ダーク

「ダーク DARK」シーズン2第5話と6話のネタバレA感想・あらすじ・相関図 感動の再会来た!

 

「ダーク」シーズン2第5話と6話、アニスのネタバレ感想です。別々に書いてます。

さらに難しくなってきた~!

技術的な話やら、哲学的な話やら・・、もう付いて行くのが厳しくなってきましたよ・・。

でも、同時にエモーショナルなドラマの部分も増えてきたので気になりません!面白いわ~!

「ダーク DARK」ドイツ製の難解ドラマが凄い!相関図とA感想・考察・解説、あらすじ Netflix「Dark ダーク」のシーズン1のアニス感想です。前半はネタバレなし、後半はネタバレありで色々考察してます。(ネッ...

シーズン2全感想

第1話 第2話 第3話と4話 5話と6話 7話 最終8話の徹底考察!



相関図

ちょっとアップデートしてみました。クリックで拡大。

第4話の感想・考察

ウルリッヒついに会えた!!

良かったよ~!!!

泣いたよ~!!

ついに33年だか34年だか探し求めた息子に会うことができました!!

あのコップを反対にしての会話はシーズン1の第1話で、ミッケルが手品をした時の再現ですね。

中に小さな人間を入れて、隣のコップに移動させるという手品でした。

 

淡々とズンズン展開するこのドラマで、初めてじ~んとさせる山場だったけど、5秒くらいしか見せてくれなかったなぁ・・。

もっと浸らせて欲しかったけど。サッサと行っちゃうのよね。

 

しかも、あっという間に感動の再会は悲しい別れに逆戻り・・。

ミッケルの無表情が余計に悲しい。子供ながらに諦めの境地なんでしょうね。

もう少し一緒に過ごさせてあげたかった。

 

それに、とりあえず睡眠薬で寝かせてしまおうというイネスにも腹が立ちますね。

こんな大人でも発狂しそうな悲しい出来事があった後で、真実や彼の気持ちを一切吐露させることなく抑え込もうというのは無茶にも程がある!

 

大人になって自殺したミハエルが残した遺書を読んで「本当だったんだ。」とイネスは驚いてましたけど、遅いって。

本気で聞いてあげることがなぜできなかったのか・・。

 

シャルロッテの謎が一つ溶けた!

ノアの娘がシャルロッテでした!

思えばシーズン1で「シャルロッテへ」と刻まれた懐中時計をノアがエリザベートに託していましたからね。

そこにもヒントがありました。

 

え~っと。そうなるとトロンテとシャルロッテは従兄になるのかな?

母親が誰かは教えてくれませんでしたけど、「今でも愛してる」ということはまだ生きてるの?

 

爺ヨナスも止めようとしていた!

なんだ~。良かった!(って本当だろうね・・??)

まぁ一応彼の言葉を信じるとすると、自分達(歴代ヨナス)さえ犠牲になれば他の人たちはみんな救われるそうです。

愛するマルタも含めて・・。

 

それに、なにやら難しい哲学問答がありましたけど、これはよく理解できず・・。

で、結局、結論としては、

  1. 全てが始まったのは父ミッケルの自殺の日(2019年6月20日)から
  2. 彼の自殺さえ食い止めることができれば、幼いミッケルは過去に行くこともなく全ては始まらない
  3. ただし、ヨナスは生まれない

 

ということでした。

へぇ・・としか言えませんが、とりあえず若ヨナスは父の自殺を止める為に旅立ったようです!!

でもさ、この若ヨナスは母の正体分かってるのかな?

中年ヨナスは母の本性や浮気のことも知っているようで、「自分のことしか愛せない人間」と見事に核心をついていましたが、若ヨナスはまだ母に幻想を抱いてそうですよね。

 

父ミッケルがなぜ自殺にまで追い込まれたのか・・。

そこを本当に理解しないと止められない気もします。

 

それと、ハンナってずっとウルリッヒと浮気状態だったのかな?

私は勝手に夫が自殺して未亡人になってからのものだと思ってたんですけど、ずっと前からのことならそりゃ自殺の原因の一つになるよね。

まぁ、それよりもミッケルは心が硬化したまま、本質な部分で幸せを感じられない人間に成長してしまったという気もしますが。(子供時代からあれほどの悲劇とトラウマに苦しみながら、誰にも理解されないのでは無理もない。)

 

その他、子供達はタイムマシンを初体験。

クラウディアは父の一人で死なせまいと同居を申し込む、などの出来事がありました。

 

次は6話の感想です。



 

6話の感想・考察

うわ~、これは参った・・!!

クラウディアVSヨナスですけど、どっちが闇でどっちが光なのか!!

考えるだけで頭が痛い~!

 

自殺は彼を救うためだった!

やっぱりそうか~・・。

息子を救うために死を選んだってことで、ようやく納得しましたよ。

ずっと、なんで自殺したのかが疑問だったんですよね。

 

それにしても、かなり委縮して怯えて生活しているようでしたけど(絵が暗い!)、別に自殺するほど追い詰められていた訳じゃなかったミハエル。

突然現れた息子に手紙を見せられ、その通りにしないと自分が消える・・と言われたも同然ですもんね。

さっそく腹を決めてアトリエに向かって手紙を書いて死ぬ・・って、そんなことができるものかなぁ・・。

 

まぁシーズン1でも書いた通り、「ミッケルが過去に戻る時まで開けるな」と手紙に書く理由は息子を守る以外にないはずなので、結局は全てがそれだったんですね。

なんかパパ版ミハエルは優しそうで素敵だったなぁ・・。

そんなパパが自分の為に犠牲になるなんて若アダムも相当辛いですよね。

 

クラウディアの目的は?!

ところが、その若アダムとミハエルの決断を決定的にする人物が現れます。

「私はアダムがいない世界も見たけど、あなたが期待するようなものじゃなかった。」

と言われたら、そっちを選ぶのをためらうのは当然ですけど、問題は・・

 

婆さん本当に見たっての?!

それはどうやって見たってわけ?!

ありないでしょ!!

 

ってことですよ。

 

結局クラウディアに翻弄される形で2人はこのループを続けることを決断し、このアダムはミッケルをトンネルに誘導する作業もするわけですね。

 

爺アダムは光か闇か?

これまで光側だと思っていたクラウディアが実は闇なのか?と疑わざるを得ないシーンでしたけど、どうですかね?

 

でも、爺アダムが自殺の食い止めに失敗したと悟った時に本気で悔やんでる様子でしたもんね。

自分がまだ生きてることを悔やむというのは、やはり余程のことなのでこの世界を消し去ろうとしている側にしか思えないわけです。

 

ここで思い出すのが前回の中年アダムの言った言葉。

「クラウディアは最終的に敵と同じになった。」というのは、始めの目的は違っていたはずなのに、何かが起きて、結局闇側の人間になってしまったってこと?

 

最後に爺マグヌスが初登場でしたけど、何してるんだろ?あそこで。

「彼に課せられた使命を話してから送り出せばよかったのに。何が起こるかを。」

と言ってましたけど、これは終末の日のことですかね?

でも、このヨナスは知ってるでしょ?未来にいた時、散々地獄を見たし、爺ヨナスの火傷を見れば自分に起きることも分るでしょうに・・。

 

なので、クラウディアが「ヨナスのいない世界はよくなかった。」と言った時に、

嘘つけ!あの未来よりも悪い世界があるわけないやん・・!

と私はとっさに思ったんですけど、ヨナスはそこまで考えなかったのかなぁ・・。

 

「自分と戦え!」と、いい感じのセリフを言われて納得しちゃったのかしら。

 

でも、結局中年になったヨナスはこの決断を後悔するわけですよね。

だからクラウディアに対してあんなセリフを言っていたわけだし・・。

 

幸せな日々のパーティ

自殺前の世界はやっぱり幸せそうだな~。

ミハエルが自殺しなかったら、これがずっと続いていたかと思うとやっぱり残念。

 

それと気になっていたペンダントの謎がようやく解けましたね。

湖で偶然見つけたもののようでした。

これ、椅子型タイムマシン(ポンコツ)で犠牲になった少年たちとヘルゲが持っていたペンダントとは同じものなのかな・・。違うのかな・・。

柄までしっかり見てなかったわ。今後はチェックですね。

「ダーク DARK」シーズン2第7話のネタバレA感想・あらすじ・相関図 Netflixドラマ 「ダーク Dark」シーズン2第7話、アニスのネタバレ感想・あらすじ・相関図です。 本当にズンズン容赦なく進んでいきますね...