読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ歴20年~。今日も勝手な感想をブツクサ書いてます。

MR.ROBOT/ミスター・ロボット シーズン1の感想(ネタバレ)

f:id:Annice:20170509165007j:plain

前回3話までの感想を書いたミスターロボットですが、最近他に面白い大物ドラマが多くて忙しく、ずっと放置してました。

 

そうだ、あれ見よう。

と思い立ってあっという間に10話まで見てしまいました。

すごい面白い!

評価が高いのもうなずけますね。

 

ただすみません、中盤でちょっと中だるみになった時に面倒になって字幕でなく吹き替えに変えて流し見してしまいました。

ただその後、7話くらいからがぜん面白くなって、8話の最後では大どんでん返しがあって、それからは一時も目が離せずしっかり見ました。

 

大どんでん返し

なるほど~!!

って感じでしたね。

ダーリーンが妹というのを忘れていたっていう事実がこのドラマの全てをひっくり返しましたね。

そっか~・・。

エリオットはそうだったのか~。

だから精神科医に通ってたのね。

思えば始めの頃、ダーリーンが勝手にエリオットのアパートで寝泊まりしたりして、「なんで彼女勝手に・・」って不思議がるエリオットがいましたけど、そういうところにヒントがありましたね。

完全に見落としてましたけど。

 

MRロボットが父親だったのと、その父親でさえ忘れていたこと、完全に幻想を見ていたことなど、エリオットの設定が全て覆されるので急に面白くなりましたね。

これまで全部一人称で、彼の語りでストーリーが展開してきたので簡単に視聴者をだませた形ですね。

 

ただ、これでエリオットがどれほど不安定な人間かが分かったわけですけど、同時にこのキャラが急に厚みを持った魅力的な存在にも見えてきました。

だって、そもそも彼が一人でFソサエティを立ち上げて目的を決め、仲間を集めて実行してきたんですよね。

MRロボットに上手く言いくるめられて計画に乗せられていた受け身的なエリオットが、実は主体性をもって始めから取り組んでいたのだとあってはまるで意味が違いますしね。

ダーリーンの言葉にもありましたけど、彼自身の潜在意識にはそうした世界を客観的にしっかり捉える目があるわけで、時々ふら~っと訳わかんなくなっちゃうにしても、その辺はぶれないんですね。

スポンサーリンク
 

エリオットの魅力

私、このエリオット青年が好きですわ~。

なんかどこか自分と重なる部分がありますね。もしかしたらどんな人にもあるのかもしれないですね。

過去の罪悪感や自分への怒りを処理しきれずに負けてしまうエリオット。

父親への愛情と喪失感、トラウマを、父親の幻想を見ることでなんとか自分を保っているエリオット。

それでも苦しくて苦しくて、たまに孤独感からドラッグに手を出してしまうけど、彼なりのやり方で世界を救おうとして、そうすることで自分を肯定的に捉えることができるように頑張っているエリオット。

 

具体的な部分は自分とは全然重なりませんけど(笑)なぜか、わかる~わかる~と感じさせるものがあって、それを彼を単なる変人や病気の人、で終わらせない魅力的なキャラにしてるんですよね。

 

それに演じるラミ・マレックが素晴らしい!

彼以外に誰がこの繊細で不安定なエリオットを魅力的に演じられたでしょうか! 

とにかくがんばれ~~!って応援したくなります。

 

父親の存在

なぜエリオットがそれほどまでに父親にこだわるのか、それほど愛していたのかを物語るエピソードがちょっと感動でホロッと来ちゃいますね。

父親の店に来た客のお金を盗むエリオット少年に対して全然怒らず、「あいつはクソ野郎だった。そっちの方が重大だ」って言いながら、そのお金で一緒に映画行こうって言うんですね。

いいなぁ、あんなお父さん。

で、同時に物事の考え方を強烈に刷り込むエピソードでもありましたね。

「クソ野郎からは金を巻き上げたっていい」っていうのは子供に教えるにはちょっと面白い発想ですよね。

それが今回の大計画の実行につながるんですが・・。

ま、当然エリオットの家族がすごく貧乏っていうのが前提にありますけどね。

 

恐怖のスウェーデンカップル

タイレルとヨアンナのスウェーデンカップルですけど、もう怖すぎ!!

タイレルが人を殺したのもヨアンナは知ってそうでしたけど、そこは大した問題じゃなくて、むしろ会社での地位を失いそうなところがダメみたいでしたね。

警察が来た時には彼を守ろうとしたらしく、なんとフォークみたいので自分を刺して破水させ、強引に出産まで行ってしまいました!

怖い~!

あのフォークで一体どこを刺したわけ~!!??

もう想像するのも怖いですけど、赤ちゃんが無事生まれたようでホッとしました。

 

しかも、ヨアンナには15歳の時に出産して養子に出した過去があるとかで、なるほど・・、彼女もまた過去への罪悪感から自分を傷つけずにはいられないのかしら・・と。

まぁそんなことも考えましたけど、そんなことよりあの二人は常軌を逸するサイコの匂いの方が強烈なので、あまりそこは考えなくてもいいかもですね。

しかも、そんな行動を取っておきながら、ヨアンナは出産後

「こんな夫はもういらない」とタイレルに縁切り宣告してましたしね。

フォーク刺した時は「あなただけ連れて行かせはしない」って言ってませんでしたっけ?

訳わかりません。

 

タイレルは途中いなくなっちゃいましたけど、どうしたんでしょうか?

一瞬エリオットが殺した?なんて思いましたけど、最後エリオットのアパートのドアを乱暴に叩く人がいましたので、あれかな?

 

余談ですけど 

役者さんはみんな絶妙にいいですね。

タイレルもヨアンナもしっかり美しくてしっかり狂気はらんでますからね。

シェイラもすっごくよかった!

クリスチャン・スレーターも最高ですね。

 

ただ、もう一つ惜しいのが幼馴染のアンジェラの女優さんですかね。

可愛いって設定なんでしょうけど、イマイチ魅力がわからない。目が大きいだけで、田舎臭い感じはニュージャージー出身という設定どおりなんでしょうけど、特に光るものはない普通の女の子っていう感じですね。

それがシーズン1の最後では、なぜか敵側に見初められてEコープで働きだしたりして、ん?、人材的にも面白いとこあるのかなぁ?ってちょっと不思議ですね。

 

それから最後、エンドロールを珍しく見ていたら、その後にも少し映像があって驚きました。

そこにEコープの親玉と出ていたのは中国人ハッカー集団のボス(?)で女装してて時間にこだわりアリの中国人でしたね。

 

シーズン2に向けて期待が高まりますね!

 

アマゾンではもうシーズン2も見れるようで、また時間があるときに見続けたいと思います。