アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

「ザ・シューター」シーズン2を全話見た感想 ライアン怪我は大丈夫?!(ネタバレ)

f:id:Annice:20170907133826j:plain

「ザ・シューター」シーズン2を最終回まで見ました。

 

ふぅ。。

シーズン2はこう終わりますか。

 

なにしろライアン様が足を骨折した為に、シーズン2は10話の予定を8話に変えた、という記事を目にしてからかなり心配してました。

無理やり脚本変えて決着付けるのか、それとも脚本は変えず、撮影済みの8話分だけでブチっと終わるのか・・。

結果は後者でした。

ただ、8話で急に黒幕が暴かれたりしてましたので、少しでも最終回の雰囲気を出すためにボブ・リー以外のシーンは変えた可能性もありますね。

 

シーズン1は原作小説があったので、脚本もしっかりしていて展開も早く、文句なしに面白かったですよね。

でも、シーズン2はオリジナル脚本です

クオリティとスピード感を落とさず繋げられるのか・・。

 

視聴者のそんな心配を吹き飛ばすように、1話目は冒頭から派手に飛ばして来ました!

衝撃の襲撃事件から始まり、あれよあれよと昔の海兵隊仲間たちが殺されて行きます。

一体誰が、なぜ?!

 

おぉ~なかなかいい感じ~。

スポンサーリンク
 

アフガン時代のエピソード

その謎を解くために、海兵隊の仲間たちとのアフガン時代のエピソードが挿入されます。

お互い「ボーイズ、ボーイズ」呼び合ってますが、40過ぎのライアン様でも違和感ないですね。若い!イイ男!

 

こちらも緊張感があってなかなか見ごたえあり!

銃撃戦も派手にやってます。

 

CIAが麻薬の密売業をロシアから奪っていたという事実も描かれますが、当時からアイザックが指揮官として辛い立場に立たされ、厳しい選択を迫られていたのがわかります。

アイザック、本当は悪い奴じゃないのにね・・。

なんで前回は魔が差しちゃったんだろうね・・。

それにしても今シーズンのアイザックは、妻を殺され怒りに燃えるランボー状態で、やたらめったら勇み足で撃ちまくってたなぁ・・。

 

過去エピでは兄弟のように深い絆で結ばれた仲間たちを描き、現在のエピではソロトフに一人ずつ無残に殺されて行くのを見るのはなんとも辛かったですが、このシークエンスで物語に緊張感が持続しました。

 

悪役はソロトフ

シーズン1では名前だけの存在だったソロトフが今回はがっちり敵として登場しました。

なかなかいい役者さんですね~。

まぶたの厚い眠そうな目が不気味です。

がに股なのが、日本人としてはちょっと親近感ですが、それ以外は恐ろしい悪役としてしっかりドラマを引き締めてます。

 

右腕の骨が飛び出すシーンにはギョッとしましたよ。

あれ、自分で引き出し使って治しちゃうって、怖すぎ!

私だったら痛みで気絶して、あとはもうなかったことにします・・。

 

PTSDに苦しむ妻

ジュリーとメアリーですけど、トラウマあるの当たり前でしょ!

最後にモーテル襲撃された時なんて、見てる方もトラウマになりそうな恐ろしい状況でしたから。

 

でも、銃って怖いですね。

セクハラ男にああして耳のそばで発砲するだけで、血が出ちゃうのね・・。知らなった。

逮捕されて、刑務所送りになったら大変!ということで、

許してもらうために、慌てて高価な銃を持ってセクハラ男の家に行ってましたけど、逆効果でした。

ジュリー、態度も悪かったしね。

 

それでも、ボブ・リーにそのことを責められるのはつらいですよね~。

前回の経験がトラウマになってる、って告白した時くらいは、そっと抱きしめて、

「大丈夫、俺がなんとかするから。ベイビー」って言って欲しいですよ。

ボブ・リー、メキシコ帰りで全身泥だらけでしたけど、話しくらいちゃんと聞いてあげて~!

 

それにしても、あれだけ危険が迫っているのにジュリーは逃げないのね。

子供の洗礼式なんてどうでもいいじゃない。死んでしまっては元も子もない!

結局、トラウマがあるんだかないんだかよくわからないですけど、今回は絶対に逃げない、と腹を決めたそうです。

 

中盤やっぱり少し中だるみ・・?

これは仕方ないですかね。

盛り上がりがいまいちな理由としては、

 

・敵が誰か始めからなんとなくわかってる。(謎の組織なんでしょ)

・ソロトフも大体正体わかってる。(雇われてるんでしょ)

・仲間はどんどん殺されて行くけど、ボブ・リーが殺されないのもわかってる。(主役だからね)

・アイザックも死なないのはなんとなくわかる。(準主役だからね)

・ソロトフにはボブ・リーの家族を殺す機会がいくらでもあるのに、なんだかんだ手は出さないのもわかってる(危険が迫るのは最後の最後)

・最後に謎の組織とボスの正体が分かったところでインパクトなし。(誰その議員?)

 

こんなとこでしょうか?

途中、メキシコ行って、刑務所まで入ったりして頑張ってましたけどね。

にしても、随分気楽に行って帰って来てましたよね。

テキサスからメキシコって車でもやっぱり近いのかな・・。

でも妻からしたら、メキシコで殺し合いして、刑務所に入れられてた夫が泥だらけで普通に帰って来るっていうのも嫌だな~。

それで、セクハラ男のことで責められても説得力ないし・・。

スポンサーリンク
 

8話では少し盛り上がりも

アトラスについて少し触れておきますと、謎の巨大組織でヘイズ上院議員ていうのがボスらしいです。

なんか急に出て来た人なので、ふーん、という感想しか持てませんが、ナディーンが付き合っていたハリスが秘書のようでしたよね。

ということは、ハリスは初めからその関係でナディーンに近づいた?

そして、ナディーンに本気になり始めたので、あえて離れた・・?

全然わかりませんけど、何か関係ないと話が続きませんよね。

 

それと本当~~~に余談なんですけど、このハリス役の人ジェシー・ブラッドフォードっていう役者さんなんですけど、その昔「わが街セントルイス」という映画に出てた天才子役だったんです。

f:id:Annice:20170908092819j:plain お兄ちゃんの方

鼻の穴を膨らませる笑い方とか全然変わらずで、すぐに「あ!あの子だ!」と気が付きました。

髭の濃い小柄なおじさんになってたのが意外・・。

涙のちょちょ切れるいい映画で、当時は何度も見ちゃいました。(子役フリークだったので)

 

えっと話しを戻しますと、8話では、ついにソロトフとボブ・リーが対面しました!

ただ爆弾ベストを着ていたために、その場では殺せず・・。

え、でもあれも頭撃ってしまえば即死でボタン押せないだろうし、殺せるのでは?

って思いましたけど、やっぱり最終決着は10話(それって来シーズンてこと?)までお預けみたいですね。

ボブ・リーが腰を撃たれてドクターソロトフの荒治療を受けてました。

うわ~、痛そう~!

バシン!、バシン!ってタッカーで傷口縫ってましたけど、あんなんで傷口閉じるの?

 

これで来シーズンの冒頭で、ライアン様が足の骨折でちょっと動きが悪くても、機敏に動けないのは腰撃たれたからですよ~っていう予防線のためかな?

って、考えすぎかな?

f:id:Annice:20170907133236j:plain

ちなみに骨折は撮影とは全く関係ないそうで、家族と過ごしていた日曜日に事故に巻き込まれたそうです。

早く良くなってシーズン3の撮影始められるといいですね!(←あると決めてる)

いや、事故にあって骨折して、これでシーズン3もなくなったら踏んだり蹴ったりでしょう。

ライアン様はプロデューサーも兼ねてますからね。

 

この「ザ・シューター」は今後も狙撃ヒーロー物として、どうにでも続けられそうな企画なので、ぜひ期待したいです!(←ただライアン様の筋肉が見たい)

それと、アイザックは引き続き出て欲しいけど、もうFBIのナディーンは無理に出さなくてもいい気がするなぁ・・。