アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

「THIS IS US 36歳、これから」15話の感想 父ならこうする!(ネタバレ)

f:id:Annice:20180122005827p:plain

あちゃちゃ・・、ケビンはまたすごい決断をしちゃいましたね。

「父ならどうするか」を考えての行動なのはわかりますけど、今後のキャリアを左右する大舞台に大穴を空ける結果になっちゃったし、うーん・・。どうだったんだろ!??

スポンサーリンク
 

ケビンに目覚めた兄弟愛!

もちろん駆けつけるのは正しいですけど、ただ自分の舞台での役割をキッチリ果たしてから2時間後に駆けつけても良かった気が・・。

2時間後もきっとランダルはあそこにいただろうし、それでもケビンの行動はランダルにとって大きいものだったと思うし。

だってさ、舞台、家族兄妹はまた来てくれるでしょうけど、ニューヨーク・タイムズはもう見に来てくれないでしょ。

それにこの初日に懸けて来た仲間たちの信頼と夢を踏みにじる形になってしまって、今回のこの行動の理解を求めるのは至難の業じゃないはず。

ふーむ、ケビン、大丈夫かな。

 

ミゲルさんのアドバイスもね、「へぇ~、珍しくいい事言うじゃないの。」と思ったらさ、こんな結果になってしまったわ。

ケビン単純だからなぁ。

以前にも、ウィリアムのアドバイスで舞台の自信を得たり、トビーのアドバイスで突然ソフィーと復縁したり、誰かに何か言われると100%その気になってしまうのですよ・・。

今の彼には完全に父ジャックが降臨してますからね。

今後もその信念を貫き通してくれたらいいんですけどね。

でもなぁ・・、36歳にもなって舞台の直前に緊張してお母さんに会いに行っちゃう甘えん坊さんだからなぁ・・。

 

婚約期間延長のケイトとトビー

やっぱりケイトはデゥークには興味なかったみたいですね。よかった。

そりゃそうよね。ただのいけ好かない嫌味野郎だったしね。

やけに態度がデカかったのは、親がこの施設のオーナーだったからだそうで、意外にも金持ち坊ちゃんだったみたい。

 

そして、ケイトとトビーは「やっぱり、お互いのことをもっと知ってから結婚しよう。」という流れになり、婚約期間を長めにとることにしたそう。

そっか、それはまぁどうでもいいわ。

まずはケイトが父の死を本当の意味で乗り越えるのが大事みたいですね。

なんとなくその作業はケイト一人ではなく、他の兄弟達も巻き込んで行く大きなエピソードになりそうな気もします・・。

 

行き詰るランダル

ついにランダルがオーバーヒートで涙を流しながら緊急停止しちゃいました。

それにしても、こんな時に妻ベスが母の骨折でいなくなるとはタイミングが悪すぎる!

元来真面目で完璧主義のランダルは、昔からストレス負荷がかかりすぎると体と心が悲鳴を上げてフリーズしてしまうようですね。

手の震えもストレス性のものだったみたいで、とりあえずは病気的なものでなくて良かったのかな。

会社でのキャリアのことも、こんな大変な時期に無理しなくてもいいのでは?と思ってましたけど、やっぱりそういう手加減ができないタイプなんですね。

うーん、大丈夫だろか。

この後の2か月をどう乗り越え得て行くのか・。

ランダルだけでは無理な様子だし、意外にもケビンが手を貸したりするのかな?

スポンサーリンク
 

酒に手を出すジャック

やっぱりジャックはいい夫であろうと無理し過ぎなんだなぁ・・。

あの状態で家を空けようとする妻に「いや、ダメだろ」って普通に言えないのがジャックなんだから、そこをレベッカにも分かってあげて欲しかったけどな。

しかも、バレンタインに旦那がステージを見に来るっていうなら、当然旦那の方を見て歌わなくっちゃー!

あれじゃジャックが拗ねるのも無理ないし、ベンとの過去を隠していたとあっては、お人よしジャックもそりゃ怒るでしょ。

「外の空気を吸ってくる」と言いながら、実はバレンタイン恒例のレストランで一人寂しく恒例のメニューを頼み(そこがロマンチスト!)しかもバーボンも飲んでましたね。

あれがどんどん深酒になってしまうのでしょうか?!

うーん、黄色信号灯って来た?!

 

今後は

今回はそれくらいだったかな?

ウィリアムの具合が急激に悪くなっているようで、見ているのが辛いですね。

でもさ、コーラくらい飲んだっていいでしょーにね。

この先、ウィリアムとランダルの父子が、それぞれに納得できる終末介護を模索していくことになるのでしょうか・・。

ランダルにも父ジャックの存在が必要な時ですね。

と言う訳で、父ジャックが降臨中のケビンの動向に注目です!