アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

「13の理由」シーズン2 全てに別の側面がある!第4、5話の感想(ネタバレ)

f:id:Annice:20180520230741j:plain

少しずつ、シーズン1で語られた事実にも別の側面があることが分かってきました。

ただ、まだ衝撃の新事実は出て来ず・・、なにやら不穏な雰囲気が漂うだけですね。

 

傷を負うジェシカにアレックス、そしてジャスティン。再び彼らに希望が見え始めるのはいつなのか・・。陰ながら応援したい気持ちになります。

ただ、クレイがコミカルな演技で全体のトーンを明るく保ってくれてるのがいいですね。真っすぐに自分の信じる道を突き進むクレイが今回はちょっと逞しいかな・・?

幻影ハンナと協力しながら、彼もまた同時に自分の傷を癒しているようです。

スポンサーリンク
 

 

4話で語られたもの

今回はジャスティンのヤクを抜こうと、カセットチームの善人組が一丸となって頑張っていたのが可愛くて笑えました。

 

ジャスティンが吐きまくり!

うわ~、あれは嫌だわ・・。トイレに布団もって籠ればいいのに、あれじゃクレイの部屋がゲロまみれでしょ。

でも、皆偉いわぁ・・。シェリが肝っ玉姉さんに変身していて頼もしい。

トニーはやっぱり兄弟がらみの暴力沙汰で保護観察の身のようですね。ヤク中ジャスティンとは関わりたくない様子。

 

肝心のジャスティンは相変わらずで、現実が見えているのか、いないのか・・。

ジェシカを助けられるなら・・という純粋な想いでヤク抜きを頑張っていましたけど、彼女の本心を知ってしまったら絶望してまた失踪しちゃいそう。意外に線が細いからね。

 

カス野郎マーカスとザックの企て

マーカスはシーズン1でもブライスに次ぐ最低野郎でしたけど、今回も酷いですね。

あのおでこのカクカクな生え際が気になってしょうがないわ。(でこ狭い!)

ザックと示し合わせた嘘の証言で、ハンナがブライスに気があったことにしてましたけど、大丈夫なのかな。偽証がバレたらそれこそ偽証罪に問われますからね。

安易に将来を危険にさらしていいんでしょうか・・。

 

ザックも本気でブライスを助けようとしているようで、なんだか複雑です。

まぁ、レイプ魔ブライスは人間のクズですけど、男友達からしたらいい面もあるんでしょうかね。

あと、ザックにも鞄に鼠の死体を入れられる・・という脅しがありました。うーん、これは見境なくカセットチームの全員が対象ということか・・?

 

そんなしょうもないマーカスですが、ハンナにはお玉を締め上げられ、タイラー達からはピンク爆弾を浴びる・・という天罰が下り、少し胸がスッとしました。

ちなみにタイラー達が持っていた大きな黒いバッグは「無差別発砲の為の猟銃が入っているのでは・・?」とこちらをミスリードする為のものでしたね。

シーズン1の最終話で、タイラーが部屋で大量の銃(でかい猟銃もあった)を隠しているシーンがありましたので、それが伏線になってました。

実際はピンク爆弾という心温まるお話でしたけど・・。

 

おお~、アレックスとジェシカが再び??!

ギリギリの精神状態まで追い詰められたジェシカが突然アレックスを誘って学校をさぼり、ちょっとした逃避行に出ていました。

そして、海ではロマンチックなキスシーンが・・!

でも、トラウマに襲われたジェシカがストップ・・。

絶望の底にいる2人にとってはこのまま前進するのは難しそうですけど、惹かれ合っているのは確かなよう。

今回の事件を乗り越え、違う景色が見えた時には、またそんな関係になることもあり得るのかな・・。大きな傷を抱える2人ですが、支え合って乗り越えて欲しい!

 

そうそう、ようやくハンナパパも登場しましたね!

夫婦仲にヒビが入っているようでしたけど、どうやら娘の死に固執する妻に耐え兼ねたパパが浮気に走ったみたいです・・。

両方の気持ちが分かるだけに辛いですね。

スポンサーリンク
 

 

5話で語られたもの

今回はライアンが主役でしたけど、彼も洒落ゲイとして気取った風に見えてかなりの孤独を抱えているようですね。

当時もハンナといい友達になれそうだったのに、あの件は残念だったなぁ・・。

 

実はジャスティンとメールしてたハンナ

ジャスティンにパンツ写真を公開されて(実際に拡散したのはブライスだけど、ヤツに画像を見せたのはジャスティンなので)怒っていたハンナでしたが、実はその後もメールや電話を続けていたそうです。

ジャスティンの方にも少し気持ちがあったみたいですね。カフェにも顔を出したりしてたので・・。

ちなみに、恐らくこれらは夏休み前の出来事。

この後、夏休み中のサマークラスでジャスティンはジェシカと出会い、本格的に付き合いだしたようです。

夏休み明けのパーティではジャスティンが「交際2か月目の記念に」とバラを渡してジェシカを喜ばせていますが、これを見たハンナが驚いて「いつからジャスティンと付き合ってるの?」と詰め寄るシーンがあります。(9話)

この時は「私にジャスティンが何したか知ってるでしょ?」とジェシカを責めていますが、それは建前の理由で、本当はハンナもまだジャスティンが好きだった可能性もあるのかな・・?

乙女心は微妙です・・。

 

母オリヴィアの徹底捜査

ちなみに、そのジャスティンへの気持ちを綴ったと思われる詩についてもオリヴィアは徹底的に解き明かそうとしているようでした。(FBI並みの相関図ボードが凄い!)

気になったのは3つの詩に共通していた「クラブハウス」という言葉。何かを象徴しているのか、実際に存在するクラブハウスなのか・・。気になりますね。

 

それにしても、夫が走った浮気相手のところにも女の子がいるなんてオリヴィアにとっては残酷な現実・・!

女はもう子供を持てないけれど、男はその気になれば若い女を見つけてまた子供を作ることもできるし、なんて不公平なんだろ。

孤独なオリヴィアはますます捜査にのめり込んでいきます・・。

 

ブライスを挙げる為に捜査を続けるクレイ

あのポラドイド写真ですけど、どうやら学校のとある場所で撮られたものであることが分かりました。実際の場所を特定しようと探していましたが、なかなか見つからない様子。

ジャスティンに聞こうとしていたら、なんとジャスティンはトニーからジェシカの本当の気持ちを聞いてしまい、心配していた通り再び失踪。

あちゃちゃ、せっかく見つけたのにまたいなくなっちゃった。

 

それとずっと思ってるんですけど、あの2枚のポラロイド写真を原告側の証拠に使う訳にはいかないんでしょうかね。

学校でレイプ事件があったことが証明できれば、学校の管理不届きについて追及できそうだし、今後ブライスを証人として召喚する時にもヤツの素性を証明する決定的な証拠になりそう。

でも、まずは場所の特定だな。

 

ポーター先生も頑張ってる

少しでもジャスティンの力になろうと母親を訪れたポーター先生ですが、ヤクの売人彼氏と本気で殴り合って逮捕されてしまいました。

でもあの顔、全然後悔してませんでしたよね。

非力な自分にやるせない怒りを溜め込んできた彼がついに爆発した瞬間でした。

ポーター先生にもカウンセラーが必要かな・・?

 

アレックスにはまた別の問題が・・

あの部分が反応しないようなのです・・。

麻痺による機能不全なのか、とにかく男子にとっては深刻な悩みですよね。

少しずつ回復に向かうと思いたいですけど、焦りは禁物。

まずはザックとのリハビリに励んでもらいたいです。

 

ザックは鞄に鼠を入れられた件でブライスに探りを入れてましたが、どうも本人はピンと来てないみたいですね。

やっぱりヤツじゃないみたい。うーん、謎は深まるばかり。

 

それと、ジェシカがようやく前を向き始めたのか、レイプされた経験を持つ女性達の互助会へ顔を出していました。

友達も見つかったみたいだし、回復への道を少しずつ歩もうとしているようです。頑張れジェス!