アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。Netflix、Hulu、アマゾンを中心に感想・考察書いてます。

「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」ネルの回が壮絶過ぎて心臓止まる!5話まで見た感想(ネタバレ)

f:id:Annice:20181015130619j:plain

ちょっとー!もう、なんなのあの残酷さは!!

エゲツないほどに残酷なネルの最期にはもうショックで心臓フリーズ・・。

これを寝る前に見てしまったら、もう私もアナタも悪夢は確実でしょう。

 

最終話まで感想書くつもりはなかったんですが、この拡大版の5話があまりに衝撃的だったので、ちょっとグダグダ書いて休憩します・・。(一気見がキツイ~・・。)

スポンサーリンク
 

 

ネルが気の毒過ぎてたまらない・・

可哀そうに・・。小さい頃から見ていて首折れ女が自分だったなんてね・・。

誰しも自分の死に際というのは考えたくもないし、いつ死ぬかも知りたくもない。

そんな恐怖の頂点とも言える「死」を最悪の形で迎えた自分と、6歳の幼い少女が対面するなんて・・酷い酷い・・、まぁよく考え付くものだわ。

 

私はもっと普通にあのヒルハウスに住んでいたヒル家のメンバーが何らかの形で凄惨な死を迎え、その怨念が兄弟達を悩ませているのかと思ってた。

ほら、ネルがダンスをしてるシーンで最後にちらっと映ってましたよね。ヒル家と思われる人々が・・。

アビゲイルちゃんはいなかったけど、ルークが見たハットの男とかがちゃっかり並んでましたよ。

 

なのになんで愛する母(の亡霊)が直接自分を死に追いやり、そのうえ自分の死と6歳の頃から対面しないといけなかったの?(まぁ、それも当然奴らの仕業なんでしょうが・・)

もうね、愛するアーサーと念願の再会を果たし、くるくる踊るシーンでは号泣でしたよ。

はぁ・・。気の毒なネルにもせめて幸せな2年があったことを慰めにしたいですね。

その内の結婚生活は8か月だけだったけど、安心して熟睡できた日々があっただけでも良かったと思いたい。

 

少しずつ見えてきたあの夜の真相!

そして、少しずつあの夜に何があったのかが分かってきました。

まず、父ヒューが一度屋敷に戻って再びモーテルに帰ってきた時には服は血だらけ、右の拳は何かで巻かれてましたよね。

心配で起きていたネルちゃんに「これはペンキだ」なんて言ってましたけど、よく言うわ~。6歳児の感受性を舐めてますね。

そうして不自然なまでに何もかも隠そうとしてきた父にも、そうした部分での責任は重そうですね。

(っていうか、幼い子供達があんなに苦しんでる時点で家引っ越せ~!!)

 

警察を呼んで自首したような感じで、警察官が到着した時には連行されそうなところで「子供がいるから・・」みたいな身振りを一瞬してましたよね。

ということは、やはり母オリヴィアを殺したのは父なのか・・。

(だって、叔母さんが子供達を育てんでしょ?)

 

もしくはそうとしか見えないので、幽霊の仕業と主張して子供達を不安にさせるより、自分がしたことにしようと思ったのか・・。

 

テオが目にしたフラッシュバックで父が母を壁に押し倒すシーンもありましたけど、あれはなんとなくミスリードの感じがします。

あの平凡夫は殺すタイプじゃないでしょ。

どうしても追い詰められて(例えば妻が子供達に手をかけようとしていたとか・・)殺した可能性はあるかもだけど、何にしても根本的にはヒル家の仕業なのは明らかだしね。

 

ルークはそれでもまだクリーン!!

双子のルークはあまりのショックで立ち直れそうにないでしょうけど、でもまだドラッグには手を出してませんからね。

いよいよ、本当に人生を取り戻すことができるのか。

彼だけはネルの分もこの亡霊たちと戦って、最後には恐怖に打ち勝ってほしい・・!

ネルの死をきっかけに今度こそ覚悟を決めて欲しい!

そしてルークはようやく平穏を手に入れ、その後は幸せに暮らしました、ちゃん、ちゃん。というラストを期待してます!!

でないと、これじゃ救いがないわ・・。

 

でも全10話のうち、この真ん中あたりに壮絶なネルの回来たということは、後半はいよいよ戦いの段階に入ってくると期待していいのでしょうか?

絶対負けて欲しくない!

ネルの分も兄弟、父が一丸となって真っ向から戦いを挑んでくれ~!