカさんがナンパされていい顔してましたね~。可愛かったぁ。

いよいよ、ブランカ母さんにも恋バナが・・?と期待しましたけど、ただの遊び人だったみたいでガッカリ・・。

キャンデイ姉さんは「ナニはでかい。」と推してましたけど、それだけじゃねぇ・・。

本当、キャンディ最高だわ。あの顔、見てるだけで笑っちゃうもん。

 

次は7話と最終8話です。↓

「ポーズ/POSE」第7と最終8話のネタバレA感想 素晴らしかった!賞も狙える人間ドラマ! FOXドラマ「POSE」第7話と最終8話のアニスのネタバレ感想です。 良かったわ~!素晴らしかった~! でも、8話が...