アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

プリズン・ブレイク マイケル登場!シーズン5 2話の感想(ネタバレ)

f:id:Annice:20170419234605j:plain

いよいよ2話でマイケルが本格的に登場してきました。

 

やっぱりいいですね~。

マイケルのカリスマというか、切れ者的な人を惹きつける魅力。それになんですか、あの透明感!

私もマイケルがセールスマンだったら簡単になんでも買っちゃいそう。それに、どんな難題であっても協力を頼まれたら断れないわ。

 

これについてサラの良心夫が「ゲーム理論」とやらで説明してましたが、

つまりは彼が周りの人間を操り、彼の虜にした後、自分の利益のために道具として使うというこというものらしいです。

スポンサーリンク
 

マイケルの目的は?

マイケルにその才能があるのは事実ですけど、だから果たしてその目的は?

というのがこのドラマのミソになりそうですね。

 

もちろんシーズン1はそれが兄を脱獄させて、無罪を証明させるため、という純粋な兄弟愛からの計画でしたけど、

今回はここにテロが絡んできたり、マイケルの殺人の証拠となる画像があったりということで、なにやら怪しい疑惑が見え隠れ・・。

 

まぁ当然マイケルがそうした悪に染まる訳もないので、恐らくは崇高な目的のために、スパイ的な役割を果たしているのか、それともまた誰かを助けようとしているのか・・。そんなところだと思います。

 

今回の話の最後には、残虐な過激派のリーダーが独房から出てきて、マイケルと抱き合い、マイケルが「脱獄は明日だ」と伝えるシーンで終わります。

 

うーん、なるほど~!

って、どういうことですかね?

 

まぁそれは3話以降に徐々にネタバレしていくものだと思いますので、楽しみに見ていきたいところです。

 

お兄ちゃんの強引な活躍

すいません、たぶん私が見逃しているのだと思いますが、お兄ちゃんどうやってこの大金を用意したんでしたっけ?

たしか1話の冒頭では借りた金が返せずに追われてましたよね?

いやいや、きっと私がその説明部分を見逃したんですね・・。

今回のイエメンへの渡航費用とかも相当かかるでしょうけど、その辺もきっと説明ありましたよね・・?

 

で、そんなイエメンではやけに金回りのいいお兄ちゃんですが、過激派の占拠する町へと出かけていきます。

そこで学校に取り残された少女たちを救うんですが、思いっきり英語で「お父さんが待っている!」みたいなこと言ってましたけど、少女たちからしたら突然の英語で理解できないはずですし、まず警戒して出てこないですよね。

プリズン・ブレイク、その辺は結構雑ですね。

 

基本的にイエメン語であるはずのところも、アラブ訛りの英語だったりして、雰囲気だけで乗り切ろうとしてますし・・。

まぁホームランドじゃなくて、プリズン・ブレイクなので、その辺は見逃してください。

 

最後イエメン軍が守っている所まで、車で追われながら帰ってくるんですけど、これもまぁ奇跡的なタッチダウンでセーフでした。

さすがですね。

 

お兄ちゃん、なんとなくマイケルと比べてしまうからかもですが、

あんまり賢そうでないなぁ・・というのが第一印象なんですけど、こういう時は運もあってやけに強いんですよね。

伊達に上腕二頭筋鍛えてないです。

 

ケラーマン再登場

ケラーマンて誰でしたっけ?

かすかな記憶で、いけ好かないヤツだったはず・・というのは覚えていますが、少し調べると、

始めは敵だったものの最終的にはマイケル達側の味方をしてくれた人だそうです。

ふーん、それでも覚えてないなぁ・・。

あの強烈なマホーンだったら覚えてますけどね。

 

ちなみに彼は、今回の復活版シーズンには登場しないそうです。

理由は「脚本家がどうしてもマホーンを話の中に組み込めなかった」、というものらしいのですが、確かにあの強烈キャラじゃ難しいですよね。

ルパン3世で言うとこの、銭形警部ですからね。

常にマイケルをすごい執念で追いかけてましたから、あの人出そうとしたら本当内容変わっちゃいそうです。

 

で、ケラーマンがアメリカにいるサラ側のストーリーに絡んでくるようです。

確かにサラだけじゃ、動くにしたって、動けないだろうしね。

 

最後にサラの息子のマイケルに「逃げるように」とのメッセージが書いてある折り紙が届きました。

マイケル、凝ってますね~。

海を超えたアメリカへの伝達にも折り紙ですか・・。

 

なんにしても、マイケルが大規模で国際的な計画を企てているのは確実のようです。

 

イエメン刑務所の面々

こちらもキャラの濃さそうな人たちが出そろってきましたね。

ゲイの電機会社の息子、ドラッグ中毒の韓国人、ウィップと呼ばれるマイケルの片腕的な存在の人、などなど。

マイケル、2話からだいぶ飛ばしていて、火で熱したスカーフで頭をやけどさせたり、看守に殴られたり、随分体張ってましたけど大丈夫でしょうか?

綺麗な顔が大事なのに、のっけから真っ赤にやけどして、おでこにも傷がついてしまっていたのが少し心配ですね。

お兄ちゃんはその辺、多少の傷はオッケーですけど(ヒドすぎ?)、マイケルは気を付けて欲しいところです。

 

そんなところでしょうか。

今回は物語の序盤ということもあって説明的なエピソードでしたけど、その割には面白く見れました。

やっぱりマイケルの魅力が大きいですね。

大したことしてなくても、「何か意味があるに違いない!」と、こちらが勝手に期待して見れる分、得ですよね。

 

あと細かいところですけど、今回、折り紙で鳥とチューリップが出てきましたけど、今後マイケルがどんだけ折り紙のバリエーション持ってるのかっていうのも地味に注目していきたいですね。

 

1話】【2話】【3話】【4話】【5話】【6話】【7話】【8話】【9話 

プリズン・ブレイクはhuluでリアルタイムで視聴できます。