マインドハンター

「マインドハンター」シーズン2 全話のネタバレA感想/解説/考察(1、2話)カンザス男を徹底分析!

Netflix「マインドハンター」シーズン2 アニスのネタバレ感想です。1話ごとに区切って感想書いてます。(冒頭だけネタバレなし)(8話と最終9話だけまとめて書いてます)

 

やってきました「マインドハンター!」のシーズン2!

前作から相当時間がかかりましたが、かのデヴィット・フィンチャーが猟奇連続殺人犯の心の中に入り込む・・というテーマで実在の事件と実在のプロファイラー達をモチーフに「セブン」の世界観で描くシリーズですからね。

恐ろしくても見ない訳にはいかないでしょう!

シーズン1はこちら↓

「マインドハンター」全話ネタバレ無有A感想/考察 猟奇殺人鬼の精神世界に迫る! 全話のアニス感想ですが第1話~3話までは特にネタバレは含まず書いてます。 Netflixで世界同時配信スタートのフィンチャ...

シーズン2全感想

1話と2話はこの下です 3話と4話 5話 6話と7話 8話と最終回ホールデンとBTKのモデルとは!

 

とはいえ、正直予告編を見ただけで心が折れそうになりました・・。

 

やっぱり子供だけはやめて欲しいです・・。これが本当に起きたことと思うと、もう無理無理・・。

でも猟奇殺人犯に「18才以上でお願いします・・」と、頼むわけにもいかないので、とりあえずはできる範囲で頑張ります。

【最終話まで見ての追記】

最高でしたよ!シーズン1を確実に超える面白さで、Rotten Tomatoesの批評家メーターはなんと100%!(S1は97%だった)

IMDbも8.6と非常に高い。

とにかく必見のこのドラマ、今後Netflixの看板ドラマになりそうな勢いです!

 

今後はネタバレ有で感想追加していきます。



第1話のネタバレ感想

冒頭の変態男は・・

シーズン1の最後のシーンでまたカンザス、パークシティの男が出てきて、自分の描いたデッサンを燃やしているシーンがありました。

被害者と見られる、縄で縛られた裸の女性達の絵を大量に燃やしてたんですが、この男が依然自由の身で犯行を繰り返しているようです。

 

そして、今回シーズン2の冒頭に出てくる変態男がこの男です。

仮面をかぶって変態プレイをしてたのでメガネがなくてちょっと印象が違いますけど・・。

でもシーズン1の6話に赤ちゃんを抱っこしてるジョアンさんと一緒のシーンを確認しましたので間違いないと思います。

それにしても、相当倒錯してるなぁ・・。

色んなプレイがあるのは知ってますけど、女装に、仮面に、首絞めですからね・・。ジョアンさんが恐れをなして飛び出してしまうのも無理はないでしょう・・。(でも彼女の知らない夫の闇はこんなもんじゃないのよね・・)

この男については2話の感想で徹底分析してます!

 

ホールデンのパニック発作

そして、前回ホールデンがパニック発作に襲われるシーンも最後にありましたけど、これがかなり重症だったようですね。

ウェンディに相談した時には「エド・ケンパーにハグされた」としか説明してませんでしたけど、その直前にエドは、

  1. 看守が部屋を留守にして自分達だけになったのを確認し、
  2. 自分でペンを使って切り裂いた腕の傷跡を見せ、
  3. 巨体をホールデンに近づけながら「自分が殺した女性達は今も自分の中に生き続けている」と語り、
  4. 「君を殺すのは簡単さ。そしたらずっと君も心に生き続ける。」と言った後に

「ずっと手紙を書いていたのに来なかった。どうして来ることにしたんだ?」と聞いて、ホールデンが怯えあがり「分からない」と答えるとニヤっとして「ようやく真実が出た」と満足気にハグするんです。

 

この流れ・・。普通ビビりまくるでしょ。

 

ウェンディの言うように、彼の弱みを見抜いてそこを突くように追い詰めるわけですが、ホールデンの弱みとして考えられるのは、

上っ面の自己陶酔型の傲慢さと、その実、人間関係を築くことが苦手で、彼女には見捨てられ友人もいない・・という空虚な私生活とのアンバランスさでしょうか。

 

若さ故、まだその辺の認識が伴っていないホールデン君ですが、今回のパニック発作をきっかけに、自身と向かい合っていくことになるのでしょうか。

 

新しいボスと組織拡大

どうやらテッド・ガンという新しいボスは有能で、彼らのプロジェクトに相当の将来性を見据えているようですね。

これまでのシェパード所長には、部下の責任を取らせる形で辞任に追い込み、ホールデンを残留させたのも彼の決断でしょうね。

 

当然お怒りのシェパードは、何も知らない天然ホールデンに八つ当たりするという大人気のなさを露呈し、またホールデン君はパニック発作に襲われることになってしまいました。

薬を飲んですぐに収まっていたようですけど、今後に関してはかなり不安ですよね。

 

彼がこれまで独特の手法でお手柄を挙げた事件についても、自信たっぷりに容疑者を誘導していく会話形式の尋問が鍵でしたからね。

ここに少しでも不安が入り込んでくるようだと、かつてのような直感も輝きも消え失せてしまいかねないですよね。

 

ホールデンは何をした?

一応ですけど、シーズン1のおさらいも兼ねてホールデンがした失態について書いておきます。

なぜシェパード所長が責任を取らされたかという部分ですね。

 

スペックという凶悪犯をインタビューした際、ホールデンが調子に乗って暴言を吐きつつ彼を挑発するくだりがありました。

それ自体、別に珍しいことではないしビルに怒られるくらいで済んでいたんですが、たまたまスペックがその後、他の囚人達にFBIに協力したことがバレ、刑務所内で暴行を受けたことが問題になり捜査対象に。

聞き取り調査の方法自体に問題がなかったか、ということで務査察室から調査が入り、インタビュー内容を書き起こして提出するよう指示されます。

ホールデンはこの暴言部分を削除しレポートに載せないよう新しい同僚グレッグ・スミスに仄めかしますが、正義感の強い彼はテープを業務査察室にこっそり送り、隠蔽が発覚。

余計に事がこじれてしまった・・という流れです。

 

グレッグも別に悪い人ではないようだし、今後もチームとして機能して行ってくれるといいですよね。

ただなぁ・・ウェンディが暗いわ~。

せっかくの美女なんだし、もう少し笑顔で地下室を明るくして欲しいです。

 

それと、ビルの自閉症の息子が登場していましたけど、特に問題のない元気な少年に見えましたね。

ただ、妻の締め付けがきつそうで、家庭内でリラックスできてなさそうなんですよね。

働きすぎのビルにも、もう少し癒しの空間を設けてあげて欲しいです。

 

次は第2話の感想です。



第2話のネタバレ感想 カンザスの男を徹底分析

さて、シーズン1で各話の冒頭にちょこちょこっと顔を出していた謎のカンザスの男ですが、ここに来てその犯行が一気に明らかになって来ました!

もうシーズン1でのシーンなんて忘れてるよ・・という方のために、S1で姿を現していた部分と、S2で語られた内容についてできるだけまとめてみたいと思います。(自力で頑張りましたが、足りてない部分はスミマセン!)

 

S1で明らかにされた変態男BTKの私生活

妻ジョアンと赤ちゃんがいる。

2話でホールデン達が会話している中では、他の人間との接触もなく単純労働か無職だ・・という分析がありましたけど、今のところは大分まだズレているようです。

 

家族の前でも縄結びの練習をしてました。

 

仕事はADT警備システムという会社の営業。

会社の車で毎日遠くまで出かけて獲物を物色。

この点は「サムの息子」バーコウィッツの言う通りでした。

 

セコムのように、家に警備システムを取り付けるのが業務なので、犯罪の為の下見も可能。

 

手紙を投函している場面も・・。

BTKは新聞社やテレビ局に犯行後手紙を出していますので、その時の様子かと。

 

それから、こんなシーンもありました。

人気のない家で、何かを飲みながらイライラしている様子。

犯行の直後なのか、直前なのか・・。

この時向かいの家を覗いていますが、それがこの家。

 

ふと、1件目の犯行のオテロ家かと思いましたが、違うようです。

これがオテロ家。

 

あの家は誰のですかね・・。

65歳の女性Aを狙って、帰ってこなくて未遂に終わったという話がありましたけど、その家かなぁ・・。

 

その他、私が気が付いた点

S1の10話の最後でBTKが燃やしていた絵の中に、後ろ手に縛られている女性のものがあったんですが、それがこちら。

分かりずづらくてスミマセン。

この絵がビルのオフィスの壁に貼られた資料の、犯行現場のデッサンとほとんど同じでした。

恐ろしい・・。

弟と一緒だったというキャサリンでしょうか・・。

 

それと、前回変態プレイを目撃され、妻から「異常な性の治し方」という本を貰ってしまったBTKですが、ソファで寝かされることになったようです。

そして、この時にしている時計が例の時計に似てるんですよね。

ハッキリと映らないので確認できなかったんですけど、バンド部分が似てますね。

オテロ家の退役軍人の父がしていた時計を持っているはずなので、もしかしたらこれからもしれません。

 

これ以外にもよく見れば、色々出てきそうなんですけど、私はこの辺が限界でした。

3話以降も色々情報が出てきそうなので、注意深く見ていきたいと思います!

 

とりあえずホールデン君は大丈夫そう

ハーコウィッツとの聞き取りを見ている限りでは大丈夫そうでしたね。

見事に彼の本質を見抜き、犬の呪いやら悪魔の声だのが作り話であったのを認めさせました。

ただ、今後も何が引き金になるか分からないので、ウェンディの言う通り注意が必要かと思います。

 

ビル一家も事件に巻き込まれる?

それから心配なのが、ビルの家族が殺人事件に巻き込まれそうな件ですね。

彼女が案内している不動産のガレージで死体が見つかったそうで、なにやら嫌な予感がします・・。

その前にも裏庭のドアが開けっぱなしだったし、何かが忍び寄ろうとしているのでしょうか・・。

怖いわ~。

次は第3話の感想です。↓

「マインドハンター」シーズン2 第3、4話のネタバレA感想/解説/考察 おぞましい展開! Netflix「マインドハンター」シーズン2、第3と4話、アニスのネタバレ感想/解説/考察です。 全感想 シーズン1 S...