ブラックS6

「ブラックリスト」シーズン6第15、16、17話のネタバレA感想 つまらない~!

「ブラックリスト」シーズン6第15、16、17話のアニスのネタバレ感想です。

 



第15話のネタバレ感想 つまらん!

マズでしょう~。

さすがの「ブラックリスト」もいよいよネタ切れですかね・・。

メインストーリーの方では、もはやレディントン様の正体を披露するしか大イベントは残っておらず、それにしても最終話まで大分時間がありますからね。

22話までなんとか1話完結もので引っ張り続けたいところですが、この1話完結の方もつまらないと来たら、もうこちらも見るモチベーションが持てないわ・・。

 

刑務所にいた時の方がまた面白かったなぁ。

なんなのよー?今回のは・・。

もう既に見たような変わり映えのない話で(しかも分かりにくい!)裏には例の大統領顧問の女がいるってわけでしょ?(名前なんだっけ?)

大体この女にしても、大統領にしても、悪役キャラがショボいのよ・・。

ブラックリストも、当初はアラン・アルダとか、悪役に名だたる名優たちが出演してくれて貫禄たっぷりでしたけど、もうあのレベルともお別れですね。

 

とりあえず、レディントンの正体が分かった時点で私はもうこのドラマは卒業かなぁ・・。と思ってたんですけどね・・、

 

・・なぬ??

カタリーナが出てきそうなの??

 

「もう、偽レディントンの正体はどうでもいいの。放っておいて。」と嘘みたいな方向転換をしたリズに対し、納得がいかないレスラーが、過去にカタリーナを追っていた捜査官に連絡をとってましたよね。

あらま、カタリーナ生きてるってこと?(シーズン7以降も謎で引っ張るなら、なんとしてでも生き返らせないとね!)

 

そうか~。

それも気になるけど、でももういいかな・・。

ここまで6年、よく頑張って付き合ったほうだわ。

リズにしてもレスラーにしてもさ、なにしろ魅力がないのよね。

 

大体ね~、リズ、毎回言ってるけど自分の娘アグネスはもういいってわけ??!

そういう部分でも、彼女にはどうしても女として共感できるものがないんですよ。

レディントンの正体についても平和を優先して荒波を立てないことを決めたなら、すぐに娘を迎えにやってあげて欲しいわ。

自分の命だってもう狙われてないじゃないの。

 

もう大統領の陰謀もどうでもいいわ。

しょせん、あのショボ大統領でしょ。敵として全然興味が湧かないし、怖くないし・・。

 

あ、今回も愚痴が酷いですね・・。

ファンの方ごめんなさい。ってファンの人は絶対このブログ読まないわよね・・。

 

では、この辺で・・。



16話のネタバレ感想

またまた相変わらずな1話でした・・。

何あのオチは?!

忙しく働くシングルマザーがまた何で母の後を継ぐわけ?

父親の世話も加わったら、そんな暇ないでしょうにねぇ・・。

とりあえず当選金は子育てに使うことにして、ゆっくり息子君と一緒の時間を増やして欲しいわ。お婆ちゃんにも会えなくなった息子君が可哀そうだし・・。

 

それから、リズとレスラーのしょうもない会話はもう飽きたわ。

何度同じやり取りをしてるのかしら・・。どうでもいいわ~。

 

それとね、カタリーナの捜査ですけど、何十年も経った後にあんな基本的な捜査だけで母親が簡単に見つかるなら、とっくに見つかってるわ!

フェリーの乗員名簿を調べるだけで、「カタリーナが実は生存してる!?」なんて嘘でしょう?そんなんじゃ、すぐにロシアや結社に見つかって御用だわ。

 

もう絶対おかしいって~。

そこは現在の最新技術があって初めて発覚した新事実でも用意してくれないと納得できませんね。

超アナログ人間のレスラーが見つけるなんてあり得ない。

 

それに、もうカタリーナに関しても「いまさら感」が強すぎてどうでもよくなっちゃった。

 

なんかこう・・。もう全体的にどうでもいいです、ブラックリスト・・。

私だけでしょうかね・・。

早くレディントンの正体教えてくれ~!っていうだけです。

 

リズが刑務所に売った裏切者とバレた時についても大して興味が持てません・・。(どうせその内バレて、お涙頂戴の展開になるんでしょ?)

スモーキーでしたっけ?

彼みたいな仲間がリズのせいで見せしめとして殺されちゃうのが可哀そうっていうくらいですね。

リズは本当に罪深い女だわ。本人が無自覚なだけに困ったものです・・。

 

はい、今回の感想はこんなところで・・。

 

次の17話を見るまでまた相当重い腰を上げる必要があるので、遅くなりそうですが、こうなったら意地でも最終話まで見ますよ~!

 

第17話のネタバレ感想

そろそろ見ないとどんどん溜まって来るので、ようやく17話を見ました。

はぁ、最終の22話まで長いですね~・・。あと5話かぁ。

 

はい、どうやら第三身分でしたっけ?彼らは全然アナ・マクマーンと関係がなかったそうで、完全なる空振りでした。

そりゃね。新キャラの大物悪役でしょ?(全然貫禄も魅力もないけど)

出たばっかりで、すぐにしっぽを掴まれる訳ないって。

 

それにしても、あの金持ちのご子息たちは何のためにあんな活動をしているの?

本当に貧しい人達へ分配してたのか、単に親からせしめる為だったのか、それとも最後にレディントンが見つけた変なオヤジが懐へ入れてたのか、その辺をもう少し説明して欲しかったですね。

捕まった彼らの一人が「弁護士とは話さない」って言ってましたけど、だから何で?そこを説明してよ。って感じでした。

 

それと、デンベがリズとレディントンに挟まれ苦しい状態みたいですね。

リズに自分で伝えろと、最終通告を出してましたけど、リズ・・、そろそろ行きなさい。

泣いて許しを乞えばなんとか許してくれるって。なぜか知らないけど、どっぷり愛されちゃってるんだから。

 

それから、レスラーが一人で調査を続けてましたけど、あんな簡単に繋がるならもっと早い段階で多くの諜報機関がやってるでしょ。

絶対おかしいってば。

最後、カタリーナの母親が亡くなる前に娘宛てに書いたという手紙が送られた私書箱に取りに来ていたのはカタリーナ父でしたね。

レスラー、どうやってあの顔写真からパパを見つけるんだろ。

でも、見つかるんでしょうね。22話くらいに。

 

最後に超マニアックな話題ですみません。

レスラーが聞き取りに行った先のカタリーナ母の元旦那が、「たどりつけばアラスカ」のホリング役の俳優さんでしたね。

「マダム・セクレタリー」にも出てるらしいんですが、老いても頑張ってるんですね~。

20年前の当時も結構年配の役でしたけどね。

右から2番目です。懐かしい・・

 

次は衝撃の真相に迫る回18と19話です!!

「ブラックリスト」シーズン6 レディントンの正体と真相が!第18と19話のネタバレA感想/検証 「ブラックリスト」シーズン6 第18と19話のアニスのネタバレ感想/考察/検証です。2話分をまとめて書いてますので19話まで見た方だ...