アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

「ホームランド」シーズン6 11話の感想 いよいよ佳境! (ネタバレ)

f:id:Annice:20170608235943j:plain

「ホームランド」シーズン6 第11話のアニスのネタバレ感想です。

 

はぁ・・。

もうマックスが心配で、怖くて怖くて、huluの動画を休み休み見ましたよ。

とりあえずマックスは大丈夫そう。よかった・・。

それにキャリーとクインも生きてたし、ホッとしました。

 

あとは次期大統領ですかね・・。ソールも巻き添えを食わないといいんですが・・。

では、一つ一つ見てきましょう。

 

スポンサーリンク
 

マックス、天然???!!

マックス、どうやら動画をキャリーに送った後はしっかり削除していたようですが、あの密告した男に動画を撮ってることまでバレてたみたいですね。

マックス~、これで絶体絶命!??

と心配しましたけど、ジジイと意外にも普通の会話していて拍子抜けでした。

 

しかもジジイに「キャリーはどうしてる?」と聞かれて、「元気だ」って答えちゃうのって、なんなんですか?

天然?!

これから必死に身を守るために、素性を隠さないといけないっていうのに、キャリーの知り合いって一番肝心なこと答えちゃうんで腰抜けましたよ。

 

でもまぁ、どっちにしてもジジイにはマックスをどっかで見た顔っていう記憶があったみたいだから、仕方ないか。

それに、食事のトレーに大きなカードキーが置いてあるのを不自然とも思わず、そそくさとそれを使って逃げようとして、案の定捕まっちゃうし・・。

 

でも結果は良し!でしたね。

クインの事を本当に愛しているらしい(だからキモいって!)ジジイが、クインに成りすまして何か企んでいるオキーフを出し抜こうとマックスにハッキングさせるようです。

マックス、今回に関しては天然キャラが功を奏してどうやら危険は及ばないようです。

 

それにしても、確かにネットでこそこそ次期大統領批判してるクインなんて想像つかないわ。

 

次期大統領とオキーフの対決

次期大統領、オキーフの誘いに乗る形で敵陣に乗り込み、言いたいことだけ言い切ってさっさと終わらせてましたが、正解だったんでしょうか。

ソールが「上出来」と言ってましたけど、それで調子にのった彼女はわざとデモ隊の前を車で通るって決めて誰かはねちゃってましたよね。

それでまたビビっちゃってましたけど、またこの先も毅然とした態度で貫き通せるんでしょうか。

本当、大統領ってつらい仕事ですね・・。

 

今週のクイン

冷静に自分の手柄をキャリーに引き継いだ後は、あのニット帽の男に復讐を果たしましたね。

そりゃ、アストリッドを殺された恨みは深いですよ。

だけどガラス瓶でメッタ刺しは痛いかった~。

それでも免責になるそうで、まぁ、キャリーを救おうとした過剰防衛ブラス、PTSDのせいだということでなんとかなりそうですね。

 

ただ、クイン本人は自分の残忍な本性と愚かさを再認識することになってつらそうですね。

キャリーに対してアストリッドを殺されたことや、俺は元来こういう人間なんだ・・とつらい告白をしていましたが、この先どうなるんでしょうか?

クインはこれからもずっと絶望と後悔の狭間で苦しみながら生きることになってしまうんでしょうか。

ただ、今回キャリーから「義務感からだけじゃない」という言葉が出たので、多少は希望を感じることができたのかな・・。

 

それと、気になるのは、この事態に至ってもダールの名前は出さないんですね、クイン。

多少の恩義は感じているのか、山小屋襲撃の件には関わっていないということで今回は納得しているのか・・。

それとも、ダールにとってクインが息子のような存在なら、クインにとっては父親のような存在として、そうそう裏切ることができるものではないのか・・。

そこが、ちょっと気になりました。

 

吹っ飛ばされたキャリー

まさかの家爆発でしたね。

全く予想もしないことが起こるので、見ていて愕然とします、ホームランド。

 

そもそもキャリーがあの家に潜入した時点でアラームが鳴らなかったのがおかしい、誰かいるはず、と怪しむべきでしたね。

それに大事な証拠の車に手袋もしないで指紋ベタベタで乗り込んじゃったりして、キャリーちょっと見ていてハラハラしました。

 

あの男はクインが来るはずと予想して、家で待ち伏せしていたんでしょうか?

あの爆弾もそのために仕込んだものか・・。

それか、爆発はあの日のあのタイミングでしようと計画された物じゃなくて、常日頃、誰かがガレージをこじ開けようした時に起爆するように仕掛けてあったのか・・

でも、あれだけ捜査官がいて、家の中からもガレージを捜索してあったのに爆弾が見つけられなかったってことは残念ですね。

 

ギリギリで気が付いたキャリーですけど、声掛けが間に合わず吹っ飛んでしまいました。

でも、どうにかキャリーとクインが無事でよかったです!

スポンサーリンク
 

あの男たちはどこへ

あの家のCIAの隠し実行部隊の男たちはどこへ行ったかってことですけど、次期大統領に危険が迫っているでしょうか?

Rの作戦は誰の発案なのか・・?

ダールが仕掛けたものなら、そんな大事な作戦の最中にクインのことにかまけていたりしますかね?

それか、男たちが別の指令を受けているのか、自分たちで計画したものか・・。

そもそもクイン殺害から勝手にやってるっぽかったので、それもあり得ますね。

 

でも、その可能性があるならキャリーはロブにまた電話しなくっちゃでしょ。

あの衝撃でそのこと忘れちゃったのかな・・。

 

次回はいよいよ最終回!

今回はテロじゃなくて、次期大統領を救えるか!が山場になってくるようですね。

 

ただ気になるのが、これまできっちり憎たらしい悪役に徹してくれていたダールが、ここに来てクイン愛を発揮して彼を守ろうとしてるのか・・ちょっといい面も出してきてるとこですかね。

最後まで最低野郎でいて欲しいんですけどね。

今や、ヤツよりオキーフの方がムカつきますわ。

それとニット帽の男率いる実動部隊の男たちは完全にやばそうですしね。

 

キャリー、もう一歩だ!がんばれ~!(マックスも地味にがんばれ~!)