アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

「THIS IS US 36歳、これから」第4話の感想 それぞれの悩み(ネタバレ)

f:id:Annice:20171030002210j:plain

今回は特に盛り上がる箇所も、あっと驚く箇所もなく、割と静かな回でしたね。

兄妹3人(それとトビーも)それぞれに悩みがありますよ~ということで、その辺を掘り下げていました。

もちろん、じんわりエピソードもしっかりあります。

スポンサーリンク
 

ランダルと父ウィリアム

その中でも一番つらそうなのは、やっぱりランダルですね。

白人の両親と兄弟の中で、白人社会で育てられて来た孤独と葛藤・・察して余りあります。

でもルービック・キューブをサクッと全面揃えるなんて、もともと頭がいいんでしょうね。(ケビンとは対照的?って言ったらケビンに悪いか・・)

 

一方、ウィリアムは黒人の中で育ってきた生粋(?)の黒人ですからね。

ランダルの生き方を見て、思う所もそれは色々あるでしょう。

そこを敏感に察するランダルに対し、ウィリアムは「お前は間違ってない。息子よ。何も間違ったことはしてない」と語りかけました。

これがどれだけランダルにとって救いの言葉になっているか・・。

どんな子供でも、こうして親に認められ、改めて「間違っていない」と言われることが、迷いの多い毎日の中でどれほど心強いか・・。

ウィリアム、めちゃめちゃ繊細でいい人じゃないですか~!

新しい服も気に入ったようで良かった。

これでバラの匂いを嗅ぎに好きなだけ近所を散歩してちょうだい!

 

役をゲットするケビン

うーん、やっぱり吹き替えがなぁ・・。

吹き替えがイマイチなせいで、実際のケビンのオーディションの演技がいいのか悪いのか全然判断がつかないわ・・。

一本調子で、どうもドラマに入り込んでいけないし、こればかりは慣れそうにないな~・・。

ともかく、オーディションはダメダメだったケビンですが知名度で役をゲットしたようです。

相手役の女優はLAに帰った方がいいって言ってましたけど、この女優とは今後色々あるんでしょうね。

当分は舞台生活でもお互い喧嘩腰の関係が続いて、そのうち惹かれ合ってゴールイン??な感じかな。(勝手に想像してるけど)

 

ケイトはトビーの元妻をストーキング

ええ~~~!!!??

トビーの元妻があのセクシー美女??

ちょっと説得力ないけど、43キロ太る前はトビーもそこそこイイ男だったってこと?

いやいや、あの顔は痩せてもやっぱりトビーだと思うけどなぁ・・。

何気にお金持ちなのかな・・?

 

それにしても、ケイトが子供の頃から受けて来たイジメのエピソードには辛いものがありますね。

あんなにクマさんのビキニ来て無邪気に喜んでいたのにね。

現実って厳しいなぁ~・・。

(ところで、どうしてジャックはケイトに「私はフロリダのデイトナビーチには行きません」って約束させてたのかな・・?

デイトナビーチをググってみたけど、よく理由がわからなかった)

 

今だに自分に自信が持てないケイトですけど、この先トビーのサポートで道が開けて来るのでしょうか?

元妻の浮気が原因で離婚したとわかって少し落ち着いた様子のケイト。

とりあえず彼女の店では働かにことにしたようで、まずは一件落着ですかね。

スポンサーリンク
 

レベッカとジャックの子育て奮闘記、プール編

ジャックは一応断酒してるみたいで良かった。

にしても、やっぱりここまで大きくなっても三人は大変そうですね。

誰かに目をかけると、他の誰かが嫉妬して拗ねる・・の連鎖で難しそうです。

それぞれに特徴あり過ぎだしね。

それでも一人一人に声をかけて、愛情を惜しみなく与えるジャックはいいパパだわ~。

レベッカも一見クールに見えるけど、信念を持って子育てをしているのが伝わってきました。

 

ランダルが他の黒人の少年たちと遊べる機会を設けてましたけど、母がこういう部分まで考えてくれてたこと、今のランダルはちゃんと覚えてるのかな?

つらい経験ばかり思い出に残ってないといいけど。

実際に起こった事と、子供が大人になって記憶として覚えていることって微妙に違ってたりしますしね。

 

あの娘の学芸会もですけど、周囲の差別が気になって娘の晴れ舞台を心から楽しむ事ができなかったランダルは決して繊細過ぎる訳ではなく、至って普通なんですけどね。

でも、全く気が付かない妻や娘に比べると、やっぱり人生生きにくいだろうな・・。

 

今回はそんな感じでしょうか。

これまで色々仕掛けがあったので、少し物足りない気もしましたけど、来週はまた何かあるかな・・ってとりあえず期待です!